« もやしもん 第3巻 | トップページ | Baiyon/Like a school on lunch time »

カンフーハッスル!

Kung_fu_hustle

今ちょうどWOWWOWやスターチャンネルでやってますよね?

「カンフーハッスル!」は、私のアクション映画史上、かなり上位にランキングされる映画です。

チャウ・シンチー監督の前作「少林サッカー」が、くだらなくってとっても良かったので、「カンフーハッスル!」も”そんな映画”に違いないと思い、当時かるーい気持ちで劇場に足を運びました・・・が、しかし。見事に期待を裏切られました。

映画序盤、貧困地区・豚小屋砦にやってきた極悪非道な斧頭会の組長が、善良そうな親子に火をつけようとしたその瞬間・・・!ホントはカンフーの達人なのに、密かに砦に身を潜めていた”ヒーロー”三人が立ち上がったのです!

すばらしい音楽とともに始まるこのシーンに、すっかり心を鷲づかみにされてしまいました。ワイヤーアクションやCGを多用していても、本物は動きが全然違います。(表情もグッジョブ!)コメディ映画を観に来たハズなのに、何この気持ち?なんだか胸がいっぱいで、泣けてくるよぅ・・・!

観終えた後はもう感無量で、思わず劇場の売店へ走りパンフレットを買って帰ったのですが、その中に大槻ケンヂ氏の『燃えよ心だけドラゴン!』という映評がありまして、大槻氏も同じシーンで”ぶわっと涙がこみ上げてきて困った”とのこと。(えー!私も!私も!と、ちょっとうれしくなった)氏によれば、かつてブルース・リーの「燃えよ!ドラゴン」を観てにわかカンフーファイターになった少年達は、達人にはなれないままオトナになった今でも心にドラゴンを秘めているんだそうです。なるほど。

どちらかというと、ブルース・リーよりジャッキー世代の私ですが、そんな私の心にもカンフースピリッツが?そういえば子供の頃、カンフー映画に夢中だった私は、「少林寺拳法を習いたい!」と言って少林寺拳法教室(そんなものよく子供が見つけ出したなと思う)の見学に行ってみたことがありました。でもオトナばっかりで、痛そうでコワかったから即効あきらめたけど。

「カンフーハッスル!」は、心ばかりでなく肉体もちゃんとドラゴンなチャウ・シンチー監督の、カンフーへの愛がつまった本気のカンフー映画だと思います。たまに”結局誰が主役だったのか分からない”という感想を聞くことがありますが、主役はズバリ”カンフー”だと思う。原題も「功夫」だし。私にとっては”豚小屋砦の三人”ですが。お話の展開がどんなに唐突でも(中国の武侠小説ではよくある展開らしいですね)、もうあのシーンだけで大満足なのです。

ちなみに「カンフーハッスル!」直後、すっかりカンフー祭りになっちゃいまして、「燃えよ!ドラゴン」やら「少林寺」やらレンタルしてきて観まくりました。カンフーサイコー!

|

« もやしもん 第3巻 | トップページ | Baiyon/Like a school on lunch time »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/2004784

この記事へのトラックバック一覧です: カンフーハッスル!:

« もやしもん 第3巻 | トップページ | Baiyon/Like a school on lunch time »