« さつまいものニョッキ | トップページ | ちょっとネコぼけ »

トリック劇場版2

Trick2

「トリック」は、ダンナと一緒に楽しめる数少ないエンタテイメントのひとつであります。(その他ではジブリ、攻殻SAC、蟲師、ケイゾク、タイガー&ドラゴン・・・けっこうある?)劇場版1の時は、普通に”映画”を観る心づもりで臨んでしまったため、小ネタは楽しめるものの「わざわざ映画にする必要が?」という感想をつい持ってしまいましたが・・・今回はそんな間違った期待はしませんでしたのでダイジョウブ!だって、上田次郎&山田奈緒子の夫婦漫才がまた見られるだけで幸せじゃないですか。

いきなりですがストーリーはもう置いといて、全編散りばめられた小ネタに私もダンナもニヤニヤ笑いしっぱなし。毎度のことですが、上田の部屋の壁に飾ってある何かとか、富毛村の看板とか・・・いちいち見逃せません。できれば一時停止して見たいんですけど。(劇場版1を観てないと分かんないようなのもありましたね)今回の敵(?)筐神佐和子ですが、期待通りの片平なぎさネタが愉快でこれまでのインチキ霊能者の中でもけっこう気に入りました。多少残念だったのは、矢部刑事の出番が前回以上に少なかったこと。広島弁を操るかつての相方・石原の不在を悲しむ気持ちはさすがにもうないですが。

観終わっての感想は、「トリック」鑑賞における正しい心構えのおかげで全く不満なし!お茶の間感覚で十分に楽しむことができました。これで最後なんて言わずに、仲間由紀恵の美貌が続く限り続けていただきたいです。

ネタバレになっちゃいますが最もツボだったこのセリフ、たぶんしばらく我が家で流行ると思います。

「ダイヤやら~ニッケルやら~」

|

« さつまいものニョッキ | トップページ | ちょっとネコぼけ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/2442386

この記事へのトラックバック一覧です: トリック劇場版2:

« さつまいものニョッキ | トップページ | ちょっとネコぼけ »