« GOAL! | トップページ | おひるねスポット »

嫌われ松子の一生

Kiraware

「下妻物語」の中島哲也監督だし、中谷美紀は「ケイゾク」以来好きな女優さんだし、ずっと楽しみにしていた「嫌われ松子の一生」ようやく観てきました。

ハリウッド往年の名作のような始まり方がまず◎。アクの強い俳優さん達も、ファンタジックな映像もすごく好きな感じなのに、時々ノレなかったりひいてしまったりしている冷静な自分がいるのはなぜ?

前作「下妻物語」があんまりおもしろかったので、期待するあまりハードルを高くしすぎているのか、基本的に松子の人生があまりに悲惨過ぎるせいなのか・・・。

このままあまり感情移入できずに終わってしまったらどうしよう・・・なんて心配もつかの間、松子が死んだ後の演出にすっかりやられて号泣してしまいました。

「ノレない」なんて生意気なことを言いながら、すっかり松子さんの物語に引き込まれていたみたいです。映画の中で、松子の人生に関わった人達と一緒なのかも。エキセントリックな松子について行けなかったりもするけれど、松子の歌うあの歌を時々思い出しては口ずさんでしまいそうな、そんな映画でした。

|

« GOAL! | トップページ | おひるねスポット »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/2084673

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生:

« GOAL! | トップページ | おひるねスポット »