« NOiSE | トップページ | 銃夢 Last Order 第9巻 »

大人計画「ヘブンズサイン」

Heavenssign

「我輩は主婦である」を録画しては毎夜鑑賞バカ笑いする日々も過ぎ去った今日この頃、スカパの舞台専門チャンネル・シアターテレビジョンで放送中の「ヘブンズサイン」(大人計画98年上演)を観ました。

当時の会場は下北沢本多劇場。ほほぅ、それはアレですね、しもッ!しもッ!しもッ!「下北サンデーズ」が「いつかは本多劇場で上演したい!」と夢見る本多劇場のコトですね。(久々の石田衣良&堤幸彦なので一生懸命観ています。上戸彩が正直微妙ですけども、初回ラストの体操着姿を見てなんとなく納得しました)

私の住んでいる広島市には、大人計画のお芝居なんて観たくてもなかなか来なくて(グループ魂はけっこう来てるみたいだけど)、唯一来てくれたのは04年の「ドライブインカリフォルニア」でありました。遠征までして観ている友人もいますけど、そこまででもない私にとってシアターテレビジョンってなかなかステキ。いつぞやは「イケニエの人」もやってくれてました。

さて「ヘブンズサイン」ですが、毒加減が大変強烈。私が知らなかっただけで、松尾さんの天才ぶりが発揮されるのってもしかしてこういうのなんですね。スゴかったです。感情移入なんてできない理解不能な登場人物達、お話もとっても不条理なのに、観終わった時には松尾さんの言いたいこと(と思われること)がかなりストレートに伝わってくる気がしました。

しかしこのお芝居のテーマソングと言ってもいい「思い出のアルバム」(♪いーつのことーだか 思い出してごーらんー♪ってやつ。人を操る不思議な能力を持った笑い顔の男メイジにとって、この曲は神の啓示。この曲を聴くと人を殺さずにはいられないのです)よりも、いつまでも耳に残って離れないのは、自殺志願者ユキの叔父役である松尾スズキがウクレレで歌う「ルパン3世のテーマ」。あまりにショッキングなシーンだからかもしれませんが、とにかくもうずっと頭の中でリピートされてます・・・。

笑いとか好奇心とか嫌悪感とか・・・いろんな感情で心を掻き乱され、松尾さんの頭の中っていったいどうなってんの?と興味を持たずにはいられない大人計画。またいつか広島にも来てもらいたいです。

|

« NOiSE | トップページ | 銃夢 Last Order 第9巻 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/2746019

この記事へのトラックバック一覧です: 大人計画「ヘブンズサイン」:

» 漫画蟲師が今度は実写映画化 主演はオダギリジョー mixi(ミクシィ、ミクシー)コミュ紹介ブログ [mixiコミュ紹介ブログ]
livedoor ニュース漫画家・漆原友紀さん(32)の人気コミック「蟲師(むしし)」が、オダギリジョー(30)主演で映画化される。メガホンは「AKIRA」(88年)など数多くのアニメを手掛けて世界的人気の大友克洋監督(52)。江角マキコ(39)ら豪華キャストが、...... [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 14時12分

» 下北サンデーズ 画像 [下北サンデーズ 画像]
トラバ失礼しますm(_ _)m 下北サンデーズ最高ーーー! [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 15時34分

« NOiSE | トップページ | 銃夢 Last Order 第9巻 »