« 銃夢 Last Order 第9巻 | トップページ | SNIKT! »

俺と悪魔のブルーズ 第3巻

Ore

たった29曲の録音を残し27歳でこの世を去った1930年代アメリカの伝説的ブルーズマン、ロバート・ジョンソンや、同じく30年代のこれまた伝説的犯罪者クライド・バロウについて全く知らなかったとしても、「俺と悪魔のブルーズ」(悪魔的税抜き価格666円)を読めば、悪魔と取引して得たというロバート・ジョンソンのブルーズを聞いてみたくなるし、67年アメリカンニューシネマの金字塔「俺たちに明日はない」を観てみたくなります。

黒人が虐げられていた1920年代末のアメリカ南部。ブルーズマンを夢見る平凡な農夫RJ(ロバート・ジョンソン)は、ある夜、十字路で悪魔と取引し、一夜にして天才的ギターテクニックを身に付ける。しかし、それと引き換えに妻と妻のお腹の子を失ったRJは、悪魔(=ブルーズ)と共に放浪の旅に出るのであった・・・。

というのが大まかなあらすじ。この最も謎めいていて魅力的なエピソード「クロスロード伝説」が語られるあたりを読んでいると、頭の中がグルグル混乱して思わず何度も読み返してしまいます・・・取り返しのつかない事態を招いてしまったことに気付いたRJの混乱と同じように。そして混乱したままブルーズの旅に出たRJになぜか絡んでくる3巻表紙の意外な人物クライド。ここらへんのオリジナリティが「いったいこの先どうなるの?」と期待させてくれてステキです。

そしてこの物語全体に漂うなんとも言えない悪魔的雰囲気、個人的に思い出すのはミッキー・ローク主演87年の名作「エンゼル・ハート」であります。初めて観たのは中学生くらいだったけど、壁に飛び散った血を洗い流すシーンや、ケープを被った修道女(?)がただ座っているだけのシーン、繰りかえし挿入される回転するファンと堕ちていくエレベータの映像などやたら印象的で、いつまでも鮮明に記憶に残る映画です。あとピアノ。猫パンチ前のミッキー・ロークはホント渋くてステキだし(今のエロ親父ミッキーも以外とおちゃめで好きなんですけどね)、謎の紳士ルイス・サイファー役(名前からして何者か想像つきますが)のロバート・デ・ニーロの怪演も強烈。

話がそれましたが、どちらも悪魔に魅入られた作品であることは間違いなし!

|

« 銃夢 Last Order 第9巻 | トップページ | SNIKT! »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~♪
“悪魔と取引するにゃ十字路で”ってのを定番化させたロバート・ジョンソンの伝説ですが、関連する作品と言えば、クライマックスにスティーヴ・ヴァイとラルフ・マッチオがギター早弾き対決をするって展開に、いたく肝を冷やした『クロスロード』ってのもありますねぇ。
で、『エンゼル・ハート』にも十字路のイメージが出てきて、この伝説の人気の高さを再認識したもので。

投稿: たお | 2007年3月10日 (土) 02時25分

たお様

お返事をありがとうございます。
『エンゼルハート』にも十字路のイメージが出てきたんでしたっけ??
自分で書いておきながら全く憶えてなかったりして。アホですね(笑)
先日観てきた『ゴーストライダー』もやっぱり十字路でした。
クロスロード伝説に魅入られた人間は後を絶ちませんね。

投稿: kenko | 2007年3月10日 (土) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/2917826

この記事へのトラックバック一覧です: 俺と悪魔のブルーズ 第3巻:

» 「俺と悪魔のブルーズ 3巻」 [肩までBlues]
リンチ間近の<禁酒の町>クライドが屋敷の地下で見たものは!? 最近ずーっと「ロバート・ジョンソン」ばっかり聴いている・・・。 さて第3巻。RJはずっと牢屋に入ったままだ。 このマンガが載っている雑誌「アフタヌーン」は月刊誌だから、単行本は半年に1冊しかで... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 18時02分

» エンゼル・ハート (Angel Heart) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アラン・パーカー 主演 ミッキー・ローク 1987年 アメリカ映画 113分 ホラー 採点★★★★ アフリカやカリブ諸島からアメリカに渡ってきた奴隷や移民たちによって広まったヴードゥー教。土着宗教とキリスト教が混ざり合って生まれたものだが、よく分からないものをオド..... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 02時21分

« 銃夢 Last Order 第9巻 | トップページ | SNIKT! »