« まったき動物園 | トップページ | HALO GRAPHIC NOVEL »

サマータイムマシン・ブルース

Summer

ここ数日、サルのように繰り返し観てしまっています。京都の劇団「ヨーロッパ企画」のお芝居を、ちとPRやり過ぎな「UDON」の本広克行監督が映画化し、低予算ながら2005年のヒット作となった映画だそうな。

8月20日、とある地方の大学。クーラーのリモコンがぶっ壊れメチャ暑いSF研究会の部室に、突如現れたタイムマシン。SF研とは名ばかりのおバカな学生達は考えます。

「タイムスリップといえば原始時代でしょ!」

「ジュラ期も捨てがたい」

「逆にー未来に行くっていうのは?」

「いやいやいや!ないない!未来の自分が死んでたりしたら泣きそうになるから」

「じゃあ俺、中3からやりなおそうかな!」

「いやいや、やりなおすとかそういう機械じゃないからね」

「じゃあ・・・昨日に行って壊れたリモコンを取ってくるっていうのは?」

(何度も観ている為セリフ覚えました)

・・・てなワケで、バックトゥザ昨日!今日8月20日→昨日8月19日にタイムスリップ!でもコトはうまく運ばず、昨日と今日を行ったりきたり。やたらデキのいい脚本とテンポの良さ、前半に出てくる意味不明なシーンやセリフが後半「そういうことかぁ」と解明されていく面白さ。ヤミツキになりました。いかにも大学生っぽい独特のゆる~いノリや、随所に散りばめられたSFアイテムも好印象。(映画館のオッサンがスタトレの制服を着ていたり、ガンダムのBGが流れたり)そして、夏の終わりの青春の思い出って感じでなんだかノスタルジー。

同志社大学の学生達が旗揚げしたというヨーロッパ企画のお芝居もぜひ観てみたいもんだなぁと思ったらこの秋、「ブルーバーズ・ブリーダーズ」という新作で広島にも来るんですねぇ。(福山市だけど)絶対観に行こう。

有名人の似顔絵をたくさん描かれているSHINGO。さんのブログにTBさせていただきました。

http://blog.goo.ne.jp/bobkichi87/d/20060820

「サマータイムマシン・ブルース」のメンバーもソックリ!

|

« まったき動物園 | トップページ | HALO GRAPHIC NOVEL »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
なんか、気になっていたんだけど、なかなか観なかったこの映画。失敗した~と思いましたよ。
借りた週にUDON観に行って、SF研の連中・ギンギンに出会うとまた格別な思いでした。

投稿: 八ちゃん | 2006年9月22日 (金) 20時12分

八ちゃん様

私も公開当時は見逃していて、
最近CSで放送されていたのをたまたま観てハマりました。SF研の皆様大好き!
繰り返し観るたび、新たなくだらない発見がある楽しい映画ですw
UDONカメオ出演の噂は方々で耳にしているのですが、まだ未見なのです。しくしく…


投稿: kenko | 2006年9月23日 (土) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/3233905

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムマシン・ブルース:

» サマー・タイムマシン・ブルース [八ちゃんの日常空間]
個人的に「第2の広末」なんて言っている上野樹里。あ、なるほど、クレアラシル出身か。道理で。まぁ、絶対こちらの方が上だと思うし。出演キャリアも着実に積んでるし、可愛いし。変な男に引っ掛からなければ大物になるだろうなぁ。結局[ミカエル]は見逃したけど、年内2本...... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 17時21分

« まったき動物園 | トップページ | HALO GRAPHIC NOVEL »