« スーパーマンリターンズ | トップページ | 蟲師 THE ANIMATION »

スーパーバイザー☆松尾スズキ/hon-nin vol.00

Honnin00

松尾スズキがスーパーバイザー(って何?)を務める文芸誌、ついに創刊!

「hon-nin」。買いました。読みました。

松尾スズキのズルズル日記「ドブロクの唄」によると、早くも増刷決定、今のとこ日本一売れている文芸誌なんですと。やったね!松尾さん。

たぶん私のような、文芸誌なんて買ったことも読んだこともない若者だったり若者じゃなかったりする人も、ついつい買ってしまっているんでしょうね。

松尾さん曰く、「誰にでも一つは他人に語れるエピソードがある。一生に一度はすごいものが書けるはず」

松尾さんに負けるとも劣らぬ個性をお持ちの各界の皆様が、それぞれに書いている本人が登場する、虚実織り交ぜたオモシロ過ぎる私小説?やマンガを発表されています。もちろん松尾さんやクドカンも。今後は、「本人の匂い立ち上る文章」を一般公募&掲載したりもするらしい。

「自分のことを書け!しかも面白く」というムチャな依頼をしておきながら、ここまで濃密なものが返ってくるなんて、松尾さん自身驚いたのでは?と思われる程にどれもハズレがないじゃん!・・・と思ったら、編集後記に松尾さんがそんなこと書いてました。そして今度もこのヤクザなやり方を続けていくそうな。

特にお気に入りは、劇作家・本谷有希子さんが、“19歳の時に初めて書いた小説をなるべく当時の勢いそのままに読みやすく改稿した”という「改めて!ほんたにちゃん」。てゆーか私、本谷有希子さんの存在自体、このたび初めて知ったのですが、共感したり驚いたり爆笑したり苦笑したりで大変でした。「共感した」なんて言うと、読んだ方には誤解を招きそうな内容ですが、エアーズロックがエライことになっているのです。がんばったよ、ほん、たに、ちゃん。

小説にはそれぞれ挿画があるんですけど、これがまた何気にステキな挿画ばかりです。ちなみにクドカンの書いた「きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)」の挿画は、皆川猿時さん。妙にノスタルジックな気分にもさせてくれる、味のある絵を描かれています。

松尾さんも執筆された皆様もグッジョブ!!続きが楽しみ過ぎ。

|

« スーパーマンリターンズ | トップページ | 蟲師 THE ANIMATION »

書籍」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こちらにもコメントを~
大人計画はほんとに最近ハマって
しまってまして、去年のクドカンの
ウーマンリブと、今年の本公演両方
観に行ってしまってます。^^
この本も近くでは見かけなかったんですけど
最近偶然見つけたので読んでみました。
ちょっと身内で固めすぎなんじゃ(笑)
と思いましたけど、面白い記事満載でしたね。たけしのオールナイトニッポンの
1回目の採録とか。
個人的には最近宮崎吐夢さんのCDに
ハマってるので(笑)あのマンガが
がらしくて面白かったです。

投稿: kazupon | 2006年10月 1日 (日) 20時14分

おぉ!kazupon様、
こちらにもコメントありがとうございます。

私も大人計画はけっこう好きな方なんですけど、
なかなか観る機会がなくて…
悲しい現実です。

しかし好きって言っておきながら、
宮崎吐夢氏がCDとか出してるのは
知らなかったりして。
想像するだけでなんか笑えますがw

今日はこれから、CSにて
大人計画「ファンキー!」の放送があるので
観ようかなと思っています。

投稿: kenko | 2006年10月 1日 (日) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/3500398

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーバイザー☆松尾スズキ/hon-nin vol.00:

« スーパーマンリターンズ | トップページ | 蟲師 THE ANIMATION »