« ナイロン100℃「男性の好きなスポーツ」 | トップページ | X-MEN:ファイナルディシジョン »

ゆれる

Yureru_1

2ヶ月ぶりくらいに映画館に足を運びました。ここ最近珍しく多忙だったり、夏休みシーズンは観たいと思える映画が少なかったりで、ついつい足が遠のいてしまって。

久々に観た映画のタイトルは「ゆれる」。大都市ではとっくに公開されていて、秀作だと評判の映画です。ようやく広島でも観られるということで、張り切って土曜朝一番の回に行ったのですが、通路に座布団を敷いて観ていた人もいたくらい満員御礼。

原案・監督・脚本を務めた西川美和さんは、広島の名門お嬢様学校・ノートルダム清心高校卒とのこと。まだ30代で広島出身の女性監督が、2作目にしてこんなにも痛烈な心理描写、映画としても面白い良質なものを作られたとは、多少なりとも映画好きの一広島県人としては、やはりなんとなく誇らしく思うし、ものすごく才能のある人なんだなぁと驚きました。

監督の書いた胸に突き刺さるようなリアルなセリフを、幼馴染みの殺人容疑をかけられる兄・稔役の香川照之さんが、これまたびっくりするようなリアルな演技で表現されていました。特に一番の魅せ場だったなと思うのは、初めて法廷に立った稔が事件が起きた時のことを饒舌に話し始めるシーン。拘置所で弟オダギリジョーと面会し、激しく感情をぶつけるシーンも衝撃的でしたけれど。

キレイごとではなくて、誰の心にもある憎しみや怒りや嫉妬や猜疑心・・・それも表面的なものではなく、自分でも気付かないくらい(もしくは気付かないふりをしてる?)心の奥底にしまいこんだ黒い部分。愛情を持って接しているように見えても、ふとしたキッカケでそれらが浮上してくる瞬間を、映画を通して何度も見せつけられました。でも愛情も憎しみもどちらも真実なワケで。人間って複雑。

おっと、気が付いたらなんかマジメなこと書いてた。「ゆれる」という映画のタイトル通り、吊橋がゆれ、登場人物の心がゆれ、時にカメラがゆれ・・・、映画館に座る観客の心も激しく揺さぶられまくってしまったのでした。

香川さんにはどうしても負けちゃうけど、オダギリジョーもこんなデキル人だった?って驚くくらいでしたし、幼馴染み役の真木よう子さん、その母親役の人や、ガソリンスタンドの金髪兄ちゃん、検事役キム兄など、脇を固める俳優さんたちもさりげなく良かったです。

|

« ナイロン100℃「男性の好きなスポーツ」 | トップページ | X-MEN:ファイナルディシジョン »

映画」カテゴリの記事

コメント

「ゆれる」私もずっと見たいと思ってたんだけど、やっぱ満員御礼状態なのね・・・。
当分やってるみたいだから、もうちょっと後で行こっと。
絶対kenkoさんは観に行くんだろーなーって
にらんでたよ。

しかし、オダギリジョーは良く出てますな。

投稿: はな | 2006年9月11日 (月) 22時20分

私も金曜日に見に行きました。
ほんと、すっごいいい!
なんと、私はシネツインで本まで買ってしまいました。
映画正直もう一回みたい。
あの、微妙な心の奥底を表す、ちょっとした表情や動き。今期イチオシでみんなに見に行ってもらいたいぐらい。
いろんな意味で、見る人側の想像力や心の奥底を考えさせられる映画でした。
ちなみに本は登場人物それぞれの目線で話がすすんでて、映画にもちろん忠実なんだけど
本もいい!

投稿: えす | 2006年9月11日 (月) 22時52分

はな様

私は上映時間の30分前くらいに行ったので座れたんだけどねぇ。小さい映画館だしね。

>絶対kenkoさんは観に行くんだろーなーってにらんでたよ。

バレてました?テヘ。
「蛇イチゴ」もレイトショーで1週間くらいやるみたいだから、観たいなーと思ってます。
この度のジョーオダギリはマジ良かったよ!

えす様

えすさんも観てたのね。シネツインで本を売っていたとは。知ってたらたぶん私も買っちゃってました。
私ももう一度観たいなぁと思っています。
今回初めて気が付いたんだけど、シネツインの映画の半券って下の方に、”映画は旅そのものである。”って書いてあるのね。なんか沁みました。


投稿: kenko | 2006年9月12日 (火) 10時38分

私もひそかに狙ってます。
蛇いちご。
しかし、最近の邦画はいいかんじ!

投稿: えす | 2006年9月12日 (火) 22時01分

昨日観に行ってきたよ。
さすがレディースデー。思った以上に賑わってました。
良かった!人間の奥底の心理を描いたこういう作品好きです。

キム兄いい味出してたね。
この子誰だったっけーとモヤモヤして、エンドロールでわかったのがキタキマユ。

そうとう久々に映画館に行ったけど、やっぱ映画は劇場で観るのが一番だね。

投稿: はな | 2006年9月16日 (土) 12時07分

はな様

おっ!ついに観たのだねw
キム兄はキム兄そのまんまだけど
役にぴったりハマってて良いよねw

キタキマユ…って誰だっけ?
オダジョーの助手の子??

ピエール瀧は分かったんだけどなぁ。

投稿: kenko | 2006年9月16日 (土) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/3389569

この記事へのトラックバック一覧です: ゆれる:

» ゆれる [我想一個人映画美的女人blog]
恥かしながら...オダギリジョーの演技、初めて観た、、、、{/hiyo_s/}{/kaminari/} あまり関心なくって、ドラマも観てないし、、、、でもびっくり☆ 自然で素晴らしい役者さんなんだ。(今頃 {/dogeza/}{/ase/} やっと観てきましたー。 どうしても公開中に観たかったの、 観た周りの人にも勧められてたから。皆の評判もどこからともなく聞いてたし、、、。 初めに予備知... [続きを読む]

受信: 2006年10月 5日 (木) 23時30分

» 『ゆれる』 [京の昼寝〜♪]
あの橋を渡るまで、兄弟でした。 ■監督・原案・脚本 西川美和■キャスト オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、 木村祐一、田口トモロヲ、ピエール瀧 □オフィシャルサイト  『ゆれる』 母親の一周忌で久々に故郷へ帰るところから物語は始まる。 写真家として活躍する猛(オダギリジョー)の兄で温厚で実直な稔(香川照之)が、猛とも幼馴染の智恵子�... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 21時03分

« ナイロン100℃「男性の好きなスポーツ」 | トップページ | X-MEN:ファイナルディシジョン »