« アタゴオル玉手箱 | トップページ | BLAME!and so on »

もしも昨日が選べたら

Click

原題は「CLICK」なのに、なぜにこのようなダサい邦題を付けてしまうのですか。

劇場の売店で「”もしも昨日が選べたら”のパンフレットください」って言う時、なんだか恥ずかしいじゃないかよぅ。

アダム・サンドラーって、ラブコメ映画にたくさん出演していてロードショーもされているけど、日本人には今ひとつウケの悪い俳優さん、という印象です。

そういう私もある映画を観るまでは、「どうでもいい」カテゴリーに分類しちゃってました。

その映画とは。

悪魔ネタ爆裂コメディ「リトル★ニッキー」でございます。(ひー。ごめんなさい)

地獄を統治する魔王一家の末っ子、ニッキー役がアダム・サンドラー。邪悪な二人のお兄ちゃんに、いつもイジめられっぱなしのヘビメタ大好きヘナチョコ悪魔くんです。自分達だけの地獄を作るべく人間界へもぐりこんだ兄達を地獄へ連れ戻すため、初めてのニューヨークでニッキー君がてんやわんやするお話。

2000年のラジー賞多数ノミネート、興行的にも大失敗、アダムの映画人としての汚点であると思われる「リトル★ニッキー」。受け付けない方はきっと全くダメであろうと思われる超ナンセンス映画ですが、ものすごくオゲレツで過激なギャグのオンパレードに、すっかりハマってしまいました。普段はドンくさくてすぐ死ぬニッキーの悪魔的なイビキとか。エクソシストな一発芸とか。可愛いうさちゃん攻撃とか。クエンティン・タランティーノやオジー・オズボーンなど、いかにもイっちゃってる風な方々がイっちゃってる演技でご出演されているのも楽しいし。

とにもかくにも「リトル★ニッキー」以後、アダム・サンドラーってイケてるじゃん!ってことで、一目置くようになったのであります。

以下ネタばれ含みます↓

そして今回の最新作。

しょっぱな幸せファミリーの図にホンワカしたのも束の間・・・この映画、ニッキーを彷彿とさせる過激ギャグ満載ではないですか。ブラァボー!!

いや~笑わせていただきました。子供にも全く容赦ないマイケルいいなぁ。一番笑ったのは、渋滞中のノリノリおじさんでしたけどね。なんなんですか、あの人。あんな人が隣りに来ちゃったら、とてもじゃないけど平常心ではいられませんから。

マイケルが皆に看取られて逝くところでは、近年稀に見る号泣をしてしまったんですけど、そんな泣きシーンにおいても笑いを忘れないアダムってステキです。泣きながら笑うのって大変なんだから。

そしてそのすぐ後のシーンでは、予測していた結末ではあっても心の中で拍手喝采。一緒にベッドの上で飛び跳ねたかったくらい。

ラスト、ワンコの新しい相棒とのご対面シーン・・・スローモーションの正しい使い方でありました。

脇を固める俳優さん達もナイス。

まずデヴィッド・ハッセルホフ。「ナイトライダー」大好き。キットみたいな車があったらな~っていつも思ってました。モテモテマイケルに関しては、「なぜこんなくるくるパーマの兄ちゃんがこんなにモテるのだ」と子供心にナゾではありましたが。今回久々にお姿を拝見して、意外にも昔の雰囲気そのままだったのでビックリしました。

クリストファー・ウォーケン。私にとっては「デッドゾーン」の人です。影のあるエスパー役がすごく良かったのだ。結末が悲劇的なのもさらにツボでした。すっかりおじいちゃんになっちゃった今も、どことなくダークな雰囲気をたたえていてステキです。

そしてケイト・ベッキンセール。実はあまり好きな女優さんではなかったんですけど、今回本当に魅惑的でしたね。あんな奥さんサイコーじゃん。つやふわヘアが眩しかったです。

子供達もとってもかわいかった~。

笑って泣いて、泣いて笑って・・・ハッピーな気持ちでいっぱいになりました。

映画はこうでなくっちゃね。

|

« アタゴオル玉手箱 | トップページ | BLAME!and so on »

映画」カテゴリの記事

コメント

この映画も良かったですね、ビッグフィッシュも良かったけど・・自分の場合、なんだか父と息子の物語は身につまされるところもあって余計に感動しちゃうカンジです。
ネコちゃん勿論好きだけど今は我が家にはいないんですよ、毛だらけ部屋のアルバムかわいいです♪

投稿: たけちゃ | 2006年10月 8日 (日) 11時21分

たけちゃ様

マイケルがお父さんと最後に会ったシーンも
いっぱい泣いてしまいました。
ビッグフィッシュもいい映画でしたね。

アルバム見ていただいてありがとうございます♪
以前は犬を飼っていたのですが
5年前からチンチラゴールデンを飼い始め、
今はネコのかわいさにすっかりメロメロの日々ですw

投稿: kenko | 2006年10月 8日 (日) 17時43分

kenkoさん、「もしも昨日が選べたら」
って劇場でチケット買うとき結構言いにくかったです(笑)
去年「最後の恋のはじめ方」ってのも
言うのイヤだったなぁ(原題は"hitch")
あっ「リトルニッキー」は観てないです!
アダムサンドラーって微妙にB級な映画
多いですよね。「プロフォルファー・ギル」
(これも日本ビデオ題)とか・・。(笑)
この映画は面白かったです。ちょっと下品
な内容がらしいというか。
あっ「素晴らしき哉、人生!」
オススメなんで、ゼヒご覧になって
ください。500円ビデオとかにも
確かあったと思います。
この映画に影響受けてる映画が沢山
あるんですよね・・。^^
「ドッジボール」は暇があれば(笑)
下品具合はどっこいどっこいです!^^

投稿: kazupon | 2006年10月 8日 (日) 21時38分

kazupon様

結局パンフレットを買ってしまったんですけど、
散々泣きはらした目で言ったのでよけいに恥ずかしかったです。。。

「プロゴルファー・ギル」。これまた微妙な邦題w今度チェックしてみますね。

「素晴らしき哉、人生!」は、CSでずっと前に録画していたのを、観るのを忘れてそのままにしちゃってました。ちゃんと観ておけば良かったなーと反省です。さっそく観ます。
「ドッヂボール」もちょうど今月放送があるので、観てみようと思います♪

そうそう、コメンタリーの人ってジェームス・アール・ジョーンズだったんですね。
大好きな映画「フィールド・オブ・ドリームス」にも出ている俳優さんなのに…ますます悔しー
でもスッキリしました!ありがとうございました。

投稿: kenko | 2006年10月 8日 (日) 22時31分

遅くなりましたがTBありがとうございます。

>笑って泣いて、泣いて笑って・・・ハッピーな気持ちでいっぱいになりました。
映画はこうでなくっちゃね

自分も常にそう思っています。アダムは映画製作を通じて円熟して「コメディとハートウォーミングの融合」を成し遂げたと思います。これまでの集大成というか、傑作に数えられるんじゃないかなぁ。

投稿: 八ちゃん | 2006年10月10日 (火) 00時08分

八ちゃん様

コメントありがとうございます♪

>アダムは映画製作を通じて円熟して「コメディとハートウォーミングの融合」を成し遂げたと思います。

私もそんな風に感じました。ハートウォーミングなアダムも好きだけど、「ちょっとお下品ギャグ」がないとなんとなく物足りない時もあったりしてw
これからもアダムにしかできない笑えて暖かい気持ちになれる映画を、たくさん作ってもらいたいです。

投稿: kenko | 2006年10月10日 (火) 11時22分

トラコメありがとうございます♪
アダムは実年齢に合わせて微妙に芸風を変化させてるんですが、それを感じさせない題材選びの巧みさがありますよねぇ。
本作も現アダムらしい一本でした!
ついでに『リトル★ニッキー』もトラさせていただきますねー。

投稿: たお | 2006年10月13日 (金) 21時39分

たお様

アダム好き♪とか言いながら、
アダムファン歴はそう長くもないので
たおさんの記事は勉強になります。

ニッキー最高ですよね!

>隅から隅まで嫌いな場所がないんですよ。

私も私も♪むふふ。
何度観ても爆笑しちゃいます。

投稿: kenko | 2006年10月14日 (土) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/3686245

この記事へのトラックバック一覧です: もしも昨日が選べたら:

» 「 もしも昨日が選べたら 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督 : フランク・コラチ 出演 : アダム・サンドラー  / ケイト・ベッキンセール  /  脚本 :  公式HP : http://www.sonypictures.jp/movies/click/    「 Click(原題) 」 邦題は全然賛成... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 16時56分

» もしも昨日が選べたら/CLICK [我想一個人映画美的女人blog]
久々にオススメできる映画の登場〜{/atten/} 6月に全米公開されて初登場1位{/kirakira/} 先に観ていたyueが面白かったというし、以前から楽しみにしていた1本♪ ニコールキッドマンの新作と悩んだけどこちらを選択{/star/} 一応、はじめに断っておくとわたし、アダムサンドラーファンです{/hearts_red/} それにしてもこの邦題のダサさにはビックリ {/hiyo_eye/} そのまま「クリック�... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 16時56分

» もしも昨日が選べたら [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
「家族のため」と言いながら、家庭を顧みず仕事に励むサラリーマン、マイケル。ふとしたことから画期的なリモコンを手に入れ、そのために人生をバラ色にできるかに見えたのですが...。 何というか、「社会的に大きな成功をすることより身の丈にあった足元の小さな幸せを大事... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 22時19分

» 映画「もしも昨日が選べたら」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:CLICK もしも昨日が選べたら、どんなにか素晴らしいだろう、もしも人生やり直せたら、いったいどんな人生を歩むのだろう、・・ゆるやかな感動の渦に巻き込まれる 建築士マイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)には、妻のドナ(ケイト・ベッキンセール)と可愛い二人の... [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 11時15分

» もしも昨日が選べたら [It's a Wonderful Life]
この映画「ドラエもん」みたいな話って聞いてたんですけど、 いやいや、観てみてまず思ったのは 大好きな「素晴らしき哉、人生」 のオマージュ映画じゃないかと思いました! リメイクじゃなくてリコンストラクションというか・・。 つまんないと思ってる自分の人...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 22時21分

» 「もしも昨日が選べたら」意外と・・・。 [よしなしごと]
 ポスターが何となく気になる映画もしも昨日が選べたらを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 09時40分

» もしも昨日が選べたら−(映画:2006年125本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:フランク・コラチ 出演:アダム・サンドラー、ケイト・ベッキンセール、クリストファー・ウォーケン、ヘンリー・ウィンクラー、ジュリー・ガウナー、デヴィッド・ハッセルホフ、ジョーン・アスティン 評価:86点 公式サイト (ネタバレあり....... [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 23時41分

» もしも昨日が選べたら [八ちゃんの日常空間]
オープニングにいきなりカーズの曲から始まるのでびっくりした。なつかしのヒットナンバーばかりだし、本当にウキウキだ。 「夢オチ」ながら、最後に現実世界にもリモコンが…。 幸せになるために頑張ったつもりが全く逆の方向に進んでしまうという、皮肉な結末を迎える。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 00時14分

» どうしますか?「もしも昨日が選べたら」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
※BOBBYSHIROの昨日は真っ暗? 日本ではまだ大ヒット作がない アダムサンドラーの主演作 「もしも昨日が選べたら」 幸せ探しの感動ストーリー。 なぜ、ジャパニーズは理解できないのだろうか? 一応、タイムスリップ物だけど 過去も、未来も変えないで 進んでいく展開が新鮮だ! アダムサンドラーの 個人的な笑いを誘う演技 自分が一番理解できているはずなのに 戸惑う演技が見物。 これまた「なるほど」的な展�... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 13時50分

» もしも昨日が選べたら (Click) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 フランク・コラチ 主演 アダム・サンドラー 2006年 アメリカ映画 107分 コメディ 採点★★★★ 頭皮を根こそぎ持ってかれそうなタケコプターはさておき、ドラえもんの道具の数々はどれもこれも魅力的。子供の夢やら希望やら願望やら欲望やらを叶えてくれる道具に思いを..... [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 21時41分

» リトル★ニッキー (Little Nicky) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 スティーヴン・ブリル 主演 アダム・サンドラー 2000年 アメリカ映画 93分 コメディ 採点★★★★ どうやら世間一般的に“末っ子”とか“一人っ子”ってのは、甘ちゃんでワガママで自分勝手でどうにも頼り甲斐のないイメージのようで。で、また一般的にB型ってのも、..... [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 21時42分

» 『もしも昨日が選べたら』 [京の昼寝〜♪]
失くしたハッピーを、探しに行こう。 ■監督 フランク・コラチ■脚本 スティーヴ・コーレン、マーク・オキーフ■キャスト アダム・サンドラー、ケイト・べッキンセール、クリストファー・ウォーケン □オフィシャルサイト  『もしも昨日が選べたら』 出世を夢見て多忙な日々を送る建築士マイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)。 ある日、町の家具屋で謎の従業員モー... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 23時18分

» もしも昨日が選べたら [八ちゃんの日常空間]
オープニングにいきなりカーズの曲から始まるのでびっくりした。なつかしのヒットナンバーばかりだし、本当にウキウキだ。 「夢オチ」ながら、最後に現実世界にもリモコンが…。 幸せになるために頑張ったつもりが全く逆の方向に進んでしまうという、皮肉な結末を迎える。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 01時47分

« アタゴオル玉手箱 | トップページ | BLAME!and so on »