« バガボンド画集 WATER&墨 | トップページ | ナチョ・リブレ 覆面の神様 »

さらい屋五葉

「マンガを集めなきゃ生きていけないのっ!」

と、シャウトした『恋の門』証恋乃じゃないけれど、うちの本棚はマンガだらけ。

でもマンガ雑誌を買うことはほとんどなくて、書店で単行本をジャケ買いすることが多いです。基本的に絵がお気に召さないとダメで。

こちら、先日ジャケ買いしたオノ・ナツメ氏のマンガ『さらい屋五葉』

Saraiya_2

買っておうちに帰ってから気がつきました・・・またまたIKKIじゃん!

『さらい屋 五葉』は、

気弱ではずかしがり屋な浪人・政之助は、ある日偶然出会った遊び人風の男・弥一に用心棒になるよう依頼される。しかし、政が守るべき弥一こそ、拐かし(要するに誘拐して身代金をせしめること)を生業とする賊「五葉」の一味であった。 IKKI公式サイトより)

といった内容の、”大江戸艶色絵巻”だそうな。

オノ・ナツメさんのマンガを読むのは初めてですが、女性マンガ的な雰囲気は若干ありつつも、そこいらへんのその手のマンガとは一線を画す、粋でオシャレな絵がとっても魅力的。特に、太い線で描かれた各話の扉絵が好き。オノ・ナツメについてネットでいろいろ検索してみると、一般作品では「オノ・ナツメ」、ボーイズラブ作品では「basso」という名前を使い分けて活動なさっているらしい。

ボ、ボーイズラブ作品??

思いがけず禁断の世界にブチあたっちゃいました。。。

とりあえず、オノ・ナツメ公式サイト settantanove orsi  のリンクと、

basso名義のサイト tasso のリンクを貼り貼り♪

『tasso』の方をのぞく時は「なんかスゴイの出てきたらどうしよう・・・」と、ちょっとドキドキしてしまいましたが・・・全然まったく心配御無用でございました。五葉とはまた違った絵柄の、クールでモダンでヨーロピアンな香り漂うステキなイラストがいっぱいです。女子人気高そう。

そんなオノさんが現在IKKIで連載中のマンガ『さらい屋五葉』。絵はものすごくイイんだけど、お話はまぁ正直いまひとつです。「某、○○でござる。」という主人公・政の話し方にいきなり感じる違和感は、オノさんの描くリアルとファンタジーの混じり具合が絶妙なこの世界ではこれでいいのかも?って感じですぐに慣れましたけどね。てゆーか、ホントは剣の達人なのに気の弱い政のドンくささとか田舎っぽさとかを表現するには、「某」「ござる」で丁度いいのだ、たぶん。まだ第1巻が出ているだけだし、これからどんどん物語が広がっていけばいいなぁ。

オノ・ナツメの絵がとっても気に入ったので、どうやらメジャーデビュー作らしい『LA QUINTA CAMERA ~5番目の部屋~』も買ってみました。

絶版になっていた本作に2話描き足して、『さらい屋五葉』発売と共に小学館より復刊されたものらしい。

5banme

表紙を見れば分かる通り、五葉とは全然違うシンプルでとってもかわいらしい絵柄。『settatanove orsi』の方にアップされているイラストの雰囲気に近いです。作者本人がイタリアに留学した経験に基づいて描かれている?のであろうと思われる、こちらはホンワカ癒され系。かわいい絵を眺めているだけでなんだか幸せ♪

つ、次は、”BL系”ってやつにチャレンジするのか??私。。。

|

« バガボンド画集 WATER&墨 | トップページ | ナチョ・リブレ 覆面の神様 »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

あっオノナツメだ!
おもろそう。
私もオノナツメの漫画ジャケがいしたことあります。うちにも一冊あるよん。
レストランParadhizoだったかな???

投稿: えす | 2006年11月 1日 (水) 23時20分

えす様

およ!えすさん珍しい・・・
オノナツメマンガ既読なのね♪

ちょっと気になる”BL系”も
オノナツメさんの描くものに限ってはなんだかオシャレでステキっぽいので
『クマとインテリ』とか実は狙ってマス。。。

投稿: kenko | 2006年11月 2日 (木) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/4008433

この記事へのトラックバック一覧です: さらい屋五葉:

« バガボンド画集 WATER&墨 | トップページ | ナチョ・リブレ 覆面の神様 »