« キリンジTour2006 at HIROSHIMA CLUB QUATTRO | トップページ | 武士の一分 »

プラダを着た悪魔

Thedevilwearsprada

いや~もうアン・ハサウェイが!むちゃくちゃカワイイんですもの♪

<あらすじ>

大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性達が死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった!それは一流ファッション誌”RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のアシスタント。しかしそれは、今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!プラダを着た悪魔公式サイトより)

何を隠そう大人気海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の大ファンなワケで。現在LaLaTVで全シーズン一挙放送中のSATCを、ちまちまと録画保存中でございます。あけっぴろげな下ネタももちろん楽しいけれど、女同士真剣に恋の相談とかしてるのに、「このデザートすっごく美味しい!」などと全く人の話を聞いてなさそうな人がいてもおかまいなしに続くマシンガントークに、NYのキャリアウーマンでなくともむちゃくちゃ共感したりするの。女って正にあんなんですわ。でも友情はめちゃ濃いのだ。

SATCのサラ・ジェシカ・パーカーのファッションって、一般庶民の正直な感想として「そ、そんなんアリですか?」ってのがごく稀にあるけど、今回のアン・ハサウェイの衣装はどれもとってもかわいかった~!サラサラロングヘアも非常に眩しかったですが、キャスケットがお似合いなのを見てベリーショートみたいにしてもすごくキュートかも?と思いました。

以下ネタバレ含みます↓

主人公アンディはジャーナリストを目指しているだけあって、好奇心旺盛で前向き、行動力もあり、悪魔のような上司・ミランダにも物怖じしない性格。嵐のような仕事もノウハウさえ覚えてしまえば、結構有能にテキパキとこなしていきます。でもそれだけでそう簡単に認めてもらえるハズもなく。不本意とはいえファッション業界で働く人のセンスがイマイチだったら、いくら仕事ができてもやはり説得力がないですもの。そんなこんなで、ミランダの右腕・ナイジェル(スタンリー・トゥッチ)のお力を借り、スタイル抜群のボディ(足超長っ)にハイファッションを纏い大変身!

第一アシスタントを始めとする皆さんの羨望の眼差しが大変心地良いシーンですが、超早変わりファッションショーだった為「ちょっと!そのお洋服もう少しよく見せてよ~」と言いたくなっちゃった。てゆーか、あんなの全部貰えるなんて羨まし過ぎ~

自信がつき、みるみる有能になっていくアンディよりも、パリ命の彼女や、コツコツと頑張ってきた彼の方により共感してしまいました。

Devilwears1 Devilwears2

クールなアイメイクがお似合いのエミリー、病院でのスッピン顔は妙に幼いの。

ナイジェルはグッとくるセリフがいっぱい。「この業界の本質は内面の美しさだ」とか、「君は全く努力していないよ」とか、「信じるしかない。いつか償いをしてくれるさ」とか!

そして、ソフトな口調が逆に恐怖感を煽るこのお方。

Devilwears3

風格ありますわ~

表面上は美しく装っていても、シビアな世界で夢を掴み取る為、プライベートや好きな食べ物や子供や恋人や、いろいろなものを犠牲にしてみんな頑張っているのだ。「私は皆の憧れの存在なのよ」と言い切ってリムジンを降り、報道陣に囲まれるミランダになんとも言えない孤独を感じました。その直後、何かを悟ったかのようにミランダの元を去ってしまうアンディ。なんとなくミランダがかわいそうだったなー

いくら彼(けっこうカワイイ♪)とうまくいってないからって、パリに行ってはしゃいじゃったからって、あっさりオイタをしたあげく「私を許して」なんて言うアンディに、「そりゃナイよ!」とツッコみたい気持ちがなくはないですが、そのくらい図太くないとNYのキャリアウーマンとしてはやってけないのであろう・・・ということにしておきます。あんなのSATCじゃ日常茶飯事だしね☆

面接を受けるアンディにミランダがしてくれた強力バックアップにはちょっとしんみり。。。やっぱ大物は器が違います。でもその後道でばったり出くわしても、アンディは遠くから笑顔で手を振るだけだったりするんだよね。日本人だったら慌てて駆け寄って、深々と頭を下げてしまいそう。

なにはともあれ、個人的にはプリンセスでしかなかった(ごめんなさい)アン・ハサウェイのイメージが、すっかり覆されたことは間違いなく。テンポのいいストーリー、素敵なファッションてんこ盛りでとーっても楽しかった☆

|

« キリンジTour2006 at HIROSHIMA CLUB QUATTRO | トップページ | 武士の一分 »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こんばんは。
TBとコメントありがとうございます。
普通なら、滅多に若い女性がメインの映画を観ないのだけれど、
アンの『ブロークバック・マウンテン』の演技がとても好きで、
この作品も観てきました。
アンは明るくて賢くて一生懸命なアンディが似合ってましたね。

我儘な言いつけをするけれど、ちっとも意地悪じゃなく、むしろ、とっても頑張っててやりすぎてしまうくらいのミランダが素敵でした。
ラストでのアンディのファッションが、高価ではなくてもお洒落になってたのがよかったです。

投稿: 悠雅 | 2006年11月30日 (木) 20時15分

こんばんは。いつもありがとうございます。

ファッションに全く興味なくても煌びやかさに目を惹かせ、登場人物に共感させちゃうところ、さすが出来た映画でした。

終始厚塗り化粧だから、普通に化粧しててもスッピンに見えちゃいますが、やはり女性の観客にはお見通し?

TB&コメントありがとうございました。

投稿: とりこぷてら | 2006年11月30日 (木) 21時05分

トラバ・コメントありがとうございます。
アン・ハサウェイの大変身ぶりが、強烈でした。
業界にいると、ファッションセンスも磨かれる・・って事でしょうか。

投稿: ひらりん | 2006年11月30日 (木) 23時19分

こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!!

いやあ・・・アン・ハサウェイってあんなに可愛かったっけ?というほどにホントに可愛かったなあ♪
こぼれ落ちそうなほどに大きな大きな瞳がとても印象的です。

なんといってもストリープの貫禄はさすがでした。強さの中に秘めた孤独や寂しさが、自然とにじみ出ているようで・・・。

≫日本人だったら慌てて駆け寄って、深々と頭を下げてしまいそう。

そうそう(苦笑)。
睦月もあのシーンを観たとき、「ああ・・これが自由の国アメリカね」と思いました(苦笑)

投稿: 睦月 | 2006年12月 1日 (金) 01時48分

ええと、この映画自分は見にいくつもりないんですが、ようするに「もしピーコが上司だったら?」という話ですよね? 「なにその服、全然似合ってない!」みたいな

ところで今日『トゥモロー・ワールド』と『武士の一分』と『カジノ・ロワイヤル』のどれを観にいこうか迷ってるんですが、『トゥモロー・ワールド』って見ておいたほうがいいですかねえ? 「見ないなんてバカ!」(おすぎ調)

投稿: SGA屋伍一 | 2006年12月 1日 (金) 08時34分

悠雅様

若い女性がメインの映画、そういえば私もあまり観ないかも?
(若い男性がメインの映画なら…♪)
でもこの映画の予告篇のアンがあんまりかわいくて、
観に行くのをずっと楽しみにしていたのでした☆
恥ずかしながら『ブロークバック・マウンテン』は未見なのです。。。観なくっちゃ!

とんでもなくムチャな言いつけをするミランダだったけど、
不思議と意地悪!とは思いませんでしたね。
ブルーのベルトのシーンとか長年あの業界を生き抜いてきたミランダの言葉には
説得力があって、筋が通ってて素敵でしたもの。

ラストのアンディは、今の自分に似合う自分らしいスタイルを見つけたんだなーと思いました☆

投稿: kenko | 2006年12月 1日 (金) 11時46分

とりこぷてら様

この映画に登場する数々の煌びやかなブランドって、名前は知ってても私のような一般庶民にはなかなか手が出せないものばかり。でもいいの、見てるだけで楽しいから♪
しかしそんなハイファッションに興味のない男性陣も楽しめたのは、社会人なら誰しも共感できるようなエピソードや、映画としてのデキの良さがあったからでしょうね☆

基本的に化粧濃いめでしたよね~w
スッピンメイク、女子にはお見通しデス♪

投稿: kenko | 2006年12月 1日 (金) 12時07分

ひらりん様

アンディの大変身、ワクワクしました♪
ファッションセンスってそう簡単に磨かれるものではないような気はしますが、
アンディって基本的に要領が良くてのみこみも早そうだったし
ナイジェルという超有力なスタイリストもいたから、あんな風にステキに変われたのかも?

投稿: kenko | 2006年12月 1日 (金) 12時14分

睦月様

アン・ハサウェイって美人だなとは思っていたけど、
正直そんなに特別な魅力を感じたことはなかったのです。
でも今回の彼女はほんとキュートでした☆
衣装やメイクの力はもちろん大きいけれど、ちょっとオトナになったから?でしょうか。

メリル・ストリープはさすが!の演技でした。
美しい銀髪と、それに似合うファッションもとてもステキで。

ラストのシーン、睦月さんもやはりそう思われました?
すごくいいシーンなんですけどねw
軽いなぁ、でもアレがニューヨーカーってもんかしら?と思いました。

投稿: kenko | 2006年12月 1日 (金) 13時56分

SGA屋伍一様

>「もしピーコが上司だったら?」という話ですよね?

も~SGAさんってばwww
あんまり笑かさないで下さいよ~
ピーコに「なにその服、全然似合ってない!」って言われてもムカつくだけだけど、
メリル・ストリープ演じるミランダに言われたなら
「はは~!おおせの通りに~」ってなっちゃう映画なんですョ☆

トゥモローワールド、個人的にはすごく良かったんですけど、
人によってはもう全然ダメだったりするみたいです。
かなり潔く説明を省いているせいだと思うのですが、
私そういう観客をわざと突き放すみたいな映画やマンガが元々好きで。
Mなんでしょうか。(←何言ってんの?)
SGAさんはけっこうイケそうな気はしますが…
「見ないなんてバカ!」(おすぎ調)とは迂闊には言えない感じですw

ちなみに私は今日、武士の一分を観に行こうと思ってます!
ほんとはカジノ・ロワイヤルもむちゃくちゃ観たいんですけど、
初日が映画の日だなんてすっかり忘れてて前売り券を買ってしまったんですよねぇ。
だからカジノ~は明日行きまーす☆

投稿: kenko | 2006年12月 1日 (金) 14時19分

コメント&TBありがとうございました♪
アンディーがナイジェルに相談した時の、「君は全く努力していないよ」は響きましたよね!

>>パリに行ってはしゃいじゃったからって、あっさりオイタをしたあげく「私を許して」なんて言うアンディ

これは僕も思いました!男の浮気はバレやすいですが、ほんと女性は怖いですよね(笑)

投稿: カっツン | 2006年12月 1日 (金) 17時51分

kenkoさん、こんにちは。
この度はトラバ&コメントありがとうございました!
ホントにアンかわいかったですー。個人的にはそんなにストライクなルックスじゃないんですけど、頑張ってるアンディの演技にもうきゅーんですよっ(笑)。

投稿: 発生 | 2006年12月 2日 (土) 00時03分

カっツン様

「君は全く努力していないよ」
・・・響きましたね~。
なんか自分に言われているような気がしましたw

女はしたたかでございます。
あんた罪悪感とかナイのか!と、言いたくなくもないですが、
まぁ若いんだからいろいろあるさ!ってコトで~

投稿: kenko | 2006年12月 2日 (土) 17時44分

発生様

かわいかったですよねー!
私もこれまでは正直そんなにストライクなルックスではないなーと思っていたんですけど、
今回のアン・ハサウェイはすっごく魅力的でした♪
機嫌の悪い彼を誘惑するシーンなんかも、
セクシーというよりはキュートな感じで良かったなぁ☆

投稿: kenko | 2006年12月 2日 (土) 17時55分

kenkoさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

ブランドはまったく詳しくないのですが、とても楽しく観れました。
女性はボーナス時期にこの映画をみると物欲制御がたいへんなのでは・・・と余計な心配をしてしまうぐらい、ファッションが素敵に見えました。
ナイジェルみたいに、さりげなく後輩にアドバイスできるようになりたいですねえ。

投稿: はらやん | 2006年12月 3日 (日) 18時57分

はらやん様

はらやんさん、こんばんは~☆

私も大してブランドには詳しくないですw
でもとっても楽しい映画でしたよね。
ほんと!ボーナス時期に観たら大変だ!
デートで観ても、後で「アレ欲しい!」とおねだりされる男性は大変かも?ですね☆

ナイジェルのアドバイス、身に沁みる言葉がいっぱいありました。。。

投稿: kenko | 2006年12月 4日 (月) 00時59分

ミランダ綺麗でしたねえ~。
もう、森光子もビックリですよ。
あと、エミリー。なかなか人間味がでていて私好きです。
ナイジェル役のスタンリー。いい役で出ていましたが、なぁ~んかこの顔
胡散臭いですよね。あとで裏切るって感じの役似合いそう^^

投稿: へーゼル☆ナッツ | 2007年1月10日 (水) 15時19分

ヘーゼル☆ナッツ様

記事中にUPしているミランダの写真、
銀髪に深いパープルってすごく合ってて素敵!と思いセレクトしてみました☆

エミリーは一見キツそうだけど、もともと要領のいいアンディとは違い
実は不器用ながらひたむきに頑張っているという感じがして好感がもてました。

ナイジェル役のスタンリー・トゥッチは、観ている時は気が付かなかったんですけど
『シャルウィダンス?』で竹中直人の役を演じた方だったんですね。
どうりで胡散臭いハズですw
今月楽しみにしている『ラッキーナンバー7』にも出演されているようで期待大!

投稿: kenko | 2007年1月10日 (水) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/4274503

この記事へのトラックバック一覧です: プラダを着た悪魔:

» プラダを着た悪魔 [Akira's VOICE]
軽快に楽しく,元気が出るステップアップムービー。 [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 14時38分

» プラダを着た悪魔/監督:デヴィッド・フランケル [遅ればせながら衝動的]
本編を観るまでは、てっきり素朴なアンディ(アン・ハサウェイ)がミランダ(メリル・ストリープ)に気に入られて、モデルへと華麗な変貌を遂げていくお話なんだと思い込んでた。 「ワーキング・ガール」を彷彿とさせる、キャリ... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 15時15分

» 『プラダを着た悪魔』 [京の昼寝〜♪]
恋に仕事にがんばるあなたの物語。 ■監督 デビッド・フランケル■原作 ローレン・ワイズバーガー■キャスト メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニアー、サイモン・ベイカー□オフィシャルサイト  『プラダを着た悪魔』 大学を卒業したばかりのアンディ(アン・ハサウェイ)の夢は、ジ�... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 17時22分

» プラダを着た悪魔 [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
プラダを着た悪魔 (出演 メリル・ストリープ) 原題: The Devil Wears Prada (2006) 2006年11月18日 日本初公開 公式サイト: http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/ ユナイテッドシネマとしまえん スクリーン5 I-17 2006年11月19日(日)21時30分の回 ゴウ先生総合評価: A-   画質(スコープ): A-   音質(SR-D): A-   英語学習用教材度: A... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 19時59分

» プラダを着た悪魔 [悠雅的生活]
それは、自分のための、自分の決断。 [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 20時03分

» 「プラダを着た悪魔」 now roadshow! [とりあえず生態学+]
プラダを着た活劇。   プラダを着た悪魔 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 110分 監督 デヴィッド・フランケル 製作総指揮 ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr 、カーラ・ハッケン 、カレン・ローゼンフェルト... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 21時05分

» プラダを着た悪魔(^_-)-☆THE DEVIL WEARS PRADA [銅版画制作の日々]
 泣きたいくらいの大失敗、自分で自分を慰めたくなる瞬間そんな経験が、きっと輝く明日を作っていくこれは恋に仕事に頑張るあなたの物語 2003年4月、20代の新人女性作家が書いた1冊の本が刊行と同時にベストセラーになった『プラダを着た悪魔』の映画化だ実際作家自身があの有名なヴォーグ誌の女性編集長のアシスタントをつとめた経験あり・・・・。実体験が多分に反映されている小説多くの若い女性たちの間で評判を呼んだそうだ ... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 21時54分

» プラダを着た悪魔 [ネタバレ映画館]
 発売前の新作ハリー・ポッター。海賊版を売ってしまえば大儲けできるのに・・・ [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 22時36分

» 「プラダを着た悪魔」 お洒落な「働きマン」 [はらやんの映画徒然草]
このところ重めのテーマの映画が続いたので、軽いタッチの映画をということで「プラダ [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 23時13分

» プラダを着た悪魔/THE DEVIL WEARS PRADA [我想一個人映画美的女人blog]
もう、鬼上司メリルがめちゃくちゃカッコイイ〜{/ee_2/}  シルバーヘア、強烈にお似合い☆ さすがの貫禄! 先日の予告通り、六本木ヒルズで行われたマスコミ試写会に行ってきました{/kirakira/} こんなにブランドの固有名詞がタイトルにハッキリついた作品って今までなかったんじゃないかナ? この作品、ずっと観たかった理由は、、、、 1.メリル・ストリープが鬼上司{/ee_3/}最近のメリルのコメデ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 03時21分

» プラダを着た悪魔 [eclipse的な独り言 ]
   さてビートルズの新譜を買いに行きました。そうしたら今回の発売は全世界同時 [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 05時28分

» プラダを着た悪魔 [日々エンタメざんまい!]
おすすめ度:★★★★☆【STORY】 大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。 しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、 NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。 多くの女性が憧れる... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 17時41分

» プラダを着た悪魔 [Diarydiary! ]
《プラダを着た悪魔》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE DEVI [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 23時13分

» プラダを着た悪魔 [丼 BLOG]
(06年11月鑑賞) 「気軽に観れる一本。サクセスストーリーによくあるタイプのお... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 23時56分

» プラダを着た悪魔 [八ちゃんの日常空間]
本当にやりたい仕事をかなえるために、一生懸命、今を頑張るとか。認められていくようになるステップアップの話に華麗なファッション界の話がわんさかと詰め込まれていれば、女性向けと言われるのは当然だ。個人的には(男だからと言うのもあるが、)イン・ハー・シューズの...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 22時58分

» 【劇場鑑賞129】プラダを着た悪魔(THE DEVIL WEARS PRADA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
こんな最高の職場なら、死んでもいい! こんな最悪の上司の下で、死にたくない! 恋に仕事にがんばるあなたの物語。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 01時25分

» 【劇場鑑賞129】プラダを着た悪魔(THE DEVIL WEARS PRADA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
こんな最高の職場なら、死んでもいい! こんな最悪の上司の下で、死にたくない! 恋に仕事にがんばるあなたの物語。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 01時27分

» プラダを着た悪魔 [まぁず、なにやってんだか]
やっと観に行けました「プラダを着た悪魔」。 数ヶ月前に予告を観たときから「これは面白そう!」と期待していた映画。 なかなか評判もよいことだし、楽しみにしてました~。 最初からグッと引き込まれる展開。ミランダ(メリル・ストリープ)が予定より早く出社するというので、「戦闘態勢につけ!」とみんながキビキビと準備する姿がかっこいい!それと対照的に服装がダメダメだというだけで「見なかったことに」されるアンディ(アン・ハサウェイ)。かわいそうなんだけど、面白かった。 「太ってる」と何度も罵倒され... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 15時30分

» プラダを着た悪魔 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:デヴィッド・フランケル キャスト:メリル・ストリープ       アン・ハサウェイ       エミリー・ブラント       スタンリー・トゥッチ       エイドリアン・グ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 05時41分

» プラダを着た悪魔(試写会) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  Ladeis be Ambitious!   [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 00時55分

» 映画vol.96 『プラダを着た悪魔』 [Cold in Summer]
監督: 出演:メリル・ストープ アン・ハサウェイ 公式サイト ◇ストーリー 「記者」を目指す「アンディ」(アン・ハサウェイ)は、ファッション誌 の編集長「ミランダ」(メリル・ストープ)のアシスタントに採用される。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 14時06分

» 『プラダを着た悪魔』 [映像と音は言葉にできないけれど]
この映画のために事前にチェックしておいたのですが、2004年に香水のCFのためリドリー・スコットとジョーダン・スコットがミウッチャ・プラダと手を組んだ短編映画「Thunder Perfect Mind」に共通する部分がありますね。... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 00時33分

» 「プラダを着た悪魔」 [Tokyo Sea Side]
オープニングからテンポが良く、コメディタッチなので観やすい☆さすがファッションも可愛いです!夢を叶える為とは言え現実は厳しく、仕事に染まれば今度は私生活に支障が出る。そんな生活の中で何が大切なのか分からなくなってしまう。仕事?オシャレ?恋?…働く女性に付き物の悩みですね。共感できます☆女の子向けの映画ですが、仕事に夢中になって周りが見えなくなるという意味では、男性にもオススメしたいです。 [:URL:] 『プラダを着た悪魔』... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 10時46分

» 映画「プラダを着た悪魔」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Devil Wears Prada この映画のオープニングはとってもショッキング、鏡に向かって歯を磨く彼女の素顔は一体誰だったのか・・分からなかった、メイク後の彼女、あぁ~と気付く 下着姿で登場する元々スレンダーな彼女、もう少しお尻はあったほうがいいが・・ファッ... [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 12時59分

» 「プラダを着た悪魔」 お洒落な「働きマン」 [はらやんの映画徒然草]
このところ重めのテーマの映画が続いたので、軽いタッチの映画をということで「プラダ [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 21時45分

» こんな最高の職場なら死んでもいい!こんな最悪の上司の下で死にたくない!「プラダを着た悪魔」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
【関連記事】 プラダを着た悪魔 壁紙 [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 02時02分

« キリンジTour2006 at HIROSHIMA CLUB QUATTRO | トップページ | 武士の一分 »