« パプリカ | トップページ | ☆A HAPPY NEW 亥ヤー2007☆ »

竹光侍

Takemitwu

改めて言うのもナンだけど、やっぱ松本大洋の絵はスゴイのだ。

松本さん、あなたの描くその絵こそ、物の怪にとり憑かれてやしませんか。

『竹光侍』は・・・

江戸のかたぎ長屋に住みついた浪人、瀬能宗一郎。剣の腕は立つが素頓狂。何を起こすか、起こさぬか。盟友・永福一成の原作を得て、松本大洋が新たなスタイルで江戸を描く!小学館ビッグコミックスピリッツにて連載中)

えらく簡単ですが、そんな感じの松本大洋最新作でございます。”竹光侍”って、刃の部分が竹でできているなんちゃって刀を差しているお侍様のことなのですが、コレって常識ですか?知らなかった私。。。

つかその盟友・永福一成って誰?時代小説とか書いてる作家さん?・・・などと勝手に想像しつつ調べてみると、僧侶でありながら漫画家でもあり、松本大洋のアシスタントを勤めたこともあるお方とのこと。へぇ。しかしどうやらマンガはもうほとんど描かれていないようだし、過去の作品の絵柄を見る限り正直あまり魅力を感じないけど、永福さんの考えたお話+松本大洋ワールド・・・これがまた!第1巻にしてかなりキテおるのであります。

前作『ナンバーファイブ』も大好きな作品ですが、最初の頃は絵を楽しんではいたものの実はそんなに特別な魅力は感じていませんでした。なぜかと言えば1巻2巻あたりの『ナンバーファイブ』では、ほのぼのテイストが強くダークサイドな松本ワールドは影を潜めているように思えたから。私ってば全然分かってなかったわけですよ。ほのぼのしたまま終わるハズがないじゃん?物語が進むにつれ、ストーリーもキャラクターも絵もどんどん加速していきました。私が持っているのは全8巻バージョンだけど、現在A5サイズ全4巻の普及版なるものが発売されているようです。(全8巻バージョンは総額6880円。普及版だと4100円。普及版の方が2780円もお得じゃないかよぅ~)

こちら全8巻バージョン第8巻の表紙。立体感があってこっちの方がカッコいいんだもん!

No5

ここ最近の松本大洋氏の絵はとんでもないレベルに到達しちゃってます。『ナンバーファイブ』とか眺めていると、様々なテイストの絵柄を自在に描き分けられる画力にホント驚いてしまうのですが、今回の『竹光侍』の絵もこれまでとはまた全然違う雰囲気で、なんつーか狂おしいほどにビューーーティフル!!なのです。毎度のことながらいたるところに小動物が登場し、本編と関係あったりなかったりするセリフを呟いたりしててとってもシュールなのですが、私コレがたまらなく好きで。めっちゃかわいーん♪

謎めいた主人公・瀬能宗一郎がこれまた非常に魅力的なキャラクター。蟷螂の夢とかすごくイイ。果たして彼は、物の怪にとり憑かれているのか、それとも物の怪そのものなのか。どうやら物語はこれからが本筋のようで。楽しみです。

|

« パプリカ | トップページ | ☆A HAPPY NEW 亥ヤー2007☆ »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ!年賀状が終わってブログを観れるようになりました(^_^;)。
『ナンバーファイブ』は普及版よりも通常版の方が絶対良いですよね!
こちらの作品はまだ未読なので明日早速買いに行ってきまーすヽ(^。^)ノ。

※それにしてもあの作品1月19日愉しみですぅ

投稿: コン猿君 | 2006年12月31日 (日) 01時44分

コン猿君様

大晦日にこんにちは!
年賀状作成、お疲れ様でございました☆
めんどくさいけどやらないワケにもいきませんものね~

『ナンバーファイブ』、絶対通常版の方がいいのに
普及版なんてものを出さなきゃいけないほど売れていないのでしょうか??

『竹光侍』はとってもおすすめです♪
まるで絵巻物のような松本大洋ワールドにずっぽり浸っちゃって下さい。

1月19日が待ち切れない今日この頃・・・
コン猿君様が良い年末年始を過ごされますように☆

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます♪

投稿: kenko | 2006年12月31日 (日) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/4695884

この記事へのトラックバック一覧です: 竹光侍:

« パプリカ | トップページ | ☆A HAPPY NEW 亥ヤー2007☆ »