« BIOMEGA | トップページ | 竹光侍 »

パプリカ

Paprika

普段はヒマジンの私も、年末はさすがにちょっぴり多忙。。。けっこう前に観た映画なのに、感想書くの遅くなっちゃった。

<あらすじ>

精神医療研究所に勤務しているサイコセラピストの千葉敦子は、所長からの依頼で極秘の治療を行っていた。それは、DCミニという機器を使ってクライアントの夢の中に入り込み行うもので、彼女はその時、”パプリカ”という全く別の人格を持つ少女になるのだ。夢の中でクライアントは、パプリカと行動することにより問題の解決法を見出していく。ある日、まだ開発途中のDCミニが盗まれ、敦子らの目の前で所長に異変が起きる。パプリカ公式サイト

今敏作品の大ファン・・・ってワケでもないのですが、なんだかんだでけっこう観ているかも。映画では『パーフェクトブルー』『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』、WOWWOWで放送されたTVシリーズ『妄想代理人』もかなりハマって観てました。純粋にアニメというよりは、わりとオーソドックスなアニメの手法を使った映画というイメージなのですが、妙にリアリティがあるのと同時にアニメでしかできない映像的な暴走をしまくっている点が独特だなーといつも思います。

終盤の展開に、「そんなオチかよぅ」と正直テンションの下がった『妄想代理人』にちょっと似ているけど、『パプリカ』は冒頭からもったいぶることなく”夢”が突っ走っていて、それがこれでもかとエスカレートしていく様が観ていて快感。これまでの作品の集大成と言ってもいい感じで、かなり気に入りましたです。

今敏監督って、現実と夢が入り混じって、さらにその境界線が曖昧になっていく・・・みたいなシチュエーションがきっとお好きなのでしょうね。でもなんか分かる、その気持ち。夢に見たわけのわからんモノ達が、もしも現実世界を侵食してきたら・・・あの悪夢の大行進のように気味が悪いかもしれないけど、そんな世界を見てみたい、という願望も同時にあるのだ。

私なんかの想像力の範囲外の、めくるめくイマジネーションの洪水に圧倒されつつ、時々挿入されるおちゃめなシーンに笑わされたり、思いがけずセクシーなパプリカにドキっとしたり・・・正にエンターテイメントって感じ。アニメ映画って、終わり方が尻すぼみでなんとなく気に入らない・・・というパターンがよくある気がするのですが、今作における、今敏監督お得意の映像の暴走が最大値まできたところで青空を背景にした静寂のシーンが突然訪れるあの落とし方は、すごく良かったと思います。

そして忘れてはいけないのが、今敏作品に欠かせない平沢進氏の音楽。『妄想代理人』の何が好きだったって、あの突き抜けたような音楽と共に唐突に始まるオープニング。『パプリカ』のオープニングも、溢れんばかりの疾走感にワクワクしました。

楽しい夢ならずっと見ていたいけど、イヤな夢だったら「早く覚めろ!私!」って夢の中の自分に語りかけることってある。覚めたつもりが実はまだ夢の中だったってことも。映画という夢ならば、いつまでも浸っていたいですけどね♪

|

« BIOMEGA | トップページ | 竹光侍 »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

この度もTBとコメントありがとうございました〜。

それにしても・・・
わーい。
kenkoさんも今監督お好きなのですねっ。
嬉しいです。
以前今さんの話なんかで友達と盛り上がってる時に「我々の間だからフツーに通じるんだからな。宮崎駿やスピルバーグの事を一般人に話すみたいに話しけけたら絶対引かれるから。注意しろよ。」と釘を刺された事があるんですよ(^_^;)
だから同好の士がいるとうれし〜いのです♪

投稿: 発生 | 2007年1月20日 (土) 01時09分

発生様

こちらこそお返事をありがとうございます。

好きですョ、今監督☆
宮崎駿さんやスピルバーグだってもちろん好きですがw
基本的にマンガやらアニメやらが大好きな人間ですから、
日本のアニメ界で屈指の才能である今敏作品を見逃すワケにはまいりません。
発生さんほど詳しくはないですけど、
私もブログを通じて盛り上がれる方がいてうれし~いです♪

投稿: kenko | 2007年1月21日 (日) 01時24分

こんばんは!
そうですか!!kenkoさんも『妄想代理人』大好きだったんですね♪
オレもあのオープニングは毎回見てましたが、ほんと不思議な楽曲ですよね(笑)

本作も相変わらずのメチャクチャぶりで、とても楽しめた映画でした!!

投稿: カっツン | 2007年2月18日 (日) 22時21分

カっツン様

『妄想代理人』ハマりましたよ~
終わり方は「・・・」でしたけど。。。
あのオープニングは傑作だったと思います。
不思議な曲なんだけど、今敏さんのアニメーションには
ピッタリだからこれまた不思議ですよねw

この作品では『妄想代理人』以上に、メチャクチャぶりを楽しみました!

投稿: kenko | 2007年2月19日 (月) 13時27分

ようやく観られました
今敏(今野敏さんとよく間違える(^^;))
作品はなんとなく扱う題材に興味がもてなかったのと、こっちまで来てくれなかった(笑)という理由があって今まで未体験でしたが、この『パプリカ』はまさに映像のお祭り状態で眺めているだけでとても楽しい映画でした
確かに解決の仕方とかすごく強引なんですけど、この映像の大サービスの前には小さなことか、と思えます

一番好きなシーンは、実はOPでパプリカがプロモーションビデオよろしく街を飛び回る
ところだったりして・・・・

>現実と夢が入り混じって、さらにその境界線が曖昧になっていく・・・

P・K・デイックかテリー・ギリアムあたりからの流れでしょうかね。でもそういう作品にありがちな「重苦しさ」があまりなかったのが気持ちよかったです

>平沢進

『ベルセルク』のアニメのサントラで名を見たことがありました。あれを超えるアニメ音楽には未だに出会えてません

投稿: SGA屋伍一 | 2007年2月24日 (土) 12時13分

SGA屋吾一様

今野敏・・・って誰だっけ??
モノを知らなくてごめんなさい。。。

今さんのアニメってこれまでなんだかんだで観てはきたけれど、
大ファンってワケでもなかったんです。
でも今回の『パプリカ』は、ホント観ているだけで楽しくて
今までの作品の中では一番好きだなぁ!と思えました☆

OP秀逸でしたよねぇ!
あれで一気に今さんの独特の世界にグッと入り込むことができた気がします。

>P・K・デイックかテリー・ギリアムあたりからの流れでしょうかね

そうかもですね。しかし今さんはあくまでアニメーションであることを心得ているというか、
ドギツイ映像でもなぜか軽やかで気持ちが良かったです。

平沢進さんの音楽、私は今さんのアニメでしか出会ったことがなかったのですが、
『ベルセルク』アニメ版にも名を連ねていらっしゃったのですね!
マンガは根気よく読み続けてますが、アニメは観たことないんす。SGAさんオススメ??
私、攻殻大好きっ子なので、アニメ音楽では菅野よう子さんの音楽が好きです♪

投稿: kenko | 2007年2月24日 (土) 19時23分

遅レスですいません

>今野敏

ミステリー・SF作家です。ガンダムの外伝とかも書いてます

>『ベルセルク』
>SGAさんオススメ??

はい。ワタクシ、『ベルセルク』はアニメから入ったもので。「蝕」編で終ってるので救いようのないENDですけど、なんというか、「世界の奥行きの広さ」を感じさせるアニメです

>菅野よう子さん

自分『攻殻』関係は『イノセンス』しか観てませんが、『カウボーイビバップ』『ウルフズ・レイン』『∀ガンダム』等で親しみました。この方もまた忘れがたい曲を色々作ってらっしゃいますね

投稿: SGA屋伍一 | 2007年2月28日 (水) 22時13分

SGA屋伍一様

レスを促すレスを書いてしまい、こちらこそすいません!

アニメベルセルクは蝕篇までなのか。
イチバン盛り上がるところだし、切りがイイですもんね。
マンガの方は、完結する気配全くなしですね。。。

菅野よう子さんが好きといいつつ、

>『カウボーイビバップ』『ウルフズ・レイン』『∀ガンダム』

↑どれも観てません。
『カウボーイビバップ』のアニメ監督さんが手掛けた『サムライチャンプルー』が大好きなので、『カウボーイ~』も観てみたいなーとは思ってるんですけど。

投稿: kenko | 2007年3月 1日 (木) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/4468139

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカ:

» 『パプリカ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
アニメだからこそ可能なめくるめく悪夢世界が圧倒的。 精神医療研究所に勤務しているサイコ・セラピストの千葉敦子は、所長からの依頼で極秘の治療を行っていた。筒井康隆著の原作小説を確か以前読んだ覚えがある。夢の中に入り込むという設定にワクワクして、前半はとても面白かった記憶がある。だけど次第に、夢の中からいろんなものが飛び出してきて、状況はすっちゃかめっちゃかになっていった。序盤はサスペンスに満ちたSFワールドに面白みを感じていたというのに、後半はそのクールな世界観が損なわれてしまい、徐々に気持ちが... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 21時42分

» パプリカ [丼 BLOG]
(07年1月鑑賞) 「メタファーやオマージュがてんこ盛り。密度があります。そして... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 00時58分

» 「パプリカ」 パブリックとプライヴェートの境目がなくなったら・・・ [はらやんの映画徒然草]
予告で映像を見た時から、是非観たいと思っていた作品です 自分と他人、正気と狂気が [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 17時21分

» パプリカ [欧風]
帰省中109シネマズ富谷での映画観まくり計画、第1弾は「鉄コン筋クリート」、第2弾は [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 19時47分

» パプリカ [日々エンタメざんまい!]
おすすめ度:★★★★☆【STORY】 夢に入り込み、夢を犯すテロリストに立ち向かう夢探偵“パプリカ”の 活躍を描くファンタジー・アニメ。 日本が誇るSF作家である筒井康隆の同名原作を、『千年女優』 『東京ゴッドファ... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 22時22分

» アニメーションは電気仕掛けの夢を見せるか? 筒井康隆・今敏 『パプリカ』 [SGA屋物語紹介所]
筒井康隆のSF小説を、日本アニメ界の鬼才、今敏が映画化。地方なんで首都圏よりやや [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 12時38分

« BIOMEGA | トップページ | 竹光侍 »