« 映画INDEX | トップページ | 父親たちの星条旗 »

硫黄島からの手紙

Lettersfromiwojima

アメリカ資本の映画でありながらメインキャストは全員れっきとした日本人俳優、しかも監督はクリント・イーストウッドであることがまず驚き。こんなスタイルの映画、過去にないですよね?セピアともモノクロとも言い難い、カラー写真が時を経て色褪せたような風合いの映像が美しいと同時に、ザラザラとした質感は硫黄島の過酷な風土を表している気がしました。

<あらすじ>

太平洋戦争末期の1944年6月、アメリカ留学の経験もある陸軍中将の栗林(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦とも言うべき硫黄島に降り立つ。栗林は、西郷(二宮和也)らに対する上官の無意味な体罰をやめさせ、圧倒的な戦力のアメリカ軍を迎え撃つべく島中に地下要塞を張り巡らせる作戦を進める。父親たちの星条旗/硫黄島からの手紙公式サイト

イーストウッド監督って、自分自身も長いキャリアを持つ俳優としての経験上、監督として俳優を使う時にはその人を全面的に信頼し、細かく演技をつけることもしなければ演技が気に入らないと言う理由で何度も撮り直すようなこともしない、と聞いたことがあります。(確か、イーストウッド監督のドキュメンタリー番組かなんかで言ってた)「どんな俳優だって1回目の演技が一番いいんだ」とも、ちょっと記憶があやふやですがご本人がおっしゃってたような。実力のある俳優さんであるだけになるほど~って感じ。説得力あります。

いくら名匠イーストウッドといえど、通訳がいたとしても日本語の細かいニュアンスまでは分かんなくってやりづらいんじゃないかと想像するのですが、役者のセンスを信じている彼だからこそ、今回のようなオール日本人キャストの映画も成功したのかも・・・と思いました。そして、そんなイーストウッド監督の信頼に見事に応えた日本の俳優さん達も素晴らしい。

謙さんはもちろんのこと、二宮くんあの若さでスゴイですわ~。正直ジャニーズ事務所所属である彼に偏見が全くなかったとは言い切れず・・・。これまでも映画やドラマ、舞台にもたくさん出演しているのに、それらをまともに観る機会がなかった為驚きました。

元憲兵役の加瀬亮さんがこれまた迫真の演技で。彼のおびえたような、狂気をはらんだようななんとも言えない目つきが強烈で忘れられません。ワンコのエピソード、結果どうなるか分かっていてもすごくツラかった・・・。

そんなデキる俳優陣と同じ土俵に上がるには、やや演技に難アリな脇役の皆さんのセリフの言い回しなどが、前半ちょっとだけ気になっていたんですけど、地下要塞内での自決シーンと、その直後のアメリカ兵を銃剣で刺し殺すシーンのあたりから、そんなことどうでもよくなっていました。

映画の中の日本兵達はアメリカ人は鬼だと教育されているけれど、映画を観ている現代の私達は、彼らだって我々と同じ感情を持つ人間だ、と当然分かっています。でも、アメリカ対日本の戦いを描きながら、アメリカ兵そのものはほとんど登場しないこの映画を観ているうち、日本兵に寄ってたかって刺し殺されるアメリカ兵や、捕虜となるアメリカ兵の幼い顔や表情を見てハッとしてしまう。海や空に押し寄せてきている想像を絶する数のアメリカ軍は脅威でしかないけれど、その一人一人は西郷らと少しも変わらない無垢な若者なのだと、改めて気付かされるのです。そしてそんな監督のメッセージは、捕虜の母親の手紙を西(伊原剛志)が読み上げるシーンでMAXに。

いつも映画を観ちゃあすぐに泣いてしまう泣き虫な私ですが、自分でも気付かないうちに涙が流れていた、というのは初めてかも。それもなんというか、流したことのない種類の涙で・・・。あの地獄のような穴蔵で、何日経ったのかも分からず、飲み水さえ尽きて、殺しあったり自ら命を絶ったりしなければならなかった若者達の絶望が強く伝わってきました。戦争なんて無意味。若い命が無駄に失われるだけ。これまで何度も間違えて、何度も気が付いてきたことなのに・・・どうして?

当初、『硫黄島からの手紙』は日本人監督に任せる予定だったそうですが、そうならなくてホント良かった。アメリカ人であるイーストウッド監督がこのような公平な視点の戦争映画を撮ったのかと思うと、余計に感慨深いものがあります。

静かに波が押し寄せる硫黄島の風景が、心に沁み入るラストでした。

※『父親たちの星条旗』を観るのを先延ばしにしているうちに、諸事情によりこちらを先に観てしまいました。観る順番がカンケイなければいいんだけど、どうなんでしょ?まだかろうじて上映中の『父親たち~』も、近々観に行く予定です☆

|

« 映画INDEX | トップページ | 父親たちの星条旗 »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、もうイーストウッド一生ついて行きます!と思えた2作でした(笑)
色々レビューを拝見していると、今のところ
逆行してご覧になってる感想に遭遇していないので、是非ご覧になってどう思われたか聞いてみたいです!
テーマはほぼ同じなんですけど、
アメリカ兵の具体的なイメージが
あまり出来なかったのと同じ作り方に
なっています。
アメリカでは字幕の映画を見る習慣が
ほとんどないようなんで、コレもそんなに
ヒットしないだろうと言われてますけど
イーストウッドの着眼点は素晴らしいと
思いました。今までゼッタイにどちらかに
偏った映画しか作れなかったんですけど、
この2作はそれを覆している気がします。
特に泣かせるような演出じゃないのに
ボロボロ泣いてしまいました。不思議です。

投稿: kazupon | 2006年12月12日 (火) 16時35分

イーストウッドって監督としても素晴らしいですね!
かなりのベテランなのに過去の栄光を頼りにするのではなくどんどん新しいことにチャレンジする気持ち、ぜひ見習いたいです。

投稿: sakuramochi | 2006年12月12日 (火) 17時03分

kazupon様

なんか流れで先に硫黄島を観てしまったことが不安なので、
今は早く星条旗を観なきゃ~!という気持ちでいっぱいですw

>アメリカでは字幕の映画を見る習慣が
ほとんどないようなんで

そうなんですかぁ。まぁそうなんでしょうね。。。
でもこの映画を観たアメリカ人の感想も、ぜひとも聞いてみたいと思いました。
双方の視点からそれぞれに映画を撮るという新しい試み、すばらしいですね。

私もボロ泣きでしたよ~
この感想を書いている時も、
映画を観た時に感じたなんともいえない気持ちが蘇って
ちょっと泣きそうになっちゃいました。

投稿: kenko | 2006年12月12日 (火) 17時50分

sakuramochi様

イーストウッドってほんとスゴイ人だと改めて感じたよー

広島に生まれ育って、原爆については子供の頃から何度も聞かされてきたけど、
なぜかこの硫黄島の戦いについてはほとんど知らず…
恥ずかしながら、アメリカ人であるイーストウッド監督に強いメッセージと共に教えられました。

投稿: kenko | 2006年12月12日 (火) 18時17分

こんばんは。TBさせていただきました。
私もジャニタレのことなんて見くびっていましたが二宮くんは素晴らしかったと思います。
そして、日本側の方もイーストウッドが監督してくれてホントによかったと思います。
もちろんこういう映画は日本人にとってほしいところなのですが、そういう気持ちもありつつ、イーストウッド直々に手がけてくれたことが嬉しいです。
日本人としては(世界的にも?)少数派だと思いますが、私は星条旗の方が泣けましたー

投稿: かえる | 2006年12月12日 (火) 21時13分

kenkoさん私も見に行きたくて見にいけていませんでした。
kenkoさんのブログを読んで、これは絶対見ないといけませんね!
これから師走ですが、行きたいと思います。

投稿: えす | 2006年12月12日 (火) 21時58分

kenkoさん
こちらこそTB・コメントどうもでした!
「父親たちの星条旗」もぜひ!ご覧下さい。
視点が変わり、また違った硫黄島を見れるのではないでしょうか?どちらにしても、戦いは嫌ですよね。

投稿: mezzotint | 2006年12月13日 (水) 13時35分

かえる様

こんにちは!TB&コメありがとうございます☆

二宮くん、嵐にしておくのはもったいないですわ~
…なんて言ったらファンの方に叱られそうですけど、
今回のですっかり見る目が変わっちゃいました。
今後もとても楽しみな俳優さんですね!

日本人が手掛けるべき題材だったのかもしれないけど、
ここまで素晴らしい作品にはならなかっただろう…と
どうしても思ってしまいます。

イーストウッド監督は偉大です。
早く星条旗を観なければ!!

投稿: kenko | 2006年12月13日 (水) 14時40分

えす様

えすさん、どちらも観ていないの?
星条旗は既に一日の上映回数も減っているし
今週いっぱいで終わっちゃうのかも。。。
私は今日にも行く予定!

これは本当に観るべき映画だと思います。
ぜひ時間を作って観てみて!!

投稿: kenko | 2006年12月13日 (水) 14時44分

mezzotint様

本当は星条旗の方も観てから記事を書くべきではなかろうか…とも思ったんですけど、
なんか書いてるうちに気持ちが高ぶってUPしちゃいましたw
星条旗の感想を書いたら、またTBさせて下さいまし☆

投稿: kenko | 2006年12月13日 (水) 14時48分

二宮くんと加瀬亮くんの役は、年齢的に逆だったようですが、2人とも好演してたと思います。
予想以上に、というか予想外の方向にスゴイ映画で圧倒されちゃいました。
星条旗はこれの後でも楽しめると思いますよ。
TB&コメントありがとうございました。
星条旗の感想、たのしみにしてます。

投稿: とりこぷてら | 2006年12月13日 (水) 17時45分

とりこぷてら様

そうそう!
二宮くんと加瀬亮さんの大体の年齢を知っている我々としては逆だなーと思うし、
二宮くんと悠木奈江さんが夫婦というのも歳の差が…とか
ちょっとだけ思ってしまうんですけど、
そんなことはこの映画の偉大なメッセージからしてみたら全くもって些細なことでありました。
それに皆さんとても好演されていましたしね☆

>星条旗はこれの後でも楽しめると思いますよ。

ホントですか!なんか安心しましたw

投稿: kenko | 2006年12月13日 (水) 18時33分

トラバ・コメントありがとうございます。
「いま、捕虜になります・・」の行動が、
激戦地での精神状態を表すひとつの場面だったんですね。
彼にとっての「一分(いちぶん)」だったのかなっ。
あれっ、映画がごっちゃになってる・・・
というのは冗談ですっ。

投稿: ひらりん | 2006年12月17日 (日) 03時03分

ひらりん様

>「いま、捕虜になります・・」

ひらりんさんってば、ウマイこと言うなぁ!と感心していたのですが

>彼にとっての「一分(いちぶん)」だったのかなっ。

これまた!してやられましたw

投稿: kenko | 2006年12月18日 (月) 11時17分

こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!

目をそらしてしまったシーンが多すぎました
そこにある命のやり取りや、自決により
あまりに空しく散っていく彼らの姿は直視
できるものではなかったです。
でも、観て良かった・・・ホントにそう
思いました。

私も父親たち~の方をぜひ観たいと思い
ます!

投稿: 睦月 | 2006年12月19日 (火) 18時05分

睦月様

睦月さんと同じくSAWとか全然へっちゃらなのに
『硫黄島~』の凄惨な自決シーンや兵士達の命が奪われていくシーンは、
胸に突き刺さるようで、涙なしには観られませんでした。

『父親たち~』にもつらいシーンはありますが
ぜひ、頑張って観てみて下さい!

投稿: kenko | 2006年12月19日 (火) 19時20分

毎度出遅れてすいません。SGAです

>こんなスタイルの映画、過去にないですよね?
無かったですよね。笑える日本描写なら幾らでも思いつきますけど。あの『ラスト・サムライ』ですら目をつぶらなきゃならないところもあったというのに、まさに驚きです

>監督として俳優を使う時にはその人を全面的に信頼
これも驚きです。イーストウッドって謙虚な人なんですね。役柄は強引なタイプが多いですけど

>ワンコのエピソード
これひとつだけでも、『硫黄島』は『星条旗』よりも深く心に残るお話となりました
馬のあたりも辛かった・・・
珍しく友人と二人で観にいったんですけど、彼に気づかれぬよう鼻水をぬぐうのに苦労しました

ラストシーン、二部作ともほぼ同じ構図なわけですけど、そんなところにもイーストウッド氏の公平さが表れていると思いました

投稿: SGA屋伍一 | 2007年1月23日 (火) 07時50分

SGA屋伍一様

『ラストサムライ』なんてまだ全然イイ方でしたのに、
この『硫黄島~』はヘンな日本の描写がほっとんどなくて驚きました。
オースティンパワーズくらいやっちゃってくれたら逆にオッケーなんだけど、
中途半端にヘンな日本を見せられたらそれだけで引いちゃいますもんね。
天晴れ!東木さん!!

>役柄は強引なタイプが多いですけど

それもそうですねwお若い頃は私生活でもかなりヤンチャをされてたようだし…
監督としての役者に対する謙虚さは、やはり経験によるものが大きいんでしょうね。

>馬のあたりも辛かった・・・

それに関しては、馬を連れてくるなよ!島に!!って正直ツッコみたかったデス。。。
危ないじゃん~
私も珍しく一人じゃなかったのですが、
映画に集中するあまり気が付いたら涙を拭うのも忘れていました。

ラストシーンが同じ構図であることとか、やはり二作とも観てこそ感慨深いものがありますね。

投稿: kenko | 2007年1月23日 (火) 12時20分

コメント&TBありがとうございました♪

実は僕も『父親…』はまだ観てないんですよ(苦笑)
でも、この映画を単品としても素晴らしい映画でしたよね!!
さらに、この映画が洋画ですからねぇ~。へたな日本の監督よりよっぽど良かったです!

僕もしっかり泣かせていただきました(笑)

投稿: カっツン | 2007年1月26日 (金) 19時53分

カっツン様

こちらこそお返しをありがとうございます。

『父親~』は、その後いてもたってもいられなくなって観に行ったのでした。
どちらも素晴らしい作品だったのだけど、
やはり日本人であるせいか『硫黄島~』の印象の方がどうしても強くなってしまいますね。

前知識なく観たら、全くもって日本映画としか思えませんもの。ビックリです!

アカデミー賞でもいい結果を出してほしいですね。

投稿: kenko | 2007年1月27日 (土) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/4503265

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島からの手紙:

» 硫黄島からの手紙 [Akira's VOICE]
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 15時50分

» 硫黄島からの手紙 [It's a Wonderful Life]
「父親達の星条旗」の感想で、「敵=日本」というのを 意識しないような作り方に驚いたと書きましたが、 やはりアメリカ人兵士は物語にほとんど登場せず、 あくまでも日本兵たちの描写に終始する作品。 もし何も知らずにたまたまこの映画を観た方がいたら、 純然...... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 16時38分

» 硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA [銅版画制作の日々]
 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄島。5日間で硫黄島戦は終結するはずだった。しかしその日数をはるかに越えて36日間に及ぶ長期戦と変貌戦史に残る戦いへと変えた男たちがいるのである。 指揮官の名前は栗林忠道・・・・・太平洋戦争におい... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 17時30分

» 『硫黄島からの手紙』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
イーストウッド、ありがとう。 人間ドラマ部分はストレート過ぎて好みではないところもあったけれど、社会派視点では感慨深かった。 お国のために命を投げ出すということ・・・最初からその空気に取り込まれて感傷的になってしまった『父親たちの星条旗』鑑賞時とは違い、こちらには序盤はスッと入り込めなかった。日本人俳優たちが演じているその空間にTV番組っぽさを感じてしまうからなのかもしれない。渡辺謙の話すテンポに馴染めなかったり(軍人らしくないと感じたのかな。アメリカ帰りならこういう滑らかな話し方というのも不自... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 21時06分

» 硫黄島からの手紙 [悠雅的生活]
余は常に諸氏の先頭にある。 [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 22時34分

» 硫黄島からの手紙 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
十分な兵力も武器も弾薬も食料も水も持たず、過酷な戦いを強いられる日本兵から見た硫黄島の戦いが描かれています。先に公開されている「父親たちの星条旗」 と合わせて「硫黄島二部作」となっています。 日本の兵隊たちが、過酷な状況の中で、いかに死力を尽くして戦ったか... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 23時10分

» 硫黄島からの手紙& [ジャンプを230円以上に味わう]
渡辺謙さんに酔いました。酔いしれました。 彼氏の20代最後の誕生日が12/11だったので、台場のメリディアンの エグゼクティブルームを予約し、いちゃつくつもりでしたが、金曜の夜から 熱が・・・まずい!!でも楽しみにしてる彼がいるから頑張らねばと勇んだのですが ベッド... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 23時11分

» クリント・イーストウッド監督「硫黄島からの手紙」 [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童  「父親たちの星条旗」につづき、この映画でもスクリーンは不思議な色に染まっている。草の緑も浜辺の砂も海も色も、これがほんとうに硫黄島の自然の色とは思えない。だが、私の判断が正しいかどうかはわからない。ほんとうに、スクリーンに映し出された通りの色かもしれない。私は硫黄島について何一つ知らない。  始まってす... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 23時26分

» 硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima [我想一個人映画美的女人blog]
米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良かったながらもピン"と来ない部分もあったものの、 日本側から観たこの戦いを描いた今作、こころに深く刺さるものがあった、、、。 予告篇で観ていた限りでもかなり興味深かったけど 感動させようとしていた�... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 01時00分

» 「硫黄島からの手紙」 now roadshow! [とりあえず生態学+]
我々の子どもらが日本で1日でも長く安泰に暮らせるなら、我々がこの島を守る1日には意味がある 硫黄島からの手紙 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 141分 監督 クリント・イーストウッド   製作総指揮 ... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 17時36分

» 【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 22時46分

» 「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む [soramove]
「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる 日本の最後の生命線を舞台に イーストウッド監督が...... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 19時49分

» 硫黄島からの手紙(2006/アメリカ/クリント・イーストウッド) [CINEMANIAX!]
【新宿ミラノ座】 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将(渡辺謙)が降り立つ。アメリカ留学の経験を持つ栗林は、無意味な精神論が幅を利かせていた軍の体質を改め、合理的な体制を整えていく。上官の理不尽な体罰に苦しめられ絶望を感じていた西郷(二宮和也)も、栗林の登場にかすかな希望を抱き始める。栗林の進歩的な言動に古参将校たちが反発を強める一方、ロサンゼルス・オリンピック馬術競技金メダリストの“バロン西”こと西竹一中佐(伊原剛志)のような理解... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 00時56分

» ★「硫黄島からの手紙」 [ひらりん的映画ブログ]
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 02時46分

» 「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド /製作 : スティーヴン・スピルバーグ [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 15時43分

» 「硫黄島からの手紙」見てきました。 [よしなしごと]
 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 14時54分

» 映画「硫黄島からの手紙」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 02時25分

» 硫黄島からの手紙 2006-70 [観たよ〜ん〜]
「硫黄島からの手紙」を観てきました〜♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押せば、壮絶な攻防戦が・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 07時29分

» 「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間 [はらやんの映画徒然草]
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親 [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 07時59分

» 硫黄島からの手紙 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  死を覚悟しながら・・・生を綴る言葉     [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 23時43分

» 『硫黄島からの手紙』★★☆・・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ]
『燃やせと言われた手紙を埋めるのには意味があるのです!!』←栗林風にどうぞ(by西郷)『公式サイト制作データ;2006米/WB ジャンル;社会派ドラマ上映時間;141分 監督;クリント・イーストウッド出演;渡辺謙/二宮和也/伊原剛志劇場:12/23(土)TOHO川崎◆STORY...... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 11時35分

» 「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 09時47分

» 映画「硫黄島からの手紙」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最も苦しめ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 12時11分

» 【劇場映画】 硫黄島からの手紙 [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。そんな栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望していた西郷ら兵士たちは希望を見出す。だが、一方で古参の将校たちの間で反発が高まり…。(goo映画より) イーストウッド監督の「硫黄島2部作」のうちの残りの一篇「硫黄島からの手紙」を鑑賞... [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 09時35分

» 「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む [soramove]
「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる 日本の最後の生命線を舞台に イーストウッド監督が...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 19時51分

» 手紙の季語  [手紙の季語]
手紙に季語を使ってみましょう♪季語すなわち時候の挨拶を入れることで、ぐっと手紙が引き締まります。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 23時30分

» 硫黄島からの手紙(12月9日公開) [オレメデア]
アメリカで公開された「父親たちの星条旗」に対して,日本で公開されたのが,この「硫黄島からの手紙」 日本とアメリカ,それぞれから見た,第二次世界大戦での硫黄島の戦いを描いている. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ(ホー...... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 15時18分

» 映画「硫黄島からの手紙」 試写会にて [渋谷でママ気mama徒然日記]
監督:クリント・イーストウッド 製作総指揮:ポール・ハギス 原作:栗林忠道 、吉田津由子 脚本:アイリス・ヤマシタ 音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、 中村獅童 、裕木奈江 公式サイト ママの...... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 00時30分

» 硫黄島からの手紙−(映画:2007年7本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 評価:72点 公式サイト (ネタバレあります) 何が凄いって、これだけ日本人がワラワラと出てくる映画が洋画であって、監督がクリント・イースト....... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 00時14分

» 「硫黄島からの手紙」 世界でシェアすべき作品   [やまたくの音吐朗々Diary]
公開中の映画「硫黄島からの手紙」を観賞。監督・製作:クリント・イーストウッド。製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、製作総指揮・共同原案:ポール・ハギス。脚本:アイリス・ヤマシタ。出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童ほか戦況が... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 02時21分

» 硫黄島からの手紙 [Yuhiの読書日記+α]
 先日、ゴールデングローブ賞の外国語作品賞を受賞した、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」を見てきました。第二次世界大戦中に起きた硫黄島での戦いを、日本側の視点で描いた作品です。 戦争ものは苦手だったのですが、「父親たちの星条旗」を見たので、絶対に見に行こうと思っていました。  アメリカ側視点の「父親たちの星条旗」でも、かなり凄惨な戦闘シーンがありましたけど、やはり「硫黄島からの手紙... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 15時48分

» 父親たちの日の丸 クリント・イーストウッド 『硫黄島からの手紙』 [SGA屋物語紹介所]
クリント・イーストウッドの手による「硫黄島二部作」B-SIDE。A-SIDE『父 [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 08時07分

» 硫黄島からの手紙 [日々エンタメざんまい!]
おすすめ度:★★★★★【STORY】 第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、 日本側の視点から描いた戦争映画。 硫黄島でアメリカ軍を悩ませた伝説の陸軍中将である栗林忠道と 彼の部下たちによる死... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 19時54分

» 『硫黄島からの手紙』’06・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し西郷(二宮和也)ら部下に対す...... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 00時17分

» 『硫黄島からの手紙』 [京の昼寝〜♪]
世界が忘れてはいけない島がある ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林(渡辺 謙)が硫黄島�... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 08時15分

» ラストサムライ(いまさらですが 笑) [気の向くままに♪]
天気が悪い日には、部屋でのんびり映画鑑賞がいいんじゃないでしょうか(笑)その日はあまり天気が良くないから、二人でのんびり部屋でDVDでも見てのんびり過ごそうって話になりました。天気予報が、確実に雨だったので、その日はおとなしくしていようという話になりました。家を出る前に彼は傘もって無いってメールしてきたので、心配でしたが、なぜかぬれていない。あれ??って思ったんですが、彼はぬれるのが絶対いやだったらしく、しっかりタクシーできました(笑)ぬれてたら、一緒にお風呂入ってあったまっ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 17時52分

» 硫黄島からの手紙 [あなたに読んでもらいたい本]
クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』。本作は日本側から見た硫黄島の闘いを描き、そこで何か起こったのか、兵士たちは何を思って闘ったのか、... [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 17時03分

« 映画INDEX | トップページ | 父親たちの星条旗 »