« 敬愛なるベートーヴェン | トップページ | ラッキーナンバー7 »

リトル・ミス・サンシャイン

Littlemisssunshine

東京国際映画祭では三冠、その他多くの映画祭や映画ブログ様達の間でも大変評判の良い『リトル・ミス・サンシャイン』、満員御礼のミニシアターで、ようやく観ることができたのは最終日の最終回。あぶなっ!早目に行かなきゃ座れなかったよ。

<あらすじ>

アリゾナ州に住むフーヴァー家は、家族それぞれに問題を抱え崩壊寸前。パパ・リチャード(グレッグ・ギニア)は独自の成功論を振りかざし、長男ドウェーン(ポール・ダノ)はニーチェにかぶれて沈黙を続ける。9歳の娘オリーヴは無謀なミスコン優勝を夢見、ヘロイン常習者のグランパ(アラン・アーキン)は言いたい放題。ママ・シェリル(トニ・コレット)の溜息は尽きないのだった。さらにそこへ、自殺未遂をしたゲイの叔父フランク(スティーブ・カレル)までもが加わったある日、オリーヴに念願のミスコン出場のチャンスが訪れる。一家はオンボロバスに乗り込み、開催地のカリフォルニアに向け出発するのだが・・・リトル・ミス・サンシャイン公式サイト

変人ぞろいのフーヴァー家。家族だと知らなければ一体何の集まりですか?って感じ。彼らの交わす会話はあまりに過激かつ一方通行な上、ディナーのメニューはチキンとサラダとスプライトとチョコバー・・・。若干9歳のオリーヴちゃんの先行きがとても心配になってしまいます。しかしこのオリーヴちゃん、9ヶ月間一言も口をきかないお兄ちゃんのようにひねくれ始めていてもよさそうなもんなのですが、意外にも大変素直で天真爛漫なカワイイ子。

なんでかと思ったら、家庭崩壊寸前みたいに見えるこの家族、それぞれに一筋縄ではいかない問題を抱え路頭に迷ってはいるものの、家族への愛がないわけではけしてないんですね。旅の途中のレストランでの”ア・ラ・モーディ”をめぐるやりとりや、クラッチのいかれたオンボロバスを発進させる為のチームワーク、どん底の息子を励ます優しいグランパのシーンなどを観て納得いたしました。ちゃんとあるんじゃん、家族の絆。

愛すべき数々のシーンの中でも、特にお気に入りはドウェーンがついに沈黙を破るシーン。彼が劇中初めて口にするセリフがアレだなんて!映画やドラマなどではよく耳にする「○○○○!」だけれど、こんなにも心にガツンと響いてきたのは初めてです。正に魂の叫び。それにお兄ちゃんを説得するオリーヴちゃんのなんとまぁ可愛らしいこと。青い空、黄色いバス、真っ赤なウエスタンブーツを履いたオリーヴ。絵的にも素晴らしかった。

とにかくですね、あんな奇妙奇天烈なチビっ子ミスコンで優勝なんかしなくたって、グランパ指導のダンスを踊りまくるオリーヴちゃんはサイコーなワケで、はたから見てどんなに負け犬でも、エキセントリックでも、頑固で協調性がなくても、そんなこたぁどうだっていいの。こんな家族、あってもいいんです。この先またフーヴァー家に家庭崩壊の危機が訪れることがあったとしても、オリーヴちゃんはきっと伸び伸びすくすく育っていくんだろうなぁ!と思いました。

出演しているのは、フーヴァー家の面々を演じるにふさわしい味のある俳優さんばかり。特にママ役のトニ・コレットが出ている映画って、彼女を基準に選んでいるわけでもないのに気に入る場合が多い気がします。中でも特に印象的なのはヒュー・グラントがダメな独身男を演じた『アバウト・ア・ボーイ』。音楽もとても好みで、珍しくサントラ買っちゃったのでした。あとやっぱりドウェーン役のポール・ダノ、今回初めて見たのですがとっても気になる存在!

”家族再生の道のりを笑いと感動で綴るロードムービー!”なんて言われると、ありがちなファミリー向けコメディを想像してしまいますが、それってとんでもない思い込み。数多のそれ系作品とは一線を画す、ブラックなんだけど素直に笑って泣ける良作でした。劇場で観られて良かった☆

|

« 敬愛なるベートーヴェン | トップページ | ラッキーナンバー7 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!

ホントに素敵な作品!!
思いっきり抱きしめたくなるような愛くるしさに溢れた映画でした。

オリーヴ役の子って、ホントはすごくスリムな子なんですって。この役のためにお腹ぽっこりの衣装をつけたみたいです(笑)
お顔はホントにチャーミングで、なんとも言えない存在感がよかったわ!!

この一家の誰もがなんだか奇妙で可笑しいんだけれど、やたらと移入出来ちゃうような親しみのあるキャラばかりで素敵でした。

投稿: 睦月 | 2007年1月17日 (水) 01時57分

睦月様

お返しどうもです☆

こんな素敵な作品なのに、危うく観逃すところでした。
睦月さんの2006年ベストの記事を読ませて頂いたおかげです☆
抱きしめたくなる…!正にそんな感じですね!

オリーヴちゃん、ポッコリお腹も子供らしくて可愛かったけど、ホントはスリムなのかぁ。
冒頭のミスアメリカの真似をするシーンで既にノックアウトでしたw

愛すべきフーヴァー家の皆さんには、このまま我が道を突き進んでもらいたいです!

投稿: kenko | 2007年1月17日 (水) 11時19分

kenkoさんTBありがとうございました!
ごらんになってるかどうかですが
昨年「サイドウェイ」って映画があった
んですけどちょっと似たようなテイスト
だなって感じました。
誰にでもありそうなダメ要素が多い家族を
描写しながらも、そういう普通の人たちが持つ弱さを肯定しながら押し上げてくれるというか・・^^
あのケンタッキーディナーは、家計きりつめてるんだったら逆に高くついてるんじゃないのか~って思ってしまいました。(笑)

投稿: kazupon | 2007年1月17日 (水) 13時09分

kazupon様

こちらこそお返しどうもです!

『サイドウェイ』!
ポール・ジアマッティが出てるやつですね?
残念ながら観てないんですよね~これが。。。
こんなんばっかじゃん私…
ちょっとビックリするくらいダメダメ家族だけど、
共感できるところがあるから感情移入して、最後は気持ちよくなってしまうんでしょうね。

>家計きりつめてるんだったら逆に高くついてるんじゃないのか

それもそうですね。ケンタッキー、あれだけ買ったらけっこう高いもん。
小さい子がいる家庭では、
ママにはちゃんとしたご飯を作ってもらいたい…って思っちゃいましたw

投稿: kenko | 2007年1月17日 (水) 14時27分

せかせか生き急ぐ人生も停まって、見えてくるものもある。そして停まったら意外と事が進みだす。
なんて言ってみるとありがちなテーマなようですが、画面に映像としてそれが焼きついている良作だったと思います。
悪態吐きまくりのじぃちゃんが最高でしたw
TB&コメントありがとうございました。

投稿: とりこぷてら | 2007年1月20日 (土) 02時44分

とりこぷてら様

>せかせか生き急ぐ人生も停まって、見えてくるものもある。
そして停まったら意外と事が進みだす。

ありがちなようで、けっこう大切なことですよね。
それをありがちでなく、押し付けがましくもなく、
さりげなく暖かく描いてて観終えた後とても気持ちが晴れやかでした☆

悪態じいちゃん最高!!
でも実際あんなじいちゃんが家族にいたら、ちょっと困りモノだとは思いますがw

投稿: kenko | 2007年1月21日 (日) 02時21分

きゃ~、これもお薦めだったんですね!
「リトル・ミス・サンシャイン」ほんとに良かったですね~^^
お腹ぽっこりのオリーブちゃんが可愛くて*^^*
最後にどんなダンス見せてくれるのかなぁって楽しみだったから、
ラストはほんとに笑えて泣けましたねhappy01
フーヴァー家、万歳!って感じです^^

フランク演じたスティーブ・カレル、何で見たんだっけ?って思ってたら、
ついこの前見た「デート&ナイト」でしたsweat01
その存在が可笑しくて、何だか好きになってしまいまして、
「ゲット・スマート」借りて来ちゃいました。
それから「アバウト・ア・ボーイ」も観たんだけど、
トニ・コレットだったんですね~^^;
グレッグ・キニアも何でもできる俳優さんで、くせがなくて好き^^

投稿: ちー | 2012年2月 8日 (水) 21時33分

ちー様

はい、おすすめです!大好きな映画( ^ω^ )
確か、この年のベストにも入れた?と思います。(たぶん・・・)
オリーブちゃん、ほんとはお腹ぽっこりじゃないのに
ぽっこりに見える衣装を着てたんですって〜

スティーブ・カレルやトニ・コレットやグレッグ・ギニアや、
出てる役者さんがみーんないいんですよね〜〜
『デート&ナイト』は観てないけど、『ゲットスマート』は観ましたよん。
あとスティーブ・カレルと言えば、『40歳の童貞男』
『アバウト・ア・ボーイ』も大好きな映画で。
トニ・コレットは先日観た『フライトナイト』にも出てました!

投稿: kenko | 2012年2月 9日 (木) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/4859972

この記事へのトラックバック一覧です: リトル・ミス・サンシャイン:

» リトル・ミス・サンシャイン [たーくん'sシネマカフェ]
さて眠らなかったことをいいことに、本日2本目。最近の映画予告で気になっていた「リトル・ミス・サンシャイン」を鑑賞-Story-美少女コンテスト優勝を夢見るオリーヴに、決勝大会出場の知らせが届く。彼女と両親、家族嫌いで無口の兄、自殺願望のある伯父、薬物中毒の祖...... [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 17時35分

» リトル・ミス・サンシャイン [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  オンボロバスにキラリと光る僕らを乗せて   [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 03時18分

» リトル・ミス・サンシャイン [It's a Wonderful Life]
この映画を昨年のベスト10に入れられている方が 多くて、これは観ないと!と年明け映画1本目に選びました。 あっ正確にはお正月に「カジノロワイヤル」2回目見たので2本目。 みなさんの評判もなるほど!の ダメダメな家族を描いた可愛らししいロードムービー...... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 13時05分

» リトル・ミス・サンシャイン [Diarydiary! ]
《リトル・ミス・サンシャイン》 - 原題 - LITTLE MISS SUNS [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 20時30分

» リトル・ミス・サンシャイン(2006/アメリカ/ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス) [CINEMANIAX!]
【シネクイント@渋谷】 アリゾナ州に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を抱え崩壊寸前。パパのリチャード(グレッグ・キニア)は独自の成功論を振りかざし“負け組”を否定し、そんなパパに反抗して長男ドウェーン(ポール・ダノ)は沈黙を続ける。9歳の妹オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)はとうてい無謀なミスコン優勝を夢見て、ヘロイン常習のグランパ(アラン・アーキン)は勝手言いたい放題。さらにはそこへゲイで自殺未遂の伯父フランク(スティーヴ・カレル)まで加わる始末。ママ、シェリル(トニ・コレット)の孤... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 22時23分

» 「リトル・ミス・サンシャイン」:西新橋一丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}バスだぜ、バス。 {/hiyo_en2/}なに、感激してるの?いつも乗ってる都バスじゃない。 {/kaeru_en4/}いや、このバスのことじゃなくて、黄色いフォルクスワーゲンのミニバス。 {/hiyo_en2/}ああ、「リトル・ミス・サンシャイン」に出てきたバスのことね。 {/kaeru_en4/}そうそう。9歳の娘が子どものミス・コンに出場するんで、家族みんなでミニバスに�... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 22時42分

» 「リトル・ミス・サンシャイン」 (2006) [とりあえず生態学+]
止まる瞬間、動きはじめる瞬間 リトル・ミス・サンシャイン 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 100分 監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 脚本 マイケル・アーント 音楽 マイケル... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 02時40分

» 映画「リトル・ミス・サンシャイン」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Little Miss Sunshine 夢と希望と、そして目一杯の不幸せと怒りを背負い込んでフォルクスワーゲンのミニバスが行く・・不運に見舞われ続ける彼らに、家族の幸せは訪れるのか アイスクリームが大好きで、お腹がぷっくりな眼鏡っ子のオリーヴ・フーヴァー(アビゲイル... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 19時48分

» リトル・ミス・サンシャイン−(映画:2007年14本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 出演 アビゲイル・ブレスリン 、グレッグ・キニア 、ポール・ダノ 、アラン・アーキン 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、ブライアン・クランストン 、マーク・タートルトーブ 、ベス・グラント 評価:93点...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 02時12分

» リトル・ミス・サンシャイン [ポケットの中から]
やっと地元で公開された『リトル・ミス・サンシャイン』を観てきた。先月は1本も劇場で観なかったので、これが今年最初に劇場で観た映画となる。そして、その初っぱなの映画が大当たり。これはなかなか幸先がいい。 ア... [続きを読む]

受信: 2007年2月 8日 (木) 20時12分

» 『リトル・ミス・サンシャイン』 [京の昼寝〜♪]
人間には2種類あるそれは勝ち組と負け組みだバラバラな家族が、家族再生の旅に出る ■監督 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス■脚本 マイケル・アーント ■キャスト グレック・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン、アラン・アーキン  □オフィシャルサイト  『リトル・ミス・サンシャイン』 アリゾナに住む小太りなメガネ少�... [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 01時11分

» 「リトル・ミス・サンシャイン」観てみました。 [男を磨く旅]
「リトル・ミス・サンシャイン」観てみました。久々のいい映画でした。アリゾナからカリフォルニアまで「リトル・ミス・サンシャイン」の大会を目指し、バラバラで負け組みの家族「フォーヴァー家」がぼろぼろのフォルクスワーゲン・ミニバスでハイウェイを走りながら一つに纏まって行くストーリー。やさしくマトモなお母さん、真面目で独自の成功理論の売り込みに躍起のお父さん、空軍パイロット志望のニーチェに傾倒し沈黙の誓いを行っている長男... [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 14時28分

» リトル・ミス・サンシャイン [eclipse的な独り言 ]
 この映画、今日観ることに意義があると感じています。(こじつけですが・・)作品 [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 06時20分

» リトル・ミス・サンシャイン (Little Miss Sunshine) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 主演 グレッグ・キニア 2006年 アメリカ映画 100分 ドラマ 採点★★★★ 2年連続で日本人が快挙を達成したってんで大騒ぎになったミス・ユニバース。世界一美しい女性を選ぶ大会で日本人が選ばれたのは嬉しい限りではある..... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 01時06分

« 敬愛なるベートーヴェン | トップページ | ラッキーナンバー7 »