« それでもボクはやってない | トップページ | 幸せのちから »

マリー・アントワネット

Marieantoinette

レディースデーに観に行ってみたらば、んまあ隅から隅まで女性に埋め尽くされていてビビりました。しかも若い女子率高し。確かに女の子ならこの映画のメルヘンなビジュアルはたまらんし、イチ女子として描かれているマリーの心情にも素直に共感できるかも?

<あらすじ>

14歳のオーストリア皇女アントワーヌ(キルスティン・ダンスト)は、同盟関係を強めるためフランス王太子ルイ・オーギュスト(ジェイソン・シュワルツマン)のもとへ嫁ぐことに。しかしヴェルサイユ宮殿での王太子妃マリー・アントワネットとしての生活は、陰口の絶えないとりまき達に監視される窮屈な日々だったのだった。期待される世継ぎにもなかなか恵まれず、マリーはオシャレや遊びに贅沢三昧の限りを尽くすようになっていく。マリー・アントワネット公式サイト

カンヌでの評価はいまひとつだったらしい今作。当時、食糧難のどん底にあったフランス国民を全くと言っていいほど登場させず、ちょっとやり過ぎなくらいのマリーのおバカセレブっぷりを描ききったことがいけなかったのでしょうか。しかし個人的には、その徹底したマリー視点が逆に好印象で。

今までにない現代風味のキュートなマリー・アントワネットを演じるのは、ソフィア・コッポラ監督のデビュー作『ヴァージン・スーサイズ』でお馴染みのキルスティン・ダンスト。絶世の美女・・・ってワケでもない彼女だけど、そんな普通の女の子っぽさが今回の役柄にはピッタリ。パステルカラーが大変お似合いで、とってもかわいらしかったです。けっこうセリフが少なめだったような気がするんですけど、ちょっとした表情や仕草や着ている衣装などから、その時その時のマリーの心情が伝わってきました。

特にお気に入りのシーンは、プティ・トリアノンでナチュラルな素材のドレスを着た母マリーと幼いマリー・テレーズ、綿菓子みたいな子羊ちゃんのシーン。ハッとするほどに美しくて、すっかり癒されちゃった。逆に、デッカイ頭に小鳥さんやお船を乗っけたヘアスタイルにはさすがに笑っちゃいましたが。

ヅカファンの人にとっては聖地であるらしいヴェルサイユ宮殿で、実際にロケを行ったこともこの映画の売りのひとつ。むかしむかしヨーロッパを旅した際、そういや行ってみたんでした。1日かけても見尽くせなかった広大な敷地、絢爛豪華な建築物やその内装は、ピンク色の大理石で統一されたグラン・トリアノンとか、正にこの映画にたくさん登場するケーキやお菓子みたいなイメージ。中世のお話であることにとらわれず、本物のヴェルサイユの背景にカラフルポップな衣装を持ってきたそのセンス、はっきり言って脱帽です。意表を突く音楽のセレクションがこれまたグッジョブ。フランス王朝のお話にブリティッシュロックがこんなにもマッチするなんて到底思いつきませんもの。

悲劇的なマリー・アントワネットの最期を極力描いていないのも、印象的なラストカットもストイックでイイ。ビッチなアーシア・アルジェント姐さんが見られたこともおいしかったデス☆

|

« それでもボクはやってない | トップページ | 幸せのちから »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん,こんにちは。
うん。確かにラストはあれで良かったですよね。
ギロチンまで行ってたら、もう台無しでしたもの。。
しかも、今まで国民の不満を一切っていいほど描いていないだけに
最後ギロチンで終るのだけは避けたい感じでした。

あの羊かわいかったですよねえ~。
目の回りと垂れた耳が黒くって、でマリーと子供も
髪の色や色の白さもあっていたし。こういう生活もいいなって思いました。

ストーリー展開は平凡でしたが、ビジュアル的に
かなり満足しました。面白かったです^^
まぁ、2回観ることはないでしょうけどね。

投稿: へーゼル☆ナッツ | 2007年1月26日 (金) 14時37分

ヘーゼル☆ナッツ様

ギロチン出てきちゃったら、一気に興ざめでした。
この映画に限っては、あのラストで良かったです。

目の周りと耳だけが黒い、あんな種類の羊がいるんですね!
あんまりかわいくて、私もあの子羊と戯れたい~!と思ってしまった♪
マリー・テレーズ役の子もまるで天使のようでした。

確かにストーリー展開はわりと淡々とマリーの青春を描いている感じで、
退屈に思う方も多いかもしれませんね。
私もビジュアル面と音楽だけでかなり満足しました!

投稿: kenko | 2007年1月26日 (金) 15時57分

見た目も豪華なお菓子、食べたときのサクッていう音がまたスゴクおいしそうでした。
頑張ってる感は伝わってくる映画でしたので、ソフィア・コッポラにはこれからも期待したいですw
TB&コメントありがとうございました。

投稿: とりこぷてら | 2007年1月27日 (土) 00時00分

こんにちはー。
よかったですよね!えらく楽しめました。
二度目を観に行っちゃいましたよ。

>表情や仕草や着ている衣装などから、その時その時のマリーの心情が伝わってきました。

そうなんです!

子羊ちゃんは確かに綿菓子みたいでしたね。可愛すぎ。

アーシア・アルジェント姐さんもよかったですよねー。
『トランシルヴァニア』が楽しみでっす。

投稿: かえる | 2007年1月27日 (土) 09時58分

とりこぷてら様

お菓子、ワンちゃん達も美味しそうにいただいてましたねw
しかし撮影に使ったあれだけ大量のお菓子たちがあの後どうなったのか気になる。。。
世の中の酷評にめげず、ソフィア・コッポラ監督には今後もヤンチャしてほしいところです。

投稿: kenko | 2007年1月27日 (土) 15時11分

かえる様

>二度目を観に行っちゃいましたよ

やるぅ!かえるさん☆

今回のキルスティン・ダンストは、表情がすんごく良かったと思います。
女の子の顔だったなぁ~♪
「ちょっと席を外していい?」と言って
ベッドでひとりイケメン伯爵を想う時のマリー、可愛かった☆

子羊ちゃんのビジュアルがこれまたツボでした。ふわふわした小動物に弱くてw

主役以外の出演者を知らずに観たので、
アーシア姐さんが登場した時にはテンション上がりました!

投稿: kenko | 2007年1月27日 (土) 15時37分

こんにちわ!

私はどうもこういった超ガーリーなムードが苦手なので、この世界観が肌に合わなかったという感じでしたが。

でも、歴史上の人物をキラキララメラメとロックテイストで描写するあたりは、とても斬新な感じがして、面白いなあと思いました。

作品自体は、とっても興味深いものだったと思います♪

私、フランスはまだ行ったことがなくて・・・今年こそは行きたいなあと思っています。リアルヴェルサイユ、見たいなあ!

投稿: 睦月 | 2007年1月29日 (月) 08時54分

睦月様

そっかぁ。肌に合いませんでしたかぁ。

マリーやマリーのとりまき達の描かれ方は、いつもあきれはててしまうようなゴシップを提供してくれる現代のヤングセレブそのものでしたけど、案外それもかわいらしく見えましたw
何よりキラキララメラメ&ロックテイストのフランス王朝ってのがホント斬新で、それだけでも楽しかったです☆

フランスは、私もむかーしむかしにちょこっと行ってみただけなので、もう一度行きたいですよ~
あんまりあっちこっち行かずに、パリに長期間滞在…とかしてみたいです☆

投稿: kenko | 2007年1月29日 (月) 15時38分

こんにちは〜。TB&コメントありがとうございました〜。

そんなにお客さんいっぱいでしたかー。さすがレディスデー(笑)。そしていかにも世の乙女の皆さんが好みそうな映画に仕上がっていましたね。わしは根が乙女と言われるもののキッチリおっさんなのでストーリー的にはちょっと物足りなさを感じました。でもこれはこれでありですよね。等身大で今どきなマリー・アントワネットが新鮮でした♪

投稿: 発生 | 2007年1月30日 (火) 20時13分

トラバ・コメントどうもでーーす。
キルステン・ダンストさん・・・
キライ・キライも好きのうち・・になりそうなひらりんでーーす。
こないだテレビの地上波で「チアーズ」やってるのを録画し忘れて、悔しーーいと思ったのは錯覚だったのか???
悩んでいますっ。
この映画自体は、軽いノリの王妃の青春ストーリー・・という感じで撮ってるので、
楽しめたんですが・・・。

投稿: ひらりん | 2007年1月31日 (水) 01時15分

発生様

府中町のダイヤモンドシティソレイユ内にある「バルト11」に観に行ったんですけど、
チケット売り場からしてキャッピキャピだったのでビックリしました。
(私も一応レディだけどレディースデーに行くことがあまりないもので余計に)

>わしは根が乙女と言われるもののキッチリおっさん

それオカシイ~発生さんwww
でも男性にはうけなさそうなのに、これはこれでアリ、と思えた発生さんは
やっぱりちょっと乙女なのかも?!

投稿: kenko | 2007年1月31日 (水) 11時54分

ひらりん様

キライキライも好きのうち…
そうですよ~ホントは好きなんじゃないんですか??ひらりんさん☆

『チアーズ!』地上波でやってたんですね。
続編は観ていませんが1作目は結構気に入っている映画で、
それもあってダンストさんの印象もイイのかも。

確かに美人じゃないのだけど、おバカっぽいギャルの役を演じるダンストさんは
なんだか妙にカワイく見えちゃいます♪

投稿: kenko | 2007年1月31日 (水) 12時01分

スニーカーの話ですけど、実は先にテレビで知っていたのでどこで登場するのか気にしていました。静止状態で映ることはなかったので、よほど注意して観てないと気付かないと思いますよ、ミュールとかが映される時、一気にカメラが上に移動する瞬間があるのだけど、そこに確かにスニーカーはありました・・。

投稿: たけちゃ | 2007年2月 1日 (木) 12時13分

たけちゃ様

そうでしたか~
私も事前に知っていたら、目を凝らして見たのになー
あの靴いっぱいのシーンでは、キュートなデザインの靴たちにすっかり心奪われていましたw
DVDで観る機会があったら、一時停止して確認してみたいです!
教えて頂いてありがとうございます☆

投稿: kenko | 2007年2月 1日 (木) 16時16分

kenkoさん、コメントありがとうございました♪
アーシア・アージェント姐さん・・・似合いすぎです。
ベルばらのデュ・バリー夫人からすると、だいぶ大人しい(?)気もしましたが。
ラストシーンは私も好きなんです。
たとえそれまでの内容が×だったとしても(そんなことはないですよー)、あのラストのワンカットですべて許せる感じでした。
説明的な描写がなくても、語れることってあるんですよね、映画って。

投稿: sally | 2007年2月 6日 (火) 23時29分

sally様

アーシア姐さん、良かったですよねぇ。
もしかしてソフィア・コッポラ監督とは
巨匠の娘つながりってコトで仲良しさんなのかしら??

ラストカットをアレにするとは、なかなか粋なことをやってくれました。
でも人によっては、「え?これで終わり?」ってなっちゃうのも分かりますけどね。。。

この作品に関しては、説明的な描写やセリフがあまりなかったことが好印象でした☆

投稿: kenko | 2007年2月 7日 (水) 11時45分

kenkoさん
今晩は☆★
私も結構この映画お気に入りです。
女性たちにとって、カリスマ的なマリーも
やはりひとりの女性として、悩み、悲しみ
、苦しみ・・・。母としての安らぎも
あったことを、この映画は伝えているのでしょうね。それにしても、うっとりするほどの
衣装や、宝石、靴にお菓子!目の保養になりました。コメント・TB有難うございましたm(__)m

投稿: mezzotint | 2007年2月 9日 (金) 00時03分

mezzotint様

ひとりの女性としてのマリー・アントワネット王妃さまに
こんなに共感したり親近感を持ったりしたのは初めてかもしれません。
多くの人が読んでハマったであろうベルばらも
面白く読んだ記憶はあるもののそんなにハマりはしなかったからなー

色とりどりの衣装やお菓子は目に麗しく、楽しかったですね♪

投稿: kenko | 2007年2月 9日 (金) 15時28分

こんばんは!

アントワネットの最期って悲惨すぎるので
あれを避けてどこまでも軽い映画にしたのはこの映画としては良かったかもしれないですね。

ヘアスタイル強烈でしたね~~~
でも服や靴はほんっとに今売っててもおかしくないような可愛さで!
スイーツも美味しそうで、あの映画の後ケーキ食べちゃいました。^^;

投稿: aoi | 2007年2月16日 (金) 00時52分

aoi様

この映画に関しては、マリーの悲惨過ぎる最期を
あえて描かなかったことが好印象でした!

劇中マリーが、でっかい頭を作ってくれたスタイリストを
「天才!!」などと褒めちぎっていたのが可笑しかったw
でもお船を頭にのっけて大喜びしているマリーですら、
なんだか可愛らしく見えてくるから不思議です。

自分の中の乙女な部分を刺激されまくりました。
DVD化されたら、おうちでケーキを食べながらまったり鑑賞、というのもイイですね♪

投稿: kenko | 2007年2月16日 (金) 10時46分

kenkoさん,コメント遅くてすいません!
コレ書かれているように市民の不満とか
そんなの実際登場させたらドロドロな
映画になってたんでしょうね。
狙いは結構うまくいってると思います。
自分もあの羊かわいいなあと思って印象に残ってる映画でしたが、それ以上に犬がやたら
登場する映画で、犬好きなもんで
そんな部分も楽しめた映画でした。
でもすっごい賛否で映画よりもいろんな方の映画のレビューがそれぞれ興味深いなぁと
思ってます。^^

投稿: kazupon | 2007年2月16日 (金) 19時58分

kazupon様

ぜんっぜん、遅くないのでお気になさらず。
お忙しいのにコメントを書きに来て下さって申し訳ないくらいでございます。

市民の不満とか悲惨な最期とか、
そういうのは他の作品で観ればいいんだからこれはこれでいいじゃん!と思いました。

かわいいワンコもいっぱい登場しましたね♪
今は猫派ですけど、猫にしろ犬しろ
ヨメに行くからって家族同然のペットとお別れするのはツラ過ぎる・・・!!

私もこういう賛否ある映画は特に、
いろんな方の感想を読んだり聞いたりするのを楽しんでいます(笑)

投稿: kenko | 2007年2月17日 (土) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/4885436

この記事へのトラックバック一覧です: マリー・アントワネット:

» 『マリー・アントワネット』★★★・・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ]
とにかく豪ジャスでPOPで、壮厳さにあふれた作品『マリー・アントワネット』公式サイト制作データ;2006米/東宝東和・東北新社 ジャンル;歴史上映時間;138分 監督;ソフィア・コッポラ  出演;キルスティン・ダンスト/ジェイソン・シュワルツ/ジュディ・デイヴィス劇...... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 14時38分

» マリー・アントワネット [Akira's VOICE]
淡白なドラマに眠気を誘われるも, 主演女優の魅力と,本物の背景のおかげで最後まで楽しめる。 [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 15時27分

» マリー・アントワネット [ネタバレ映画館]
オスカル(oscar)が見えた? [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 15時53分

» 映画「マリー・アントワネット」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Marie-Antoinette 「ベルばら」でも有名な彼女は、オーストリアはハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの末娘として生まれ、フランスはルイ15世の王太子と政略結婚する・・ 白馬を連ねてフランスへと向かい、後のルイ16世となる王太子と引き合わされたとき、... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 17時47分

» マリー・アントワネット [八ちゃんの日常空間]
この映画は伝記でも史劇でもなく、マリー・アントワネットという一人の女性の青春や恋愛など「心」を描いた作品といっても良いくらいで、だからか、中心になるのは嫁いでから子供が出来るくらいまでになっています。史劇としてのマリー・アントワネットと、ソフィア・コッポ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 21時01分

» マリー・アントワネット [eclipse的な独り言 ]
 水曜日が休みだと、妻は1000円、私は早朝割引で1200円で映画が見れます。 [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 21時10分

» マリー・アントワネット [悠雅的生活]
14歳で嫁ぎ、18歳で王妃に。もうひとつのマリー・アントワネットの物語。 [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 00時06分

» 「マリー・アントワネット」 now roadshow! [とりあえず生態学+]
マリー・アントワネット [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 00時07分

» 『マリー・アントワネット』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
歴史ものではなくて、甘酸っぱい青春ものなのです。 カンヌでは別に評価されなかったし、拡大上映されている日本での評判もたぶん・・・。 でも、こういう試みは大好きなの。 マリー・アントワネットが主人公のガーリームービー。マリー・アントワネット生誕250周年だなんて知らなかったし。TVアニメの方は観たような気もするんだけど、「ベルばら」はちゃんと読んだことはなくて、その思い入れは「キャンディ・キャンディ」の比ではない、って関係ないか・・・。いえ、もしも、「キャンディ・キャンディ」が実写映画化され... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 09時53分

» マリー・アントワネット [ちわわぱらだいす]
もしかして今年初めての映画#63912; 悲しいな~週に1本は見たいのに~#63896; 見てきました~#63889; 面白かったです#63898; 子供と見に行ったんだけどさ~ うさぎの年代ってみんな知ってるでしょ?すごく流行ったからさ#63901; ベルサイユのバラ&a..... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 19時16分

» 映画「マリー・アントワネット」感想 [自称ゲーマー女のヒトリゴト....♪]
今日、無事に映画「マリー・アントワネット」観行ける事が出来ましたァ| ^∀^)ノ 感想は続きから読んで下さいね(´▽`*) [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 00時36分

» 「パンが無ければ、ケーキを食べれば良いじゃない。」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
映画界の巨匠、フランシス・フォード・コッポラ監督。その娘で、やはり映画監督のソフィア・コッポラ女史が監督した作品「マリー・アントワネット」を鑑賞。 ***************************** 時は18世紀。プロイセンの脅威からフランスとの同盟関係を強化すべく、オーストリアの皇女マリア・アントーニアは14歳の若さでフランス国王ルイ15世の孫ルイ・オーギュスト(後のルイ16世)と政略結婚させられ、フランス王太... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 02時58分

» マリー・アントワネット(映画館) [ひるめし。]
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら・・・ [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 14時53分

» 「マリー・アントワネット」 わたし自身を見て欲しい [はらやんの映画徒然草]
マリー・アントワネットが王太子妃としてフランス王家に嫁いだのは14歳の時。 そし [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 16時00分

» 【劇場映画】 マリー・アントワネット [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じベッドに寝ていても、指一本触れない。愛情深く育ったマリーだったが、悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになる。(goo映画より) 賛否両論分かれた映画だというけど、なんとなくわかりました。 歴史... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 19時54分

» マリー・アントワネット [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ファンキーロックなプリンセス青春物語  [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 11時57分

» ★「マリー・アントワネット」 [ひらりん的映画ブログ]
衝撃っ ひらりん、ダンスト派に転向か??? 今週も、見たい作品が目白押しなのに・・・ついついこの映画をチョイスしちゃうとは・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 00時05分

» マリー・アントワネット [Cinemermaid]
正直、ちょっと期待外れだった( ̄∇ ̄;) この作品は写真集のようなものを見る感覚で鑑賞した方が良いと思う 波乱万丈な王妃の感動物語だと思うと肩透かしを食らうはずだ 先日鑑賞した【大奥】と同じで、女性なら溜息出ちゃうような煌びやかな映像には終始目を奪われっぱなしだったけどね〜☆... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 18時34分

» マリー・アントワネット [丼 BLOG]
(07年1月鑑賞) 「注目は本物のヴェルサイユ宮殿とロック音楽の使用。あと豪華な... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 19時48分

» マリー・アントワネット  [オレンジとレモン]
昨日、映画のマリー・アントワネットを見てきました。 時間のすごし方としては、とても素敵な時間をすごさせていただきました。 きれいなドレスに、 素敵な靴に、     豪華なお城、調度品に、 おいしそうな食べ物!   ただ、世界に誇る「ベル・バラ」の国、 日本の住民としては、 どうも、消化不良感が残ります。 たぶん、淡々と描くところが味噌なのだろうな、 とおもいつつ、 それでも、 �... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 23時36分

» マリー・アントワネット [knockin' on heaven's door]
Marie Antoinette ソフィア・コッポラがとことんガーリームービーの主人公として描いたフランス王妃、マリー・アントワネット。 贅沢は14歳の少女が手にしたおもちゃだった。とにかく目がくらむほどのポップなビジュアル。贅沢の中にある空しさはソフィアの作風と意...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 5日 (月) 01時09分

» マリー・アントワネット [PLANET OF THE BLUE]
監督自身がマリー・アントワネットなんじゃない? ってほど豪華だった^^ 監督 ソフィア・コッポラ 出演 キルスティン・ダンスト 70年代後半から80年代にかけて流行った、 ポップミュージックを織り交ぜて、 マリー・アントワネットがフランス王太子に嫁ぐところから、 市民に囚われる前までを描いた作品。 音楽はポップだし、派手で下品な作風を想像してたんですが、 全くそんなことはなく、逆に上品であったようにも思えました。 この映画を批判的に語る人は、 ポスト・パンク... [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 01時49分

» 『マリー・アントワネット』最も愛され、最も憎まれた伝説の王妃 [銅版画制作の日々]
  MOVX京都にて鑑賞しました。1日のファーストディーということもあり、19:00からの上映もたくさんのお客さんで、いっぱいマリー・アントワネットと言えば、フランス革命を思い出す。オーストリアの皇女マリーが若干14歳の若さでフランス王太子の元に嫁ぐのだが、フランス革命後、死刑となる。そんな運命の悲しき王妃のイメージが強いのだが・・・・作品はそんなことにはあまりふれず。華やかな王... [続きを読む]

受信: 2007年2月 8日 (木) 01時17分

» マリー・アントワネット [It's a Wonderful Life]
ソフィア・コッポラの映画ってこれで観たの3本目なんですが、 毎回ちょっとムカツクんです(笑)でも毎回気に入るんですよね。 何なんでしょう・・・・恋かも?違うか・・。 よく考えたら、前作「ロスト・イン・トランスレーション」も主人公は 20歳そこそこ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 15時08分

» マリー・アントワネット [青いblog]
あらすじはこちらで。 マリー・アントワネット 公式サイト レビューの評価がどこも辛口というか最悪だったため覚悟して観に行ったせいか、音楽にもそこま [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 22時32分

» 上映終了間近の「マリー・アントワネット」見てきました。 [よしなしごと]
 上映終了間近のマリー・アントワネットをやっと、やっと見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 03時28分

» マリー・アントワネット−(映画:2007年30本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ソフィア・コッポラ 出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、リップ・トーン、スティーブン・クーガン、ジュディ・デイヴィス、ジェイミー・ドーナン 評価:70点 公式サイト (ネ....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 00時59分

» 映画マリーアントワネットが好きな人 [マリーアントワネットのサロン]
優雅なサロンみたいなソファって、どこで売ってるの?てゆうか、もう激安家具とかカンベンしてほしいですよね・・・ [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 18時19分

» リボンにレースにお菓子!ロココはヤバイ!?/『マリー・アントワネット』 [活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世]
●マリー・アントワネット ●監督/脚本;ソフィア・コッポラ ●原作;アントニア・フレイザー ●衣装デザイン;ミレーナ・カノネロ ●出演;キルスティン・ダンスト/ジェイソン・シュワルツマン/     アーシア・アルジェント/マリアンヌ・フェイスフル 他 ●...... [続きを読む]

受信: 2007年9月11日 (火) 08時25分

« それでもボクはやってない | トップページ | 幸せのちから »