« 2006年劇場公開映画ベストテン | トップページ | 敬愛なるベートーヴェン »

攻殻機動隊SAC Solid State Society

Sss 

【solid-state】

空間利用の真空管に対して、固体の性質を利用した半導体素子の電気回路。トランジスタ・ダイオード・ICの種類。(大辞林より)

やたら高いし、全然買う予定ではなかったのです。

関連記事はコチラコチラに。

ある日セルDVDのコーナーへふと行ってみたらば、なんかね、フツーにね、初回限定版がね、1コだけ置いてあったんですよ。 一応ダンナ殿にお伺いをたててみたところ、「そんなに欲しいんだったら買ってあげてもいいよ」って言うの。ママママジで?!そんなこと言って買った後でお説教する気では(甘い言葉にすぐに乗ってはいけません、とかなんとか言って~)・・・などと密かに疑るのも束の間、気が付いたらレジに向かっておったワケです。わーい

つかめっちゃ分厚くて重いよ、初回版。見た目はこんなの↓

  Sss_1

このクールなデザインのハコの中に、上の画像がパッケージになっているDVDと(メインディスク&特典ディスク)、SSSの絵コンテ及び設定資料集が収録された『STORYBOARD&SETTING DATA BOOK』なるものが入っておりました。この絵コンテがまぁおもしろくて。

アニメの絵コンテなんてそんなに目を通す機会がないので、本来どういったものがスタンダードなのか分からないのですが、SSSはA,B,C,Dの4つのパートに分かれており、監督の神山健治氏とCパートの演出を行った吉原正行氏によって描かれています。お二人とも当然のごとく絵がとても上手いし、攻殻シリーズは他のTVアニメではありえない時間をかけて(1stはなんと2年!)脚本をよくよく練ってから絵コンテにとりかかる、というスタイルであるせいか非常に完成度が高い上、カットされたシーンや監督の一言演出などもそのまま載せられていてファンとしてはとってもありがたい特典でございました。

例えば貴腐老人の部屋のシーン。”たそがれ清兵衛 参”と書かれています。おそらく『たそがれ清兵衛』の画面の暗さを参考にしろ、ということではないかと。神山監督ってスタッフに自分のイメージを伝えるのにいろんな映画を観せたりするらしく、TV版攻殻にはいかにも映画的なシーンやお話がいっぱい登場するのです。(2ndには『ベルリン天使の詩』そのまんまのお話もアリ)今回の攻殻で「映画だな~」と感じたのは、ときおり画面が揺れ動く”主観カメラ”と、バトーが頭を抱えてひざまづくあのシーン!

正直そんじょそこらの映画よりかよっぽどハイクオリティなこの社会派SFサスペンス。いかにもなパッケージに騙されず、コアな映画ファンの皆様にこそ観てほしい一品です。てゆーか大画面&大音響の劇場で観たいよ!知的エンタテイメントなんてよく言われていますが、ちょっとアレな私でも充分楽しめますし、集中力を総動員し、スピード感溢れる攻殻の世界にどっぷり109分間浸れば、脳ミソを使いまくって素晴らしい脚本に酔いしれる快感を味わえること間違いなし!でございます。そして鑑賞後は、あーでもないこーでもないといくらでも議論できるのが攻殻の楽しいところ♪

私なんかもう、冒頭の素子ダイブの時点でいきなりノックアウト。クロマ姉さんに萌えつつ恍惚の電脳空間を漂い、タチコマちゃん復活に狂気乱舞し、全編に散りばめられた原作や押井版へのオマージュにニヤつきながら、攻殻が提起してくれたけして遠い未来の話ではない社会問題に足りないアタマを使って思いを巡らせる・・・って感じ?(←かるく変態?)

TVシリーズの攻殻を愛していますもので、手放しで褒めまくっちゃいました。SSSをいつでも観られて幸せー・・・つか3rdを激しく望むっ

|

« 2006年劇場公開映画ベストテン | トップページ | 敬愛なるベートーヴェン »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

神山さんの新作制作ドキュメンタリーが
19日22時からNHKで見れるみたいですね!
めちゃくちゃ楽しみです!!
http://www.nhk.or.jp/ningen/

投稿: ころ | 2007年1月10日 (水) 03時06分

ころ様

こんにちは!
コメントありがとうございます!

神山さんの新作ドキュメンタリー!!
し・ら・な・かっ・たぁーーー!!
危うく見逃すところでした。
教えて頂き感謝です♪♪

神山監督の新作アニメ『精霊の守り人』
楽しみですねぇ!

投稿: kenko | 2007年1月10日 (水) 11時36分

実は士郎正宗先生はSFを好きになるきっかけだったりするので、コミックスは全部持っているのですがアニメはまだ観ていなかったりします。
当分この先生のコミックス新刊は出そうに無いので、アニメの方を観てみようかと思いました(^◇^)。

投稿: コン猿君 | 2007年1月11日 (木) 00時59分

コン猿君様

おぉ!そうなのですね!
士郎正宗先生のマンガは攻殻の1、2巻しか持っていないのですが
正直難しくて始めはよく分からず、
TVシリーズの攻殻にハマってからおもしろく読めるようになりました。
ちなみに1.5巻は未読です。ファンなら読まなきゃね☆

SF好きになるきっかけかぁ。私は何かなー
子供の頃からSF的なものは映画でも小説でも自然と好んで観たり読んだりしていましたが、
マンガに関して言えば兄に『銃夢』を薦められてハマり
そしてやはり弐瓶さんでドップリいってしまったような気がしますw

TV版攻殻は、映画版よりは原作に近いと思いますよ!
フチコマならぬタチコマも登場しますし♪大好き♪

投稿: kenko | 2007年1月11日 (木) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/4807274

この記事へのトラックバック一覧です: 攻殻機動隊SAC Solid State Society:

» 草薙素子は女神だ! [草薙素子は女神だ!]
攻殻機動隊の主人公「草薙素子」を褒め称えるブログ。攻殻ファン、素子ファン集合せよ! [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 04時08分

« 2006年劇場公開映画ベストテン | トップページ | 敬愛なるベートーヴェン »