« 天体戦士サンレッド | トップページ | エラゴン 遺志を継ぐ者 »

墨攻

Bokkou

珍しく試写会にて鑑賞。原作は日本産のコミックだそうですが、そもそもそのコミックは酒見賢一氏の書いた歴史小説を原作にしているとのこと。でもこの映画が基盤としているのは、あくまでコミックの方なのね。どちらも未読ですが、上映後どっちでもいいから無性に読みたくなってしまいました。

<あらすじ>

紀元前370年頃、戦乱の中国。巷淹中(アン・ソンギ)率いる大国・趙の10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城の危機に瀕していた。梁王(ワン・チーウェン)は”非攻”を信念とする墨家に援軍を求めるが、やってきたのは革離(アンディ・ラウ)という男ただ一人。王やその側近、民衆の疑念の中、革離は一体どうやって梁城を守り切るのか。墨攻公式サイト

”10万の敵にたった一人で挑む”というキャッチコピー。主人公は、攻撃せずに守り抜くことを信念とした思想家集団”墨家”から、梁城を救う為にただ一人やってきた男・革離。そういった前情報からこの映画に期待したのは、”正に映画スターといった感じのオーラを輝き放つアンディ・ラウ様が、すんごいクレバーかつ画期的な方法で大軍をものの見事に追っ払う”的なものだったのでした。

もちろんアンディ・ラウはメチャンコかっこいいです。当たり前ですが存在感抜群。冒頭の弓矢によるエピソードも、「そんな矢一本で一体どうするつもりなのだ!」と、ついワクワクしました。しかしこれも結果としては、敵軍までの距離が微妙にこちらに伝わってこないせいか、「え?その程度でビビって退散すんの?」みたいな印象に。そのほか革離が繰り出す策も、有効みたいだけど思ったほど目を見張るものでもなく。”攻撃せずに守り抜く”ことが信念であるわりには、やたら残虐な方法で敵兵をやっつけまくるし。とにかく前半は、登場人物の行動がいちいち唐突に見えたり、ヒロインを演じる女優さんのアイドル声が気に入らなかったりで、なんとなく不可解な気持ちが続きました。(ケチつけてゴメン、アンディ)

しかし後半の、胸が痛くなるほど理不尽で悲しい戦いや、墨者としての正義に基づき行動しているハズの主人公・革離の「こんなつもりじゃなかったのに・・・」的な表情を眺めているうちに、そもそもこれは自分が勝手に期待していた爽快な時代活劇ではないのだ、ということが分かってきて。戦争は人の心を疑心暗鬼にし、殺し合いのその瞬間には”攻撃せずに守り抜く”ことなんて到底無理。”総ての人を公平に愛そう”にも、本当に愛する者を誰かに奪われた時、はたして人はその誰かに憎悪をぶつけずにいられるだろうか。

ストーリーの粗さは気になるし、せっかく中国・韓国・日本が手を組んで、いい俳優、いいセットや衣装で題材も面白そうなのに、なんかもったいない!・・・と、どうしても思ってしまうのだけど、ラスト、革離や子団のとった行動に胸を打たれ、エンドロールが始まったとたん、この映画のテーマと思われることについて深く考えこんでしまったのでした。

てなワケで。(どんなワケじゃ)映画ではザックリはしょったっぽい墨家についての描写とか大変気になるので、近いうち原作を読んでみたいと思いますです。

|

« 天体戦士サンレッド | トップページ | エラゴン 遺志を継ぐ者 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、コメント&TB返しありがとうございました。

原作がとっても気になりました。機会があればぜひ読んでみたいですね。

ヒロインのファン・ビンビンの声きっと吹き替えだとは思うのですがちょっと私もびっくりしてしまいました。

それにしてもアンディ・ラウ最近すっかり渋くなりましたねぇ。

投稿: Hitomi | 2007年2月 8日 (木) 21時36分

Hitomi様

原作のマンガの方を探してるんですけど
なかなか置いてないんですよね~
でもどうにかして手に入れて、読んでみたいと思ってます。

やっぱ吹き替えでしたよね?
ご本人の声だったのかどうか分からないですが、
ちょっと拍子抜けしてしまう声でした。。。
お顔は目元がキリっとしてて、すっごく好みだったんですけどね。

年齢を重ねて渋みの増したアンディ・ラウ、素敵でした♪

投稿: kenko | 2007年2月 9日 (金) 14時16分

墨攻みたんですね~~
というか、お久しぶりです!!
先日はお忙しい中コメント有り難うございました。凄く嬉しかったです。最近は仕事に新居の準備、そして結婚式の準備に大忙しでコメント残せずにいましたが、ちょこちょこ遊びに来ていました。
確かにアンディはかっこいいですよね。最近特に男のフェロモンが増したような!(笑)今、ディカプリオがインファナルアフェアのリメイクを演じていますが、絶対トニーとアンディの方がよかった・・・と思うひなでした。

あと、なにげにこの映画のタイトルの文字が好きです。書道フェチ(へへ)

投稿: ひな | 2007年2月10日 (土) 16時17分

ひな様

ひなさん、お久しぶりでございます☆
結婚準備、私も一応経験済みなので
その目まぐるしさはよく分かります。。。
一生に一度の晴れ舞台(なんか言い回し古w)の為ですもの、
楽しみながら乗り越えて下さいまし♪

私もディカプリオとデイモンよりもやっぱトニーとアンディだよなぁ・・・とは思うのですが、
『ディパーテッド』も近いうち観に行きたいと思ってます。

『墨攻』のタイトル文字、カッコいいですよね!
何種類かあるポスターのうち
アンディの凛々しいお顔が写っているのも捨て難かったんですけど、
やっぱコレがシンプルでいいなぁと思いチョイスしてみました♪

投稿: kenko | 2007年2月12日 (月) 00時00分

キャ~、kenkoさん。一緒一緒。
ヒロインがあまりにもアイドル的でしたよねえ~。
最初聞いた時あの声にはちょっとビックリ。
そして、革離をたらしこもうとしたり(失礼、嫉妬?)
夜もこっそりついてきて、結局足手まといになったり、、、
変な恋愛なら入れない方がいい!と思います。
しかし、アンディはかっこよかったですね。

投稿: へーゼル・ナッツ | 2007年2月14日 (水) 10時16分

ヘーゼル・ナッツ様

ヒロインの女優さん、カワイイんだけど
ちょっとこの映画の中では浮いちゃってましたね。。。
せめて、かっこいい女戦士であってほしかった。
革離の前で着物を脱ぎかけた時には
正直ドン引きだったですw(やっぱり嫉妬?)

アンディはね~もうほんとス・テ・キ☆
子団役の人もけっこう気になりました!

投稿: kenko | 2007年2月14日 (水) 11時27分

こんばんは。
ヒロインが出てきたとき、「こいつ絶対ツンデレだな」と思いましたが、しょっぱなからデレデレでした

>アンディ・ラウ
すいません。この人角度によって「やなぎばとしろう」に見えてしまう時があります・・・
雑誌で知りましたが、120本も映画に出てたり、歌まで歌ったりなかなかスゴイ人なんですね。「日本のコミックが好き」というところも好感がもてます
「他に映画化したいのは『ブラックジャック』」だそうですが、どうですか? アンディさんのブラックジャックは?

投稿: SGA屋伍一 | 2007年2月14日 (水) 23時50分

そうそう。
矢で死んだ"若"ですが、韓国のアイドルグループの子らしいですよ。
んで、弓矢の達人の彼(ウー・チーロン)も台湾のアイドルグループで18才でデビュー
してすんごい人気だったそうな。
ようは、この監督女子も男子もアイドル系がお好きってことかしら。
でも、イケメンなかなかのもんでしたよね~

投稿: へーゼル☆ナッツ | 2007年2月15日 (木) 10時53分

SGA屋伍一様

>「こいつ絶対ツンデレだな」と思いましたが

そーでしょー。私も思いました。
いくらアンディがカッコいいからってデレデレし過ぎ。
ハーマイオニーちゃんを少しは見習ってほしいです。

>角度によって「やなぎばとしろう」に見えてしまう

ぇえぇ~。やなぎば~?ブーブー
アンディが出演したという120本もの映画のうちの数本しか観ちゃいませんが、
ムキムキ僧侶役を演じた『マッスルモンク』、あれはイタかった。。。
大物映画スターのアンディがなぜ…って感じでしたが、
あんな仕事も受けてしまうアンディはきっとイイ人なのだわ!と、無理やりいい風に受け止めました。
ブラックジャックかぁ。これまで何度か実写化されている気がしますが、未だかつてイケてる実写版BJを観たことがありません。
アンディならイイ線いくかも…マッスルなBJでさえなければ。

投稿: kenko | 2007年2月15日 (木) 12時05分

こんにちはー。
ラブストーリーはいらなかったんじゃない?っていう女性の感想が多い反面、あの女優がすごくカワイイと男性の間では評判みたいですねー。
女子はもちろんアンディのかっこよさにに見惚れていたわけですが・・・。
カメラワークなど映像面がイマイチだったので、確かにもったいない感はありました。
でも、テーマは素晴らしいですよねー。

投稿: かえる | 2007年2月15日 (木) 12時53分

ヘーゼル☆ナッツ様

そうなんですか!
韓流スターにも台湾スターにも詳しくないからなぁ。
若役の人は、韓国系かな?とは少し思いました。
若の扮装が大変お似合いで、オーラ出てましたね~
王役のお二方も存在感あったし
役者さんは総じてみな華がありました☆

投稿: kenko | 2007年2月15日 (木) 13時52分

かえる様

そーそー、男性には評判いいんですよね、彼女。。。ちっ(←どんどんガラが悪くなってる)
いやいや冗談です(笑)
女性から見ても美しくて魅力的な女優さんだったんですけど、
なんかもっとこう毅然とした態度であってほしかったというかなんというか~

後半の戦闘シーンで、スローモーションの後静止画になるのがなんかヘン、と思いましたが、テーマは大変興味深かったです。

投稿: kenko | 2007年2月15日 (木) 15時30分

kenkoさん、こういう映画は世界観が
果てしなく壮大なので、どうしても
ツッコミどころが出てきてしまうような
気がするんですが、中華系映画の楽しみ方は
そこにあると思ってる自分はなかなか
楽しめた1本でした
そうそう墨家の思想とか結構説明されないので、なかなか根底にある部分が伝わらない
のが残念でしたよね。
ヒロインの声も吹き替えじゃないかなぁって
思いましたけどどうなんでしょう。
アンディは確実に吹き替えだと思います

投稿: kazupon | 2007年2月25日 (日) 19時54分

kazupon様

>中華系映画の楽しみ方はそこにある

そうかぁ。そうなのね。
ついうっかりベタにダメ出ししちゃいました、私w
壮大な世界観、奥深い思想、2時間強の映画で納まりきらなくてもムリないか。

最近ようやく、原作のマンガを読んでみたのですが、
映画を観ていまひとつ理解できなかった部分がすみずみまで補填され、
なんだかスッキリしました☆

声、やっぱ全体的に吹き替えでしたよね?
しかもアンディの声別人??
全く、気がつきませんでした。。。

投稿: kenko | 2007年2月26日 (月) 02時45分

ども〜w

いやー。自分の感想を書く前にkenkoさんの感想読まなくて良かった〜。
ほぼわしの抱いた感想と一緒なんでもし先に見てたら自分の書くの困るところでしたよ(笑)。
なんか惜しい作品でしたよね。
色々と(^_^;)

そういえば続編を作るって言ってましたっけ。
もしそうなら今回イマイチだった点が解消されればいいなぁ。
基本的には好きなジャンルなんで。
このジャンル名作少ないからガンバレ!

投稿: 発生 | 2007年2月28日 (水) 15時45分

発生様

惜しかった。いろいろと。。。
原作コミック読んでみて、なぜにこのテイストを
このままいさぎよく映画化できなかったのか…と
重ね重ね残念に思いました。

>そういえば続編を作るって言ってましたっけ

なぬー?!
まさか、革離が子供達を連れて平和を説いてまわる様を描くつもりでは…
そんなワケないか(笑)

投稿: kenko | 2007年2月28日 (水) 17時46分

そろそろ上映終わりってことであわてて観てきました~♪
アンディ・ラウ目当てだったので、原作が日本ってことも知らなかったんですよ。アハハハ…。
私はかなり満足できました。

>ヒロインを演じる女優さんのアイドル声が気に入らなかったり

ブハっ! 私も予想外の甲高い第一声にズッコケました。

投稿: AnneMarie | 2007年3月10日 (土) 10時15分

AnneMarie様

いらっしゃいませ!

私もほぼアンディ目当てでしたよw
カッコ良いアンディに関しては、大満足でした☆

>ブハっ! 私も予想外の甲高い第一声にズッコケました

ははは!やっぱり?
吹き替えの声が彼女本人のものだったのかどうかは分かりませんが、
「しゃべんなきゃカワイイのに・・・」と思っていたらホントにしゃべんなくなっちゃったので、
ちょっとだけかわいそうでしたw

投稿: kenko | 2007年3月10日 (土) 15時53分

はじめまして。
TB&コメントありがとうございました。
カキコするときはまとまらずに長く
書く時間がないとトラバばっかで
すいませんです・・・。

ミーハーで申し訳ないですが
原作マンガみたいな
ムキムキハゲチャビンだったら見なかった。(!!)
そのへんはすっかりアンディさんの
魅力にコロッと・・(けっこう単純)

ファンビンビンさんには
オスカルの凛々しさを求めてて(ノ*゚▽゚)ノ
正直そこまでオンナ~~を出さんでもと
ガックシしてしまいました。
ええ、恋愛がはいってもええんですが
かっこよく決めてほしかったとです。(笑)


投稿: Ageha | 2007年3月12日 (月) 17時19分

Ageha様

Agehaさま、コメントありがとうございます☆

>カキコするときはまとまらずに長く
書く時間がないとトラバばっかで
すいませんです・・・。

いえいえ!コメントが長かろうが短かろうが、トラバだけであろうが…
どんなカタチであったとしても来て頂けるだけで感謝感激でございます。
お気になさらずに、好き勝手やっちゃって下さいませ☆

私も負けじとミーハーですが、アンディだからこそ観に行ったという人はきっと多いですよね。
ハゲチャビンにもいろいろあると思うけど、アンディが原作通りのヘアスタイルでなくて良かった…とは思いました(笑)

オスカルの凛々しさ!そうなんです、正に私もそれを求めておりました。
ビンビンちゃん、せめて男前な女戦士であってくれたら良かったのに、
ちょっとデレデレし過ぎでしたよね。

投稿: kenko | 2007年3月13日 (火) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/5135908

この記事へのトラックバック一覧です: 墨攻:

» 墨攻 [映画鑑賞★日記・・・]
『A BATTLE OF WITS』公開:2007/02/03(02/03)製作国:中国/日本/香港/韓国監督:ジェィコブ・チャン原作:森秀樹 漫画『墨攻』(小学館刊)、酒見賢一(原作小説)出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン、ウー・チーロン、チェ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 23時14分

» 墨攻 [Akira's VOICE]
攻める手を止めてこそ,安らぎが生まれる! [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 11時01分

» 墨攻 [ネタバレ映画館]
ヤケクソもこれ兵法の一つ也。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 11時21分

» 墨攻 [八ちゃんの日常空間]
日本人って、結構中国の史劇って好きじゃありません?司馬遼太郎とか読んだ事ある人多いと思うんだけど…。で、この映画原作は日本なんだけど、これがまた最近のアジア圏の映画じゃダントツにいい!... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 12時10分

» 墨攻 [Diarydiary! ]
《墨攻》 2006年 中国/日本/香港/韓国映画 - 原題 - 墨攻 - 英題 [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 14時56分

» 「墨攻」 [しんのすけの イッツマイライフ]
字幕を追うので必死で、 画面の印象が前半かなり薄くなりました。 全体的に画面もくらいですし、 演技や背景など画面をちゃんと見たいので、 (結論)日本語吹替え版で観たいです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 21時27分

» 『墨攻』 [唐揚げ大好き!]
  『墨攻』   戦乱の中国――歴史上に忽然と現れ消えた、墨家(ぼっか)という戦闘集団がいた   これ日本の漫画を映画化しているんですよね。 ・・・未見です。 でも、”10万の敵にたった一人で~”というコピーに興味をそそられます。 しかも知略で勝負!... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 06時15分

» ラブ・ロマンスは不要。『墨攻』 [水曜日のシネマ日記]
2000年前の戦乱の中国を描いた人気コミックを映画化した作品です。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 10時59分

» 「墨攻」 映画の作りまで「墨守」しなくても・・・ [はらやんの映画徒然草]
漫画「墨攻」を原作とした日中韓の合作映画です。 タイトルにある「墨」とは「墨家」 [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 13時21分

» 『墨攻』in難波 [☆えみたんの日記帳☆]
映画『墨攻』を観て来たよぉ~~#63893;#63903; ちょっと更新するのが遅れちゃったけど・・・w なかなか映画のこと書く時間がなくてね(^^;;#63915;#63915; ストーリー 紀元前370年、戦乱の中国。 10万の趙軍に攻められた梁城は、女子供を合わせて4千..... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 01時13分

» 墨攻 [利用価値のない日々の雑学]
中国の歴史作品というのは筆者にとっては欠かせない。中国というのは、歴史と文明と思想の宝庫であり、そこには、広い国土と共に、その中で育まれた多くのスケールの大きな人物、自由な思想、そして独自の文明があり、一方でこの大陸を舞台に多くの国が興亡を繰り返して来た。その中国史を題材にした大作というと、やはりどうしても「ラストエンペラー」がトップに出てきてしまうし、どちらかというと近代の方が作品にし易いようだ。又、日本人に馴染みのある部分では「三国志」、「項羽と劉邦」、「水滸伝」という辺りは小説も多く、それに継... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 14時51分

» 「墨攻」 映画の作りまで「墨守」しなくても・・・ [はらやんの映画徒然草]
漫画「墨攻」を原作とした日中韓の合作映画です。 タイトルにある「墨」とは「墨家」 [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 20時08分

» 【劇場映画】 墨攻 [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 戦国時代。趙と燕の国境にある粱城は、趙によって攻撃されようとしていた。10万の趙軍に対し、梁城の全住民はわずか4000人。頼みの綱は墨家の救援部隊だったが、間に合いそうもなく、粱王は降伏を決断する。墨家の革離(かくり)がたった1人で駆けつけたのは、その直後だった。兵に関する全権を粱王から与えられ、早速城を守る準備に取りかかる革離。趙軍の指揮官・巷淹中は革離を好敵手と見なし、やがて激しい攻撃を開始する。(goo映画より) 酒見賢一氏の小説は読んだような気もするのですが、記憶に残... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 21時51分

» 軍団ひとり ジェイコブ・チャン 『墨攻』 [SGA屋物語紹介所]
先日紹介した小説・マンガの劇場版です。日本・中国・韓国・香港の合同製作。まさに [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 23時52分

» 『墨攻』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
兼愛。非攻。墨家に学ぼう。 戦乱の中国、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。 紀元前370年頃、趙と燕の国境にある粱城は、趙によって攻撃されようとしていた。 その墨家を描いた小説とコミックを日本、韓国、香港、中国の合作で映画化。力強く壮大な歴史スペクタクル。最近多いアジア合作映画だけど、多国が参加することによってよりスケールが増すのなら何より。『PROMISE』 はちょいとへんてこだったけど、本作はなかなか堅実に正統派。 大国・趙が率いる10万の大軍を前に、4... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 12時42分

» 墨攻(2006/中国=日=香=韓/ジェィコブ・チャン) [CINEMANIAX!]
【ユナイテッド・シネマとしまえん】 紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ猛将・巷淹中率いる10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王(ワン・チーウェン)は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離(アンディ・ラウ)ただ1人。革離は王に1ヵ月持ちこたえれば趙軍は撤退するはずと説明、兵に関する全権を与えられると、さっそく城を守る準備に取りかかる。やがて始まった趙軍の猛攻に... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 23時15分

» ★「墨攻」 [ひらりん的映画ブログ]
今週のナイトショウは・・・ 日・中・韓の合作?映画。 原作が日本の漫画で、舞台は中国、音楽関係は日本人が担当してるみたい。 主演は、アンディ・ラウ。 [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 03時37分

» 墨攻 07050 [猫姫じゃ]
墨攻 2006年   ジェイコブ・C・L・チャン 監督  川井憲次 音楽  酒見賢一 原作アンディー・ラウ 劉徳華 アン・ソンギ ワン・チーウェン ファン・ピンピン チェ・シウォン 日・中・韓 合作なのね。 原作知らないし、人気コミックというのも読んでないし....... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 02時44分

» 墨攻 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
「墨家」について詳しくは公式HPへ⇒映画「墨攻」(ぼっこう)いつの時代でも何処の国でもよくある話だが 王が強欲で大バカもんですしかも 側近のジジイが更にずる賢くて 王を良いように操るんですわ。「恩を仇で返す」とは正にこのことですわ。革離が来てくれたおか...... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 04時40分

» 墨攻 [It's a Wonderful Life]
一昨年「セブンソード」を観た時と同じで 「あぁぁなんだか惜しい!」と思ってしまう映画でした。 題材とやろうとしている事は壮大で期待感ワクワクものなのに、 細かい物語が判りづらい・・・。 多分「梁」「趙」「燕」「革離」「巷」「子団」 なんて字幕がバン...... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 19時52分

» 墨攻 [丼 BLOG]
(07年2月鑑賞)ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 「アンディ・ラウ、年取るごとに... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 15時39分

» 墨攻−(映画:2007年29本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ジェイコブ・C・L・チャン 原作:酒見賢一 出演:アンディー・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ピンピン、チェ・シウォン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) 大企業で女性総合職が採用され始めたのはバブルのちょっと前くらい....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 11時10分

» 「墨攻」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
中国では紀元前403年に晋が韓・魏・趙の三国に分裂して以降、紀元前221年に秦の始皇帝が国土統一を果たす迄の183年間を戦国時代と称されている。そんな戦国時代の世に、思想家の墨子が率いた集団が在った。「博愛主義」、「反戦」を掲げるその思想家集団は「墨家」と呼ばれた。 ***************************** 中国の戦国時代、戦国七雄と呼ばれる「秦、韓、魏、趙、楚、斉、燕」の七ヶ国が、国土統一を目指して果て無き戦いを繰り広げていた。 時は紀元前37... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 01時15分

» 墨攻(中国/日本/香港/韓国) [映画でココロの筋トレ]
5日、はしごしちゃった・・・アハ♪ 「パフューム ある人殺しの物語 」のあと、、「墨攻」観ました! ( → 公式HP  ) 出演:アンディ・ラウ 、アン・ソンギ、ワン・チーウェン 、ファン・ビンビン 、ウー・チーロン 、チェ・シウォン 上映時間:133分  ... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 00時46分

» ただ、平和を願い苦悩するひと。~「墨攻」~ [ペパーミントの魔術師]
キャ~~。ラウちゃんカッコイイ~~~~。 コホン。 すいません、いつもの悪い癖ですので気にしないでね。 びっくりしたのはアン・ソンギ。 ファーストコンタクトが「デュエリスト」という、 最悪の出会い(笑)でしたので、どないなるかと思いきや これがまたえらい渋かった..... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 18時18分

« 天体戦士サンレッド | トップページ | エラゴン 遺志を継ぐ者 »