« ACIDMAN LIVE TOUR”green chord”at広島クラブクアトロ | トップページ | コメントの入力についてのお知らせ »

ハッピーフィート

Happyfeet

赤ちゃんペンギンのあまりの愛くるしさに、危うく萌え死ぬとこだったっつの。

<あらすじ>

南極で暮らす皇帝ペンギンたちにとって最も大切なことは、自分だけの”心の歌”を見つけること。歌でハートを伝えられなければ、大人になった時に最愛の人に巡り合うことはできないのだ。それなのに、歌の上手いノーマジーン(ニコール・キッドマン)とメンフィス(ヒュー・ジャックマン)との間に生まれたマンブル(イライジャ・ウッド)はとんでもない音痴で、自分を解放しようとするとなぜか奇妙なステップを踏んでしまうのだった。ハッピーフィート公式サイト

イチ赤ちゃんだけでもものすごい威力なのに。フワフワ産毛のあの質感、あの動き、あの声が、スクリーンの中で一斉に・・・!!ですよ?心の歌があってもなくっても、ハートのど真ん中を撃ち抜かれてグッタリ(?)しちゃうこと必至。ぬいぐるみが動いているとしか思えない白クマの赤ちゃんに我を忘れてしまいがちな今日この頃ですが、ペンギンの赤ちゃんの想像を絶する愛くるしさにも正気を失いかけました。あれ以上長く赤ちゃん時代を見せつけられたら、マジでヤバかった。

歌やダンスで自らを解放するペンギン達を観ていると、自然とこっちも解き放たれてしまってなぜか全編泣きっぱなし。音楽って不思議!先日観たミュージカル映画『ドリームガールズ』でもこれに似た感情の高ぶりがありましたが、なぜにこのように一瞬で心を持っていかれてしまうのか、言葉ではなかなかうまく説明できません。とにかく、脳みそを介すことなく心にガンガン響いてくるの。ジーン・ケリー好きとしては、短い足で超絶タップを踏みまくるマンブルたまりませんし。超豪華声の主演陣でも話題の今作ですが、まー皆さんほんっとに芸達者。ブリタニー・マーフィーのセクシーなハスキーボイス、好きなんですよねぇ。

ほとんどモンスターなアザラシとの追いかけっこにハラハラしたり、ナイスキャラにも程があるラテン系アデリーペンギン達に爆笑したりしていたら、物語はいつのまにやら思いもかけない重ーい方向に。うーん、まさかこんなにも胸に痛いテーマが用意されていようとは。やや唐突な展開である気がしなくもないけれど、映画だからこそ、奇跡のように理解し合えるのもアリなのだ、と思いました。

それにしても、CGアニメの技術というのは一体どこまで進化していくのでしょうか。アニメキャラ的なデフォルメと、リアルな野生の動物らしさとの配分があまりにも絶妙なペンギン達、『プラネットアース』並みに驚異的で美しい南極の風景、どこをとっても「なんかCGっぽくて不自然」というところがありませんでした。終盤に実写と思しき映像も出てくるけど、全くもって違和感なし。すばらしかったです。

|

« ACIDMAN LIVE TOUR”green chord”at広島クラブクアトロ | トップページ | コメントの入力についてのお知らせ »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、ご覧になったんですね!
萌え死にですか~(笑)
自分は「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」みたいな音楽映画として観てた
気がします。^^
同じキャストの実写ミュージカルも
見てみたいなぁ・・。ニコール+
ヒュー+ブリタニー+ロビンならすごく
なりそう。イライジャって歌えるんだろうか?
確かにラストはちょっと重くなりすぎ
かもですよね。
この映画ターゲットどこにしてるのか
ちょっと不明な部分ありますよね。曲は
30代以降だろうし、環境問題だし
アニメだし。欲張り過ぎ?
昨日新聞にのってた子シロクマの写真に
撃沈されました(笑)かわいいですよね。

投稿: kazupon | 2007年3月26日 (月) 19時04分

kazupon様

頼むからもう勘弁して!!ってくらい
かわいすぎでした~ペンちゃんたち。
くすぐったいようなリアルな子供の声が
これまた眩暈がするほどに愛らしくて(笑)

これは音楽映画としてもかなりレベルが高そうですよね。
kazuponさんの記事を拝見していると
あの曲やこの曲も使われていたのか!と勉強になりました。
好きな俳優さんばかりなので
実写ミュージカルがあったら私もぜひ観てみたいです☆

確かに少し欲張りすぎだったのかも?
大人が観れば問題ないだろうけど、
これを観る子供の年齢によっては理解し難い部分もあるかもしれませんよね。

ドイツの子シロクマちゃん♪
私もニュースで映像が流れるたび釘付けでした!

投稿: kenko | 2007年3月26日 (月) 20時51分

kenkoさん、こんにちわ!
メンテ中だったようで、お邪魔するのが
遅くなりました・・・すみません(泣)。

萌え死に~!!って言葉に最強ウケました(笑)

マンブルが卵から生まれて、ヨチャヨチャ
とステップ踏む姿を観たときは・・ちょっと
どうなったらいいのか分からないほどに
可愛かったです(照)
アニメであそこまでリアルに描写してしま
えるなんてすごいなあ・・と技術の高さに
感心しました。

ただの楽しいアニメにとどまらず、少し
ヘビーなメッセージ性が込められている
あたりも良かったなあと思います♪

投稿: 睦月 | 2007年3月30日 (金) 11時04分

前はそれほどでもなかったのに、『皇帝ペンギン』を見てからすっかりペンギン萌えになってしまったわたし
アミーゴスが『マイウェイ』を熱唱してる予告編を見たときから鑑賞確定でしたが、予想に違わぬ楽しさでした

終盤の急速展開にはやや戸惑いましたが、踊り狂うペンギンさんたちを見ていたら、どうでもよくなってしまいましたね
この手のCGムービーはやはりピクサー作品が頭一つ抜けてますけど、この『ハッピーフィート』はピクサーに匹敵するクオリティだったと思います

キャラクターではやはりアミーゴスの連中がお気に入りです

投稿: SGA屋伍一 | 2007年3月30日 (金) 22時11分

睦月様

メンテ中だったんです~ごめんなさい!
いつもなんの為のメンテなのかよく分からないことが多いのですが、
今回は非常に役立つバージョンアップをして頂けたのでけっこう喜んでます♪

萌え死にウケました?ははは(笑)
殺人的な可愛らしさでしたからねぇ~
テレビでこの映画のCMが流れるたび、
やっぱりどうしていいか分かんなくなります(笑)
あそこまでリアルであるにも関わらずカワイイ!っていうのは
ペンギンならではですよね。

ヘビーなメッセージには予測していなかっただけにヘコみましたけど、
たまにはこういうのもいいんじゃないかと思いました。

投稿: kenko | 2007年3月31日 (土) 12時53分

SGA屋吾一様

ずいぶん前に流れてたアミーゴスの予告篇、斬新でしたよね!
私もアレを観た時から、この映画が公開されるのを心待ちにしておりました。

終盤の展開はこの手のCGアニメでは異色ですけど、
たまにはチビっ子たちに少し考える機会を与えるのもいいんではないかと思いました。
ペンちゃんたちの異常なまでの可愛らしさも超ハイクオリティなCG技術の賜物ですよねぇ~
スゴかったです!ほんとピクサーに負けてなかった!

私も一番のお気に入りはやっぱアミーゴス♪
ラモン以外どれが誰だか見分けがつかないけど(笑)

投稿: kenko | 2007年3月31日 (土) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/5695792

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーフィート:

» ハッピーフィート [It's a Wonderful Life]
♪Once there was a way to get back homeward  Once there was a way to get back home  Sleep pretty darling do not cry  And I will sing a lullabye・・・♪ うわ!始まったら静かに聴こえてくる曲は ビートルズの「アビーロード」、いやポール・マッ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 19時06分

» 乳幼児の成長 [乳幼児の成長]
乳幼児が遊んでる間に家事を・・・と思っても少しでも乳幼児から離れると誰も近くにいないことを察知して泣き出してしまいます [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 21時14分

» ハッピーフィート [Akira's VOICE]
個性は自分を救う。 [続きを読む]

受信: 2007年3月28日 (水) 17時59分

» ハッピーフィート(先行上映) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 泳ぐぜ!歌うぜ!タップだぜ!  [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 11時06分

» 抵抗ペンギン ジョージ・ミラー 『ハッピーフィート』 [SGA屋物語紹介所]
良い子のみんな! 春休みもあと半分だね! 宿題はもう終ったかな? キッズムービー [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 22時12分

» ハッピーフィート−(映画:2007年35本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ジョージ・ミラー 声の出演:イライジャ・ウッド、ブリタニー・マーフィ、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ヒューゴ・ウィーヴィング、ロビン・ウィリアムズ、カルロス・アラズラキ 評価:82点 公式サイト (ネタバレあります) この手の映....... [続きを読む]

受信: 2007年3月31日 (土) 15時05分

» ハッピー フィート [O塚政晴と愉快な仲間達]
―ネタバレしまくり― ペンギン、嫌いじゃありませんw。 アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞した作品ってことで、観てみました。 ハッピー フィート ★★★☆☆ 精巧なCGで描かれた、皇帝ペンギンたちが主役のフルCGアニメ。 豪華な声優陣とサウンドも楽しめるミュージカル風の映画。 ペンギンの夫婦に、奇妙な脚の動きをする子供(マンブル)が誕生。 そのピングーが学校に通い出し、自分が歌を歌えないことに気付く。 歌えないマン... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 23時25分

« ACIDMAN LIVE TOUR”green chord”at広島クラブクアトロ | トップページ | コメントの入力についてのお知らせ »