« パフューム ある人殺しの物語 | トップページ | ゴーストライダー »

西遊奇伝大猿王

西遊記と言えば。真っ先に思い浮かぶのは、やっぱマチャアキ悟空の西遊記。

子供の頃、夏休みには必ずと言っていいほど再放送されていたドラマ『西遊記』、飽きもせず毎夏毎夏観てたもんなぁ。

慎吾くん主演のフジ版リメイクもとっくの昔に放送終了しているのに何をまた唐突な、と思われるかもしれませんが、つい先日CSでたまたまマチャアキ悟空が放送されててね、懐かしさのあまり観てみたら、これがまぁ今観ても全くもって色あせぬバツグンの面白さで、やはりこの”日本テレビ開局25周年記念番組”は他に類を見ない傑作だったのだ、と、一人で勝手に感心してしまいましたのです。

何がそんなにおもろいかって、堺正章(孫悟空)、西田敏行(猪八戒)、岸辺シロー(沙悟浄)、このお三方が繰り広げるミニコントがまぁ秀逸。もう大爆笑。アドリブオンパレードなんじゃないかと思うんだけど、なんつーか腕が違います、腕が。特に、関西弁沙悟浄のゆる~い感じがたまらん。

そして・・・夏目雅子さま演じる三蔵法師の、なんとまぁ麗しいことか!!お目目キラッキラ!ですから。ま、眩しいよ、おっしょさま・・・その微笑み、神々し過ぎ・・・。美しきおっしょさまの周りでお弟子三人衆がどんなにオモシロおかしいコントを繰り広げようとも、一応悪役なんだけどあんまり憎めない妖怪さん達に食べられちゃいそうになろうとも、毅然とした態度をけして崩さないそのお姿に、スキトキメキトキス!!

その他、中華人民共和国の協力のもと行われた中国ロケ、円谷プロ監修の特撮シーン、耳に焼き付いて離れないゴダイゴのテーマソングなど、見どころ聴きどころ満載!軽く懐かしがりたい方は、よろしければコチラの動画をお楽しみ下さい。→西遊記OP

いいかげん本題に入るべし。世界に誇る日本マンガ界にも、『西遊記』をモチーフにした作品は数多存在いたします。中でも圧倒的知名度人気度を誇るのは、やはり鳥山明氏の代表作『ドラゴンボール』でございましょう。ピッコロさんLOVE!!しかし本日ご紹介するのは、寺田克也作、極彩色CGマンガ『西遊奇伝大猿王(さいゆうきでん だいえんおう)』という作品↓

Daienou

海外の方にも大人気の自称ラクガキング、寺田克也。ゲーム『バーチャファイター』、押井守監督のアニメ『BLOOD THE LAST VANPIRE』、映画『デビルマン』のキャラデザイン、コスチュームデザインなどで有名なお方です。私にとって超別格の漫画家、弐瓶勉氏ほどにその仕事を追っかけているワケではありませんが、彼の描くオドロオドロしくも超クールな作品の数々・・・当然、好きに決まってるでしょ。

『西遊奇伝大猿王』に登場するお猿さん御一行様の目的は、天竺に行ってありがたいお経を授かることではなく、なななんと!”釈迦をぶっ殺す”こと。きゃー!邪悪!!お猿さんの定番アイテムである如意棒&金斗雲の機能やデザインの面白さ、ここでもやはり”女性体”である三蔵法師様(ドラマ『西遊記』の影響力は絶大ナリ)のSMちっくなビジュアルなど、「西遊記のこんなアレンジありですか!!」と、新鮮な驚きの連続なのでございます。絵的にもストーリー構成的にもものすごいクオリティの高さであるにも関わらず、なんとも言えず肩の力の抜けた感じがするところもさすが。エロキモいクリーチャーのデザインなんて、寺田克也にとっては御茶の子さいさいなのでありましょう。

実質的な内容量のわりにお値段1900円とちとお高めなのですが、全編色付きなんだからしょうがない。てゆーか、お値段分の満足度は確実にあるし。(主婦が言うんだから間違いなし?)ただ一点不満を述べるならば、コレ一応”vol.1”なのに何年経っても続きが出ないこと・・・。しくしく。

いつにも増して収拾のつかない内容になってしまいましたが、てんやわんやついでにもひとつ愛すべき『西遊記』を貼り貼り↓

増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和 第10話

5分ほどのアニメーションです。アタックNo.1なOPの後、本編がスタートします。気が向いた方どうぞ。

寺田的西遊記とは真逆ベクトルだけど、これもまた秀逸ナリ!!

|

« パフューム ある人殺しの物語 | トップページ | ゴーストライダー »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

西遊記といえばやはり、まちゃあきの頃がしっくりきますね。。。深津絵里は夏目雅子にイメージが追いつかず。悟空も香取慎吾みたいにガタイが大きいのより中肉中背の人が演じるほうが良い気がしたのは私だけかな?

投稿: sakuramochi | 2007年3月 5日 (月) 14時58分

sakuramochi様

やっぱマチャアキだよね。
調べてみると、モックン悟空&宮沢りえや、
唐沢悟空&牧瀬里穂、なんてのも何気にあったみたい。
慎吾くんのは第1話のみチラっと観ただけですが、
「悟空と言えばドラゴンボールの悟空」としか思ってなさそうなのが
彼の演技から垣間見えちゃうところが致命的だなと思いました。

投稿: kenko | 2007年3月 6日 (火) 11時24分

こんばんわ
寺田克也さんは『ゲーム批評』という雑誌にイラストエッセイを書いていた時に毎月凄く楽しみでした(^◇^)。

物凄く上手い人ですよね!

『西遊記』は諸星大二郎さんの漫画なんかもあったような・・・結構面白くて読んでおりました(^o^)丿

投稿: コン猿君 | 2007年3月 7日 (水) 21時25分

コン猿君様

おはようございます☆
寺田克也さんの絵ってものすごくダークでパワフルなのに、
笑いのセンスも絶妙だなーと思うのです。
イラストエッセイとかもかなりおもしろカッコイイんだろうなぁ!

諸星大二郎さんの西遊記は読んだことないんですよねぇ。
これまたスゴイことになってそう。。。
無性に読みたくなってきました!

投稿: kenko | 2007年3月 8日 (木) 10時58分

はじめまして。
私もマチャアキさんの「西遊記」が大好きです!!!何度リメイクされても、私にとってはコレしかない!!!
DVDが発売されてから、いつでも好きな時に観ることができるのがうれしいです♪
ホント!!俳優さん一人一人が、この人以外考えられない!というはまりようですね☆
夏目さんの美しさには、女の私もうっとりです☆

投稿: 朝風 | 2007年5月30日 (水) 18時09分

朝風様

はじめまして!コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまってごめんなさいね。

子供の頃大好きでよく観ていたマチャアキさんの元祖『西遊記』。
最近たまたま観なおす機会があり、今観ても色あせぬデキの良さにホント驚きました。
西遊記と言えばやはりコレしかないですよねぇ~
西田敏行さんの猪八戒がお気に入りなので「1」の方が好きですが、
玉竜の登場する「2」も捨て難いです。

投稿: kenko | 2007年6月 1日 (金) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/4519036

この記事へのトラックバック一覧です: 西遊奇伝大猿王:

» 怪奇大作戦 呪いの壺 寺炎上 [ファイヤーでボカーンな動画ブログ(略してファーボ)]
話の内容はともかく この炎上シーンはなかなか凄い! セットだろうけどかなり大きいセットみたい。 燃え方が本物に近い気がします。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 12時35分

« パフューム ある人殺しの物語 | トップページ | ゴーストライダー »