« Mhz vol.3 | トップページ | サンシャイン2057 »

ユメ十夜

Yume

夏目漱石と聞くと、いまだに斉藤由貴さんを連想してしまいます。

あらすじ・・・は書けないので、この作品のコンセプト及び概要。

「こんな夢を見た」という言葉で始まる、夏目漱石の短編小説『夢十夜』。不条理で幻想的な10の夢を描いたこの作品は、漱石自身の内面を描いた傑作である。「この作品が理解されるのは100年後だろう」という漱石の予言からちょうど100年目の2006年、日本映画界を代表する10人の監督が漱石先生からの挑戦状に果敢に挑む!!ユメ十夜公式サイト

いや~わけわかんなかった!でもスッゴクおもしろかった!!

漱石せんせーの夢なのだもの、わけわかんなくて当然。日本が誇る映画人てんこもりなんだもの、おもしろくて当然ですわね。

第一夜から順に、監督名、出演者、監督の最近の代表作を一応書いておきます。

第一夜 : 実相寺昭雄 /小泉今日子 松尾スズキ/ 『姑獲鳥の夏』

第二夜 : 市川崑 /うじきつよし 中村梅之助/ 『犬神家の一族』

第三夜 : 清水崇 /堀部圭亮 香椎由宇/ 『呪怨』

第四夜 : 清水厚 /山本耕史 菅野莉央/ 『イヌゴエ』

第五夜 : 豊島圭介 /市川美和子 大倉孝二/ 『怪談新耳袋 ノブヒロさん』

第六夜 : 松尾スズキ /阿部サダヲ TOZAWA 石原良純/ 『恋の門』

第七夜 : 天野喜孝 河原真明 / 『天使のたまご』原案

第八夜 : 山下敦弘 /藤岡弘、/ 『リンダリンダリンダ』

第九夜 : 西川美和 /緒川たまき ピエール瀧/ 『ゆれる』

第十夜 : 山口雄大 /松山ケンイチ 本上まなみ/ 『魁!!クロマティ高校』

すべての感想を述べるのもアレなので、特に気に入ったのだけ・・・

まずは第一夜。キョンキョンの顔といい、唐突に鳴り響く大音響の効果音といい、やたらめったらコワかったです。まるでつげ義春のマンガみたいな雰囲気。てゆーか松尾スズキ大好きっ子の私としたことが、あの旦那役が松尾さんであったとはエンドロールを見るまで全く気がつかなかったのです。くやしー

第六夜。やはりコレが何よりの楽しみであったワケで。黒澤風オープニング、でも名前はデタラメ(でしたよね?)な時点で既に最高♪ストーリーはわりと原作に忠実なのに、セリフがなぜか2ちゃん風!木彫りの熊!!オチは良純!!!爆笑でした。

第七夜。観る前から「天野喜孝が監督??」と興味津々。数多くのアニメやゲームのキャラクターデザインを手掛けることはあっても、映画監督にチャレンジするのはお初なのでは?しかしまーこれが、鳥肌が立つほどに素晴らしい映像体験で。もっともっと観ていたかった~!しかし英語能力中学生以下の自分としては、セリフは日本語でも良かったと思う。だって字幕読むヒマがあったら映像を眺めていたいんだもーん。

第八夜。わたくし、藤岡弘、(、が付くのね)さんが画面に登場するだけでなぜか笑ってしまうのです。「何使ったの?」「ちくわ」の、リピートにもヤラれた。

第十夜。冒頭「漫☆画太郎 脚色」と出た瞬間、「ちょ、ちょっと聞いてないよ!」と慌てて居住まいを正さずにはいられませんでした。確かに漫☆画太郎に脚色されてた(笑)本上まなみさんの熱演も良かったです。

どの夢も総じて、監督さんが好き勝手に楽しく撮っている印象を受けました。漱石せんせー、素敵なお題をどうもありがとう☆

|

« Mhz vol.3 | トップページ | サンシャイン2057 »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、ご覧になったんですね!
松尾さんのは予想外に黒澤だったので
びっくりでした。結構大人計画の人
出てましたよね。でも最初のタイトルは
デタラメだったのが可笑しかった^^
そうそう、この映画作風がもうなんでも
ありだったんで、オムニバスにしては
すごく楽しめた映画だって思ってたんですけど、「パリ・ジュテーム」観たらさらに
エクセレントだったのですっとびました(笑)
山下監督のは最近の新作もすごかったし、
本質的には好きではないのに気になる監督です。
「鴎外せんせー!」

投稿: kazupon | 2007年4月15日 (日) 20時10分

こんばんは。
元ネタが夢だけあって、それぞれの監督が自由に表現しているところが楽しかったですねー。
キャスティングだけでもナイスなものがたくさんあり。
私も松尾作品が一番楽しみだったんですが、期待通りでした♪

投稿: かえる | 2007年4月15日 (日) 23時56分

kazupon様

ずっと楽しみにしていたんですけどようやく観ることができました!

松尾さん黒澤でしたよね(笑)
名前がデタラメだったため、サダヲちゃんが登場するまで
松尾さんの監督作かどうか分かんなかった(笑)
大人計画率高かったですね!

『パリジュテーム』はさらにエクセレントなのかぁ~!!
これも評判いいので観たいなーと思っているんですけど
うち方面で上映されるのはもう少し先になりそうです・・・
その時はまたよろしくお願いいたします。

山下監督の最近の新作って、『松ヶ根乱射事件』?
あれも気になってたんですけど、ものすごくマイナーな映画館で
ひっそりとやってて見逃しました。くやしー

投稿: kenko | 2007年4月16日 (月) 12時13分

かえる様

コメントありがとうございます。

元ネタが夢であるが故なんでもアリで
何が起こっても笑って許せる楽しい映画でした。
キャスティングも豪華だったり意外な組み合わせだったりで面白かったです♪

かえるさんもやはり松尾さん狙い?(笑)
期待を裏切らないデキでしたね!

投稿: kenko | 2007年4月16日 (月) 14時11分

こんにちわ!
TB&コメントありがとうございました。

オムニバスものって、私結構好きなんですよ。
kazuponさんもおっしゃってますが、『パリ・ジュテーム』もオムニバスものとしては素晴らしかった!

この作品は漱石先生の夢が題材になっていますが、乱歩の短編をオムニバスにした『乱歩地獄』という作品も、私はとっても大好きです。

作り手一人ひとりの個性と才能を、短時間でより多く味わえるというのが、オムニバスの魅力ですよねえ♪

投稿: 睦月 | 2007年4月16日 (月) 17時05分

睦月様

こちらこそお返事をありがとうございます!

私もオムニバスって楽しくて好きだなぁと改めて思いました。
短時間でいろんな作り手の個性を堪能できるって、ちょっと得した気分ですね(笑)

『乱歩地獄』!睦月さんお好きなんですね。
観てないんだけどとても気になっている作品です。
たしか3作目をカネコアツシさんが監督されていたと思うのですが、
彼の描くマンガ結構好きなので♪

『パリジュテーム』、早く公開されないかなぁ~

投稿: kenko | 2007年4月17日 (火) 12時14分

いつもありがとうございます。

市川監督のはちょい眠でしたけどw
どれも勢いあって楽しかったって感じでした。
パリ、ジュテームも良い映画ですよ!

投稿: とりこぷてら | 2007年4月17日 (火) 14時57分

とりこぷてら様

市川監督の…ちょい眠でしたよね。
各10分だから良かったけど、あれ以上長かったらそれこそ
ドップリと夢の中だったかもしれない…

パリジュテームは皆さん絶賛されますね!
早く観ーたーいー

投稿: kenko | 2007年4月17日 (火) 17時08分

はじめまして。
T.Satoと申します。
トラックバックさせて頂きありがとうございます。

他人のユメが、
ジェットコースターのような勢いで、
自分のユメに突っ込んできたような、
そんな感覚を味わいました。

実は今日、
西川美和監督作品『ゆれる』を観ました。

それではまた、
ごきげんよう。

投稿: T.Sato | 2007年4月18日 (水) 18時36分

T.sato様

はじめまして!
トラバとコメント、ありがとうございます!

ジェットコースター!正に!
恐ろしくもあり、この上なく楽しくもあり・・・
けして観ることはできないはずの他人のユメを、
この作品では本当に覗き見ているような気分になれました。

『ゆれる』は、昨年観た邦画の中ではかなり印象深かった作品です!
西川美和さんって、スゴイ人ですよね~

T.satoさん、これを機にまたヨロシクです☆

投稿: kenko | 2007年4月18日 (水) 20時28分

この映画は見てないんですが、山口雄大監督の代表作としてあげられいてる『魁!! クロマティ高校 THE MOVIE』
これ、自分の2005年度の映画ベストワンだったりします。なにがそんなに良かったかと問われると・・・うーん、「ツボにはまった」としか言いようがありません(笑)

松尾スズキ作品は先日『東京タワー』を見てきました。監督ではなく脚本家としての作品ですが
はっちゃけた人、という印象の方でしたが、けっこうしっとりしたモノも書けるようです

投稿: SGA屋伍一 | 2007年4月21日 (土) 21時41分

SGA屋伍一様

SGAさん、コメントどうもありがとう☆

『魁!クロマティ~』は、マンガはちょこっと読みましたが映画は観ていないんですよ~
SGAさんの2005年度ベストワンだったとは!世の中の評判も上々でしたよね?
山口監督作品では、先日『地獄甲子園』をたまたまスカパでやってたので観てみました。
漫☆画太郎顔であることが優先であると思われる素人っぽい役者さんてんこもりで、
なかなか良かったです(笑)

『東京タワー』ご覧になったんですね!
リリーフランキーの原作もドラマも手付かずなのですが、
松尾さん脚本だしオダジョーだし、観ようかどうしようか悩んでいたんですけど、
SGAさんの評価が良かったら観てみようかなぁ。
レビュー楽しみにしてますね♪

投稿: kenko | 2007年4月22日 (日) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/5959658

この記事へのトラックバック一覧です: ユメ十夜:

» 国語の常識 [国語の常識]
国語の常識について 外国語が得意でも、日本語が正しく使いこなせないと恥をかいてしまいます。 当講座は、そんな国語の"常識"を豊かにするために開講されました。 覚えたらすぐ使える身近な国語や間違えやすい事例などもわかりやすく解説。 日本語を鐔∉匹瑙州・鐔⊇颪姒州・鐔∀辰刻州力が着実にアップします。 ... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 19時47分

» ユメ十夜 [It's a Wonderful Life]
オムニバスに傑作はなし!と思ってるほうなんですけど、 これはなかなかイケました。単純に面白かったです。 最近観た「明日へのチケット」や「eros」等は数人の監督が 30分程度の作品を集めたものになってましたけど、 本作品は10人。 それぞれの作風はシリ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 20時11分

» 『ユメ十夜』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
バラエティに富んだ夢を味わう。 明治41年に発表された夏目漱石の"こんな夢を見た。"で始まる短編小説「夢十夜」が原作のオムニバス。100年の時を経て、文豪・夏目漱石の見た夢が、10組11人の監督によって映画になるなんてステキじゃないか。 どのようにして、この10組の監督が選ばれたのだろう。私だったら、どんな10人にこの企画を任せてみたいかなぁなどと考えつつ、1915年生まれの市川崑から1976年生まれの山下敦弘まで、幅広い年齢層の個性的な顔ぶれが揃ったことが嬉しい。私が予め名前をちゃんと... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 23時51分

» ユメ十夜 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ Are you Dreamer?  [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 15時44分

» ユメ十夜 [八ちゃんの日常空間]
TEN NIGHTS OF DREAM [シネ・アミューズ/イースト/サービスデー料金] 公式サイト 『漱石から100年目の挑戦状』 シネ・アミューズは小さい映画館だけど雰囲気がとても好き。ミニシアターファンがよく集まるので結構人の入りもいいんだよねー。映画サービス・デーなんか....... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 13時48分

» 「ユメ十夜」 (2007) [とりあえず生態学+]
余は吾文を以て百代の後に伝えんと欲する野心家なり ユメ十夜 製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 110分 監督 実相寺昭雄 、市川崑 、清水崇 、清水厚 、豊島圭介 、松尾スズキ 、天野喜孝 、河原真明 、山下敦弘 、西川... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 14時53分

» 映画『ユメ十夜』〜ジェットコースターに乗せられた無意識〜 [iPod Junkie の 憂鬱]
ジェットコースターに乗せられた無意識が、 ぐるぐるぐるぐる回転して目が回りました。 夏目漱石の原作も読んでみようと思いました。 『ユメ十夜』公式サイトhttp://www.yume-juya.jp/ ... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 17時57分

» ユメ十夜 [丼 BLOG]
(07年2月鑑賞)シネ・リーブル博多駅 「かなり不条理色が強いけど夢ってそんなもんですよね... [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水) 15時44分

« Mhz vol.3 | トップページ | サンシャイン2057 »