« ザ・シューター/極大射程 | トップページ | 主人公は僕だった »

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい

Smokinaces

こういういかにもスタイリッシュな顔をしたバカそうな(褒めてます)映画って大好き。クセのある登場人物たちがとことんムチャしてくれてればそれでいい・・・はずなのに。ド派手アクションにスッキリ爽快!・・・とは言い難い、中途半端なモヤモヤ感、残っちゃいましたー

<あらすじ>

マフィアのボス・スパラッザの邸宅を見張っていたFBI捜査官のメスナー(ライアン・レイノルズ)とカラザーズ(レイ・リオッタ)は、スパラッザがイズラエル(ジェレミー・ピヴェン)という男の心臓に100万ドルの賞金をかけ、スウェーデン人の殺し屋を雇うという情報を手に入れる。バディ”エース”イズラエルは人気マジシャンでありながらギャングまがいの振る舞いをして裏社会に混乱をもたらし、スパラッザの怒りを買った男だった。エースの賞金の噂は瞬く間に広がり、世界中から100万ドルを狙う殺し屋が集まってきた。FBIはエースからスパラッザの犯罪に関する証言を得るため、またエースの弁護士に雇われた保釈保証人デュブリー(ベン・アフレック)らはエースを保護するため、それぞれエースのいるコモ湖のホテルに向かう。スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい公式サイト

以下ネタバレ↓

これは観る前に、ある程度の人物相関図を頭に入れておいた方が良かったのかも。この不親切さはわざとだろうとは思うんだけど、ただでさえ人間関係複雑なのにしょっぱなから展開早過ぎなんだもん。名前と顔が一致しない。海のものか山のものかも分からない。「集中!集中するのだ私!字幕を頭にたたきこみ、登場人物たちがそれぞれ何をどうしたいのかできうる限り把握するのだ!」と、必死で自分にエール送りましたがな。でもそれも早々に断念して・・・、というかドンくさい私には結局ついて行けなくて、殺し屋たちのおバカっぷりをただただ堪能する方向へ行っちゃいましたけど。結果としてはそれでOKだったのかしら?

レイ・リオッタやアンディ・ガルシアといった渋めの俳優さんてんこもりだったりとか、暗殺者と呼ぶにはあまりにも仕事が雑で派手過ぎる殺し屋たちのほとんどマンガみたいなキャラクターとか、私の中の”どうでもいいハリウッド俳優ランキング”上位に常に食い込んでいるベン・アフレックが、どうでもいいイメージを払拭する間もなくあっさりご臨終してしまったりとか、見所はたくさんありました。特に変人奇人ぞろいの殺し屋連中の行動や発言には笑わされること必至。

銃弾と血しぶきが飛び交う過激なアクションシーンにもそこそこ興奮させていただいたんですけど、たぶんその後のしんみりした展開に乗り切れなかったのが一番のモヤモヤの原因かも。バカ路線のままぶっちぎってくれれば良かったものを、最後の最後になって急にしんみりされても今更どうしていいのか分からないし、意外な結末も「ふーん、そうだったんだ・・・」みたいな受け止め方しかできなくて・・・。カラテキッドのトレモア兄弟にも負けない異様な迫力とかサイコーでしたけどね。

|

« ザ・シューター/極大射程 | トップページ | 主人公は僕だった »

映画」カテゴリの記事

コメント

こちらにもお邪魔します。
私も最初の説明で・・・てんてこ舞でした(笑)
途中から人物関係を把握する努力を止めましたし。

こういう雰囲気の映画は好きなのですが、ちょっと中途半端でしたね。
これがこの映画の特性だ!!みたいなものは感じられませんでした。
鑑賞時は楽しめたのですが・・・

投稿: 由香 | 2007年6月 2日 (土) 19時11分

こんばんわ!
TB&コメントありがとうございました!

≫私の中の”どうでもいいハリウッド俳優ランキング”上位に常に食い込んでいるベン・アフレックが、どうでもいいイメージを払拭する間もなくあっさりご臨終してしまったりとか

うははは!!そうそう!たしかにそうだったのよね。ベン・アフレックってキャスティングロールでも上の方に名前があったはずだけれど・・・なんなんでしょうね、あのヘンテコな存在感は(苦笑)。扱いが酷すぎでしたね(爆笑)。

≫最後の最後になって急にしんみりされても今更どうしていいのか分からないし、

あはは!ナイスなツッコミ満載で大笑いです!!ラストに至るまでのあのハイテンションは一体!?ってくらいに突然しんみりしましたねえ。いきなりのムード転換にはいささか意表を突かれました(苦笑)

投稿: 睦月 | 2007年6月 2日 (土) 23時47分

由香様

こちらにもありがとうございます。
最初の説明てんてこまいでした?よね?
良かった・・・私だけじゃなくて。

私もこういう雰囲気の映画はもともと大好物で、
予告篇を観た時から「きたーー!!」って感じだったんですよ・・・
しかし残念ながら、あちこち中途半端な印象でした。
キャラクターはそれぞれ魅力的で良かったです。

投稿: kenko | 2007年6月 3日 (日) 17時29分

睦月様

毎度お返事どうもです☆

>扱いが酷すぎでしたね

いや~ホントに・・・
もしかしたらこの映画で、「一皮むけたベン・アフレック」を堪能できるのかも・・・と
密かに期待していたんですよ。なのにあの速やかな退場にはビックリ仰天。
キャスティングロールでは上の方に名前を連ねておきながら、
あの扱いを受け入れたベン君って
ある意味一皮むけてたのかもしれないな・・・と後で思いましたが(笑)

ラストはね~、完全に置いてけぼりでした。
んでそのままフェードアウト・・・みたいな(笑)
あ、でもエンドロールはオシャレでカッコ良かったです。

投稿: kenko | 2007年6月 3日 (日) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/6159094

この記事へのトラックバック一覧です: スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい:

» 映画、スモーキン・エース 暗殺者がいっぱいの感想 [大好きな外国映画]
映画、スモーキン・エース 暗殺者がいっぱいの感想 ★★☆☆☆○出演:ベン・アフレック アンディ・ガルシア アリシア・キーズ レイ・リオッタ ジェレミー・ピヴェン ライアン・レイノルズ○監督:ジョー・カーナハンスモーキン・エース 暗殺者がいっぱいの試写... [続きを読む]

受信: 2007年5月25日 (金) 19時55分

» 映画「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年35本目の劇場鑑賞です。「NARC ナーク」のジョー・カーナハン監督作品。報酬100万ドルを我がものにせんと猛者たちが入り乱れるさまをバラエティに富んだキャストの豪華競演で放つ、ノンストップ・バイオレンス・アクション。マフィアへの背信によってその首に賞金を...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 16時30分

» 映画「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 16時32分

» #78.スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい [レザボアCATs]
やっぱり、“タランティーノ風味の”とか、“ガイ・リッチーテイストな”なんていう枕詞がついたら、鼻の先にエサをぶらさげられた犬みたいに、その方向に風向きを持っていってしまうのね。んでもって、こういう、ド派手なクライム・サスペンスが、時々観たいのね、やっぱ。... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 22時38分

» ★「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」 [ひらりん的映画ブログ]
ちょっと続いてたコメディ・シリーズもおしまーーい。 今回はたぶんB級なサスペンス・・・ [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 01時18分

» スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい [★YUKAの気ままな有閑日記★]
この映画を観に行った時に『ワールド・エンド前夜祭』のチケットを買ったゾ〜あ〜嬉しい 行って良かった・・・いい席が確保出来た【story】エース(ジェレミー・ビヴェン)は、マフィア界の大物ボス、スパラッザに命を狙われ、FBI副長官ロック(アンディ・ガルシア)と司法取引をしようとした。だが、心臓(命)に100万ドルの報奨金を掛けられ謎の暗殺者がやって来る。その噂を聞いた世界中のプロの殺し屋がエースを狙って集まってきた。FBI捜査官のメスナー(ライアン・レイノルズ)とカラザーズ(レイ・リオッタ)はエースを... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 19時07分

» スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい [Diarydiary! ]
《スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい》 2007年 アメリカ映画 - 原題 [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 22時19分

» スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  エースを狙え!守れ!ヤッちまえ!   [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 01時06分

» 300 [黄昏ミニヨン想録堂]
 This is Sparta!!!! [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 08時03分

» スモーキン・エースを観ました。 [My Favorite Things]
たまたま観ちゃったのですが、なかなかクールでした。 すごい勢いで人の命を奪っていくのですが…一番残忍に感じたのは、個人的には某FBIの捜査官でした。 この作品、誰がヒーローで、誰がヒールなのか?わからないところがいいのかも? ともかくコレはとやかく言わず、観るべしって感じです。 あれ?という結末には唖然ですけれど…でもコレって意見の割れる作品かも? 私は、音楽、映像、エンドロールと私のツボ的には、かなり好みですね。 バラエティに富んだ殺し屋達が、カラーがありすぎて、結末の読めないところが面白い... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 22時27分

» スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
お気に入りブロガーさんたちの間ですっごく評判いいんだもん。 ゼッタイに見逃せないわっ! っつーことで、最終日ギリギリセーフ。 「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:ベン・アフレック、アンディ・ガルシア... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 11時15分

« ザ・シューター/極大射程 | トップページ | 主人公は僕だった »