« ぴんく☆フラワーズ | トップページ | BLAME!映像化プロジェクト☆プチ続報☆ »

かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート

Doragontigergate

こちらの作品、うち方面では吹き替え版のみの上映なのです。なんでー?プンプン!吹き替えって正直苦手なんですけど、それでもやっぱりどうしても大画面で観たくって・・・行ってきました!

<あらすじ>

行き場を失った子ども達が最後に辿り着く場所、”龍虎門(ドラゴンタイガーゲート)”。そこで育った正義感あふれるタイガー(ニコラス・ツェー)はある日、悪の秘密結社”江湖(コンウー)”と衝突、コンウーの用心棒ドラゴン(ドニー・イェン)と戦うが、実はドラゴンは幼い頃に生き別れたタイガーの兄なのだった。かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート公式サイト

いや~吹き替えでも観てよかった!カンフー映画大好き~♪

観る前は、ポスターでもセンターにいるニコラス・ツェー主演なのかと思ってたんですけど・・・主演はドラゴン役のドニー・イェンだったのね?ホンモノのカンフー映画スターであるドニー・イェンのアクションはもちろんすげーんですけど、タイガー役のニコラス・ツェーやターボ役のショーン・ユーも、CGとか使ってるんだろうけどかなりイケてました。特にターボ!なんでヌンチャクって、こんなにもカンフー魂を熱くさせるのでしょうか。しかもターボくん、よりにもよってヌンチャク二刀流よ?くぅ~たまらん!!羅刹門の刺客が使ってた三節棍も結構ツボな武器のひとつなんですけど、ドラゴンに早々に殺られちゃってちと残念でした。

お三方とも、ながーい前髪を散髪した方が視界が広がってきっと戦闘能力が上がるだろうに・・・と、ついおせっかいな突っ込みを入れてしまいそうになりますが、前髪たらしっぱなしのタイガー&ドラゴンが真剣に話しているシーンとか、戦闘中にドラゴンの前髪がふわぁ~ってなるシーンとか、妙に笑えたのでまぁいいか。全体的には、オープニングとエンディングの映像がまんまマーヴェル映画だったり、昔ながらの伝統的なカンフー映画の雰囲気も保ちつつカメラワークがすごく大胆だったり、様々なジャンルのテイストをうまく取り入れて進化したハイブリッドなカンフー映画という印象。ヘンな日本料理店での戦闘シーンを真上から撮ったのとか斬新でおもしろかったです。

龍虎門の師匠が『カンフーハッスル!』にも出てたユン・ワーだったんでビックリ!!修行中のチビたん達もなにげにみんな強そうでした。戦ったらたぶん負けるな・・・って当たり前か。あちらにはあんなチビっ子、いくらでもいるんでしょうねぇ。

|

« ぴんく☆フラワーズ | トップページ | BLAME!映像化プロジェクト☆プチ続報☆ »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん
おー!行かれましたね!アツイですね!
kenkoさんは「ドラゴン怒りの鉄拳」
ってブルースリーの映画ご覧になった
ことあるでしょうか?あのストーリーが
中華圏に根付いてて(敵は日本人)
リンチェイのリメイク「レジェンド・オブ・
ドラゴン」のラスト敵は倉田保昭先生でしたし(中山忍も出てます)
この映画も多分あの強敵は日本?違うかな?
そういう王道ストーリーを上手く今風に
やってるのが最高でした。
自分の吹き替え;;って思わずにスクリーンでやってる香港映画はできるだけ観たいと
思います!^^

投稿: kazupon | 2007年5月 2日 (水) 13時23分

kazupon様

行きましたよぅ~kazuponさんのおかげ☆

『ドラゴン怒りの鉄拳』は子供の頃に観てそうな気がするけど、
正直あんまり内容は覚えてません・・・
敵が日本人なんでしたっけ・・・
しかし言われてみれば確かに「対日本人」ってよくあるかも?
リンチェイ主演の『SPIRIT』でも中村獅童と対決してたし。
「リンチェイVS獅童って、そんなんリンチェイがぶっちぎりで勝つに決まってんじゃん!」
というヘンな理由でこれまた観ていないんですけど(笑)

最新版カンフー映画という印象でしたが、
過去の偉大な作品へのリスペクトをたくさん感じました。
カンフー映画好き♪とか堂々と言っておきながら
『レジェンド・オブ・ドラゴン』なんかもたぶん未見なんですが、
こういうアツいカンフー映画を観ると大概プチカンフー祭りに突入します(笑)
なので、kazuponさんのオススメ作品を参考にさせていただきますね♪

投稿: kenko | 2007年5月 2日 (水) 14時55分

kenkoさん☆

こんばんは!
みられましたね〜

カンフー映画ってすっっきりしますよね。
わたしも堪能しました
カンフーはチャウシンチーとブルースリー
ジャッツ¥キーくらいしかみてないわたしですけど^^

投稿: mig | 2007年5月 2日 (水) 22時56分

久しぶりにコメントします。オレっちも吹き替えノーサンキュ〜派なんですけど、オバカ系(すいません。これ、オレっちにとっては褒め言葉です)アクションってのは、吹き替えの方が楽しめたりするもんですよね。ちょいと例は違いますけど「イーオン・フラックス」をレンタルしてきて、あえて吹き替えで観たんですけど、なかなか楽しめました。
そういや、kenkoさんはロッキーには興味がないので?
(↑戸田奈津子の字幕風に)

投稿: ダジャる | 2007年5月 3日 (木) 09時48分

mig様

観ました~♪

アクション映画の中でもカンフー映画って特に好きです。ほんとスッキリ!
とか言いつつ私も、主にジャッキー、ブルースリー、ジェットリーくらいですが。
チャウシンチーの『カンフーハッスル!』は大大大好きな作品です♪

今回は主演のドニーイェンがスゴかったですね!
彼の他の出演作をいろいろチェックしてみたくなりました。

投稿: kenko | 2007年5月 3日 (木) 11時42分

ダジャる様

ダジャるさん、ちょっぴりお久しぶりですね♪

私もできることなら吹き替えはノーサンキューなのですが、
場合によっては吹き替えの方がイイことってありますね。
イーオンフラックスは劇場ではスルーしてしまいましたが、
最近スカパでやってたので録画だけはしてあります。
シャーリーズ姐さんの麗しいお姿だけでも楽しめそうな作品ですよね♪

>そういや、kenkoさんはロッキーには興味がないので?
(↑戸田奈津子の字幕風に)

あはは!戸田なっちの字幕ってそんなんでしたっけ?(笑)
ロッキーには実はそんなに思い入れがないんですけど、
現在上映中のやつは結構評判がいいので観てみようかなーとは思ってます。
例のBGMが流れるだけで、わけもなくテンション上がりそうな予感もするし。
ロッキーシリーズの復習を終えたダジャるさんは、そろそろ劇場へGOですか?

投稿: kenko | 2007年5月 3日 (木) 12時26分

kenkoさん、こんばんは。
コメントTB貰ってたのに訪問遅くなりスミマセン。

この映画、吹き替え版ばっかりの意味が良く分かりませんが(笑)吹き替え版でも鑑賞してよかったです。
とっても面白かったですよね。

あの鬼太郎ヘアは笑っちゃいましたけど(笑)

投稿: Hitomi | 2007年5月 5日 (土) 21時09分

Hitomi様

いえいえ全然遅くありませんよ~
てゆーかこちらこそレス遅くなりました!

ほんとなぜに吹き替えしかやってないんか意味不明ですが、
結果的には問題なく楽しめてしまったので良かったです。

鬼太郎ヘアも役者さんが真面目にやればやるほどに笑えました(笑)

投稿: kenko | 2007年5月 6日 (日) 23時31分

こんばんは♪
私もニコラス・ツェーが主演だとばっかり想ってました。
アクションのスピード感に圧倒されちゃって大満足でした。
やっぱ香港映画っておもしろい!

投稿: AnneMarie | 2007年5月13日 (日) 01時58分

AnneMarie様

こんにちは!コメントどうもです~

やはりAnneMarieさんもニコラス主演だと思ってました?
だって日本向けのPRでは、さもニコラスが主演みたいな扱いなんだもん~

ドニー・イェンのホンモノクンフーにもCGを駆使した派手派手アクションにも大興奮!
とゆーわけで現在自宅ではカンフー映画ばっかり観ています(笑)

投稿: kenko | 2007年5月13日 (日) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/6042145

この記事へのトラックバック一覧です: かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート:

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート [It's a Wonderful Life]
龍虎門/DRAGON TIGER GATE 2006年 香港・東方電影作品 主演:ドニー・イェン、ニコラス・ツェー、ショーン・ユー 監督:イップ・ワイマン 製作:レイモンド・ウォン 武術導演:ドニー・イェン 美術:ウィリアム・チョン 音楽:川井憲次 「龍虎門」offi...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水) 13時25分

» かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート [丼 BLOG]
(07年4月鑑賞)シネテリエ天神 「コミックが原作の香港アクション。ほんとにコミックみたい... [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水) 15時43分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート [Diarydiary! ]
《かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート》 2006年 香港映画 - 原題 - [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 19時32分

» 映画「かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 21時59分

» 映画「かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年27本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「SPL/狼よ静かに死ね」のウィルソン・イップ監督作品。香港で70年代から続いている人気カンフー・コミック『龍虎門』をでド派手に映画化したアクション・エンターテインメント。字幕版を観ました。原作は未読です。オー...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 21時59分

» 「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」 いかにも香港カンフー映画らしい [はらやんの映画徒然草]
映画検定のあと、せっかく渋谷方面に来たのでここでしかやってない「恋愛睡眠のすすめ [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 14時30分

» かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート (龍虎門) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ウィルソン・イップ 主演 ドニー・イェン 2006年 香港映画 94分 アクション 採点★★★ 40歳ってのが遠い将来じゃなくなってきちゃった今日この頃。いよいよもって大人にも程があるって程の大人になってしまうのかと戦々恐々の中、現実逃避にでもと映画を観てみれば..... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 22時15分

« ぴんく☆フラワーズ | トップページ | BLAME!映像化プロジェクト☆プチ続報☆ »