« クィーン | トップページ | バベル »

ラストキング・オブ・スコットランド

Thelastkingofscotland

コワイ~。アミン、コワイよ~。やたらめったらデカい声で威圧する人って苦手です・・・

<あらすじ>

医者である父親の期待通り、スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガン(ジェームス・マカヴォイ)。親のいいなりである自分にイラ立つ本音を抱え、ニコラスはウガンダのムガンボ村にある診療所へ。ウガンダは軍事クーデターによってイディ・アミン(フォレスト・ウィテカー)が新大統領になったばかりだった。ある日、ケガをしたアミンを偶然助けたニコラスはアミンに気に入られ、大統領の主治医として抜擢される。ラストキング・オブ・スコットランド公式サイト

フォレスト・ウィテカーと言えば、私にとっては『グッドモーニング,ベトナム』や『クライング・ゲーム』の朴訥な青年のイメージ。『パニック・ルーム』では一応悪役だったけど、どうにもこうにもその優しげなビジュアルのおかげで悪人には見えなかったりしたもんですが、今回のアミン大統領役はむちゃくちゃ悪い人に見えました。悪い人っていうか、狂っている人・・・だけど。そういや彼によく似た鶴瓶師匠も、最近では善人顔を逆利用した悪役とかやってるもんね。全くカンケーないけどね。

やたらとデカい声でしゃべるアミンの顔アップばかりが映し出されることによって、なぜだかものすごーく、恐怖感を煽られました。何がお気に召すやら癇に障るやら予測不可能のイディ・アミン。独裁者というのは総じて人間不信になっちゃうものなのかもしれませんが、彼にとっての裏切り者に対するそこまでやんなくても・・・という残忍な仕打ちの数々は、正直SAWシリーズなんかよりよっぽど見ちゃいられなかった。

イディ・アミンがいかに常軌を逸した人物だったかはいやというほど見せつけられるのですが、彼がなぜあんなにもスコットランドには好意的なのかとか、彼が大統領に選ばれてしまった背景には何があるのかとか、そこら辺を理解するにはちょっとした知識と想像力を要します。だってそもそもウガンダがイギリス領だったことすら、知りませんでしたからねー。映画を観た後にネットでにわか勉強・・・最近そんなんばっかですわ。

アミンはニコラスに話していた通り貧しい家に生まれ、子供の頃からイギリス人に虐げられて育ったことが、彼の内なる憎しみや残虐性を増徴させたのでしょうか。なんにせよ、彼の犯した罪は到底理解できるものではありません。

てゆーかニコラス・ギャリガン、ヤツもイケナイと思う。人妻に対してあまりにも手が早過ぎ。話を余計にややこしくしています。しかしニコラスの「あなたは子供だ。だからこそ恐ろしい」というセリフには妙に納得でした。

|

« クィーン | トップページ | バベル »

映画」カテゴリの記事

コメント

おばんです。TB、コメントありがとうございました

「心の友よ!」と言ったかと思えば、次の場面では青筋立てて恫喝するアミン大統領。その見事な手のひらの返しっぷりはまさにジャイアンでした。怖さはジャイアンの比ではありませんが

スコットランドとイングランドの関係ってのも、大概わかりいづらいですよね。同じ国のようで、ワールドカップじゃ別々に出てくるし・・・ そういえば両国の確執を描いた「ブレイブハート」なんて映画もありました

自分アカデミー作品賞は『硫黄島からの手紙』にあげたいですけど、「インパクト賞」はこの作品にあげたいです

投稿: SGA屋伍一 | 2007年5月14日 (月) 21時46分

SGA屋伍一様

グッドモーニングSGAさま。

手のひら返しっぷりもビジュアルも、正にジャイアンでしたねぇ。
ついでにドラえもんがいてくれたら、ニコラスもあんな目に合わずに
どこでもドアですぐさま逃亡できたのにね・・・

スコットランドとイングランドの対立っていろんな映画で
よく目にするにも関わらず未だにいまいちよく分かってません。
どっち視点のお話かによって印象も随分違うし・・・
アミンさんにとってのスコットランドとは
「敵の敵は味方」ってコトで良かったんでしょうか?

インパクト賞ですか(笑)
それじゃあ私は何にしようかなぁ。
いいお○ら出たで賞とか・・・
苦しいですね・・・

投稿: kenko | 2007年5月15日 (火) 09時56分

kenkoさん、あんな怖い人の奥さんを
寝取るなんてすごいバカだなぁって
観てたときに思ったんですが、あれ
ほぼ実話なんですよね。(相手は
黒人医師で車トランクに奥さんのバラバラ死体があったとか)
身内にまである意味距離を置かれたり、
怖がられたりしていたアミン大統領の
孤独・・・。
独裁者とオボッチャン。どっちも見た目は
派手だけど、内面的にダメな二人だった
のを主人公にしているのがユニークですよね!

投稿: kazupon | 2007年5月15日 (火) 13時32分

kazupon様

あんな怖い人の奥さん寝取るなんてほんとバカ~
バカやっちゃうくらいいっぱいいっぱいだったのか、若さゆえか・・・

でも実話なんですねぇ。
黒人医師のトランクにバラバラ死体・・・ひえ~コワ~ブルブル。。。

アミンさん孤独だったんでしょうけど、あまりにもコワ過ぎて同情の余地なしでした・・・

どっちもダメな独裁者とおぼっちゃんという組み合わせは面白かったです。
恐ろしいお話でしたけど引き込まれました!

投稿: kenko | 2007年5月15日 (火) 17時02分

こんにちは。
ウィッテカー、やりましたね!
私は、あの青年意志。ちょっと賛同できないので
(下半身がゆるすぎて)あまり好きではなかったですが
最後のつるし上げのところは痛そうでしたね!

投稿: ヘーゼルナッツ | 2007年5月26日 (土) 10時28分

ヘーゼル☆ナッツ様

フォレスト・ウィテカーってこれまでほんとにたくさんの端役をこなしてきた人だから、
今回の受賞はとても感慨深いものがあるでしょうね。

私もニコラス・ギャラガンには賛同できませんよぅ~
下半身ゆるめなのはどうしよーもないにしろ、何も人妻ばかりに手を出さんでも・・・
最後のつるし上げは悲惨でしたけど、自業自得・・・と思わずにはいられませんでした。

投稿: kenko | 2007年5月26日 (土) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/6159044

この記事へのトラックバック一覧です: ラストキング・オブ・スコットランド:

» ハカ場の王様 ケヴィン・マクドナルド 『ラストキング・オブ・スコットランド』 [SGA屋物語紹介所]
前に「スコットランドは英国でいいんでしょうか」と書いたことありましたけど、やっぱ [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月) 21時47分

» ラストキング・オブ・スコットランド [It's a Wonderful Life]
鶴瓶さん! 「クライング・ゲーム」の頃、 本作主演のフォレスト・ウィッテカーって 「つるべさんに似てるなぁ」って思ってたんですけど 結構みんな思ってるんだ・・安心。(何がだ) 「笑ってるけど目が笑ってない」って内面が怖い人の 表現に使う時が多いで...... [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 13時35分

» 『ブラッド・ダイヤモンド』★★★★・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK]
 アカデミー賞5部門ノミネート・主演男優賞/ディカプリオ ・助演男優賞/フンスー ・編集賞 ・音響効果賞 ・録音賞『ブラッド・ダイヤモンド』公式サイト制作データ;2006米/WB ジャンル;社会派ドラマ上映時間;143分 指定;なし監督;ドワード・ズウィック出演;レオ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 10時25分

» 『ラストキング・オブ・スコットランド』★★★・・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK]
アカデミー主演男優賞受賞 フォレスト・ウィテカー『ラストキング・オブ・スコットランド』公式サイト制作データ;2006米=英/FOX ジャンル;ヒューマン上映時間;123分 監督;ケヴィン・マクドナルド出演;フォレスト・ウィテカー/ジェームズ・マカヴォイ、ケリー・ワシ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 10時26分

« クィーン | トップページ | バベル »