« ノラニャンコの旅② | トップページ | ラストキング・オブ・スコットランド »

クィーン

Thequeen

冒頭、肖像画のモデルになるクィーンの視線にいきなりノックアウト。蛇に睨まれたカエルのように固まっちゃいます・・・。ヘレン・ミレンのパーフェクトな演技に拍手。

<あらすじ>

チャールズ皇太子と離婚し新しい恋人との幸せな生活を送る元皇太子妃ダイアナ。1997年8月31日深夜のパリ、彼女を執拗に追い回すパパラッチ達とのカーチェイスの末、ダイアナと恋人アルファイド氏の乗った車は大破、二人は帰らぬ人となってしまう。英国国民の関心は、民間人となったダイアナの死についてコメントする必要はないとするエリザベス女王(ヘレン・ミレン)に向けられ、王室は激しいバッシングの対象となっていく。クィーン公式サイト

ダイアナさんの命を奪った交通事故の原因について、当時世界中のマスコミはあることないこと言っておりました。そしてその時の私は、勝手な報道の上っ面だけを見聞きして「ダイアナさんかわいそう」なんて感想を持つ程度だったと思う。

冷たい表情で公式コメントを述べる女王しか知らなかったら、そりゃあ一般庶民としてはブレア婦人に激しく同意しちゃうかもしれません。(ブレア婦人の女王様とは対象的な立ち振る舞いが面白かった)でもこうして王室サイドから当時を振り返らせていただくと、女王にだってプライドとかしきたりとかいろいろあったのに、ダイアナさんに散々振り回されたあげく国民に憎まれて、結果王家存続の為にブレア首相の意見を取り入れた女王様ってやっぱスゴイ人なんじゃん、と今度は思わされます。我ながら安直?

面白かったのは、王室の皆様の暮らしぶりが案外庶民的に描かれていたこと。ダイアナの事故のニュースを流すテレビを、みんなして夜中に集まって観ていたりだとか。殿下が女王のことを「キャベツちゃん」と呼んだり(なんなの?キャベツちゃんて)、皇太后がブレア首相のことを陰で「あのニタニタ顔」なんて言っていたり。ストレス発散の為に、ポンコツな四輪駆動を乗り回す女王とか。ともかく、思っていたよりも皮肉が効いていてコミカルで、つい笑っちゃいました。

淡々と進む物語の中で、女王と牡鹿が出会うシーンはとてもドラマティック。果てしなく続く広大な王家の敷地、彼女を見つめる美しい牡鹿・・・。人前ではけして見せることのない女王の人間らしさや弱さが、胸を打ちました。

|

« ノラニャンコの旅② | トップページ | ラストキング・オブ・スコットランド »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こんにちは。
この度はTBとコメントありがとうございました〜♪
ところでTBうまく届いてないのか誤って消しちゃったのか、ウチに反映されていませんでした。
ゴメンナサイ(><)
良かったらまたTB送って下さい。よろしく。

彼女、マムって呼ばれてましたよね。
そっか、イギリスのお母さんなんだ(笑)。

投稿: 発生 | 2007年5月11日 (金) 12時38分

発生様

あり?反映されてませんでした・・・?
よく確認してませんでした。ごめんなさい・・・
今度こそちゃんと送っておきました!

そうそう!マムって呼ばれてましたよね。
女王様って、みんなのお母さんなんですね・・・
それって重ね重ねタイヘンそう・・・(笑)

投稿: kenko | 2007年5月12日 (土) 13時00分

kenkoさん
実際とは違うんでしょうけど、
この映画の王室や要人が庶民感覚で
描かれてたのが面白かったです。
あんな風にカウチポテト風にテレビ
観てたりするのかな~とか。
お付の人なら自由に寝室に入ってこられたり
するのかな?なんて。
映画の谷間のように鹿のシーンが印象的でしたね。
エリザベス女王が映画撮ったらどんな
映画になるのか観てみたい気がします。(笑)
そんな常人じゃない感覚の持ち主が
何考えてるか知ってみたいってイギリスの
人は考える事あるんでしょうね~

投稿: kazupon | 2007年5月12日 (土) 15時19分

こんにちわ!
TB&コメントありがとうございます!


日本人が、日本の皇室を舞台にこんな映画を作ったら、命の危険さえ感じそうなもんですが・・・そういう意味では英国王室の懐の深さを感じる1作でもありましたよね(笑)。

それにしても・・・先日、ブレア首相が退任の意を発表しましたねえ。
この作品のおかげで英国王室や政府への注目度も増したみたいです。

投稿: 睦月 | 2007年5月12日 (土) 16時28分

kazupon様

そうそう!実際とは違うんだろうけど
庶民が勝手に想像するやんごとなき日々とは
かけ離れた描かれ方で、そこが一番面白かったです。
妙に親近感持ってしまったりして・・・
鹿のシーンはハッとするほど美しかった。
あの鹿が撃たれたと聞いて
ダイアナさんの時とは対照的に女王様はかけつけるんだけど・・・
やっぱり感情はけして表に出さないんですよねぇ。

女王様の撮った映画ですか。
それはさすがに、イギリス人に負けじと
好奇心むき出しになってしまいそう(笑)

投稿: kenko | 2007年5月13日 (日) 14時21分

睦月様

こういう映画を庶民が作ろうともとやかく言わないんですね、英国王室って。

日本の皇室を舞台に同じような・・・って、現状ではありえないですよねぇ。
そうきっと命の危険が・・・
それにそういう映画ってあんまり観たくないような気もする・・・なんででしょう?

ブレアさん、ナイスタイミング(?)で退任してくれるもんだから
ニュースなどで流れる映像につい目が釘付けになりました。
そんなに興味なかった私ですら、この映画の効果で
案の定興味持っちゃいましたです。

投稿: kenko | 2007年5月13日 (日) 14時46分

こんばんは♪
私もこの映画を観て、女王ってスゴイ人だなって思ったー。
情報収集がテレビや新聞って地味ですよね。
本当にあんな感じだったのかな?

投稿: AnneMarie | 2007年5月15日 (火) 23時17分

kenkoさん、TB&コメントありがとうございます♪
この作品、普通に映画として観たら面白かったんです。自分のブログではブツブツ書いてしまいましたが・・・(でも全然自分の感じている通りに書けてない気が・・・涙)
オープニングからして、想像してたのとは違って、女王がドーン!ですし。
これはユーモアなのか・・・?ってところも結構あって。
ブレア氏の退任のニュースには私も思わず反応しちゃいました(笑)
10年も在任されてたんですねー。
家ではサッカーのユニフォーム着てましたが^^

投稿: sally | 2007年5月15日 (火) 23時27分

AnneMarie様

こんばんは!

ブレアさんじゃないけど、観た後はちょっと
女王様のファンみたいな心境になりました。

ほんとにあんな感じかどうかは分かりませんが、
普通にみんなでテレビ観たりするんだーふーん・・・って感じで
面白かったです。

投稿: kenko | 2007年5月16日 (水) 22時32分

sally様

いやいや、私も映画として面白かったですけど、
sallyさんの書かれていることも実は結構感じました。

あのオープニングはとても意外性があって好印象!
ああ来るとはね~なかなかに新鮮でした。

ブレアさんって自宅ではサッカーのユニフォーム着てましたっけ?
あらら・・・私ってば見逃した?
ちょうどいいタイミングでテレビにばんばん出て来てくれたので、
「あーやっぱよく似てたなぁ」なんて、のん気に注目してしまいました~(笑)

投稿: kenko | 2007年5月16日 (水) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/6042221

この記事へのトラックバック一覧です: クィーン:

» クィーン [丼 BLOG]
(07年4月鑑賞)シネ・リーブル博多駅 「本当にエリザベス女王ってこんな人なんじゃないのか... [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 (金) 12時36分

» クィーン [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
1977年8月、パリでダイアナ元皇太子妃が交通事故で亡くなります。すでに、民間人となっていたダイアナは、本来、イギリス王室とは無関係な存在。エリザベス女王は、ダイアナの死について公式なコメントを出すことを控えますが、やがて、そのために国民に非難されるようになります... [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土) 08時27分

» クィーン [It's a Wonderful Life]
イギリス人は大袈裟に感情を出さない国民性があるとか。 その辺は日本とちょっと似てる部分あるのかな。 ダイアナ妃の事故死という、かつてないほどマスコミが大騒ぎする時、 沈着冷静な絶対君主であるべき 彼女はどこまでクールでいられるものなのか。 映画では...... [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土) 15時21分

» ランクル 100 [ランクル 100]
ランクル 100の情報満載です。ランクル100の改造のための情報、お勧めホイール等を紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 02時38分

» クィーン [eclipse的な独り言 ]
 もちろん、わが街ではこんなのやっていません。隣町へ遠征してきました。アカデミ [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 09時00分

» クィーン(イギリス/フランス/イタリア) [映画でココロの筋トレ]
アカデミー賞主演女優賞受賞作品だからね。 やっぱ観ておこっと。。。ということで「クィーン」を観てきました。 ( → 公式HP  ) 出演:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ 上映時間:104分  1997年8... [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 23時09分

» クィーン [knockin' on heaven's door]
The Queen ダイアナ元皇太子妃の急逝により、揺れる英国民と沈黙を守るロイヤル・ファミリー。その間のエリザベス女王始め英国王室の動きを追う再現ドラマ。 伝統と新時代、人民と王族、政府と王室の対比が興味深い。そして尊厳ある女性としてのクィーン・エリザベ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 23時17分

» 「クィーン」 ペルソナを演じ続ける孤独 [はらやんの映画徒然草]
エリザベス二世を演じるヘレン・ミレンがアカデミー主演女優賞を受賞した作品です。 [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 19時00分

« ノラニャンコの旅② | トップページ | ラストキング・オブ・スコットランド »