« バベル | トップページ | ロッキー・ザ・ファイナル »

臨死!!江古田ちゃん

Ekoda1 Ekoda2

『バベル』の記事の上に江古田ちゃんを配置することに、若干の戸惑いがなくはないですがたぶん気のせい。

近ごろ映画の感想ばかりUPしておりましたが、もちろんマンガだって読んでおるのです。

本日ご紹介しますのは、既にあっちこっちで評判を呼んでいるっぽいこちらの作品。

『臨死!!江古田ちゃん』は・・・

江古田ちゃんは、愛とせいかつに追われる24さい。東京都練馬区江古田駅近りんに住んでいるので、そう呼ばれています。独身、フリーター、一人暮らし、自宅ではなぜか全裸な江古田ちゃんの、めくるめく真実を綴る、超絶4コママンガ!!

・・・そんな感じの、瀧波ユカリ氏デビュー作。月刊アフタヌーンにて絶賛連載中です♪

たまーに読むアフタヌーン誌でも、ひときわ異彩を放っている『臨死!!江古田ちゃん』は、つい最近第2巻が発売されたばかり。

その帯にはなぜか、愛の魔術師・叶恭子先生の「このマンガにはキレイ事はひとつもない!」というお言葉が、他社から出版されている恭子さまの新著『LOVE&SEX』の宣伝も兼ねて寄せられています(笑)

それって・・・・・・世に知られた恭子さまの「自宅では全裸」というライフスタイルが、江古田ちゃんとカブってるから・・・ってだけの人選だよね?

まーそれはさておき。江古田ちゃんは、様々なお仕事を昼夜問わずとても意欲的にこなす女の子です。テレフォンオペレーター、フィリピンパブ(日本人だけど)、ヌードモデル、トップレスショークラブなどなど・・・体を張ったお仕事がわりと多めですが、個人的にはヌードモデルをする江古田ちゃんが一番好き♪

寂しがり屋な江古田ちゃんはパートナーを探すことにも余念がなく、今日も出会いがしらの異性、いきつけの異性としとねを共に。

このマンガ、男性が読むと「オンナってこえー」ってことになるのかもしれませんが、女子からすると「うんうん、オンナってこんなんですわー」って感じ。なんて言うと人格疑われそうな内容ではありますが。江古田ちゃんと友人Mによる真実の人間ウォッチングとか、男子にいかにもモテそうなタイプの女の子のことを”猛禽ちゃん”と呼ぶネーミングセンスとかステキ過ぎですもん。時々笑いに走らずマジオチで終わるパターンもあり、夜の蝶として働くいたいけなフィリピーナたちの現状に、深く考え込んでしまったりとかもします。

これ個人的には傑作だと思ってます。オススメ♪

|

« バベル | トップページ | ロッキー・ザ・ファイナル »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

私も家で一人ぼっちの時は全裸の時があります・・・風呂からあがった後しばらく・・・
その間はクリームつけたりパックなどを楽しんでおります。まぁ、江古田ちゃん(読んだことないけど)や恭子さん見たいに見せれる身体じゃないですが。叶恭子さんもマンガみるんだなぁと思いました。

投稿: sakuramochi | 2007年5月16日 (水) 14時24分

こんばんわ(^◇^)
江古田ちゃんを『バベル』の次(上)に記事に出来るのはkenkoさんだけですね確かに(笑)

センセーショナルな部分がクローズアップされておりますが、江古田ちゃんて凄くいい人で友達にいたら絶対長く付き合えそうですよねえ(^o^)丿

投稿: コン猿君 | 2007年5月16日 (水) 20時55分

sakuramochi様

恭子さん、ホントに読んでるのかな・・・

sakuramochiさんも自宅全裸族?
そういう私も、お風呂後なら全裸ですよ~って宣言してどうする私。。。
お互いそれが原因で風邪など引かぬよう気をつけましょう!

投稿: kenko | 2007年5月16日 (水) 22時48分

コン猿君様

江古田ちゃんUPしたんで、そちらにお邪魔しようと思ってたら遅くなってしまいました!

ちょっと倫理的にアレなところもあるけれど、
基本的にはオトコマエで好感持てる江古田ちゃん。

私もそんな江古田ちゃんと友達になりたい!って思いますが、
もしかしたら江古田ちゃんにとっては男性からもそう思われてしまうことが
問題なのかもしれませんねぇ(笑)

投稿: kenko | 2007年5月16日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/6429247

この記事へのトラックバック一覧です: 臨死!!江古田ちゃん:

» 叶姉妹 [叶姉妹]
叶姉妹が好きです。特に美香さんファンです。叶姉妹について、色々語りたいです。叶姉妹をどうぞよろしく♪ [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 11時40分

» 臨死!江古田ちゃん 2巻 瀧波ユカリ アフタヌーンKC524円 ・・・脱帽です(_) [コン猿君のもはや出版業界ブログなのか?]
font size=3※こちらのコミックスはかなり人を選びます。清純派の人・お子様は避けた方がいいです。 2巻目が出てしまいましたね(^_^;)。 物凄く面白いのですが、なんかむしろ笑えないぐらいリアルな『女』が描かれております。 ちょっといいなあと思っていた女の人も実態はこんなもん・・・な訳は無いのですが、そう思ってしまうほどこの本はぐいぐいと脳髄に入ってきます(笑)。 お高くとまった女の人にこそ読んでもらいたいです。 逆に10代の可憐な女性には読..... [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 20時56分

« バベル | トップページ | ロッキー・ザ・ファイナル »