« 弐瓶勉インタビュー | トップページ | 西の国から '07 »

舞妓Haaaan!!!

Maikohaaaan

サダヲCHaaaan!!!

<あらすじ>

高校時代の修学旅行先だった京都で舞妓に出会って以来、すっかり舞妓オタクになってしまったサラリーマン・鬼塚公彦(阿部サダヲ)。ある日念願叶って京都支社に転勤することになった公彦は、付き合っていた同僚の富士子(柴崎コウ)に非情な別れを告げて京都入り。しかしお茶屋は”一見さんお断り”、常連である社長(伊東士朗)から「結果を出せば連れていってやる」と言われた公彦は、なんとかして社長に認めてもらうべく新しいカップ麺の開発に取り組むのだった。舞妓Haaaan!!!公式サイト

張り切って初日アサイチ(9時10分~)に観に行ってみました。朝っぱらから2時間強のサダヲちゃん祭りってクドくない?と思われるかもしれませんが、ぜーんぜん、まーったく、クドくなーい。サダヲちゃん好きならば、至福の2時間を過ごせること間違いないんどす。

だってこれはどこを切っても、阿部サダヲの強烈な笑いとクドカンの細かいネタとが散りばめられた、サダヲちゃんの祝!初主演映画。あんなサラリーマン絶対いない・・・ってゆーかいたら周りの人は迷惑この上ないし、鬼塚公彦の劇中夢が暴走してるとしか思えない展開はあまりにもファンタジーが過ぎるのでは?と、うっすら思わなくもない。しかしサダヲちゃんの期待通りのはっちゃけぶりがあまりにも楽しいもんだから、公彦が駒子はんのことを舞妓でなくとも好きなのかどうかとか、元カノ富士子との恋の行方とか、一見さんお断りをお断り条例とか、ハッキリ言ってそういうのはもうどうでもよくなってきちゃう。どんなシーンも強引に笑いに持っていくサダヲちゃんてばちょっとズルイのだ。

以前、とある文芸誌における松尾スズキとクドカンとの対談で、松尾さんが「阿部が確実に全部をウケる方向に変えていくことに、これでいいのかな?と思うこともあるんだけどウケてるから何も言えない」なんて言っていたのがチラと脳裏をかすめたりもしたけれど、これはもう硬いことは言わずにただ素直に笑わせてもらうのが間違いのない楽しみ方なんではなかろうか。

脇を固める役者さんも、サダヲちゃんに負けず劣らず腕の立つ方ばかり。最初はバーコードだったのに最後にはなぜかフサフサだった生瀬さんを始め、やたらと懐の深い社長役の伊東士朗、時効管理課の新人・真加出さんこと小出早織さんは、ふっくらとして幼い顔立ちに舞妓はんメイクがとてもよく似合っていてまるで日本人形のよう。超カワイイ♪そしてこれが遺作となった植木等さんの出演シーンでは、思いがけず涙腺が緩んでしまいました。(BGMはちゃんとスーダラ節三味線バージョン)そのほか意外な人が意外なちょい役でたくさん出演しており、そういうのを発見するだけでもなんだか楽しかった。自分的には、村岡季美、廣川三憲、大倉孝二といったナイロン100℃の面々とか、北村一輝さん演じるはんなり医師の一言がやけにツボで笑っちゃったな。

|

« 弐瓶勉インタビュー | トップページ | 西の国から '07 »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん

この映画阿部サダヲ主演!ってのはファンと
しては嬉しいですけど、結構な宣伝費
使ってますよね。昨日もいつも利用している
梅田駅のコンコースに大きい看板がどかーんどかーんってありましたし。。
自分はレイトだったんですけど、かなり満員でした。もちろん大爆笑^^
自分も映画にはいたって満足しました!
松尾さんのそのコメント、自分も読んだこと
あります。前の芝居の時だったかな?その時
観てるので、なんだか判る気がするんですよ。松尾さんの芝居って全部笑わせるってのとは違う方向だし・・・。
でもこういうアイドル系じゃない人(笑)
の主演映画がヒットするってのはとっても
意義のある事だと思います!
あっ柴咲さん出てましたね・・。
いやサダヲもアイドル系だった(笑)

投稿: kazupon | 2007年6月18日 (月) 18時13分

kazupon様

この映画の宣伝のためにいろんなメディアに出てるサダヲちゃんよく見るし、
ファンとしてはサダヲちゃん主演を当然のように思ってたけど
世間一般的にはまだまだそうでもないのかな?
朝9時台ってさすがに早すぎて誰もいないんじゃないかと思ったけど結構入ってました。
そしてやっぱり爆笑でしたよ!

確かに松尾さんのお芝居ってすごく過激でドロドロしてる中に笑いがある感じで、
もしも大人計画にクドカンがいなかったら、こんなにメジャーになっていないかも・・・と
思う時あります。
松尾さんのもクドカンのもどっちも好きですけどね♪

アイドルっぽい人が主演であることが多い邦画界では、これは異色のヒット作ですね。
サダヲちゃんも、最近はほぼアイドル化してるけど(笑)
柴咲さんのこと書くの忘れてた。。。

投稿: kenko | 2007年6月18日 (月) 23時31分

久々に劇場で笑いました。
阿部サダヲ全開でしたね。
なんで、堤真一さんと柴咲コウさんの印象薄いです。
阿部サダヲのブリーフしか思い出せません。(悲)
駒子さん可愛かったなぁ(惚)
真矢みきさんかっこよかったなぁ(嬉)
評判通りの面白さでした。
満足です。

投稿: たかひょ | 2007年6月19日 (火) 19時08分

たかひょ様

私も映画館で声を出して笑うのって久々だったかも。
まわりの人が笑ってるのも、なんだか嬉しくなってしまうような映画でした。
堤さんも柴咲さんもすごく良かったと思うんですけど、
サダヲちゃんが濃ゆすぎてどうしても印象薄めな感じに。。。
駒子さんは超かわいかったし、
真矢みきさんはさすがプロフェッショナルなパフォーマンスでした!

投稿: kenko | 2007年6月20日 (水) 17時19分

こんばんは~。
何も難しいことを考えずに素直に笑って、笑って、そして笑って・・そんな2時間でした。
北村一輝さんのキャラクターが凄かったですね。あの顔と喋り口調、強烈すぎます(笑)

投稿: きんぐ | 2007年6月20日 (水) 21時49分

きんぐ様

コメントどうもです☆

「そんな展開あり!?」というツッコミも追いつかないほどイキオイで、
とにかく2時間ずっと笑わせていただきました。
北村さんのあんな演技初めて見た(笑)
一瞬なのにめちゃくちゃ強烈でした。

投稿: kenko | 2007年6月21日 (木) 11時16分

kenkoさん!こんばんわ!あっしゅです!

面白かったねぇ~♪
もう最初から最後まで阿部サダヲマジックにハマっちゃいましたよぉ~♪
カレって映画初出演だったんだぁ~知らんかった!

舞妓はんの美しさ、京都の情緒豊かな風景に見惚れたし、何より阿部サダヲの個性的な演技が見れて、おなかイッパイで家に帰ってきました!

久々に笑わせてもらいました!

投稿: あっしゅ | 2007年6月22日 (金) 23時08分

kenkoさん、こんにちは!

阿部サダヲさんのハイテンションっぷりに終始押されて、笑ってしまいました。
堤さんもいつもの二枚目とは違って、役を楽しんでいるっていう感じがしました。
あまり期待せずにフラっと観に行ったので、お徳な気分になりました。

投稿: はらやん | 2007年6月23日 (土) 08時59分

あっしゅ様

こんばんは、あっしゅさん♪

えぇもうめちゃくちゃ面白かったです~
2時間ずっとサダヲちゃん全開なんて幸せ♪

>映画初出演

すいません、初出演ではなくって初主演ですぅ~
脇役ではこれまでもちょいちょい出ておりましたです。

サダヲちゃんのハイテンションと、舞妓はんのおっとりはんなりした感じが
不思議とマッチしてましたね。
私もこれはもうおなかいっぱい大満足でした!

投稿: kenko | 2007年6月23日 (土) 23時37分

はらやん様

こんばんは、はらやんさん☆

これはもう期待通り、サダヲちゃんにいっぱい笑わせてもらいました。
感想に書くの忘れちゃったけど堤さんもすごく良かったです。
さすがコミカルな演技もお上手で、ほんと楽しそうに演じてらっしゃいましたね~
私の場合、気合いを入れて初日アサイチの鑑賞でしたが、
朝から笑いまくりでその日は縁起の良い一日となりました(笑)

投稿: kenko | 2007年6月23日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/6696959

この記事へのトラックバック一覧です: 舞妓Haaaan!!!:

» これが遺作? 【舞妓Haaaan!!!】 [犬も歩けばBohにあたる!]
劇場で予告を見たときからずっと気になってました。 阿部サダヲが主演? 柴咲コウが [続きを読む]

受信: 2007年6月17日 (日) 23時28分

» 舞妓Haaaan!!! [Akira's VOICE]
節度と品を保って遊びましょう。 [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 10時15分

» 舞妓Haaaan!!! [It's a Wonderful Life]
面白かった!ひたすら笑ってました。 とにかくテンポ良くてバカと楽しさと笑い!そういう映画なんで 細かい事考えずに楽しんでしまいましょう。 すごくふっきれた娯楽映画。 宮藤官九郎作品の中で、阿部サダヲの役は常に ハイテンションな場合が多くて、 いつも...... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 18時14分

» 舞妓Haaaan!!! [ポケットの中から]
宮藤官九郎脚本の新作映画『舞妓Haaaan!!!』。出演は阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、伊東四郎、生瀬勝久などなど。監督は水田伸生。知らなかったが、昨年観た『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』の監督だそうな。 この映画の... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 20時43分

» 『舞妓Haaaan!!!』 [唐揚げ大好き!]
  『舞妓Haaaan!!!』   男の究極の夢。 それは・・・舞妓はんとの野球拳!!!   やっぱりこう云うおバカ映画は劇場で観るべきですね。 自分だけじゃなく周りから聞こえてくる笑い声で、また相乗効果を産んで自分が笑っちゃうみたいな。... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 07時27分

» 映画 「舞妓Haaaan!!!」 観てきました。 [THE有頂天ブログ]
舞妓はーん!!! “はーん”の部分はどのくらい伸ばして発音したらいいのでしょう。 ■映画「舞妓Haaaan!!!」 公式サイト ■舞妓Haaaan!!! (シネマトゥデイ) ■DVD:舞妓Haaaan!!! (出演 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ) 脚本はクドカンこと宮藤官九郎のオリジナル。 「大人計画」の超個性派俳優・阿部サダヲが映画初主演。 プロ野球選手・内藤貴一郎役には堤真一。クドカン脚本作品は初参加。 舞妓を志すOL・大沢富士子役には柴咲コウ。「GO」(20... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 00時04分

» 映画vol.127 『舞妓Haaaan!!!』*試写会07-12 [Cold in Summer]
監督: 出演:阿部サダヲ 堤真一 柴崎コウ 山田孝之     公開:2007年 日本 公式HP 試写会第12弾は、『舞妓Haaaan!!! 』でした♪ 今回も「舞台挨拶ないかな!?」メールマガジンで応募。そして当選。惜しくも阿部サダヲさんご来場さ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 13時20分

» 【2007-85】舞妓Haaaan!!!(まいこはーーーーん) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 男の究極の夢。それは・・・ 舞妓 と 野球拳 京都は日本の宝どす。 [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 20時33分

» 理想を愛した男、現実を愛した女。『舞妓 Haaaan!!!』 [水曜日のシネマ日記]
舞妓しか愛せない男性が京都で巻き起こすコメディ映画です。 [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 20時57分

» 「舞妓Haaaan!!!」 お・ま・え ハイテンションボーイ [はらやんの映画徒然草]
全編、主演の阿部サダヲさんのテンション高くって楽しめます。 クドいの通り越して、 [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 22時40分

» 舞妓Haaaan!!! [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
どこまでハイテンション!?こんなヤツ初めてみた!ウザい奴だけど、すごぉぉぉぉ〜いっ!!! 評価:★9点(満点10点) 2007年 ....... [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 21時27分

» 舞妓Haaaan!!! [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
結構、面白かったです。 東京にある食品会社で働く平凡なサラリーマン、鬼塚公彦は、修学旅行で京都を訪れて以来、熱烈な舞妓ファンで、「お座敷で、舞妓と野球拳をする」ことを夢見ていました。そんな公彦が、ある日、舞妓のいる街、京都の支社に転勤(左遷)することが決まり... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 07時21分

» 舞妓 Haaaan!!!(日本) [映画でココロの筋トレ]
すっごく評判いいんだもん。 ということで「舞妓 Haaaan!!!」を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ 上映時間:120分  お茶屋遊び未経験だけど熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 11時34分

» 舞妓Haaaan!!!(映画館) [ひるめし。]
京都は日本の宝どす。 [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 15時39分

» 舞妓Haaaan!!! [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
舞妓Haaaan!!! (出演 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ) 2007年6月16日 劇場初公開 公式サイト: http://www.maikohaaaan.com/index.html 新宿バルト9 スクリーン8 H-21 2007年6月19日(火)10時50分の回 ゴウ先生総合評価: A-   画質(ビスタ): A-   音質(SRD?): A... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 18時34分

» 舞妓Haaaan!!! [Schicksal]
クドカンの(とどうしても書いてしまう)舞妓Haaaan!!!を見てきた。 鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、鈴屋食品のサラリーマン(!?)で熱狂的舞妓ファン。念願の京都支社への転勤で、念 [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 14時58分

» 『舞妓Haaaan!!!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 『舞妓Haaaan!!!』□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、吉行和子、小出早織、伊東四朗、生瀬勝久、北村一輝、真矢ミキ、植木等、■鑑賞日 6月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> この映画に起承転結を求めてはいけない(笑)が、アップテンポでハチャメチャで理由なく面白い、まさしくエンターテイメントな作品です 祇園や白河は京都に帰ったときに必ず通るが、実際に舞妓さんとお茶屋で... [続きを読む]

受信: 2007年6月27日 (水) 08時26分

» 【映画】舞妓Haaaan!!! [まぁ、お茶でも]
舞妓しか愛せないサラリーマン・鬼塚公彦に阿部サダヲ 舞妓とのお座敷遊びの常連客でプロ野球・内藤貴一郎を演じるのが堤真一 [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 01時31分

» 「舞妓Haaaan!!!」終始ハイテンション、見るのは覚悟が必要! [soramove]
「舞妓Haaaan!!!」★★★ 阿部サダヲ、柴咲コウ主演 水田伸生 監督、2007年(120分) 笑いの要素を過剰の一歩手前あたりで うまく抑えた良くできた映画だ。 舞妓さん大好きと公言する主人公の バカバカしい、くっだらない映画、 だから笑うつもりで...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 16時09分

» ★「舞妓 Haaaan!!!」 [ひらりん的映画ブログ]
(2007/A110/S57)←今年通算110本目の鑑賞。 今週公開作は、週刊誌で★印が多かった「ゾディアック」も注目だけど・・・ 予告編見て、こりゃ面白そーーーーっ・・・て感じてたので、この作品を最初に。 この作品が初主演作の阿部サダヲとか・・・ 脚本が、宮藤官九郎とか・・・ 柴崎コウが舞妓に挑戦とか・・・ いろいろネタが詰まってそう。... [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 00時56分

» 舞妓 Haaaan!!! [シネクリシェ]
 半年も前からいろいろな映画館では何回も予告編が流されていた作品ですが、低俗なドタバタ喜劇という印象しか受けず観る気も起きませんでした。  しかしながらくり返し見ているうちに、テンションの高さが尋常で... [続きを読む]

受信: 2007年7月 7日 (土) 18時03分

» 「舞妓Haaaan!!!」 [Tokyo Sea Side]
とにかく面白かったです!割りと混んでいたコトもあり、場内では普通に爆笑している人が多数でした。 熱狂的な舞妓ファンを演じる阿部サダヲがハマり役です。あのテンションの高さはすごいです。堤真一も柴崎コウもとても良かった。生瀬勝久は個人的にかなりツボです☆小ネタも満載でとことんコメディなんだけど、後半ちょっと切ないシーンもあったりして、かなり満足の作品でした。 この面白さは文章では伝わりません。ぜひ映画館で思いっきり笑って下さい!... [続きを読む]

受信: 2007年7月 9日 (月) 10時58分

» 【劇場映画】 舞妓 Haaaan!!! [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 鬼塚公彦は東京の食品会社で働く平凡なサラリーマン。ただひとつ普通じゃないのは、修学旅行で京都を訪れて以来、熱狂的な舞妓ファンだということ。そんな公彦に転機が訪れる。念願の京都支社に転勤が決まったのだ!死に物狂いで仕事して、最高峰の壁「一見さんお断り」を強引に乗り越え、やっとの思いでお茶屋デビュー!だがそこでお茶屋常連の野球選手・内藤と出会った公彦は、内藤に異常な競争心を燃やし…?!(goo映画より) 超ハイテンションな映画。 でも盛り込みすぎて、2時間が長く感じられました(... [続きを読む]

受信: 2007年7月15日 (日) 20時44分

» 舞妓Haaaan!!! 07164 [猫姫じゃ]
舞妓Haaaan!!! 2007年   水田伸生 監督  宮藤官九郎 脚本阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ 小出早織 京野ことみ 酒井若菜 キムラ緑子 生瀬勝久 大倉孝二 山田孝之 須賀健太 北村一輝 Mr.オクレ 真矢みき 吉行和子 伊東四朗 植木等 ほらね、やっぱり....... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 16時27分

» 【映画】舞妓 Haaaan!!!…昨年の残務整理5 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}から夜勤のピロEKです。今日からもお仕事は忙しいと聞いております…少し不安です{/face_hekomu/} 昨日は夕方から先日亡くなった友人の実家に行ってきました。 その前に訃報を聞いた別の亡くなった友人とは違い、今回は亡くなった状況をご両親から伺う事が出来たので私の気持ちの整理は出来ましたが…子供が親よりも先に亡くなるというのはイカンですねぇ。ご両親を観ているだけでも凹みます{/down/} どうも最近暗い近況報告ばかりになって... [続きを読む]

受信: 2010年6月10日 (木) 20時54分

« 弐瓶勉インタビュー | トップページ | 西の国から '07 »