« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | トップページ | プレステージ »

『帰ってきた時効警察』との別れを惜しむ

Jikou2

これまでだ~れにも気付いてもらえない程度にささやか~にほのめかしてきましたが、実はテレビ朝日の深夜ドラマ『時効警察』の大ファン・・・と言っても過言ではないのだ。

テレビドラマってそんなにマメには観ない方なのですが、これはもう珍しくDVDボックス買っちゃうほどにハマりまして。今年の4月に『帰ってきた時効警察』がスタートしてからは、録画したものをサルのように繰り返し観てはバカ笑いしてご満悦というどーしょーもない日々を送っておりました。毎週金曜日の深夜にこんなに楽しいものをテレビで観られるなんて・・・あぁ幸せ。幸せが随分お手軽ですいません。

正直最初は、「趣味で時効の事件を捜査?せっかく解決しても所詮は時効、しかも霧山の趣味・・・。犯人が不安にならない為の”誰にも言いませんよカード”を渡して終了?なんかヌルいしスッキリせんな~」といった不満があり、あまり乗り気ではなかった私。まぁ確かに一応は刑事ドラマ、事件を推理していく上である程度のロジック的なクオリティやスリリングな展開というのも大切だとは思いますが、この『時効警察』に関してはそういったことは実はあまり重要ではございません。ございませんでしょ?

『時効警察』の見どころ、それは・・・

①時効管理課にて繰り広げられる、熊本課長(岩松了)、又来さん(ふせえり)、サネイエ(江口のりこ)、霧山くん(オダギリジョー)、三日月さん(麻生久美子)による非常~にテンポのよいミニコント。『帰ってきた~』では、新卒警察官・真加出くん(小出早織)が新たに時効課に配属され、若さをアピールするでもなくフツーに時効課の一風変わったノリに馴染んじゃってたりとかします。

②ヒロイン三日月しずかを演じる、麻生久美子の我を忘れたコメディエンヌっぷり。もうカワイイやら可笑しいやら。オダジョーの演技指導もちょくちょく入っているようです。

③全話すみずみにまで散りばめられた小ネタの数々。チラリと映る小道具ひとつひとつに至るまで見逃せません。

まー大体、そんな感じ。刑事課のエース・十文字さん(豊原功輔)&蜂須賀さん(緋田康人)、鑑識課の”町で見つけたヘンなものオタク”諸沢さん(光石研)のことも、もっちろん、大好きなんだなおぉい!

演出・脚本を手掛けるのは主に、三木聡、園子温、ケラリーノ・サンドロヴィッチといったテレビ界、映画界、演劇界の第一線で活躍するクリエイターの皆様。完成度の高いのはやはり三木聡さんの回ですが、個人的にはケラさまの回が楽しくてしょうがないです。ナイロン100℃のメンバーいっぱい出るし~犬山イヌコさんサイコーですわぁ♪

前回は熊本課長役の岩松了さんがたびたび演出に参戦なさってましたが、今回はなんと!先週放送の第八話「今回、三日月が大活躍する理由は深く探らない方がいいのだ!」で主演俳優オダギリジョーご本人が演出・脚本を務めちゃってました。かなーり好き勝手やってる風ではありましたけど、前シリーズに比べて全体的にキレのなさを感じる今回のシリーズの中ではなかなかに挑戦的な演出で良かったんじゃないかと思います。

そんな金曜の夜の楽しいひととき、『時効警察』もついに昨日で最終回。寂しいわぁ。フィナーレ担当はやはり三木聡、そして犯人役ではないけれど、三木聡監督最新作『図鑑に載ってない虫』の衣装メイクそのまんまの松尾さん出演シーンが楽しかった。麻生久美子に向かって「ブス!!」って(笑)現在体調不良で療養中の松尾さん・・・もともと虚弱っぽいイメージはあるけれど、なんとか健康を取り戻して無事に復帰されることを祈っております。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | トップページ | プレステージ »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

私も時効警察見てましたよ~たしかこの時間帯ってTRICKや只野仁もしてたような・・・一番良い時間よね~
この間の放送はオダジョーが演出・脚本までしてたとは知らなかったぁ。
三日月君が最後の「誰にもいいませんカード」を忘れずに霧山くんの所に戻るのが良かったですね。
でも「馬で登場!?」
最後は二人で馬に乗って去る姿がいやらしく感じたのは私だけ・・・?

投稿: sakuramochi | 2007年6月10日 (日) 21時18分

sakuramochi様

おはよう!sakuramochiさん。
只野仁は観ていないけど、トリックはもちろん大好き♪
時効と似てるもんね~
時効警察はもう何度も観過ぎて
雰囲気や会話や出演者で誰の演出か大体分かってしまうんだけど、
オダジョーの回は「これ誰?」って思いながら観てたの。
これまで観たことない感じだったので。
エンドロールでオダジョーの名前が出た時は驚くと同時に笑っちゃいました(笑)

>二人で馬に乗って去る姿がいやらしく感じた

えぇ!?いやらしく~??
私的には特にいやらしくは・・・感じなかったけど、なんで馬?とは思いました(笑)
三日月さんが「私のことどう思ってる?」って霧山くんに尋ねるシーンはドキっとしたけど。

投稿: kenko | 2007年6月11日 (月) 10時52分

確かに!!いつもの演出と何か違うと思ったよ☆
馬の件はなんだか密着してて、勝手な妄想だけど
オダジョーの笑顔がいやらしく感じました(^^;)
霧山くんと三日月くんのその後も気になるし
またまた帰ってきた時効警察として復活して欲しい!!(><)

投稿: sakuramochi | 2007年6月11日 (月) 11時37分

sakuramochi様

そうでしょ、なんかヘンだったでしょ~あの回。
最初の方で霧山がいつになく豪華なランチを食べてるシーンで、
「今回はある程度のワガママは通用するんだよ」とか言ってるのも後で観ると納得(笑)
オダジョーのいやらしい笑顔も後で確認してみるねん♪

きっとまた帰ってきてくれると信じてまーす☆

投稿: kenko | 2007年6月11日 (月) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/6707541

この記事へのトラックバック一覧です: 『帰ってきた時効警察』との別れを惜しむ:

» 帰ってきた時効警察〜最終回・室井滋! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
帰ってきた時効警察も最終回ですが、深夜ドラマなので9回で終りのようです。今回、スペインギターの演奏者が室井滋で、空飛ぶ楽屋泥棒殺人事件とかなり破天荒ですが、小ネタ・ミステリーともよく出来ており、有終の美を飾ったと思います。今回更に三日月しずか(麻生久美子)の元カレ登場など、霧山修一朗(オダギリジョー)との恋愛面もあったりします。(帰ってきた時効警察、最終回感想、以下に続きます) 【帰ってきた時効警察・各話感想】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 最終回 ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 17時32分

» 帰ってきた時効警察 第9話(最終回)「振り返らずに別れ………以下省略………。」感想です。 [ゆうつなあまいゆうわく。]
帰ってきた時効警察 #9 「振り返らずに別れるか? 最後にもう一度振り返って別れるか?  それが、問題だと言っても過言では無いのだ!」 2007/06/09 11:15 テレビ朝日 感想です。 「帰ってきた時効警察」 オリジナル・サウンドトラック 音楽:三木聡×坂口修作品集 発売日: 2007/05/23 レーベル: (有)ピー・エス・シー 組枚数: 2 レビューな感想: ついに帰ってきた時効警察も最終回なの。 ちょっぴり、残念だけどさよならじゃないもんね。 というわけで、今週の時効... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 21時41分

» 帰ってきた時効警察 最終話 「振り返らずに別れるか?最後にもう一度振り返って別れる・・・以下略」 [しっとう?岩田亜矢那]
副題の長さに挑戦か?! 「タイトルは50文字以内です」ってエラーがでちゃったじゃないか!! 筆者が一番疑問なのは、 「霧山くんの話もさして面白くないんですけど・・・」 どの位面白くないかと言うと 土肥ポン太より更に面白くない・・・ つまり、彼が大阪に在住していたとしたら 日常生活でさえ支障をきたす程の。 でも九門竜の話がつまらなく 霧山くんの話が面白いのは それは、つまり三日月が霧山くんの事が大好きだから! って事でしょうか? 好きな人との会話ってどんな話題でも楽しいもんね。 でも勇気を出して... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 13時45分

» 帰ってきた時効警察 [Akira's VOICE]
言っちゃいますとね。 爆笑の最終回でしたよ。 [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 16時48分

» さよならは別れの言葉じゃなくて再び逢うまでの遠い約束ですが…(帰ってきた時効警察#9最終回) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
このドラマはフィクションであり登場人物・団体名等は全て架空のものです。 「セーラー服と機関銃」薬師丸ひろ子  星泉(長澤まさみ)  来生たかお 『帰ってきた時効警察』 インターポールに三日月しずかの元カレ・神保悟志降臨たぶん歩いてたのは羽田空港手前の新整...... [続きを読む]

受信: 2007年6月14日 (木) 11時58分

« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | トップページ | プレステージ »