« 『帰ってきた時効警察』との別れを惜しむ | トップページ | プロローグ・オブ・BLAME! »

プレステージ

Theprestige

目の前で繰り広げられる摩訶不思議な出来事に、ただ素直に驚いて喜ぶのが正しいマジックの楽しみ方であることは分かっているんだけど、「どうせタネも仕掛けもあるんでしょ」という非常にかわいくない心構えから抜け出せない私。そのくせ、そのタネとやらを見抜くことなんてもちろんできないし。いいかげん大人になりなさい。

<あらすじ>

19世紀末ロンドン。”グレート・ダントン”ことロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)と、”ザ・プロフェッサー”ことアルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)。ライバルである若き二人のマジシャンは、本物のマジックで人々を魅了し賞賛される日を夢見て競い合っていた。そんなある日、アンジャーの妻がマジック中の事故で命を落とす。アンジャーは、妻の縄の結び方を「覚えてない」と言い張るボーデンへの憎しみをつのらせ、マジック界での名声をかけた二人の騙しあいは加速していく。プレステージ公式サイト

監督は『メメント』『バットマン・ビギンズ』のクリストファー・ノーラン、役者はヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソンと充分過ぎるメンツが揃っており、どうにもこうにも期待値高めになっちゃう作品。

なおかつ映画冒頭に、「この映画の結末はけして誰にも話さないで下さい」などとネタバレ禁止令まで出された日にゃ、これはもう久々確実に騙される快感というものを満喫できるに違いないと・・・、とにかくもう思う存分ハラハラドキドキ&ビックリ!をやらかしてくれたまえ!!・・・ってなスタンスになってしまってもしょうがないってもんです。

あぁ~結末書いてしまいたい。書いてしまった上でそれについていろいろ言いたいよー。しかしまぁまだ公開したばかりの映画だし、ここはひとつノーランさんの為に核心にふれる部分はバラさないでおいてあげましょう。(←小心者)

といってもここから先は、念のため反転処理を施しておくことにします。これから観る予定の人は絶対に読まないでね♪

観終わっての感想はまず、惜しい映画だったな・・・ということ。好きな要素やシーンはたくさんあるんです。落ち葉の上の無数のシルクハットや、残酷な運命にあるカゴの中の小鳥たち、マジシャンとして舞台に立つヒュー・ジャックマンはあまりにも絵になっていてかっこ良いし、クリスチャン・ベールの謎めいていて掴み所のない感じに翻弄されるのも心地良い。

二人のマジシャンにとっての最重要イリュージョン”瞬間移動”に関するトリック追求、そして足のひっぱり合いはどんどんエスカレートし、最終的には「それってマジックですか??」という域にまで達してしまいます。これは人によっては受け入れ難いものがあるかもしれないけど、自分としては意外にもOK。なぜならば、あんな悪魔的装置を使用してまで名声を得ようとするアンジャーの常軌を逸した心境と行動、そして誰も気にも留めない場所で生み出され続ける恐ろしい光景に、なんというか・・・とても惹きつけられたから。悪魔の所業というのは時に哀しく美しいものなのですね。

ただしボーデン側のトリックも含め、早い段階でオチが読めてしまう作りにはちょっとションボリ。騙される快感を味わいそびれたことによるフラストレーションが最後どうしても残ってしまいました。だってー最初にあんな前置きで期待させるんだもんさー。観終えてから本編を振り返ってみると、ふむふむ、あれもこれも伏線だったのね、あのセリフもこのシーンも今思えば納得だのぅ・・・というのがいっぱいあって、なかなか凝った脚本だったなとは思うんだけど。(なんのことやら)惜ーしーいー

そしてもうひとつ、せっかくマジックという見た目に面白く派手な題材を取り扱っているのにそれを披露するシーンが妙に消化不良でもったいなくない?・・・と、鑑賞直後は思ったのですが、よくよく考えてみるとそもそもこれは”映画”である時点でなんでもありのイリュージョンなのであり、どんなびっくりマジックを劇中でやってみせたところでスクリーンのこちら側の人間が驚くはずもないことはノーランさんだって重々承知なわけで。つまりあの中途半端な披露の仕方、失敗の数々ですら最大の謎へと導くヒントであったのかもしれないと後で考えを改めました。

以上☆

|

« 『帰ってきた時効警察』との別れを惜しむ | トップページ | プロローグ・オブ・BLAME! »

映画」カテゴリの記事

コメント

どうもこんばんは、
両方読めたなんて凄いですね!?片方に気を取られてもう一方に気づかなかったです。あと他所の連中がインチキ臭くて、そちらを疑っていたので、見事に監督のミスディレクションに引っかかったようです。
なので楽しく見させていただきました。

投稿: くまんちゅう | 2007年6月11日 (月) 19時21分

くまんちゅう様

読めたなんて偉そうなことを書いてしまいましたが、
正確には「勘が当たった」程度です(笑)
伏線張りまくりの細かい部分は後で「なるほどね~」と感心しましたし。

最初の段階で勝手に期待をふくらませ過ぎてしまったみたい?

途中はけっこうハラハラドキドキで、充分に楽しませていただきましたです♪

投稿: kenko | 2007年6月11日 (月) 20時03分

kenkoさん
この映画、ちょっといま一つ・ってのが
初めて見た直後の感想だったんですけど、
だんだんそれが変わっていった自分には
珍しいパターンの映画です。
今は傑作だと思ってます(笑)
あの冒頭のノーランのメッセージは
良くないですよ!ヘンに勘ぐらないで観たほうが面白いですもん。
二回目観たら、映画の謎は全部、正直に
展開の中で真実が語られているのに
観てるほうはそれにあまり気付かないという
映画でした。
原作を読んだからかもなんですけど、
ノーラン兄弟の緻密な映画だからこそ
出来るマジックが素晴らしいと思います。
自分がアカデミー会員なら今ならコレに
入れますよ。脚色と作品。

投稿: kazupon | 2007年6月11日 (月) 21時26分

kenkoさん、こんにちは。
予告を観ない主義の私は劇場入場がいつもギリギリで、このたびは数十秒ほど遅れて、劇場入りしたおかげで、「この映画の結末はけして誰にも話さないで下さい」という文章を見逃してしまったんですよ。
それが功を奏したようで、ドキドキと楽しく観られましたー。
ボーデンの仕掛けは途中で見当がついたものの、明らかになるまでは確信がもてなかったし、オバカな私はアンジャーの使う装置の仕組みが鑑賞中はよくわからずに、(たくさんのシルクハットを見ていたのに)後でビックリしましたー。
ということで、気づかなさすぎなところもありつつ、オールOKでしたっ
ヒューがかっこよかったしー♪

投稿: かえる | 2007年6月12日 (火) 12時51分

こちらにもTBさせていただきました。

この映画、予告編や宣伝で騙された人多いかもしれませんよ。
マジックバトルというよりも、ノーラン流どろどろした人間ドラマでした。^^
マジックって、やっぱり謎のままがいいですね。
知ってしまうと、空しくなるものがあります・・・

もう一度、観直してみたい映画でもあります。

投稿: アイマック | 2007年6月12日 (火) 22時10分

kazupon様

kazuponさんに傑作とまで言われると
もう断然自分が感じたことに自信がなくなってきちゃいます。
たぶんノーランさんの仕掛けにまんまとハマり過ぎて、
観ているつもりで真実は何も観ていないのだわ・・・

私も観た直後の感想は正直いまひとつという感じでしたが、
今はこの映画のことが不思議と心にひっかかり始めているんですよ。
これはもうkazuponさんを見習ってまずは原作を読破し、
そしてもう一度劇場に足を運ぶしかないですね!

投稿: kenko | 2007年6月13日 (水) 09時18分

かえる様

かえるさんは予告を観ない主義なんですかぁ。
私なんか新作映画に関する情報はほぼ劇場で観る予告篇から得ているので
毎回結構楽しみなの(笑)

例の冒頭の文章ですが、ちょっと受け止め方を間違えちゃったな・・・と今は反省しています。
まるで観る側への挑戦状のように思って身構えてしまったんですけど、
もしかしたらあれも含めてノーランさんの仕掛けだったのかもしれないなーなんて。。。

ヒューはねぇ、文句なしにカッコよかったですわぁ♪
マジックのアシスタントには美女が多いですが
マジシャンも見目麗しい方がやっぱ素敵だな♪と思いましたー

追伸:
そういや『ズーランダー』にもデヴィッド・ボウイ出てましたね(笑)
あちらでは気がつきましたよぅ~だってあれは、デヴィッド・ボウイが本人の役で
登場するんですもの。。。

投稿: kenko | 2007年6月13日 (水) 09時36分

アイマック様

アイマックさん、こちらにもありがとう☆

この感想を書いた時はおこがましくもケチつけたみたいになってしまったんですけど、
今は予告や宣伝でこの映画のことをちょっと勘違いしてしまったのかも・・・と
思い始めています。
我ながら浅はかですが、意外なオチにビックリする映画なのかと思ってしまいまして(笑)

>知ってしまうと、空しくなるものがあります・・・

この映画の二人の主人公の謎は特に、知ってしまったとき空しく、
そして哀しい気持ちになりました。
そういうところは、後味は悪いけれどとても好きです。

私もこれは原作を読んでからもう一度観てみたいなと思ってます☆

投稿: kenko | 2007年6月13日 (水) 10時18分

こんにちは♪
私は、まんまと騙されました。
あのオチは衝撃的でしたー。
原作を読んでもう一度観てみるというのもいいですね。

投稿: AnneMarie | 2007年6月13日 (水) 13時38分

AnneMarie様

コメントありがとうございますー☆

あの衝撃的なオチ自体はとても好きで
ただ騙してもらえなかったことが不満だったのですが、
今はとりあえず原作を読んで、もう1回観に行くことを目標にしてます(笑)

投稿: kenko | 2007年6月13日 (水) 20時36分

こんばんはっす

けっこうみんな途中であのネタわっかっちゃってたんですねー。かく言うわたしも中ほどでピンときたんですが、あんまり自慢できませんね(^^;)
『シックス・センス』には完全にだまされましたけど。未だにあれ以上の「衝撃のラスト」にはお目にかかれてません。

この映画は謎のほかにも、「奇術師」という人種の特異なところが描かれていて面白かったです
人をだますためにあんな苦労までしたり、舞台の下で拍手をもらえないのを悔しがったり
本物の奇術師さんたちは、アンジャー&ボーデンほどデンジャラスではないと思いますが

投稿: SGA屋伍一 | 2007年6月23日 (土) 21時27分

おはようございます~

ネタは途中で分かるように作ってありましたよね。
『シックスセンス』みたく最後ビックリ仰天させてもらえる
映画なのかと思ってしまったため、
観た直後は正直ガッカリしてしまったのですが、
気持ちを入れ替えて来週あたり再チャレンジしてみる予定です。
衝撃のラストと言えば、『ソウ』の1作目はものすごい衝撃でした。
SGAさんはあまりご覧にならない類の映画のような気もしますが・・・
もし気が向かれたら痛さをなんとか乗り越えて挑戦してみてほしいなー

すべての人がアンジャーやボーデンみたいではないんでしょうけど、
この映画観ると奇術師さんたちへの見る目がちょっと変わりますよね。
華やかなマジックを成功させる為には、
舞台裏で大なり小なり苦労してるんだなぁって思いました。

投稿: kenko | 2007年6月24日 (日) 11時31分

kenkoさん、こんばんはー。
私、普段からボーっとしているので
(よく転びます)
オチに気づきませんでした・・・;;
てことで普通におお!と観てました、
っていうか絶対全てを理解できてない気がします(涙)
映画を観終わった時、prestigeが達成されるような、ほんとにマジックのような作品かな~って思いました!

投稿: sally | 2007年7月 2日 (月) 23時10分

sally様

こんばんは、sallyさん☆
コメントありがとうございます。

sallyさんよく転ぶんですか?(笑)
正直申しますと私も相当ぼけっとしているほうで、
オトナになってだいぶんしっかりしてきたつもりなんですけど
傍から見るとまだまだらしい。。。

感想では偉そうなことを書いてしまってますが、
2回目を観た時、1回目では気付かなかったこととか結構ありました。
ほんと、正にマジックそのもののような映画!
ラストの哀しい種明かしが余韻を引いてます。

投稿: kenko | 2007年7月 3日 (火) 21時08分

見ました。時代背景は ヴィクトリア女王の晩年で 新らしき時代の変化が 訪れ始めた イギリス・・・切り裂きジャックや コナンドイルの推理小説「シャーロックホームズ」などがはやった時代と ちょうど同時期みたいですね。

さて、お互いの いざこざが エゴに凝り固まった対決でした。 まさにプレステージならぬ "オレ"ステージ 
"自分だけの舞台"

天才マジシャンふたりのライバル対決も "電気"が関わってるだけに"熱い火花"を散らしています。デビッド・ボウイのテスラ役も驚きました
 
 ヒュー・ジャックマン&クリスチャン・ベイル それぞれが演じた ライバル同士の天才マジシャン二人が
"あいつには負けたくねえオレが勝つ"の 対決姿勢は

  実際にあった"エジソンVSテスラ"の電流対決とまったく同じである。

最後に 漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦さんが 映画「プレステージ」でも 上映時に荒木氏の書下ろしイラスト入りステッカー」が5万枚限定で配布されたそうです  荒木氏の「プレステージ」イラストのリンク先です

http://image.blog.livedoor.jp/poke777/imgs/c/a/ca2214c0.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/poke777/imgs/3/3/3388963f.jpg

投稿: zebra | 2012年11月23日 (金) 17時44分

zebra様

コメントありがとうございます。
初見ではピンとこなかったのですが、繰り返し観て
おもしろさが増す作品なのかなと思いました。
ひさしぶりにまた観てみたいです。
荒木飛呂彦先生のイラストのリンクなどわざわざ貼ってくださり
ありがとうございます。

投稿: kenko | 2012年12月13日 (木) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/6336670

この記事へのトラックバック一覧です: プレステージ:

» 「プレステージ(THE PRESTIGE)」映画感想 [Wilderlandwandar]
ずっと楽しみにしていた、本日より公開のマジシャン対決映画「プレステージ」(原題: [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 19時09分

» プレステージ [It's a Wonderful Life]
もちろん結末を書く訳じゃないですが、 こういう映画はあまりネタバレしちゃうと全然面白くないと 思うんで、観に行かれる方はどうか鑑賞後にでもどうぞ~。 19世紀ロンドンの「天才奇術師」二人の対決! 想像していたようなイリュージョンマジックの派手なシ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 21時19分

» 「プレステージ」再び&原作本 [It's a Wonderful Life]
この作品、試写で観たあとじわじわまた観たくなって そそくさと初日に2回目観てしまいました。 ミシェル・ゴンドリーの「恋愛睡眠のすすめ」についで今年2本目です。 そういえば「バットマン・ビギンズ」も気に入って二回観たんですよね。 クリストファー・ノー...... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 21時22分

» プレステージ [Akira's VOICE]
派手さはなくても,先を読む興奮はぎっしり。 [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 09時52分

» 『プレステージ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
次から次へと見ごたえあり。 映画ならではの魅力がある複雑でトリッキーで怒濤の対決劇。 19世紀末のロンドン。グレート・ダントンことロバート・アンジャーと THE プロフェッサーことアルフレッド・ボーデンはマジシャンのライバル同士であった。Mr.なんちゃらとかって胡散臭くて好きじゃないし、何代目かのヒキタさんもミョーな存在だったりして、現代日本の現実世界では私はマジシャン系の人たちのことをあまり好意的に見てはいなかった。だけど、19世紀末のロンドンで、あっと驚くマジックショーを見るために多くの... [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 12時45分

» プレステージ [O塚政晴と愉快な仲間達]
Mr.マリックもビックリな作品(確かにもう1回観たくなる)。 プレステージ ★★★☆☆ 舞台での事故(?)により、妻が亡くなったことが原因で、敵対するようになった2人のマジシャンの争いを描いたヒューマンドラマ。 んー正直ビミョーなんだよなー。 理由は2つ。 1つは、非科学的なことが含まれていた点。 もう1つは、俺が『フェイス・オフ』を鑑賞済みだった点(笑)。 でも、よくできてると思うよ。 役者さんの演技も、テンポや脚本... [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 22時25分

» 『プレステージ』 [唐揚げ大好き!]
  『プレステージ』   運命さえトリック   ”130分すべてのシーンに張り巡らされた罠”とか”―この作品はトリックそのもの。騙されるな。”とか? Mr.マリックがサクラをやってみたりとか? そう云うプロモーションは逆に要らなかったんじゃないのかな... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 03時55分

» プレステージ(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
アメブロさんのご招待で、「プレステージ」の試写会に行ってきました~! ( → 公式HP ) 出演:ヒュー・ジャックマン 、クリスチャン・ベイル、スカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケイン、デヴィッド・ボウイ 上映時間:130分  マジシャン(マ... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 13時45分

» 騙し、騙され「プレステージ」観てきました。 [よしなしごと]
 最近のマジックブームにあやかれるか?プレスタージを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 22時58分

» プレステージ [映画、言いたい放題!]
ブロガー試写会に招待されました。 この映画、観てみたかったので嬉しい♪ しかも場所は今話題の東京ミッドタウン33Fの試写室。 ロビーからの眺めは最高! そして試写室も超豪華! 赤いビロード張りのゆったり椅子。 同伴一人OKだったのに 晴天の土曜の昼間に一人で来... [続きを読む]

受信: 2007年6月15日 (金) 03時56分

» プレステージ (The Prestige) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2006年 アメリカ映画 130分 サスペンス 採点★★★★ なんであれ壁にぶち当たってしまった時は、下手に難しく考えずにシンプルな方法をとった方が上手くいくことが多かったりも。物事は見た目通りとは限らないけど..... [続きを読む]

受信: 2007年6月15日 (金) 14時28分

» プレステージ(映画館) [ひるめし。]
運命さえトリック [続きを読む]

受信: 2007年6月16日 (土) 13時12分

» プレステージ−(映画:2007年69本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、スカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケイン、デヴィッド・ボウイ 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) テレビや新聞の煽り文句から、目を見張るような鮮やかなト...... [続きを読む]

受信: 2007年6月16日 (土) 13時59分

» どっちのマジックショー クリストファー・ノーラン 『プレステージ』 [SGA屋物語紹介所]
19世紀末ロンドン、アンジャーとボーデンは修行中の若き奇術師。それなりに仲よくや [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 21時30分

» 「プレステージ」 [Tokyo Sea Side]
この映画は予告が良すぎます(笑)「期待ハズレ」という意見も周りでチラホラ聞いていましたが、やっぱり気になっていたので観に行きました。 最初はなかなか名前や人物関係、時間軸が把握できませんでした。きっとその間にいくつもの伏線を見逃しているコトでしょう。。ラストは正直「今どきそんなオチ!?」と突っ込みたくなりました。ただ、とにかくラストが気になって先走って観ていたので、もう一度観たらまた違った風に観れるのかなぁとは思いました。... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 15時28分

» プレステージ [knockin' on heaven's door]
The Prestige プレッジ(pledge)、ターン(turn)、そしてプレステージ(prestige)。芝居のように構造のあるマジックは観客の目をくらます、ひとつの舞台のよう。 映画そのものにトリックを仕掛けたマジック・ムービー。ライバル関係にある二人のマジシャンの壮絶...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 22時40分

» 「シックス・センス (The Sixth Sense)」(しっくすせんす) ブルース・ウィリス(ぶるーすうぃりす、ブルース・ウィルス) [映画村]
「シックス・センス (The Sixth Sense)」(しっくすせんす)ブルース・ウィリス(ぶるーすうぃりす、ブルース・ウィルス)息子と一緒に見に行ったのですが、ジーンと来ながら『良いもの見せてやれて良かったなぁ・・・』なんて、思った映画でした。ダイハードのブ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 18時05分

» 「プレステージ」舞台の上で起こった事は他言無用 [soramove]
「プレステージ」★★★ ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール主演 クリストファー・ノーラン 監督、2006年アメリカ(130分) 思わせぶりな 「ラストは決して見ていない人に言わないように」という メッセージで始まる映画。 丘の上、落ち葉や草の生えた...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 23時35分

» 「プレステージ」 [ぐるぐる回る映写盤]
原題 THE PRESTIGE 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 130分 監督 クリストファー・ノーラン 製作総指揮 クリス・J・ボール 、ヴァレリー・ディーン 、チャールズ・J・D・シュリッセル 、ウィリアム・タイラー ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 16時48分

» 映画 ファウンテン 永遠につづく愛 [映画情報ガイド]
「ファウンテン 永遠につづく愛」は、男女のすれ違う思いを通して “死”に対する哲学的な概念を見事に普遍的なラブストーリー。 主人公トミーを演じるのは、ハリウッドで華々しい活躍を 繰り広げるヒュー・ジャックマン。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 9日 (月) 18時15分

« 『帰ってきた時効警察』との別れを惜しむ | トップページ | プロローグ・オブ・BLAME! »