« スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい | トップページ | 300<スリーハンドレッド> »

主人公は僕だった

Strangerthanfiction

ウィル・フェレルってあちらでの人気っぷりがいまひとつ伝わってこない俳優さんの一人だったのですが、先日ようやく『ズーランダー』初体験いたしまして。あっさりウィル・フェレルLOVE♪になったところ。

<あらすじ>

平凡で単調な毎日を送る国税庁勤務のハロルド・クリック(ウィル・フェレル)。ある時から彼の頭の中で、自分の行動を文学的に語る女性の声が聴こえるようになる。どこかで自分を主人公とした小説が書かれていると思い始めたハロルドは、文学を専門としたヒルバート教授(ダスティン・ホフマン)にこのことを相談してみることに・・・主人公は僕だった公式サイト

『ズーランダー』の記憶がまだ鮮明なもので、ウィル・フェレルっていつもあれくらいはっちゃけてるのかと勝手に思ってました・・・んなわけないじゃん!今回はものすごーく規則正しい生活を送る超生真面目タックスマンの役で、ウィル・フェレルのはっちゃけ具合もかなり控え目。でも劇中の彼が真剣であればあるほど、つまんない男であればあるほどに、なんでもないセリフやシーンがとてつもなく笑えるから不思議です。バスの連結部分に座ったハロルドとアナのシーンになぜかめっちゃウケた。

脇を固める俳優陣がエマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、マギー・ギレンホール、クイーン・ラティファなどかなり豪華な点もこの映画の見どころのひとつ。スクリーンに映るだけでそれぞれの物語を感じるような雰囲気のある方ばかりです。特にマギー・ギレンホールがすんごくチャーミングで良かった。ちょっと『ショコラ』を連想したんですけど、甘いお菓子を作る女性ってなんとも言えずセクシー・・・と思うのは私だけかしら。『ショコラ』を観た時は無性に美味しいチョコレートを食べたくなったけど、今回は焼きたて手作りクッキーを食べたくなりました。ベージュで統一されたハロルドの地味~な部屋とは対照的な、アナのお店やお部屋のあったかくてキュートなインテリアは、彼女の作るパンやお菓子同様アナのキャラクターそのものといった感じで素敵。あんなパン屋さんがあったら絶対行きたいわぁ。

ウィル・フェレル主演のコメディだと思って観に行ったけれど、これはロマンティックなラブ・ストーリーでもあったのね。ハロルドがアナに想いを伝えるシーンとか・・・キュンとしちゃいました。「キライ!」って思ってた人からの意外でキュートなアプローチ。アナ・パスカルのようなツンデレちゃんには特に効果てき面だと思われ。ちょっとしたキッカケや、ほんの少しの勇気や行動で人生っていくらでも変えられる・・・女の子の気持ちだってそうなのです。

|

« スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい | トップページ | 300<スリーハンドレッド> »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん
「ズーランダー」でウィル・フェレル
LOVEってのはスゴイです(笑)
あれはベンベンかオーウェンウイルソン
LOVEになる映画だと思ってました^^
そうそうマギーの役は確かにショコラを
彷彿とさせますよね。自分も食べ物に
一番弱いかもしれないなぁっておもうとき
あります。
ウィルはこういう役が実はかなり珍しくて、
濃ゆいキャラがほとんどですよ。
「ズーランダー」とほぼ同じメンツの
「スタスキー&ハッチ」はご覧になった
んでしたっけ?
主演の「エルフ」もなかなか面白いです。
ややマジメなウィルでいうと、ウディアレンの「メリンダとメリンダ」なんてこの映画に
近いセンです。
シーブリーズ!

投稿: kazupon | 2007年6月 1日 (金) 13時25分

kazupon様

>「ズーランダー」でウィル・フェレル
LOVEってのはスゴイです(笑)

あらら・・・もしや私、ズレズレ発言?
ベンベンもオーウェンももちろんLOVEですけど、
ベンを洗脳するシーンのウィル・フェレルがサイコーにキモくて気に入ってしまいました。
「スタスキー&ハッチ」は観てると思うんですけど、
ウィル・フェレルの印象があまりないんですよねぇ・・・
kazuponさんに薦めていただいたものを着々と観つつある今日この頃、
「エルフ」「メリンダとメリンダ」も機会があったら観てみたいです。

女の子が作ってくれた甘~くて美味しいお菓子って、
ちょっと魔法のような効果がありそうな感じがしていいなと思いました。
クッキー&ミルクってサイコーの組み合わせですわぁ♪

投稿: kenko | 2007年6月 1日 (金) 15時36分

こんにちは♪

私もウィル・フェレルって何で人気あんの? ってピンとこなかったんですが、
アハ♪
「ズーランダー」で!

私はこの映画でちょっと見直した!(←生意気なっ)

ひねった設定なのに奇天烈さをまったく感じないフツーの映画だったな。
私もあんなパン屋さんがあったら通いたい。
ちょっとした会話付きのお店って私にはないんだもん。

投稿: AnneMarie | 2007年6月 2日 (土) 11時11分

kenkoさん、こんにちは。

本作のマギーはホントに魅力的でしたよねー。
私も迷わず"ちゃーみんぐ"っていう表現をしちゃいましたよ。
高校生の頃以来、クッキーなんて焼いたことのない私は
手作りクッキーの焼ける女子はまじステキだなって思いますー

私はコテコテのアメリカのコメディ映画にはあまり興味がないけれど、
「ズーランダー」は大好きで、公開時に観に行きましたですー。

投稿: かえる | 2007年6月 2日 (土) 11時23分

AnneMarie様

えぇ、「ズーランダー」で♪
このオッサンめっちゃおもろッ・・・と感激し、
今回はへぇこういうマジメな役も案外はまるんだぁ・・・と感心してしまいました。

確かにありえない設定なのに、妙に淡々とフツーにお話が進んでいく映画でしたけど、
そういうところが逆に良くて気に入りました。

アナのお店ステキでしたよねぇ。
焼きたてのパンやお菓子の香りって大好きです。

投稿: kenko | 2007年6月 2日 (土) 16時30分

かえる様

エマ・トンプソンもすごく良かったんですけど、
やはりちゃーみんぐなマギーが一番印象に残りました。
この映画を観て「焼きたてクッキー食べたい!」と思ったのならば、
いちおう女子のはしくれである自ら焼いて食べればいいものを・・・
なかなかね、常日頃やっていないことって腰が上がらなかったりするワケで・・・
お菓子を上手に作れる女子ってステキですよねぇ~

「ズーランダー」公開時ご覧になったんですね!いいなぁ!
私も大画面でベンのキメ顔やウィルのコスプレ観て爆笑したかったぁ~

投稿: kenko | 2007年6月 2日 (土) 16時40分

kenkoさん、こんばんは♪
ウィルがマジメであればあるほど笑える、っていうのは分かりますー。
でもまぁ、日本では間違いなく受け入れられないタイプですよね(笑)
特にウケた台詞、自分のブログに書いちゃいました。
マギーはチャーミングでしたよね♪
自己主張があってインテリジェントな女性、ぴったりでした。

投稿: sally | 2007年6月10日 (日) 01時28分

sally様

こんにちは、sallyさん☆

ウィル・フェレルって日本ではうけないであろう度では群を抜いてますよね(笑)
そういう私も最近になってようやく彼の魅力に気がついたクチですが・・・
アナ・パスカルじゃないけどいったん好きになるとどんどんハマってしまいそうな
不思議な俳優さんだなと思いました。

マギーはほんととってもチャーミングで魅力的なキャラクターでした。
さっきまで悪態ついてたのに次の瞬間あっさり恋しちゃうところが好きです。

投稿: kenko | 2007年6月10日 (日) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/6534976

この記事へのトラックバック一覧です: 主人公は僕だった:

» 主人公は僕だった [It's a Wonderful Life]
なんとなく自分好みのニオイがしていた作品でしたが、 予想以上に良かった! 「もしどこかで書かれている小説の主人公が自分だったら」 こんなワンアイディアの映画って面白いのが多いんですよね~。 32歳のザック・ヘルムの手がけるユニークな脚本は これが処...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 13時31分

» 「主人公は僕だった」 [やまたくの音吐朗々Diary]
5月19日より公開される映画「主人公は僕だった」の試写。監督はマーク・フォースター。出演はウィル・フェレル、マギー・ギレンホール、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファ、エマ・トンプソンほか。【ややネタバレを含んでいます】国税庁に勤めるハロルド・クリックは、... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 22時56分

» 『主人公は僕だった』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
結びがステキ。でも、オチよりディテールなんだけどね。 毎日決まりきった生活を送る国税庁の会計検査官ハロルドの頭の中に、彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が聞こえるようになり・・・。平凡な毎日を送っていた男が、どうやら自分は小説の主人公らしいと気づくなんて、おもしろそうなお話じゃない。といっても、そういう設定自体はそれほどに珍しいものではないと思うので、その面白さも展開次第ということになるのだけれど。残念ながら、観る前にこれは面白そうだなと思った期待ほどに、劇中はグイグイとその世界に引き込まれ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 11時18分

» 主人公は僕だった−(映画:2007年63本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:マーク・フォースター 出演:ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファ、マギー・ギレンホール 評価:86点 公式サイト (ネタバレあります) ちょっと前に「奥様は魔女」でニコール・キッドマンの旦那役で登場し....... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 15時24分

» 主人公は僕だった [★YUKAの気ままな有閑日記★]
予告を観て面白そうだったので鑑賞してみた―【story】国税庁の会計検査官ハロルド(ウィル・フェレル)は、ある日突然聞こえてきた女性の声に驚いた。その声は彼の行動を同時進行で描写している。そして、事もあろうにハロルドはもうすぐ死ぬ・・・と語ったのだ!不安に駆られたハロルドは、大学の文学部教授ジュールズ・ヒルバート(ダスティン・ホフマン)に相談して、何とか声の主を突き止めようとする。そして、人生の期限を突き付けられたことで、意中の人アナ・パスカル(マギー・ギレンホール)に告白したり、子どもの頃の夢だっ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 19時05分

» 主人公は僕だった [悠雅的生活]
愛する彼女に‘フラワー’を… [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 10時53分

» 主人公は僕だった [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
アイディアが見事でした。そして、そのアイディアを、完全に、とは言えませんが、そこそこ、活かせていたように思えます。 平凡で変化のない日々を過ごすハロルドは、国税庁の会計検査官。過去12年間、判で押したような決まりきった生活をしています。しかし、ある朝、ハロルド... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 23時32分

» 主人公は僕だった [明け方シネマ]
 監督が「チョコレート」「ネバーランド」と一作ごとに異なる趣の映画を撮っているマーク・フォースター、主演は「プロデューサーズ」の強烈な”総統”信奉者が記憶に新しいウィル・フェレルと聞いて異色の取り合わせがどう出るか?楽しみにしていた今作。(以下ネタバレビ....... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 17時06分

» 主人公は僕だった [knockin' on heaven's door]
Stranger Than Fiction 平凡で単調な生活に、天からの声が降ってくる。日常を朗読する声に導かれて、色づいていく寓話的人生賛歌ドラマ。 小説の主人公は実在する=フィクションはノンフィクション。誰でも人生の主人公は自分自身なのです。... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 01時10分

» 主人公は僕だった [山羽のつぶやき]
今日(?)は仕事帰りに久々に映画を観てきました。前から観たいみたいと思いつつ、行けてなかった”主人公は僕だった”を観てきました。面白かったです!!お話はある日突然頭の中に自分の小説のナレーションが聞こえてきて、しかも自分の死を告げられます。そのナレーショ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 23時31分

« スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい | トップページ | 300<スリーハンドレッド> »