« 西の国から '07 | トップページ | ラディッシュちゃん♪ »

あるスキャンダルの覚え書き

Notesonascandal

ケイト・ブランシェットが15歳の少年と?そしてその秘め事を利用して、ケイトに友人以上の結び付きを求めるジュディ・デンチ?むむぅ。なんというそそられる設定とキャスティング・・・好奇心には抗えませんね。

<あらすじ>

主に労働者階級の子どもが通うロンドン郊外のとある中学校。ある日、美貌の美術教師シーバ・ハート(ケイト・ブランシェット)が赴任してくる。厳格な性格ゆえに学校中から疎まれ孤独に暮らす歴史教師のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、シーバとなら特別な友人になれると確信し彼女に近づく。あるスキャンダルの覚え書き公式サイト

存在感、演技力ともに文句なしの名女優対決ですもの、見応えありました。しかし彼女らの素晴らしくきめ細やかな演技によって、業の深い二人の女性にどっぷり感情移入して観ることができるのかというと、これはまた別の話。ぶっちゃけ人生経験未熟な私には二人の心境がよう理解できまへん。ついてけないよぅ~

まずはケイト演じるシーバ・ハート。んまぁこれが、バーバラ女史もおっしゃっている通りまさしくフェアリー。あんなベッピン先生いたらそりゃ女子でも見とれちゃいます。ケイトってどちらかと言うと近寄り難くスキのないクールビューティーというイメージなのですが、今回のクールな見た目とはうらはらに内面的には弱くてスキありありというキャラ設定が、やたら色っぽくてイイ感じでした。でもね~、血気盛んなローティーンボーイたちには刺激強すぎだとは思うけど、だからと言って、いくら色気づいた生徒にやや強引に誘惑されたからって、なにもあんなボグワーツ魔法学校に通ってそうな少年とそういうことにならなくても・・・。観る前から分かっていたとはいえ、実際観てみるとやはり違和感を拭えなくてひいちゃいました。ビル・ナイとはお似合いだと思うよ。

そして大御所ジュディ・デンチ演じるバーバラ・コヴェット。こちらはさらに輪を掛けて理解不能。獲物を見定める冷静な観察眼が超コワイんす。しかし歪んだ性格ゆえひとりぼっちのまま年を取ってしまった彼女はちょっと気の毒でもあり、共に人生を歩んでくれるパートナーを求める気持ちはとても切実で痛々しかった。

バーバラのやり口は相当えげつないけれど、総合的にはどっちもどっちなバーバラとシーバ。どうしても一歩ひいた位置で彼女たちを見てしまいましたが、それでも約90分間スクリーンに釘付けになっちゃうのはさすがの女優魂だと思いました。さんざん憎しみをぶつけ合い吠えまくった後は、一体あれはなんだったの?ってなイキオイでスッキリサッパリ切り替えられるのは女ならではの強かさ。抜け殻のような表情で夫の前に立つシーバと、悔い改める気なんてさらさらなく次の獲物にワナを仕掛けるバーバラにはもうアッパレとしか言いようがありません。オナゴとはかくも逞しい生き物なのです。

|

« 西の国から '07 | トップページ | ラディッシュちゃん♪ »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪

この映画みごたえありました。

>スキありありというキャラ設定が、やたら色っぽくてイイ感じ

スキありありでプライベートなことペラペラしゃべっちゃってましたね。
ダメだってーって言いたくなりました。

私もどっちもどっちだなって思ったんですが、どちらかというと、おばーちゃん先生の方に同情しました。
寂しい人生だよなぁ。。。って。
シーバの方は、相手が15歳だろうが20歳だろうが生徒に手を出すなんて論外。
もし自分に子どもがいたら、そんな先生ってゼッタイ許せないな。

でもでも、おばーちゃん先生を野放しにしてて大丈夫?
ホラーな終わり方でしたね。

投稿: AnneMarie | 2007年6月22日 (金) 11時43分

AnneMarie様

TBコメントありがとうございます☆

見応えありましたね。
かなり濃厚なドロドロ対決だったので
90分という上映時間もちょうど良かったです。

おばーちゃん先生は可哀そうな人だなと思いましたが、
シーバの秘密のばらし方とかあまりに狡猾でやっぱひいちゃいました・・・
親の気持ちになってみたらホントありえないことなのに、
秘密がバレてからの周囲の大騒ぎっぷりにはちょっとビックリしてしまったんですよねぇ~
なんだかんだ言いながらシーバの気持ちになって観てたのかも?

投稿: kenko | 2007年6月23日 (土) 23時30分

>kenkoさん

バーバラが仮にモテナイ独身男性
だと過程したらあの行動はすごく理解
出来るんですよね。でも男性だったら
あそこまでシーバが接近してこない
訳で・・・。
でも正直あの程度の事で大騒ぎするんだなぁっていうほうが驚きでした。倫理感の違いなのかな?もっと解決しないといけない問題って山のようにあるような気がする。
といってもあの少年には感情移入の余地
ゼロですけどねぇ。モデルになった方の
事実ではのちに結婚したらしいので、
なんだか救いを感じました。

投稿: kazupon | 2007年6月24日 (日) 20時45分

kazupon様

バーバラがもし男性だったら、ここまで強烈にコワイ映画には
なってなかったかもしれませんね。

私もあの大騒ぎにはビックリしました。
あの少年にだって責任あるのに・・・未成年ってズルイ。

モデルになった事件のことは後で知ってこれまた驚いたんですが、
結婚までしたんですねぇ!それならまぁ、結果的には良かったんでしょうか。
なんとも波乱万丈ですね。。。

投稿: kenko | 2007年6月25日 (月) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/6535001

この記事へのトラックバック一覧です: あるスキャンダルの覚え書き:

» あるスキャンダルの覚え書き(イギリス) [映画でココロの筋トレ]
女教師が生徒に手を出しちゃった! という事件あったよね。 「あるスキャンダルの覚え書き」を観てきました~! ( → 公式HP  ) 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ、アンドリュー・シンプソン 上映時間:92分  ロンド... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 11時35分

» あるスキャンダルの覚書 [It's a Wonderful Life]
ケイト・ブランシェットが出ているってだけで観にいきました。 演技力は勿論、作品選びのセンスがいつもいいなと思います。 そんなイメージから知的で魅力的な人だな~という印象。 逆に脱力系ラブコメなんかに出てるケイトとか一度観てみたい気もします。 今年の...... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 20時46分

» 「あるスキャンダルの覚え書き」恐怖は日常にこそ潜んでいる [soramove]
「あるスキャンダルの覚え書き」★★★★オススメ  ケイト・ブランシェット、ジュディ・デンチ主演 リチャード・エアー監督、2006年、イギリス(125分) 新しく赴任して来た、 美しい美術教師 彼女は齢の離れた夫と 障害を持った子供を育てる生活から つ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月27日 (水) 08時27分

» 「あるスキャンダルの覚え書き」 エゴと支配  [はらやんの映画徒然草]
バーバラもシーバも、エゴが強いという点では同じに見えました。 自分がかわいらしく [続きを読む]

受信: 2007年7月15日 (日) 22時28分

« 西の国から '07 | トップページ | ラディッシュちゃん♪ »