« ブラム学園復活!! | トップページ | BLAME!な動画 »

レミーのおいしいレストラン

Ratatouille

ピクサー作品は大好きだけど、今回のはいまひとつキャラがかわゆうないのと、『レミーのおいしいレストラン』という地味なタイトルからくる地味なイメージとで、予告やポスターを観てもなかなかピンとこなかったのだった。しかしいざ観始めてしまえば、そんなイメージあっちゅう間に吹き飛んじゃいました。That'sピクサーマジック。ピクサー映画にハズレなし。

<あらすじ>

天才的な料理の才能を持つドブネズミのレミーは、ある日ふとした災難から家族と離れ離れになってしまうが、下水道を流れて辿り着いた場所はなんとパリ、しかも今は亡き憧れの名シェフ・グストーのレストランだった。見習いシェフ・リングイニがスープを台無しにしてしまうところを目撃したレミーはこっそり絶品スープに作りなおすが、それを見たリングイニはレミーとコンビを組むことを思いつく。レミーのおいしいレストラン公式サイト

そうそう観始めて思い出しました。ピクサー映画には時々マエセツ的なプチアニメがあるのよね。こんなハイクオリティなマエセツもそうそうないですが、今回のもかなり面白かった!観客の皆さんの気持ちも軽くほぐれてあったまったところで本編スタート。これってすばらしく有効だと思います。

CGアニメのレベルってもう随分前から頂点に達しているようだけど、こうして最新のものを観るたびにやはり新鮮な驚きがあります。レミーの濡れた毛の質感や、本当にいい香りが漂ってきそうなお料理の湯気や、ため息が出るほど美しいパリの夜景。ネズミ目線のカメラワークの面白さにも唸りました。

で、「天才的な料理の才能を持つネズミ」と「料理の才能まるでナシの人間」が、いったいどうやって周囲にバレずに一緒にお料理するのかと思ったら・・・えぇーそんな方法?!なんという強引な(笑)しかしこれまたピクサーマジックで、あれよあれよという間に受け入れてしまっているから不思議。もひとつ強引と言えば、リングイニとコレットのくっつき方もずいぶん強引というか唐突なのですが、ある日突然ワケもなくやってくるのが恋なのよってことで自己完結しました。

でもそんなこと言ってたら、そもそも「ネズミに料理をさせる」という発想の段階からして既にひどく強引。毛の生えた動物ならなんでも愛でてしまいがちな私でも、さすがにキッチンで大量発生しているのを見たら悲鳴を上げるに違いない・・・。その点ではどうしてもひいてしまう人も多いんじゃないかと思うのだけど、妥協を許さない素晴らしい脚本と映像とで、ぐいぐい物語に引き込んでくれる問答無用のパワーとチャレンジ精神には、改めて脱帽せざるをえません。ちっちゃい体ならではの動きで、人間サイズの食材や道具を華麗に取り扱うレミーのなんとカワイイこと。それにお料理の前にはちゃんと手を洗ってたからきっと大丈夫。

レトロな絵本風味のエンドロールも素晴らしく、最後の最後まで楽しませてくれました。

それと全然カンケイないけど、サイクロプス王子がひどくはっちゃけてて楽しそうな映画『魔法にかけられて』の予告篇には笑ってしまった。ディズニーアニメをディズニー自らがパロディにする・・・そんな時代なのだなぁ。

|

« ブラム学園復活!! | トップページ | BLAME!な動画 »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんはっす。わたしも最初に予告編みたとき「こらまたエライ地味な話やな・・・」と思いました。それがあんなハラハラドキドキ大冒険な話になるんだから、映画ってのは実際に観てみないとわからないもんですね

>マエセツ的なプチアニメ

どう考えても不合格だと思うんだけど・・・ 宇宙の基準はゆるいな

>ある日突然ワケもなくやってくるのが恋なのよってことで

名画のタイトルで『突然、嵐のように』ってありましたよね。今回はいたるところにヌーベルバーグの影響が・・・ ウソです。そんなの全然わかりません。ただたまに出てくる気障ったらしいセリフには笑わせてもらいました

>「ネズミに料理をさせる」という発想の段階からして既にひどく強引。

思うんですが、ピクサー作品は「つっこんだら負け」だと思います(笑)。あのいかれた世界観にどれだけシンクロできるかが楽しむカギといえるでしょう。もっともけっこうヒットしてますから、世の中意外と頭の柔らかい人が多いみたいです
KENKOさんのおっしゃるように脚本と映像の力も大きいですけどね

>魔法にかけられて

いま予告映像見ましたが、バカウケしました(笑) これ、よそが作ったら絶対訴えてたと思います

投稿: SGA屋伍一 | 2007年8月29日 (水) 22時26分

SGA屋伍一様

今お邪魔しに行こかと思っとりました。

>宇宙の基準はゆるい

全くですね(笑)宇宙人っておおらかなんだな。
爆睡している人物のシルエットがリングイニに見えて、
こりゃまた予想もつかない導入部分だのぅ~さすがピクサー!と思ったら
全く別のお話でした。

>『突然、嵐のように』

そうそうそんなタイトルありましたね。どんな映画だったか全然思い出せないけど(笑)
やっぱ恋人たちの街パリだから。いつなんどき恋に落ちても不思議ではないのです。

>つっこんだら負け

ついつっこんじゃった。テヘ♪(←キモ)
どの世界観も見た目以上にいかれてますもんね。

>魔法にかけられて

観ました?爆笑ですよね~これはディズニーにしか作れない(笑)
これでヒットしなかったらマジでディズニーイタイなと思うんですけど…
サイクロップス、今度は幸せになれるといいな。

投稿: kenko | 2007年8月29日 (水) 23時17分

こんにちは!
『魔法にかけられて』って、アニメから実写になる映画ですよね?
予告編は観ていないけど、TVで情報を見て、個人的にツボだと踏んでいる映画なんですぅ~
サイクロプス王子・・・いつもいつも彼女を横恋慕されてばかり。X-MENでもスーパーマンでも『きみに読む物語』でも・・・
今度もきっと・・・って思って切ない気持ちになっていますぅ~

レミーは可愛かったですね。
ちょっとリングイ二君がウダウダ君だなぁ~って思いましたが、なかなか楽しめました~♪

投稿: 由香 | 2007年8月30日 (木) 10時17分

由香様

こんにちは♪
『魔法にかけられて』はレミーを観た時の予告篇で初めて観たんですけど、
私も既に激しくツボの予感がしていますぅ~
早く観たいですね~

サイクロプス王子、『きみに読む物語』でもフラれちゃってるんですか?!
観てないけど…気の毒に…
フラれる運命なんですかねぇ~男前なのにねぇ~

リングイニはハッキリ言って人がいいばかりの若者でしたよね(笑)
シェフには向いてなかったけど、最後には彼なりの道を見つけたのかな?と思いました。

投稿: kenko | 2007年8月30日 (木) 13時02分

こんばんは☆TBありがとうございました。

リングイニくん、最近のオトコノコ代表~?(笑)
レミーと対照的な覇気の無さにちょっとイラッときましたが(ヘヘ;)
最後の看板に優しさがでていて、そこは結構好きでした~☆

投稿: kira | 2007年8月30日 (木) 21時49分

こんばんわ!

あのクオリティの高い前説アニメは
まるで、『ダウンタウンの漫才前説を
とんねるずがやっている』みたいな感じ
ではないですか?(←あれ・・?違う?)

ピクサーがディズニーの子会社になって
一発目の作品が・・・
ネズミが主人公だなんて、
なんとも皮肉な感じもしますが(笑)。
でも、やっぱりなんだかんだでピクサー
アニメは面白いですよね。

「ありえない設定」をここまで
「ありえる感じ」に描いてしまえる
夢のアニメスタジオ・・・素晴らしいです。

投稿: 睦月 | 2007年8月30日 (木) 23時39分

こんばんは☆kenkoさん☆

ほんとピクサーにハズレなしですね〜、
カーズはあまり好きじゃなかったけど、、、
子供も大人も楽しめちゃうしこのクオリティ☆

今日ね、渋谷でまたまたわたしの目の前走り去るネズミをみちゃったのです!
怖いー。すごく大きいの!
ネズミの作った料理なんて食べれん!って急に現実的になっちゃったりして(笑)

投稿: mig | 2007年8月30日 (木) 23時57分

kira様

いえこちらこそコメントありがとうございます。

そうそう、リングイニって正にイマドキの男の子って感じだった(笑)
覇気も向上心もなくて…って、私も人のことは言えませんが。。。
小さなお客さんのための看板は粋なはからいでしたねー♪

投稿: kenko | 2007年8月31日 (金) 10時42分

睦月様

お返事どうもでございます。

>ダウンタウンの漫才前説を
とんねるずがやっている

さすが上手いことをおっしゃいますなぁ!
正にそんなレベルですよね、あの前説アニメは。本編に負けてないもの~

ディズニーの子会社になってることも知らずのほほんと観ちゃいましたが、
そういう大人の事情もふまえて考えるとホント皮肉ですね(笑)

設定だけ聞くとありえないのに、実際観てみると全然アリでむっちゃ楽しかった!
やっぱすごいわピクサー☆

投稿: kenko | 2007年8月31日 (金) 10時53分

mig様

おはようございますmigさん☆

migさん的にはカーズはイマイチだったんですね。
あれもオール車キャラというありえない設定でしたよね~(笑)

えー!!またまたネズミに遭遇?!
渋谷ってネズミ遭遇率の高い街なのかしら…
すごく大きいってことは、きっとドブネズミなんでしょうね。
そりゃ全然かわいくないし怖いわぁ~
ネズミの作った料理なんて食べれん!…哀しいかな、私もそれがホンネです(笑)
レミーごめん。。。

投稿: kenko | 2007年8月31日 (金) 11時07分

kenkoさん

同感です。いつも見る前は「今回
なんだかなー観なくてもいいかな?」って
宣伝とか見てると思うんですけど、観て
しまえば「観といてよかった神様ありがとう!」な映画になってるんですよね
ピクサー。
レミーをクレーンカメラで追っているような
斬新なカメラワークとか(アニメですが)
人間パートをかなり多くしてるとか、これまで以上に新しいことをやろうとしている
意気込みも感じられつつちゃんと娯楽に
しているところが素晴らしいです。^^

投稿: kazupon | 2007年9月 1日 (土) 11時39分

kazupon様

そうそう~毎度観る前は半信半疑なんだけど、
実際観てみると面白いアイデアのいっぱいつまった作品になってるんですよね。
今回特に人間キャラのかわいくなさが気になってたんですが、
観始めてしまえばそんなのどうでもいいことでした(笑)

レミーを追う斬新なカメラワークもアニメならではで楽しかった!
CGアニメと言えばピクサーってくらい認知されてると思うのに、
新しいことにチャレンジすることを怠らないのが素晴らしいですね。

投稿: kenko | 2007年9月 1日 (土) 17時40分

kenkoさん、TBありがとうございました☆
そうです、恋は突然やってくるものなのですー。と私も自己完結^^
リングの操作法(?)といい、結構強引な展開なのに許せてしまうのはさすがですねー。そこに夢があるからですね(?)。
ところで私はまだ予告編に遭遇してない『魔法にかけられて』が気になります~。パロディ映画??

投稿: sally | 2007年9月 2日 (日) 19時28分

sally様

お返事ありがとうございます☆

そうそう夢があるから(笑)
ついつっこんでしまうのは、つまんないオトナの悪いクセですね…
コレットみたいな気の強いタイプは、
ああいう唐突な口説き方(?)が案外有効な気もするし♪

そして『魔法にかけられて』の予告にまだ遭遇していないsallyさんに…↓

http://www.disney.co.jp/movies/mahokake/index.html

かなりツボってます(笑)

投稿: kenko | 2007年9月 3日 (月) 22時32分

はじめまして。
はらやんさんのところからお邪魔しています。

観終わるとレミーがかわゆく見えるところ、
さすがピクサー。。。
今回もやられました。。。

「魔法にかけられて」は私も単独で記事を書いてしまうくらい驚いています。
ある意味、ゲームの親がジョーカーだった、みたいな・笑。
面白そうだけど、これやっちゃったら
後がないじゃん、とか、いろいろ考えます(^m^)

投稿: 紫式子 | 2007年9月17日 (月) 12時26分

紫式子様

初めまして!TBコメありがとうございます!
はらやんさんのところから来てくださったのですね~
はらやんさんにはいつもお世話になっておりますです。

観る前はそんなにカワイイとは思ってなかったレミーも、
観終わったらすっかりトリコですよね(笑)
『魔法にかけられて』は、ディズニーってばこの手の2Dアニメをまだやるつもりなの?
と思わせといていい意味で裏切られる予告にやられましたー
ホントこれやっちゃったらもう後がない(笑)
スベったらかなりイタイと思うけど…期待しております!

投稿: kenko | 2007年9月17日 (月) 18時01分

コメントありがとうございます!

もう広い世代の人を楽しませるのは、やっぱり世代と世代をつなぐ「家族」をテーマに描くしかないと、ピクサーに教わったような気がします。
ピクサーってなんだかんだで家族や共同体のあり方を描き続けていますよね。

家族のメインファクターが「家」から「個人」にかわってしまった現在、もう少年漫画的なのはやめて、家族漫画を描いてみようかなと思っています。
いやもともと少年漫画の才能は無いんですけど・・・coldsweats01

投稿: ゴーダイ | 2010年8月12日 (木) 13時07分

ゴーダイ様

こちらこそありがとうございますー
ブログはじめて1年くらいの記事なので恥ずかしいですがsweat02
それとピクサー作品すべてごらんになってたんですねcoldsweats01失礼しました。

ほんとピクサーって子供も大人も、あらゆる世代を楽しませてくれますもんね。
嫌いっていうひと聞いたことないし。

ゴーダイさん、少年漫画の才能ないなんてことはないですよー
でも確かに対象年齢高めな気はする?ときどき難解だし・・・それは私がアレなだけかsweat02
家族漫画、いいじゃないですか。

投稿: kenko | 2010年8月12日 (木) 19時26分

>ときどき難解だし
よくないですよね。反省します!coldsweats01
もっと読みやすくて面白いものが描けるように努力します!!

投稿: ゴーダイ | 2010年8月16日 (月) 11時48分

ゴーダイ様

お返事がとってもとっても遅くなってしまってごめんなさい!bearing

>反省します!

反省しないでくださいまし。
私がバカチンなだけですからcoldsweats01
ゴーダイさんの知識の豊富さにはいつも本当に感心してます。
ゴーダイさんの隠れステージ、なかなか行けてないですが
新作が発表されるのを楽しみにしております。

投稿: kenko | 2010年8月19日 (木) 18時23分

励ましのお言葉ありがとうございます!
モチベーション上がりました(単純・・・)!

この前4年前の作品『ダブルスピーク』をアップしました。
今描いている『イッツアドリームワールド』も完成したらアップロードするので、その時はよろしくお願いします!

投稿: ゴーダイ | 2010年8月19日 (木) 22時51分

ゴーダイ様

モチベーション上がってくれてよかったhappy01

作品UPされたんですね〜
また時間のあるときにゆっくりお邪魔させていただきます。

投稿: kenko | 2010年8月20日 (金) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/7039902

この記事へのトラックバック一覧です: レミーのおいしいレストラン:

» チュウ文の多い料理人 ブラッド・バード 『レミーのおいしいレストラン』 [SGA屋物語紹介所]
ドブネズミみたいに たくましくなりたい 写真には写らない 香ばしさがあるから 終 [続きを読む]

受信: 2007年8月29日 (水) 22時27分

» レミーのおいしいレストラン [★YUKAの気ままな有閑日記★]
子どもと一緒に吹替え版で鑑賞―【story】料理が大好きで、一流レストランのシェフになる事を夢見るネズミのレミーは、ある日家族とはぐれてしまい、一人ぼっちでパリのレストランに辿り着く。そこはレミーが尊敬するシェフ、グストーのレストランだった。そこには料理が苦手の見習いシェフのリングイニがいて、ヘマをしてお店のスープを台無しに!みかねたレミーはスープを作り直すが、その様子をリングイ二に目撃されてしまう―   監督 : ブラッド・バード 『Mr.インクレディブル』【comment】『トイ・ストーリー』『... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 10時12分

» レミーのおいしいレストラン [Akira's VOICE]
美味しいと感じる心。 幸せはそこから始まる。 [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 12時28分

» レミーのおいしいレストラン [to Heart]
原題 RATATOUILLE 製作年度 2007年 監督 ブラッド・バード 声の出演 パットン・オズワルト/ブライアン・デネヒー/ブラッド・ギャレット/ルー・ロマノ/ピーター・オトゥール 料理が大好きで、一流レストランのシェフになることを夢見るネズミのレミーは、ある日、尊敬する料理人グストーの店にたどり着く。そこで働くシェフ見習いのリングイニがヘマをして、スープを台無しにしてしまう。その様子を見ていたレミーは、キッチンに入り込み、見事にスープを作り直すが、その姿をリングイニに目撃され……。 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 21時51分

» レミーのおいしいレストラン/Ratatouille [我想一個人映画美的女人blog]
                                                           {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} 渋谷センター街歩いてて2、3回道で見たことある{/ase/} ネズミなんて大嫌いだし、 厨房にネズミ?ありえん!し、ネズミが作った料理なんて衛生問題上、ゼッタイありえん〜 キタナイヨ〜! でもでも、この映画では許せちゃうんだよね  こんな食... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 23時58分

» レミーのおいしいレストラン [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  「オーダー!」 「ウィ!ムッ・・・チュー!」   [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 00時58分

» レミーのおいしいレストラン [It's a Wonderful Life]
いや~PIXARの新作はブラッド・バード監督と聞いて、 この夏こっそり楽しみにしてた作品なんですが、 やっぱり最高!でした。好きだわ~。 ブラッド・バードほんとにハズレないです。 そんなにアニメは観ていないものの、 傑作だった「Mr.インクレディブル」は ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 11時40分

» レミーのおいしいレストラン [旧作DVD(ビデオ)から新作予告編まで超個人的映画情報]
美味しい食事の前では誰もが善人になる・・と世界も平和でいいのだけど、お金や権力に取り付かれてしまうと料理人が料理を忘れてしまうのだねぇ・・などと脇役のコック長の悪役ぶりにため息をついてみても始まらない。ねずみと言う人間にとって色々な菌の媒介者である主人公が超一流のコック、というとんでもないストーリー。話はとても楽しい。さすがディズニーと言うべきか、最後まで退屈することなく観れます。でも、親が料理人だったという環境で育った私には「ねずみ=不潔」という図式が刷り込まれているので違...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 2日 (日) 09時16分

» レミーのおいしいレストラン [山羽のつぶやき]
観に行こう行こうと思いながら、結構ギリギリになってしまいました。友達に良かったと聞いていたので、はずれはないだろうと思ってました。面白かったです。ねずみの生活に疑問を感じるレミーが料理に目覚め、料理が苦手な見習いシェフのリングイニとコンビを組んで評判の...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 2日 (日) 14時51分

» レミーのおいしいレストラン [knockin' on heaven's door]
Ratatouille ピクサーの最新作は、シェフを夢見るネズミの爽やかな奇跡の冒険物語。パリへ辿り着いたネズミのレミーは、見習いシェフのリングイニと出会う。 艶やかな質感の映像で再現されたパリの街を舞台に、ちょっぴり苦くて、そしてとっても美味しい映画が出来...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 2日 (日) 19時15分

» レミーのおいしいレストラン−(映画:2007年88本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ブラッド・バード 声の出演 :パットン・オズワルト、ブラッド・ギャレット、ブライアン・デネヒー、ブラッド・ギャレット、ジャニーン・ガロファロー、イアン・ホル 評価:91点 公式サイト (ネタバレあります) 子供の頃住んでいた家にはよくねずみが出...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 3日 (月) 00時26分

» 「レミーのおいしいレストラン」 志向しているのはナチュラルさ [はらやんの映画徒然草]
よい食って人を幸せな気分にしますよね。 食べるのももちろんですが、お料理を作って [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 22時10分

» 映画『レミーのおいしいレストラン』 [紫式子日記]
レミーのおいしいレストラン ★公式サイト 薦められて観に行って、正解!! ディズニーだアニメだとバカにしていましたが、 やはりピクサースタジオは優秀であった。。。 「ピクサーは『不可能な夢』が大好きなんだ」 というのは監督のお言葉。 今回の主人公は、ネズミなのに一流シェフに憧れるレミー。 料理下手の厨房雑用係・リングイニの帽子にもぐり 彼の手を借りながら、天才的な味覚・嗅覚センスで 3つ星に転落したレストランを立て直していく。 CGがとりあえずスバラしい。 パ... [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 12時36分

» 映画レミーのおいしいレストラン DVD [噂の情報屋]
一流シェフを夢見るネズミが、 料理の苦手な見習いシェフと共に繰り広げるハートフル・コメディ。 尊敬するシェフの言葉に励まされながら、 料理の世界では嫌われる存在でも決してあきらめずに 一歩を踏み出し続ける姿をコミカルに描いています。 監督は、「Mr.インクレディ..... [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 19時34分

» レミーのおいしいレストラン [HEAVEN INSITE's Blog]
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」  味を見るからスプーンを降ろせ、よし!塩が多い!よし!  ピクサーがついにクリエイター論を放ったのが、この作品。正直『レミー [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 01時00分

« ブラム学園復活!! | トップページ | BLAME!な動画 »