« 夏の風物詩② | トップページ | 恋愛睡眠のすすめ »

夕凪の街 桜の国

Yunagi

『夕凪の街 桜の国』の原作&映画の感想です。ちと長いですがご勘弁を。

当初観る予定ではなかった作品ですが、映画館で初めてこの映画の予告篇を観たとき・・・見慣れた風景を目にし、普段使っている言葉を聞いたとき。これは観なければいけない作品だな、と思ったのでした。

<あらすじ>

原爆投下から13年後の広島。母フジミ(藤村志保)と共に原爆スラムで暮らす皆実(麻生久美子)。弟の旭(伊崎充則)は、戦時中水戸に疎開し、そのままおば夫婦の養子になっていた。ある日皆実は、会社の同僚の打越(吉沢悠)から想いを打ち明けられるが・・・

現在の東京。定年退職した父・旭(境正章)、弟の凪生(金井勇太)と暮らす七波(田中麗奈)。ある日、旭の行動を不審に思って後をつけた七波は、途中幼馴染みの東子(中越典子)に出会い、そのまま一緒に深夜バスに乗り広島まで来てしまう。夕凪の街 桜の国公式サイト

原作は、広島出身のマンガ家こうの史代さんが描いたコミック。ずいぶん前から書店で平積みされているのを目にはしていたけれど、なかなか手に取る気持ちになれなかったのは、やはりテーマが「ヒロシマ」であったせいかもしれません。

しかし「映画『夕凪の街 桜の国』を観る」と心に決めたからには原作にもトライすべし!と(たった1巻だしね)、先日意を決して読んでみましたところ・・・

Yuunagi2

驚きました。たった35ページの物語が、こんなにもストレートに力強く胸に迫ってくるなんて。メルヘンチックなかわいらしい絵柄、微笑ましいエピソードに油断して読んでいると、まず登場人物の名前がすべて広島の町の名前であることに軽いジャブを、そして最終的には眩暈がするほど強烈なパンチをくらうことになります。

あとがきに綴られているこうのさんの言葉にも、深く共感。以下長々抜粋。

わたしは広島市に生まれ育ちはしたけれど、被爆者でも被爆二世でもありません。被爆体験を語ってくれる親戚もありません。原爆はわたしにとって、遠い過去の悲劇で、同時に「よその家の事情」でもありました。怖いということだけ知っていればいい昔話で、何より踏み込んではいけない領域だとずっと思ってきた。

しかし東京に来て暮らすうち、広島と長崎以外の人は原爆の惨禍について本当に知らないのだという事にもだんだん気付いていました。わたしと違ってかれらは知ろうとしないのではなく、知りたくてもその機会に恵まれないだけなのでした。だから、世界で唯一(数少ない、と直すべきですね「劣化ウラン弾」を含めて)の被爆国と言われて平和を享受する後ろめたさは、わたしが広島人として感じていた不自然さより、もっと強いのではないかと思いました。

遠慮している場合ではない、原爆も戦争も経験しなくとも、それぞれの土地のそれぞれの時代の言葉で、平和について考え、伝えていかなければならない筈でした。

体験を語ってくれる被爆者の方も少なくなりつつあるというのに、最近では平和学習を端折ってしまう学校も多いという現実。(広島市では、原爆の被害についてよく知らない子どもが増えているという現状に市教委が危機感を強め、各校に働きかけた結果、今年は昨年に比べ75校も増えたそうです。by中国新聞)怒りを通り越し、あきれ果ててしまうような発言を平気でしちゃう元エライ人。何が言いたいんだか自分でもよく分かりませんが、広島に生まれ育ったからにはもっとヒロシマに興味を持ち、受け身ではなく学ぶ意志を持って学び、考え、伝えていくべきなんではないかと。しごく当然のことではあるけれど、この作品のおかげで、アンポンタンなりにええ年こいて改めて思い至ることができたのでした。

んでようやく映画の方。

感想をUPするのが遅くなってしまいましたが、全国よりも1週間早い先行上映にて鑑賞させていただきました。満席でしたが、年配のお客さんかなり多し。車椅子に乗ったおじいちゃんおばあちゃんの姿も。

原作と同じく『夕凪の街』『桜の国』の二部構成で、なるべく原作に忠実に作ろうとしている姿勢に好感を持ちました。皆実の回想シーンにヘタなCGではなく、あえて「原爆の絵」を使用するなど、悩んだ末なんではないかと思われる工夫も。

まずキャスティングがすごくいいと思います。麻生久美子も田中麗奈も、原作のイメージ通り。頑張って広島弁を練習したであろう皆実役の麻生さん・・・撮影前に広島を訪れ、資料館を4時間かけて見学なさったんだそうで。私も十○年ぶりに行ってみよう。

田中麗奈さんのサバサバした演技も素晴らしかった。被爆二世である七波のいかにも現代っ子らしい明るさは、すべてがゼロになってしまった状態から、長い時間をかけて平和を築いてきたことの証のようなもの。「どんなにつらいことがあっても、前を向いて生きてかなきゃいけないのはみんな同じなのにね」というセリフが印象的でした。

映画にしろ原作コミックにしろ、とても美しくて優しい物語だと思いました。そのけして声高ではないけれど力強いメッセージは、観る人読む人の心に静かに確実に届いて、平和について考えるキッカケを与えてくれるんではないでしょうか。

広島ではこの時期、あちこちで連日のように原爆や平和に関連したイベントが行われます。なかでも今年、特に注目しているのは、8月17日~26日にかけて開催される『第2回ヒロシマ平和映画祭2007』。(『夕凪の街~』の公開も、この映画祭のイベントのひとつみたいな感じ)広島人として、映画ファンとして、ぜひとも参加してみたいなと思っとります。

|

« 夏の風物詩② | トップページ | 恋愛睡眠のすすめ »

マンガ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

私も水曜日に見に行って、なんとも静かな涙が流れてしまいました。
わたしもkenkoさん同じで被爆2世ではないけれど、じいちゃんが被爆をしているのでちょっとまた受け取ったものが違うかもしれませんね。
原爆の後遺症は本当に、ある日突然、身体を蝕んでしまうとっても怖いものというのが私の心にどうしても残っています。
60過ぎまで元気だったじいちゃんが、急に骨髄のがんになって、被爆の傷跡は今も、今からもきっと残っていくのだろうなと今は思っています。
みんながそれとわかるかどうかは別として。。。
ちょっと暗くなってしまいましたが、昔のことだけど、事実を事実として認識しながら生きて生きたいものです。
私達の先祖は、被害者でもあり加害者でもあったのですから・・・

投稿: えす | 2007年8月 3日 (金) 13時03分

えす様

おー!結局観に行ったんだね。
私も涙出ました…すすり泣いている人、かなり多かった。

えすさんはおじいちゃんが被爆されてたのね。
長い付き合いだけど知らなかったよ。
それは私よりもずっと原爆を身近に感じることでしょう。
原爆の後遺症のことや、被爆二世のことなど
若い世代には知らない人が結構多いらしくて、
七波役の田中麗奈も「今回初めて被爆二世のことを知った」って
何かのインタビューで言ってました。
個人にできることは限られているかもしれないけど、
せめて将来自分に子どもができた時、きちんと教えてあげられるよう
勉強しておかなきゃなと思いました。

>被害者でもあり加害者でもあった

そう、それもけして忘れてはいけないことですね。

投稿: kenko | 2007年8月 3日 (金) 13時57分

こんばんは。

私も広島で生まれ育ってますが、被爆経験者でも被爆2世でもありません。
しかし、私の母は戦時中江田島の山の上のほうに住んでおりその当日のことを時々話してくれます。

子供の頃から平和教育を受けてきたけど、やっぱりまだまだ他人事って思ってる自分がいることに改めて気づきました。

戦争のことを知らない世代だけど、これからは私たちがこういう話を受け継いでいかなかればいけないんだなって思いました。

投稿: Hitomi | 2007年8月 4日 (土) 21時06分

Hitomi様

私も広島生まれ広島育ち、生粋の広島人でございます。一緒ですね。
そして同じく、被爆者でも被爆二世でもありません。

Hitomiさんはお母様が当日のことを話してくださるんですね。
うちは父方が広島なんですが、なんでも戦時中は一家で台湾の方へ行ってたらしく、
原爆投下後広島へ戻ってきたそうです。

私も子供の頃から原爆や戦争について学ぶ機会に恵まれていたにも関わらず、
どこか受け身で・・・正直なところ、時に避けてすらいたように思います。

同じく戦争を知らない世代である原作者こうのさんの、
「遠慮している場合ではない」という言葉にハッとしました。
当時の広島がどんなだったか…
今度勇気を出して父に尋ねてみようかな…と思っています。

投稿: kenko | 2007年8月 5日 (日) 02時32分

こんばんは、はじめまして♪

広島には一度も行ったことがありませんが、
社会人になってから多くの広島県人と知り合いました。
先輩方の中には被爆者手帳をお持ちの方もいらっしゃいました。
そういう方々のお子さんも今20代後半のはず。。
上映中、ずっとはらはらと涙が止まりませんでした。その時の恐怖を思って、、

TBさせて頂きますね。

投稿: kira | 2007年8月 8日 (水) 23時04分

kira様

kiraさん初めまして!
TBコメントありがとうございます。

kiraさんの周りには広島県人がたくさんいらっしゃるんですね。
なんだか勝手に親しみを感じてしまいます(笑)

62年前というと遠い昔のことのようだけど、あの日の恐怖や痛みが今も続いていること、
そしてその恐怖を乗り越えてきた人々の尊さを静かに教えてくれる作品でした。

広島人として、全国のより多くの人に観てもらえたらいいなと思っています。

投稿: kenko | 2007年8月 9日 (木) 21時23分

コメントどうもでした~♪
>満席でしたが、年配のお客さんかなり多し
ボクが観たのは、平日の朝一番の上映だったんですが、おじいちゃん、おばあちゃんって世代の人が多かったです、映画の途中すすり泣く声も聞えてきたりして・・・

投稿: はっち | 2007年8月11日 (土) 22時46分

はっち様

こちらこそコメントありがとうございます。

やはり年配の方が多いんでしょうね。
できれば若い人にこそ観てほしいなとも思ったりするんですが…

投稿: kenko | 2007年8月13日 (月) 00時38分

原爆の話は小学校の授業をはじめ何度も何度も聞いています。自分なりに厳粛な気持ちで受け止めているつもりですが、広島に住んでいてまさに「地続きの現実」であるkenkoさまに比べれば、きっと本当の意味では「わかってない」のだろうな、と思います
そんな身ですけど、この『夕凪の街 桜の国』(原作)は深くココロに突き刺さるお話でした
最初は同人誌で出版されたのにも関らず、少しずつ読者を増やして、いまや海外にまで紹介されている。本当にすごいことだと思います

で、映画は「マンガさえあればいいんでないの?」と感じていたんで、あまり観る気がおきませんでした。ですが先日ちゃんと原作も読んでいた友人が大層誉めていたので、やっぱり観なくちゃならないかな・・・と思いなおしております。ただ、近所まできてくれないかもしれないんですよね・・・ この映画

投稿: SGA屋伍一 | 2007年8月13日 (月) 12時38分

SGA屋伍一様

おはようございます、SGAさま。
お盆は人並みになんだかんだイベントがあってブログほったらかしぎみで
お返事が2日越しになってしまいました…ごめんなさい!

広島に生まれ育つと確かに自然と原爆を身近に感じるようになりますが、
私の場合、子どもの頃に見聞きした原爆という現実はあまりに恐ろしくて
これまであまりちゃんと向き合うことができませんでした。
しかし同じような立場で、同じように「広島人としての不自然さ」を感じていたという
こうのさんの作品はすごく素直に心に響いてきて、
「このままではいけない」と思うことができました。
これはじめは同人誌だったんですねぇ。知らなかった…ほんとスゴイことですね。

原作のクオリティがあまりにも高いので
私もこれ以上の映画になることはないだろうなと思いました。
実際観てみてやはりそう感じる部分もありましたが、
原作を読む機会のないより多くの方にこの物語を知ってもらえるなら
それはそれで意義のあることなんではないかと思っています。
広島の街がとてもキレイに撮られている作品でもあるので、
もしもSGAさんのご近所に来ることがあったらぜひ観ていただきたいです☆

投稿: kenko | 2007年8月15日 (水) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/7039885

この記事へのトラックバック一覧です: 夕凪の街 桜の国:

» 「夕凪の街 桜の国」:東池袋一丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}ここにある豊島岡女子学園の歴史って知ってる? {/kaeru_en4/}いや。 {/hiyo_en2/}東京家政女学校という学校が昭和15年ここの土地を購入して、校舎の新築を計画したんだけど、戦争のため建築の中止を命じられた上、戦火のために牛込にあったもとの校舎は全焼の災厄にあったんだって。昭和23年ようやくここに移転復興したあと、豊島岡女子学園と校名変更したってわけ。 {/kaeru_en4/}そんな歴史があるなんて知らなかった。日本ていろんなところで戦争の影響を受けてい... [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 22時17分

» 【2007-109】夕凪の街 桜の国 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 広島のある 日本のある この世界を愛する すべての人へ 広島 あの日から十三年 消し去れぬ想い そして、現代 ふたつの違う時代に生きる二人の女性が、 今ひとつの物語を紡ぎはじめる。 生きとってくれて あ....... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 00時10分

» 夕凪の街 桜の国 [Diarydiary! ]
《夕凪の街 桜の国》 2007年 日本映画 原爆投下から13年後の広島に生きる [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 21時03分

» 夕凪の街 桜の国 [Diarydiary! ]
《夕凪の街 桜の国》 2007年 日本映画 原爆投下から13年後の広島に生きる [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 21時10分

» 夕凪の街 桜の国 [to Heart]
製作年度 2007年 上映時間 118分 監督 佐々部清 出演 田中麗奈/麻生久美子/藤村志保/堺正章/吉沢悠/中越典子 昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。やがて、皆実に原爆症の症状が現れ始める。半世紀後、皆実の弟の旭(堺正章)は家族に黙って広島へ向い、父を心配した七波(田中麗奈)は、後を追う内に家族のルーツを見つめ直す。 (シネマトゥデイ)                   『夕... [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 23時05分

» 夕凪の街 桜の国 2007-42 [観たよ〜ん〜]
「夕凪の街 桜の国」を観てきました〜♪ 昭和33年、広島市・・・皆美(麻生久美子)は、建築会社の事務をしながら、母を支えつつましく生きていた。恋愛も贅沢も無縁の生活、皆美の心の中には原爆で生き残った事が負い目になっていた・・・平成13年、東京で暮らす七波(田中麗奈)は、定年後の父の行動が気になっていた・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、平和に幸せに暮らせるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土) 07時15分

» 「夕凪の街 桜の国」試写会 [Thanksgiving Day]
ヤクルトホールで行われた「夕凪の街 桜の国」の試写会に行ってきました。 こんな内容の映画です。 『原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実(麻生久美子)は、打越に愛を告白される。だが彼女は、原爆で父と妹を失い、自分が生き残っているという事が深い心の傷...... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土) 11時39分

» 夕凪の街、桜の国 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
特に、それを意識して予定を組んだわけではなかったのですが、8月6日、広島に原爆が落とされた日に観ました。8月6日ということもあったのか、平日の日中にも拘らず、結構、混んでいました。 原爆投下の13年後の広島。広島で生まれ育った平野皆実は、会社の同僚である打越に愛を... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土) 19時59分

» 夕凪の街 桜の国 [シネクリシェ]
 期待以上の作品でした。心揺さぶられる作品であるにもかかわらず、よくみると書法はきわめてストレートで技巧的なところはほとんどありませんでした(あるいは決して目立たぬような技巧を駆使しているのか)。  ... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 10時04分

» 夕凪の街 桜の国 [Akira's VOICE]
希望は咲き誇る。 [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 14時05分

» 夏がくれば思い出す① こうの史代 『夕凪の街 桜の国』 [SGA屋物語紹介所]
甲子園も終了したようで、夏もぼちぼち終わりというとこでしょうか(アロハプロジェ [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 12時40分

» 「夕凪の街 桜の国」を広島で観る [再出発日記]
「どうして原爆は落ちたんじゃ!」「違うよ‥‥‥原爆は落ちたんじゃなくて、落とされたんよ。」監督・脚本:佐々部清原作:こうの史代出演:田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、伊崎充則、金井勇太、藤村志保、堺正章8月5日、広島市商店街の中にあるシネサロン2で...... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 16時06分

» 『夕凪の街 桜の国』 [たーくん'sシネマカフェ]
明日は8/15終戦の日。(敗戦なのになんで記念日なんだろうと小さい頃から思ってました。)「トランスフォーマー」と「夕凪の街 桜の国」迷いましたが前者はどこの映画館でも、これからも鑑賞できますが後者は限られているのと、この時期だからこそと思い、2時間待ち鑑賞 ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 22時42分

» 映画版『夕凪の街 桜の国』9 [タカマサのきまぐれ時評]
■前回でシリーズをシメるつもりだったが、第7回にいただいたトラックバックの記事をよんで、おぼえがき的に少々。8月5日、広島市商店街の中にあるシネサロン2で「夕凪の街桜の国」を観た。広島では全国に先駆けて先行上映している。19:00日曜日の最終回。客の入りは20人ほ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 09時50分

» 『夕凪の街 桜の国』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]        2007/07/28公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】佐々部清 【脚本】国井桂/佐々部清 【原作】こうの史代 『夕凪の街 桜の国』(双葉社刊) 【時間】118分 【出演】 田中麗奈/麻生久美子/吉沢悠/中越典子/伊崎充則/金井勇太/田山涼成/粟田麗/藤村志保/堺正章 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月23日 (木) 23時15分

» 夕凪の街 桜の国 [空想俳人日記]
あの日の あの場所 消せぬ遺伝子   この映画、一応は2部構成。原爆投下から13年後の広島を舞台にした「夕凪の街」と、それから50年後の現在の東京を描いた「桜の国」。  まず「夕凪の街」。母フジミ(藤村志保)と2人で暮す平野皆実(麻生久美子)。彼女には弟の旭... [続きを読む]

受信: 2007年8月25日 (土) 21時05分

« 夏の風物詩② | トップページ | 恋愛睡眠のすすめ »