« ジーニアス・パーティ | トップページ | ブラム学園復活!! »

河童のクゥと夏休み

Kappa

河童に対する思い入れは全くありませんが、河童の必殺技?のひとつ?とされている「しりこだまを抜く」という行為には、子供心に尋常ではない気味悪さを感じたものでした。だってー「しりこだま」よ?「しりこだま」って・・・何よ。「しりこだま」などというわけの分からない器官が自分の体内に存在してなるものか!という強い反発心を抱きつつ、「しりこだまだけは絶対に抜かれたくない」と大人になった今でも思っています。

<あらすじ>

夏休み目前の小学生・上原康一は、ある日河原で不思議な石を拾う。うちに持ち帰って水で洗っていると、なんと中から河童の子供が姿を現す。康一は河童をクゥと名づけ、最初は驚いていた家族も次第に受け入れ、一緒に暮らし始める。河童のクゥと夏休み公式サイト

しょっぱなから「しりこだま」を連呼してしまいましたが・・・心配ご無用!!この物語の主人公である河童のクゥちゃんは、断じて「しりこだま」を抜いたりはしません。ご安心ください。

しりこだま問題(まだ言うか)に加え絵があまり好みではなかったもんで、すっかりスルーの予定だったこの作品。あまりに評判がいいもんだから、親子連れで超満員のミニシアターにて観てまいりました。いやー・・・泣いた泣いた。

残酷すぎる現実を受け止めて生きるクゥのいじらしさにも泣けますが、やっぱ「おっさん」。あれはキツイです・・・。おっさんの扱いが気になって、最後までなんとなく落ち着きませんでしたもの。しかし後から考えてみると、この作品における数多のアニメ映画と一味違うところって、正にそうした部分なのかも・・・とも思いました。冒頭の衝撃的なシーン、おっさんの過去、イジメ問題、クゥに対する世間の反応、特別な友達との別れ。子供だからと言って避けて通ってはくれない痛みや悲しみを、子供なりに乗り越えなければいけない時もあったりするのが現実なわけで。なんだか考えさせられます。

泣かされるばかりじゃなくて、思わず笑ってしまうところもたくさんありました。息子が河童を拾ってきた日から、早めに帰宅するようになるお父さんとか。文句言いながらもつい河童のお世話をしてしまうお母さんとか。「河童がいる日常」の描き方がとにかくリアルで、上原ファミリーのリアクションにいちいち共感してしまうこと必至。特にコウイチ君の妹・ヒトミちゃんがねぇ~もう可笑しいやらカワイイやら・・・。旅先で「東京の子はしっかりしてるねぇ」と褒めちぎられて照れまくるコウイチ君も良かったです。

先日『電王』を観た時にも感じたことですが、こういう子供メインの映画を観る時には、映画に対する子供の反応が気になってしょうがない私。私の斜め前あたりにちょうどヒトミちゃんくらいの女の子がお母さんと観にきていたのですが、映画が始まったとたん座席に座らずずっと立って観てるんです。別に見えにくいからではなくて、立って身を乗り出さずにはいられないくらい物語にのめり込んでいるんですね。まー時々疲れてお母さんのヒザに座ったりもしていたけれど・・・ほほえましくて笑っちゃいました。

|

« ジーニアス・パーティ | トップページ | ブラム学園復活!! »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん

偶然?昨日二回目観てきたんですよ(苦笑)
いや~やっぱりボロ泣きでした。周りの子供
すっごい騒がしかったんですけど、途中から
かなり大人しくなって隣の子もボロボロ
泣いてましたね。やはりあのテレビ局の
くだりはみんなダメみたいですけど、
自分はチャリ漕いでるようななんでもない
シーンにぐぐっときてしまうんです。
オッサンの妙にアッサリの扱いとか、
上原家が決してできすぎた家族でない
部分とか、たぶん康一は新学期からイジメに
合うんだろうな・・とか、そういう決して
感動だけでは済まされない
リアルな作りこみをファンタジーの要素に
入れているのが素晴らしい作品だと思います。

投稿: kazupon | 2007年8月27日 (月) 08時18分

kazupon様

2回目行かれたんですね!
私、トランスフォーマーなら実は2回観ました。はっはっは
ちなみにクゥは昨日ではなくて金曜日に観たんですよ。

騒がしい子供すら泣かせてしまう河童のクゥちゃん…
そういう子供たちが大人になってもう一度この作品を観たとき、
また違った意味も含め感動できるような映画なんじゃないかなぁと思いました。
チャリのシーンはものすごく美しかったですね~遠野に行ってみたくなりました。
あの座敷わらしがいる旅館にも泊まってみたいです。

ファンタジーだと思って油断して観ていたので、
時々盛り込まれるリアルな描写にドッキリしました。
子供向けアニメとしては挑戦的にすら感じましたが、
だからこそ長く語り継がれる作品になりそうな予感もします。

投稿: kenko | 2007年8月27日 (月) 12時58分

こんばんは。TB・コメントありがとうございました

>しりこだま

これ聞いたことあります。確か『釣りキチ三平』で目にした記憶が・・・
本当になんなんでしょうね、これ。「玉のようなお尻」だったらまだわかりますが。人体のミステリーです

>絵があまり好みではなかったもんで

そうそう、予告映像を見ると、クゥも康一くんも微妙にかわいくないんですよね(笑) 実際に見てるうちにそんなのはどうでもよくなってくるんですが

辛いシーン、愉快なシーン、こちらの記事を読んでるうちにいろいろ思い出してきました
ビールをお皿に注がれて酔っ払うクゥちゃんとか、「丸出しはまずいだろ」とチェックが入るところとか、『冬ソナ』の鑑賞を邪魔されて怒るお母さんとか、カラスが四散してドキッとするところとか・・・ まだまだあります

子供映画としては二時間という長丁場でしたが、こちらの劇場でも子供たち静かに見てましたね。そんだけ集中してたということでしょうか。ただ出来たフィルムは三時間もあったそうですが(笑)


投稿: SGA屋伍一 | 2007年8月27日 (月) 22時21分

SGA屋伍一様

釣りキチ三平が釣りをした川にもいたんですね、河童が。
玉のようなお尻ならなんとなくありがたいですけど(笑)
人体の不思議展でも展示されてなかったしりこだま…
この存在ゆえに、河童ってすごくコワイ妖怪というイメージがありました。
クゥはそんなんじゃなくて良かったです。

そうそう絵がねぇ…予告で観る限りあまりそそられるものではなくて(笑)
でも観ているうちに気にならなくなるし、クゥのこともかわいく思えてくるから不思議。

ちょっとしたシーンでも、こだわりを感じる印象的なものが多かったですね。
言われてみればテレビで丸出しはマズイ(笑)
結果パンツはかされてるクゥがまたかわいかったです。

3時間バージョンもぜひ観てみたいです。

投稿: kenko | 2007年8月28日 (火) 10時53分

はじめまして。
河童のクゥで一番感動したのがラストでクゥが「父ちゃん、ごめん、俺人間の友達ができたよ」というシーンです(このシーンには映画の全てが凝縮されているように思います)。
そう言って、クゥは涙を流します。涙を流した理由ですが管理人さんはなぜだと思いますか?
僕は、殺されたお父さんのことや康一一家や菊池のことなどさまざまなおもいがこみ上げてきたからだと思います。

涙を流した後に川面を風が吹きます。
これは、僕の推測なのですが、クゥのお父さんが吹かせたのではないかと思います(龍を呼んだのと同じように)。
「クゥ、人間の友達ができてよかったね」という意味を込めて。そう信じたいです。
そして、クゥと康一が再び会えることを信じたいです。

投稿: ジャージャービンクス | 2007年12月19日 (水) 13時12分

ジャージャービンクス様

はじめまして!コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

>殺されたお父さんのことや康一一家や菊池のことなどさまざまなおもいがこみ上げてきたからだと思います

私もそう思います。
クゥのお父さんを殺したのも、康一一家もどちらも同じ人間であるという残酷な現実を、最後にクゥはしっかりと受け止めて、この世界で生きていく決心をしてくれたのかな・・・と思いました。
そしてクゥのお父さんは、そんなクゥをきっとどこかで見守ってくれているんでしょうね。

投稿: kenko | 2007年12月21日 (金) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/7668171

この記事へのトラックバック一覧です: 河童のクゥと夏休み:

» 河童のクゥと夏休み [It's a Wonderful Life]
お盆休みの一日だったので、 満員の劇場で沢山の子供に混じって鑑賞する事になりました・・。 夏休み映画の中では多分地味目のこの作品選んでるからなのか、 チビっ子は皆お行儀いいこと。 しかし、いい大人がボロ泣きですわ。こりゃダメでした。 ひょっとしたら...... [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 08時13分

» 河童のクゥと夏休み [Akira's VOICE]
笑顔と涙いっぱい。 [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 14時25分

» 泣きました「河童のクゥと夏休み」 [再出発日記]
「父ちゃん、おれ人間の友達が出来てしまったダヨ」「河童のクゥと夏休み」監督・脚本:原恵一原作:木暮正夫声の出演:田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリ(ガレッジセール)、冨澤風斗「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の原恵一監督の作品だと聞...... [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 15時18分

» 『河童のクゥと夏休み』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「河童のクゥと夏休み」□監督・脚本 原恵一 □原作 木暮正夫(「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」)□キャスト(声) 田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリ、冨沢風斗、横川貴大、植松夏希■鑑賞日 8月19日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> 人間が犯して来た環境破壊へのメッセージを、河童のクゥと、クゥを発見したある家族とのひと夏の触れ合いを通して描いていく作品だ。 客席はやはりファミリー層、特に母親と小さな子供... [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 17時18分

» 「河童のクゥと夏休み」:池袋駅東口バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}池袋って西武線の始発駅なんだよな。 {/hiyo_en2/}じゃあ、ここから電車に乗れば東久留米まで行ける? {/kaeru_en4/}ああ、行けるけど、それが何か? {/hiyo_en2/}東久留米って、「河童のクゥと夏休み」の舞台になった町なのよ。 {/kaeru_en4/}じゃあ、黒目川っていうのも実在するのか。 {/hiyo_en2/}もちろん。 {/kaeru_en4/}それじゃあ、河童も実在するってことか。 {/hiyo_en2/}さあ、それはどうかしら。 {... [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 20時43分

» 河童だって うまいんだもーん のーんだら こう言っちゃうよ~ 原恵一 『河童のクゥと夏休み』 [SGA屋物語紹介所]
♪きーざくらー 公開終了前に慌ててUPその一。劇場版『クレヨンしんちゃん』でも別 [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 22時23分

» 【2007-108】河童のクゥと夏休み [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 何百年もの時を超え 康一の家にてやってきた ちいさな訪問者 名前はクゥ 人間の世界に迷い込んだ、河童のクゥと 少年・康一が贈る感動の物語 人間の友達ができちまった。 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 23時55分

» 河童のクゥと夏休み [八ちゃんの日常空間]
きっちり作ってきましたね〜。日本のアニメは世界に誇れるといいますが、この作品、技術的なことだけではなく内容もいいです。数年に一度の作品ではないでしょうか。 [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 10時12分

» 「河童のクゥと夏休み」映画感想 [Wilderlandwandar]
カッパだの、竜だの、ぬかすな! 有りがちな子供向けの映画で、見たらとっつぁんに上 [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 15時08分

« ジーニアス・パーティ | トップページ | ブラム学園復活!! »