« 『プロローグ・オブ・BLAME!』きた♪パート2 | トップページ | ダイコンちゃん♪ »

デス・プルーフinグラインドハウス

Deathproof

グラインドハウスって?アメリカで上映された完全版を、アメリカ以外の国ではバラバラに上映ってどうゆうこと?・・・と?がいっぱいだったのですが、とりあえずタランティーノの新作ってことで観てみることに。唐突に宣言しますがタラ映画と言えば『フロム・ダスク・ティル・ドーン』と『ジャッキー・ブラウン』が好きです。

<あらすじ>

テキサス州の人気DJジャングル・ジュリア(シドニー・ターミア・ポアチエ)は、ある晩仲の良い女友達たちとバーをハシゴして楽しんでいたが、そこにはそんな彼女たちをつけ狙う不気味なドクロマークの車に乗ったスタントマン・マイク(カート・ラッセル)の姿があった・・・。グラインドハウス公式サイト

いや~これむっちゃおもろかった!!大好き~最高♪♪

グラインドハウスとは、60~70年代アメリカに数多くあったB級、もしくはそれ以下のジャンクな映画ばかりを2~3本立てで、間に休憩をはさまずぶっ続けで上映していた映画館の総称らしい。

ジャンルはホラー、アクション、カンフー、お色気と様々で、タランティーノは子供の頃からそのグラインドハウスで刺激的な映画を観まくって育ち、今に至るヲタク精神を構築なさったとのこと。タランティーノの大好きなmade in Japanのチャンバラ映画なんかも、グラインドハウスでご覧になっていたとか。

そんなグラインドハウスLOVEのタラちんが、自らのコレクションフィルムを仲良しのロドリゲスちんにいろいろ観せてあげた結果、一緒にグラインドハウスっぽい映画を作りましょう、と意気投合してホントに作ってしまったのが『グラインドハウス』。タラ監督の『デス・プルーフ』と、ロドリゲス監督の『プラネット・テラー』の間になんちゃってグラインド風予告篇をはさんだ2本立てになってるのが完全版なんですってね。

前置きが大変長くなってしまったけど、ここまで知ってようやくいろいろ納得したというか、そういうことなら上映時間がどんなに長くなろうとも多少多めにお金を払おうとも完全版てのを観たかったなぁ~と思いました。

劣悪な環境のグラインドハウスを転々とし、色褪せ傷だらけになった当時のフィルムっぽさを再現した質感や、オープニングクレジットのデザインとかバーのセットとか音楽とか、別に設定が70年代ってワケではないようだけど、レトロでアメリカンなビジュアルがまず面白くてすんごい好き。

そして何よりステキだったのは、セクシーマシンガントークとダイナマイトボディで楽しませてくれるビッチなギャルたち・・・ああいうのラップダンスっていうのかぁそうかぁ。登場するなり全然コワクない殺人鬼カート・ラッセルに、一撃でバラバラにされるにはあまりに惜しいメンツが揃っておりました。

時はザックリと流れ・・・ジョン・ヴォイト似のカウボーイさんによるあっさり心理分析から14ヵ月後。(ムダに美人の女医さんがまた良し)ケガの治ったカート君の次なる餌食は・・・『シン・シティ』のロザリオ・ドーソンとマクレーンムスメ!前半のセクシー路線と違ってやや健全なムードですが油断してはなりません。『キル・ビル』でユマ・サーマンのスタントをつとめたというモノホンのスタントウーマン、ゾーイ・ベルによるCG一切なしのカーチェイスシーンがスゴすぎ!!鉄パイプ持ってハコ乗りっていつの時代のヤンキーかッ

逆に追っかけまわされて泣きベソかいてるカート君の姿に笑いが止まらんかったのは私だけではないはず。もっと紳士に接していれば案外気の会うお友達になれたかもしれなかったのに・・・後悔しても後の祭りなのです。ボコりまくって見事やっつけたところで終わるし(笑)マクレーンムスメが怒りの葡萄のところに置き去りなのが一瞬気になったけど、きっとそのうちパパが迎えに来てくれることでしょう。あ、それは『プラネット・テラー』の方?早く観たーい♪

|

« 『プロローグ・オブ・BLAME!』きた♪パート2 | トップページ | ダイコンちゃん♪ »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こんちわ♪
んま、んま、「デス・プルーフ」ご覧になったのですね!
評判がものすごくいいので見たいのですが、まだ見にいけてまへん。
でもホント、別々に上映したら「グラインドハウス」の意味が全然ないですよねえ。
うんもお、そのへんのところ全然わかってないんだからあ。
もうすぐ「ホステル2」も上映になるとかで・・・そちらもものすごく楽しみです。
タラちゃん、ガンバレ☆

投稿: ふぉんだ | 2007年9月17日 (月) 09時22分

ふぉんだ様

これは絶対ふぉんださん好きそう!って思ったの~やはり狙ってましたね(笑)
そうそう、別々に上映したんじゃタラちゃんの意図するところとは違っちゃうじゃん!
と思ったんですけどピンでも充分楽しかったです。
「ホステル」は1を劇場で見逃してしまったままなんですが、「ホステル2」面白そうですよねぇ~
タラちゃんと言えば「スキヤキウェスタンジャンゴ」にも出てるし…タラちゃん祭りですね♪

投稿: kenko | 2007年9月17日 (月) 17時49分

kenkoさん
さすが!こういうの気に入られるって
いいなぁ。^^
アメリカでは大コケしてしまったので
バラ売りせざるを得ないみたいですよ~
自分中高生くらいのころに、近所の
場末洋画2本立てで育っったので
ツボすぎました(笑)ポスターに出てくる
デスプルーフが暴れる
見せ場になるまでムダに長かったり
するのがあのガールズトークの趣旨なのでは
なんて思ったり・・。
フィルムも傷んでてあんな感じなんで
すよね~
あのジョン・ボイド似の親子警官は
「キルビル」にも同じ役で出てて、
「プラネットテラー」にも出てくる
そうです。^^
「ダスクティルドーン」好きなら
「プラネットテラー」面白いと思う
そうなんで大期待!
「ダスクティルドーン」劇場で観たとき
前半サスペンスなのに後半アホゾンビもの
になって手叩いて喜んだクチです^^

投稿: kazupon | 2007年9月17日 (月) 20時35分

kenkoさん、こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
こちらのTBが不調・・・と思い、ビシバシ送っていたら・・・2個反映されました(汗)
ゴメンナサイ~

こういう映画に免疫がなかったもので、最初は「もしかして退屈?」と思ったのですが、中盤から俄然盛り上がりました~♪
前半ギャルをあそこまで詳細に描写して、あの激突でアッサリとサヨナラなんて!!潔くって素敵(笑)
後半でいきなり気弱なオヤジになったスタントマン・マイクにも爆笑でした~

投稿: 由香 | 2007年9月17日 (月) 22時41分

こんにちわ!

『グラインドハウス』版で観ると、単品で観るのとはまた違う面白さがあったようです。
立て続けに観るからこそ、興奮度合いに拍車がかかって、受け捉え方も全然違ってくるんだとか・・・私も完全版で鑑賞したかったなあとつくづく思いました。

≫鉄パイプ持ってハコ乗りっていつの時代のヤンキーかッ

ウハハハハ!!
ぶっちゃけ、ホントのデスプルーフ(耐死仕様)は、あの後半に出てくる女ども・・・特にゾーイ・ベルだろ!?って心の中でツッコミましたよ(笑)。

いやあ・・・ブラボー拍手喝采のストレス発散映画でしたね。最後に蹴り落としをブチかます彼女たちに大興奮いたしましたです(笑)。

投稿: 睦月 | 2007年9月18日 (火) 11時53分

kazupon様

これは自分でも予想以上に好きでした(笑)
アメリカでこそヒットするのかと思ったのにコケちまったとは意外です。
DVDバラ売りでもタラちゃんの為に買ってあげよう…

グラインドハウスとはちょっと違うかもですが、昔はフツーに映画二本立てだったし
入れ替え制でもなくて繰り返し観放題でしたよね。
kazuponさんが通われてたような映画館は、もはやほとんど見当たりませんよねぇ…

ガールズトークで観客をイラつかせるのが狙いだな~タラちゃんめ!と思いつつ、
自分的には全くイラつかなくてむしろ楽しかったです。
キルビルにも出てるという親子警官プラネットテラーにも出てるんですね!楽しみ♪

ダスクティルドーンは全く前知識なく観て同じく後半のゾンビな展開に大喜びした方です。
ゾンビ大好き♪
プラネットテラーにもおバカなゾンビがいっぱい出てくるといいですね♪

投稿: kenko | 2007年9月18日 (火) 19時23分

由香様

こんにちは☆
TB2個だろうが3個だろうが全く問題ナッシングです。
てゆーかココログってよくTB関係不調になるんですよ…
ご迷惑おかけしてしまって申し訳ないです~

もしかして免疫ある人しか楽しめないんじゃないのかな?
と観る前は思ってたんですけど、
しっかり楽しめちゃいましたね~♪
ギャルたちにすっかり親近感わいたところであの潔いクラッシュ!
しかもめっちゃリピートするし(笑)
スタントマンマイクはどうも殺人鬼としてはショボっぽいなーと思ったら、
終盤はもうショボいどころじゃなく憐れなくらいでした(笑)

投稿: kenko | 2007年9月18日 (火) 19時31分

睦月様

やはり『グラインドハウス』こそが、タラちゃんの真の狙いですものねぇ~
観たかったよぅ~~エーン
なんちゃって予告篇も観られないなんて悲しすぎるー

まさかあんなパツキンナイスバディのおねーさんによる
鉄パイプ&ハコ乗りを見ることができるとは思いもよりませんでした(笑)
ゾーイ・ベルって最初は誰?って感じでしたけど、
身体を張ったホンモノアクションにこんなに興奮したのはホント久しぶり!
正に彼女こそがデスプルーフ!!
最後の最後蹴り落としに至るまで楽しませていただきました。
もう大爆笑でした(笑)

投稿: kenko | 2007年9月18日 (火) 19時46分

kenkoさん★

こんばんは~。
コメントありがとうございます。

タラのも良かったけど、ロドリゲスのも最高でした♪
kenkoさんもゾンビ映画お好きですか?
トロント映画祭で、ロメロの最新ゾンビムービー観てきました♪
わたしもゾンビ映画だいすき(笑)

投稿: mig | 2007年9月21日 (金) 18時20分

mig様

おはようございます☆

migさん、トロント映画祭に行かれてたんですね!
そしてロメロ最新ゾンビムービーを観てこられたとはうらやまし過ぎ!
おなじくゾンビ大好きですぅ~

ロドリゲスのは今日これから観にいこうと思ってます♪

投稿: kenko | 2007年9月23日 (日) 10時02分

kenkoさん

またまたコメントすいません!
見逃して公開していたUSA版、ようやく
観る事が出来ました。どっちも再度観ても
面白かったです。^^
どうもTBがうまくできないようなんでまた
貼りにきますね!
オリジナル8日から広島で1週間だけ
やるみたいですよ!まー一度どちらも
ごらんになってるのであれですが、一応
情報だけ!
あ、関係ないけどヨーロッパ企画の新しい
DVDの1本「冬のユリゲラー」がすごく
良かったです。オススメかも!

投稿: kazupon | 2007年12月 5日 (水) 14時17分

kazupon様

USA版いち早くごらんになったんですね!!
私も少し前に情報を入手して、たった1週間の上映だけど絶対に観に行くべしッ!と心に決めておりました。
最近どうしても観たいと思える映画があんまりなかったので嬉しいです。

TBうまく貼れませんかぁ~
ココログの不具合はしょっちゅうだけど、
ヤプログさんとはいつも相性いいと思ってたのになんでかなぁ?

「冬のユリゲラー」もオススメですか!
さっそくサウタージと一緒に買ってみよっかな~
いろいろ教えていただいてありがとうございます☆

投稿: kenko | 2007年12月 5日 (水) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/7965656

この記事へのトラックバック一覧です: デス・プルーフinグラインドハウス:

» 「デス・プルーフ inグラインド・ハウス (GRINDHOUSE/DEATH PROOF )」映画感想 [Wilderlandwandar]
シンシティでも仲良く監督していた、タランティーノとロドリゲスのコンビが場末のB級 [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 02時02分

» 「デス・プルーフinグラインドハウス」:都立障害者センター前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}この道を行くと、新宿スポーツセンターがあるはずよ。 {/kaeru_en4/}スポーツはもういいよ。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}タランティーノの「デス・プルーフinグラインドハウス」を観たら、スポーツをしたあとのような爽快感を覚えたからな。 {/hiyo_en2/}ああ、そういう感想もあるんだ。 {/kaeru_en4/}あのカーチェイスはスカッとしたと言うしかないだろう。 {/hiyo_en2/}後半はそうだけど、前半は? {/kaer... [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 20時02分

» デス・プルーフ in グラインドハウス [It's a Wonderful Life]
今年の公開ラインナップの中でもひときわ楽しみに していた作品。 タランティーノは勿論、ロバート・ロドリゲス作品も大好き! に加えて今回は「グラインドハウス」の再現だとか。 タランティーノ編を早速観てきました。 いや~フィルムや音のブチ切れ具合とか、...... [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 20時36分

» デス・プルーフinグラインドハウス [★YUKAの気ままな有閑日記★]
少し秋めいてきましたね・・・通常料金でプレミアスクリーン&レディスデイのダブルでお得な日、いざヲタク体験へ【story】スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車『デス・プルーフ』に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。ある日マイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目を付ける。いきなり車をぶつけ、しつこく追いまわすマイクにキレたゾーイ(ゾーイ・ベル)たちは、決死の猛反撃に出る―     監督 : クエンティン・タランティーノ 『パルプ・フィクション』... [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 22時33分

» デス・プルーフinグラインドハウス [★YUKAの気ままな有閑日記★]
少し秋めいてきましたね・・・通常料金でプレミアスクリーン&レディスデイのダブルでお得な日、いざヲタク体験へ【story】スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車『デス・プルーフ』に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。ある日マイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目を付ける。いきなり車をぶつけ、しつこく追いまわすマイクにキレたゾーイ(ゾーイ・ベル)たちは、決死の猛反撃に出る―     監督 : クエンティン・タランティーノ 『パルプ・フィクション』... [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 22時34分

» デス・プルーフ in グラインドハウス を観ました。 [My Favorite Things]
スリルとスピードがこの作品のキーワードらしいけれど、私としてはもうひとつ加えたいなぁ…ってね。 [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 07時16分

» 映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007年、米) [富久亭日乗]
★★★★☆  「キル・ビル」のクエンティン・タランテイーノが B級映画を模したカーアクションを撮った。 タランテイーノの映画は人によって評価が極端に異なるが、 この映画も然り。 原題は「Quentin Tarantino's Death Proof」。 「デス・プルーフ」というのは、スタントに使う「耐死仕様」の車だ。  「グラインドハウス」は、昔日本にもあったB級映画を 2、3本上映する映画館のことである。 この映画はアメリカなどでは 「プラネット・テラー」(ロバート・ロドリゲス監督)と合わせて、... [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 21時39分

» デス・プルーフinグラインドハウス(ジャパンプレミア) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ デス・プルーフな女たち [続きを読む]

受信: 2007年9月20日 (木) 23時02分

» デス・プルーフ in グラインドハウス [八ちゃんの日常空間]
毎回、通常上映で拍手が起こる映画なんて、そうザラにはないよね。 まさに「爽快」! さすがタランティーノ! グラインドハウス万歳! [続きを読む]

受信: 2007年9月20日 (木) 23時56分

» デス・プルーフ / DEATH PROOF [我想一個人映画美的女人blog]
                                                                              {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} タランティーノが来日して舞台挨拶、ジャパンプレミアに行って参りました〜{/kirakira/} タランティーノが(の映画が)大好きなので、今年1番くらいに楽しみにしてた、久しぶりの新作{/ee_1... [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 18時21分

» デス・プルーフ in グラインドハウス−(映画:2007年106本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督・製作・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ 出演:カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、ヴァネッサ・フェルリト、シドニー・タミーア・ポワチエ 評価:80点 公式サイト The Endが画面に出たときには大笑いしてしまった。 そんな...... [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 00時44分

» DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス [銅版画制作の日々]
  クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ 9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということで、1000円でどの映画も鑑賞できるラッキーな日でした。 さて今回のこの「デス・プルーフ」と「プラネット・テラー」は二本立てにして、フェイクの予告編を挟んだ『グラインドハウス』という1本の作品として公開するという企画で、実際アメリカではこのスタイルで公開されているそうだ 「プラネット... [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 12時50分

» 「プラネット・テラー in グラインドハウス」 [やまたくの音吐朗々Diary]
60~70年代に数多く存在した「インディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画」を現代によみがえらせようと、クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスがそれぞれにメガホンをとったタッグ企画「グラインドハウス」。 公開中の「デス・プルーフ in グライン... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 20時32分

« 『プロローグ・オブ・BLAME!』きた♪パート2 | トップページ | ダイコンちゃん♪ »