« ノラニャンコの旅③ | トップページ | めがね »

プラネット・テラーinグラインド・ハウス

Planet_terror

テキサスっちゅうところは、チェーンソーでぶった切られたり、殺人車で追っかけ回されたり、悪魔の毒々ゾンビが大量発生したり・・・まっこと、デンジャラスな州であります。

<あらすじ>

テキサス州の軍事基地で秘密裏に研究されていた生物化学兵器が流出。そのガスを浴びたものはみな凶暴なゾンビへと姿を変える。ゴーゴーダンサーのチェリー(ローズ・マッゴーワン)は、帰宅途中ゾンビに襲われ失った足の代わりにマシンガンを装着し、ゾンビどもに立ち向かうのだった。プラネット・テラーinグラインド・ハウス公式サイト

待ちに待ったロドリゲス版グラインドハウスです。「片足マシンガン美女VSゾンビ」という設定には、ぶっちゃけタラ監督の『デス・プルーフ』よりもそそられていたのですが、先に観た『デス~』があまりに素晴らしすぎたため期待がさらに増幅。公開早々いてもたってもおられず観に行ってきました。本編の前には念願のなんちゃって予告篇のひとつ『マチェーテ』が!わーいわーい!神父さんすてきー

もともとゾンビ好きなんですが、このたびのゾンビさんはただ死んで腐っているのではなくて、バイオハザードにより溶けちゃったり質量増えたりしちゃってるみたいで想像以上にグッチャグチャのドッロドロ。久方ぶりの派手なスプラッターゾンビー祭りを心ゆくまで堪能いたしました。

「故ジャングル・ジュリアに捧げる・・・」なんてラジオで言ってたり、『デス・プルーフ』でちょこっと出演ながらやたらインパクト大だったカウボーイのおっさんや美人女医さんがこちらではメインキャラだったり、あっちの世界とこっちの世界つなげてみました的な遊び心も大変楽しい本作。本来『グラインドハウス』では、プラネットテラー → デスプルーフ という順序で観るわけだから、デス~の病院のシーンとかめっちゃニヤリとするシーンなんじゃん!ということに改めて気がつき、やはりこれは先に『グラインドハウス』として観たかった!と、しつこく悔しがる私。

主演女優は、『デス・プルーフ』でカート・ラッセルにおうちに送ってもらい損ねた金髪美女ローズ・マッゴーワン。ヘアスタイルやメイクが違うだけでずいぶん印象変わるもんですね。こっちの方がビッチ度が増してて断然好き。冒頭のゴーゴーダンスと涙にはシビれました。もちろん終盤のゴーゴーマシンガンも最っ高。飛ぶわ回るわブリッジするわ・・・ただしどうやって撃ってるのかは聞かないで。

美人女医さん息子役のかわいい坊やは、なんとロドリゲス監督の実の息子君らしい。頭のいかれたお父さんに妻と息子が追いつめられる様はまるで『シャイニング』でしたが、(←めっちゃ好き)息子君の役名が「お口の中に住んでるお友達の方」だったのにはウケました。いつ「レッドラームレッドラーム」言い出すかとハラハラした。

そして一番のグラインドハウス的サービスは、やはり「1巻紛失」でしょう。次のシーンでいきなりBBQハウス炎上してるし、マイケル・ビーンの態度も豹変して「彼に銃を全部渡せ!」とか言ってるし(笑)紛失した部分でいったいどんなドラマが展開されたのか・・・なんて、まーったく!気にもならないところが素晴らしい。当時、イケてるセクシーシーンだけを映写師さんが切り取って持って帰っちゃったりなんてことはザラだったらしいですね。

『デス・プルーフ』と『プラネット・テラー』・・・ふたつ合わせて既に、今年のMy映画ランキング上位の予感がしています。(いいのかそれで)

ゾンビと言えば、『ゾンビーノ』という作品もちょっと気になっている今日この頃。「ゾンビと人類の戦いが終結し、ゾンビを飼うことが人類のステータスとなっている世界」のお話なんですと。なんちゅうおバカな発想・・・たまりません。

|

« ノラニャンコの旅③ | トップページ | めがね »

映画」カテゴリの記事

コメント

「テキサス」・・・ホラー映画界では舞台がテキサスというだけで「つかみはOK」的なところありますよね(ロドリゲス監督がテキサス出身みたいですね)
テキサスに住んでいらっしゃる方たちはいったいどう思っているのでしょう・・・ああ、でもテキサスはステキ!!ブラボー!

kenkoさん、見てきたのですね!!kenkoさん、たくさん映画館に通っていらっしゃってスバラシイ!
「ゾンビーノ」がすごく気になってきました!!!

投稿: ふぉんだ | 2007年9月27日 (木) 08時13分

ふぉんだ様

舞台はテキサスってだけでテンション上がりますよね、ホラー映画界では(笑)
ロドリゲス監督っててっきりメキシコ方面の方かと思ってましたが、
まんまとテキサスで生まれていやがったのですね。くやしー
ふぉんださんはテキサスへも行かれたことあるんでしたっけ??
グラインドハウス二部作は、アメリカ及びホラーに詳しい
ふぉんださんの感想こそお聞きしたいですよ。

「ゾンビーノ」気になりますよね~
なんかなごみ系ゾンビに癒されそうな映画です。

投稿: kenko | 2007年9月27日 (木) 18時48分

こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
面白かったですね~
ゾンビとかホラーとかは苦手だったはずなのですが、メチャンコ楽しめました~♪
やっぱり1巻紛失ってのが最高ですよね。
「お前がエル・レイだったのか!」って誰だよ?!って感じだし・・・プププ可笑しいよぉ~
それに最近タラちゃん出演映画を3本も観ちゃったのは感慨深いです(笑)
今回はスゴイ役でしたね(汗)
だって溶けてましたよ!!溶けるなんて・・・溶けたのか?!ってクドイ(笑)

投稿: 由香 | 2007年9月27日 (木) 22時12分

kenkoさん☆

こんばんは♪
おおおー、ゾンビーノに触れられてる人、初めてみました(笑)
さすがです☆
早く観たいなー^^

ロドリゲスのも、タラに負け劣らない出来でしたね。
笑いどころも満載で遊び心たっぷり☆
これぞエンターテインメント☆
DVDになったらゼッタイ買うぞぉー。

投稿: mig | 2007年9月28日 (金) 01時07分

由香様

ゾンビだし一応ホラーなんだけど、
観る人を怖がらせようという感じではあまりなかったから
苦手な由香さんでも楽しめたのかもしれませんね。
どっちかというとお笑い系だし(笑)

タラちゃん出演作を立て続けに3本って、そうそうないですよね~
ジャンゴも良かったけど、今回のは特に嬉々として
演じているように見えました。溶けてるのに…
その他お仕置きとして切り取ったものをコレクションするというのも
スゴイ発想だなと思いました。そんなもの集めたくないよー

投稿: kenko | 2007年9月28日 (金) 18時06分

mig様

migさんこそ、ゾンビーノを狙っていらっしゃったとはさすがです(笑)
ぜひ観たいんだけど、うち方面にはもしかしたら来てくれないかもしれないので
migさんの感想を楽しみにしてますね♪

ロドリゲスのもウワサ通りの超ハイテンションでしたー
結構分かりやすい笑いも多くて、サービスたっぷりでしたね。
私もこれはDVD買いますョ☆

投稿: kenko | 2007年9月28日 (金) 18時12分

こんばんわ。

私も『ゾンビーノ』気になっている作品です。ペットゾンビの話でしょう?ウハハハ!発想が面白い。

ところで、あの主演女優さんって、デスにも出てたんですね。全然知らんかったです。あと、フィルム一部消失の裏話、初めて知ったので興味深かったです。ありがとう!

おっしゃるように、テキサスってやたらホラーの舞台になることが多く感じますが、この作品であえてテキサスを舞台にしたのも・・・過去のホラー作品へのオマージュ的な部分があってのことでしょうね(笑)

投稿: 睦月 | 2007年9月28日 (金) 23時22分

睦月様

おはようございます睦月さま。

睦月さんもゾンビーノ気になってました?あはは(笑)
ゾンビをペットにするなんて…ゾンビ愛ここに極まれり?

主演女優さんデスにも出てたんデスよ。
メイクが違うだけでまるっきり別人デスけど。
フィルム消失の話は、立ち読みしたグラインドハウス本に書いてありました。

B級ホラーといえばなぜか舞台はアメリカの広大な田舎町であることが多いですよね。
中でもメジャーな印象のテキサスを選んだのは、
やはり過去作品へのオマージュなんでしょうね♪

投稿: kenko | 2007年9月29日 (土) 09時41分

コメント&TBありがとうございました。

成る程、やっぱり続けて見ないと真の楽しみ方は出来ないのかもしれませんが、こちらの作品の方が何倍も楽しめました。
連続上映は期間も短かったし値段も場末の映画館の値段じゃ無かったので行けませんでした。

投稿: くまんちゅう | 2007年9月30日 (日) 01時23分

くまんちゅう様

お返事ありがとうございます。

やはりこちらの方が評判いいみたいですね。
まず初見は続けて観て、そのあとまた各々で観たかったなーと思いました。

といってもそもそも連続上映は東京大阪でしかやってなかったんですよね…
どっちにろ私のように地方に住んでいる者には観れなかったのでした(泣)

投稿: kenko | 2007年9月30日 (日) 11時08分

kenkoさん

こちらすっかりコメント書かせていただいたと思っていました!ごめんなさい。
最近"42st street"ってグラインドハウス
映画の予告ばかりを集めたDVDを手に
入れたんですけど(バカ)
間違ってもこんな面白そーな映画当時は
なかったと思います。^^
めちゃくちゃ面白いですもん。昔のB級
映画は予告ポスターの期待度>実際
ってのがお約束でしたし。
これは期待以上の面白さでした。
チェリーの片足銃はどうやって撃ってるのか?なんてツッコミはナシにしても、
リール消失による物語すっとばしは
いままでの映画に無かったネタでやられた!
ってカンジですよね。

投稿: kazupon | 2007年10月 4日 (木) 12時47分

kazupon様

いえいえそんなんお気になさらず。
kazuponさん、またもやおもろそうなDVDをゲットしましたね~

こんなに面白いの2本も観ちゃったら、
俄然当時のグラインド映画に興味持っちゃいますけど
きっとことごとく期待は裏切られるんでしょうね。
立ち読みしたグラインド本にも
「ほとんどがクズみたいな映画だった」って書いてありました(笑)
グラインドハウス復活企画と言いながら、
実際には期待以上に面白すぎる映画を作り上げてしまうところは
さすがタラちゃんとロドリゲス。
リール消失ネタとかもうやったもん勝ちだと思います(笑)

投稿: kenko | 2007年10月 4日 (木) 23時10分

kenkoさん、こんばんは。
お久しぶりです。
台風も過ぎ去って一安心ですね~。
てっきり大雨で家から出られないかと思ったんですけど
九州地方でハッスルしすぎたのか関東はアッサリ過ぎていきましたね・・・

んで、この作品はkenkoさんも楽しまれたようで。
スワロもDVDでですが結構楽しめました。

やっぱりこのB級ワールドはすごいですねー!!
kenkoさんと同じく「1巻紛失」には爆笑でした。
おいおい、そりゃないだろう~みたいな。
しかも思いっきり話が進んでいるし(笑)
いつの間にか双子ちゃんもいるしさ~(笑)
もうこんな演出をしてくれる素敵な監督たちに拍手です。

『ゾンビーノ』はスワロもこのDVDの予告編をちらっと見たのですが
スッゴイおもしろそうでした!
コメディなんですね。
今度は『ゾンビーノ』をレンタルで決定です。

投稿: swallow tail | 2008年9月20日 (土) 18時27分

swallow tail様

こんばんは(*゚▽゚)ノ

台風は、九州方面では大暴れでしたが
うちの方はあっさり行っちまいました。
関東方面も大したことなかったみたいで。なにはともあれ良かったshine

スワロさん!すごいタイミング!
私この「グラインドハウス」はDVDBOXを持っているんですけど、
今年の3月頃に買って以来、実は一度も観ていなくて。
それを本日ようやっと開けて観たとこだったんですよ〜

このB級風味は斬新ですよね。でも実はきっちりA級なんだけどcatface
1巻紛失は劇場でも爆笑でした。
タラちゃんがめっちゃ楽しそうに鬼畜キャラを演じていたのにも爆笑(笑)

「ゾンビーノ」は一応うちの方でも上映があったんですけど
見逃してしまって、結局DVDでもまだ観てないんですsweat02
スワロさんがレンタル予定なら、私もいいかげん借りて観てみようかなぁ。

投稿: kenko | 2008年9月20日 (土) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/8095877

この記事へのトラックバック一覧です: プラネット・テラーinグラインド・ハウス:

» プラネット・テラーinグラインドハウス [★YUKAの気ままな有閑日記★]
タランティーノ監督の『デス・プルーフinグラインドハウス』が思いの外面白かったのでコチラも楽しみにしていた。↓の【story】を見る限りじゃー小躍りしたくなるくらいぶっ飛んでいそうではないか【story】テキサスの田舎町。米軍の部隊長マルドゥーン(ブルース・ウィリス)の生物兵器実験により、町中に謎のウィルス感染者が増殖。感染者たちは次々と恐ろしく凶暴なゾンビと化す!ゴーゴーダンサーのチェリー(ローズ・マッゴワン)は片足に深い傷を負うが、失った片足にマシンガン・M16を装填し立ち上がった!一方女医のダ... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 22時08分

» プラネットテラー / PLANET TERROR [我想一個人映画美的女人blog]
                                                                                                                                                                                                     ... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 01時08分

» プラネット・テラー in グラインドハウス−(映画:2007年107本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督・脚本・撮影:ロバート・ロドリゲス 出演:ローズ・マッゴーワン、ブルース・ウィリス、フレディ・ロドリゲス、ジョシュ・ブローリン、マーリー・シェルトン、ジェフ・フェイヒー ファーギー、クエンティン・タランティーノ 評価:80点 公式サイト もとも....... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 22時40分

» 「プラネット・テラーinグラインドハウス(GRINDHOUSE/PLANET TERROR )」映画感想 [Wilderlandwandar]
こういうのが見たかったんだよ!B級お馬鹿映画! てえことで、ロドリゲス版グライン [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 01時02分

» プラネット・テラー in グラインドハウス を観ました。 [My Favorite Things]
デス・プルーフ VS プラネット・テラーのグラインドハウス対決(勝手に)は、私の好みは、当初の予想と違って、プラネットの勝ち? [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 14時36分

» プラネット・テラーinグラインドハウス [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ゾンビども・・・あたいの片足が火を噴くぜ  [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 21時07分

» 映画「プラネット・テラー in グラインドハウス」(2007年、米) [富久亭日乗]
     ★★★★☆  クエンティン・タランテイーノの 「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007年、米)」と対をなす、 ロバート・ロドリゲス監督の作品である。 原題は「Robert Rodoriguez's Planet Terror」。 「デス・プルーフ」がカーアクションなのに対して こちらはSFスプラッターホラーだ。   睾丸を切り取ってコレクションするシーンなど悪趣味満載で、 これもやはり万人向けではない。  テキサスの田舎町で、 米軍基地から生物化学兵器が流出、 市民がゾンビ化し... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 11時06分

» 『プラネット・テラーinグラインドハウス』 [DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS]
(画像はallcinemaONLINEより) 今日は映画が1000円で観られる日。 ワーナーマイカルシネマズ新潟でロバート・ロドリゲス監督の『プラネット・テラーinグラインドハウス』を観てきた。 いやー、最高だった!!!!ア... [続きを読む]

受信: 2007年10月 2日 (火) 23時16分

» プラネット・テラー in グラインドハウス [It's a Wonderful Life]
イソイソとロドリゲス編も初日に観てまいりました。 いや~オモロイ!最高でした。 もうむっちゃくちゃ。でカッコイイ。そしてかなりグロい。 ローズ・マッゴーワンの片足がマシンガンになってる写真を始めて見た時から 心を奪われてましたけど、想像した通りの面...... [続きを読む]

受信: 2007年10月 4日 (木) 12時47分

» ★「プラネット・テラー in グラインドハウス」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ タランティーノとロバート・ロドリゲスのコラボ企画「グラインドハウス」の二本目。 タラちゃんの「デス・プルーフ」は9月はじめに鑑賞済み。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 04時11分

« ノラニャンコの旅③ | トップページ | めがね »