« セルフ・リペイントバージョン?! | トップページ | 新装版『うる星やつら』1~17巻読んだっちゃ☆ »

幸せのレシピ

Noreservations

晩ごはんも食べずにレイトショーで観る映画ではありません。おばあちゃんの死に際パスタとティラミス食べたいぃ~

<あらすじ>

ニューヨークのとあるフレンチレストランで料理長を務めるケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)。腕は一流だが時に客と対立してしまうことも・・・。ある日姉を交通事故で失い、残された姪のゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ることになった。ケイトが仕事を休んでいる間に、レストランでは陽気なシェフ・ニック(アーロン・エッカート)が福料理長として雇われ、その自由な仕事ぶりにケイトはイラ立つのだった。幸せのレシピ公式サイト

この作品の元ネタであるドイツ映画『マーサの幸せレシピ』は未見なのでなんとも比較しづらいですが、キャストを見てみるとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの役が『善き人のためのソナタ』のマルティナ・ゲデック、アーロン・エッカートの役が『赤いアモーレ』のセルジオ・カステリットで珍しくどちらも知ってる役者さんでした。想像するに、「生真面目なドイツ女性を陽気なイタリア男が口説く」という設定におけるふたりの競演はすごくおもしろそう。

ニューヨークに舞台を移して描く本作では、アーロン・エッカートが単なるイタリアかぶれのアメリカ人だったりするので、お国柄の違いによるドタバタ的な面白さはオリジナルに比べるともしかして弱いのかも?とは思いました。でもそれぞれにチャーミングな主要キャスト3名の魅力と、なにより見目麗しくとっても美味しそうなお料理の数々に、ちゃんとほっこり幸せ気分になることができました。めっちゃおなかすいたけどね~最近こうゆうパターン多いなぁ。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ演じるケイトはいわゆるツンデレキャラ。美人で仕事もできて一見パーフェクトなんだけど、料理以外のことにはとんと疎くて不器用で、ちょっと子供っぽいところもある女性です。しょっぱなから期待通りにツンツンしまくりますが、意外とあっさりデレっとしちゃうところがまた可愛らしい。スキがないようで実はスキだらけってなんだか妙にそそるんす。これまでのキャサリン・ゼタ=ジョーンズにはちょっとないキャラで新鮮でした。

そんなケイトの姪っ子ゾーイを演じるのは、『リトル・ミス・サンシャイン』でアカデミー助演女優賞にもノミネートされたアビゲイル・ブレスリンちゃん。本来の美少女っぷりを披露しつつ、ナチュラルな演技で観る者をトリコにしちゃいます。こちらケイトとは対照的にかなり大人な部分もあわせ持つ女の子で、そんな二人が本気でモノポリーやってるシーンとか笑っちゃいました。

そして最後はモテモテ!アーロン・エッカート。彼みたいな懐の深い男性って実はそうめったにいないと思う。ちょっと変態的な行為も目につきましたが・・・とにかくタッパーにティラミスはズルイ、とだけ言っておきます。

そのほか脇を固める役者陣も、レストランオーナー役のパトリシア・クラークソンとか、セラピスト役のボブ・バラバンとか、なにげに粋でオトナな方々に彩られておりました。しかしセラピーはそう大して意味なかったような?

|

« セルフ・リペイントバージョン?! | トップページ | 新装版『うる星やつら』1~17巻読んだっちゃ☆ »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、TB&コメントありがとうございましたm(__)m

もちろんキャサリンは上手でしたが、僕はアビゲイル・ブレスリンちゃんにやられちゃいました(笑) ダコタを抜いて子役ナンバーワンですね^^
最近、レミーを始め、「めがね」もそうでしたが観客イジメの美味しい映画が多いですね^^

投稿: cyaz | 2007年10月16日 (火) 21時23分

こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
何といってもアビゲイルちゃんが最高でした~
彼女の表情一つ一つに泣かされちゃって・・・きっと母親目線になっていたんだわ~
『リトル・ミス~』の時よりもチョッピリ大人っぽくなって、ますます自然な表情に魅力が増した気がします。

物語はありがちな感じでしたが、フンワリとした雰囲気が良かったです。
いつもは美女オーラ大爆発のキャサリンだけど、今回は弱いところも見せてくれましたね~
可愛らしい彼女も素敵でした♪

投稿: 由香 | 2007年10月17日 (水) 13時07分

こんばんは♪kenkoさん

コメントありがとうございましたー

キャサリンゼタ、なかなかハマってましたね〜。
オリジナルを観てないので比べられなかったけど
逆にそれが良かったのかも?とか思っていました☆
アビゲイルちゃんは今後、まだまだガンガンいくのかなぁ?

投稿: mig | 2007年10月17日 (水) 22時12分

こんにちわ。

そうそう。ツンデレ(笑)。
暖炉の前で、ニックのキスを期待して目を閉じたのに微妙にかわされたときのケイトの表情なんかは、「おいおーい!デレデレしすぎじゃーん」と苦笑してしまいました。

でも、ツンツンだらけで芸能界ほぼ失脚状態と化したあの沢尻女王様よりは、断然ケイトが可愛らしいっす(爆笑)。

顎ヒゲ王子のアーロン。
個人的には今回のキャラ、ツボでした(苦笑)

投稿: 睦月 | 2007年10月18日 (木) 11時31分

cyaz様

こんばんは!お返事ありがとうございます。

私も断然ダコダちゃんよりブレスリンちゃんですよ~
てゆーかダコダって最近あまり見ないけど、もう随分大きくなっちゃってるんでしょうね?

そうそう!最近レミーとかめがねとか美味しい映画が多いですよね。
ただでさえ食いしん坊なのに、食欲の秋でもあるので余計たまりません(笑)

投稿: kenko | 2007年10月18日 (木) 19時38分

由香様

こんばんは!
お返事ありがとうございます。

アビゲイルちゃん、演技とは思えないほど自然な良い表情をしてました。
まさに名女優。私もいっぱい泣かされましたです。

ありがちな物語っていうのも場合によってはいい時ってありますよね。
特にこの手のラブコメにおいては、ちゃんとハッピーエンドになってくれなきゃ困るし(笑)
いつもパーフェクトなイメージのキャサリンだけに
こういう役は新鮮でとびきり可愛らしく感じました。

投稿: kenko | 2007年10月18日 (木) 20時01分

mig様

ゼタ良かったですよ~かわいかった♪
確かにオリジナル観てたらつい比べてしまって
あちこちダメ出ししてしまうのかもしれませんね。

子役というとその後の人生なにかと問題ある人が多いけど…
アビゲイルちゃんだけはけしてそうなることなく
今後もガンガン行ってほしい…と思います~

投稿: kenko | 2007年10月18日 (木) 20時20分

睦月様

こんばんは睦月さま。

そうそう!暖炉のシーンのゼタってばデレデレし過ぎでしたよねぇ~
ちょっと見てて恥ずかしくなるくらいに(笑)
アーロンはアーロンで、あのタイミングであのように微妙にかわすとは…
恋のかけひきが上手いにもほどがあるッ!と思いました。

沢尻女王様ももうちょっと上手にツンデレ演じたら良かったのに(笑)
彼女の顔大好きなのになぁ…

アーロン・エッカートって今まで何とも思ってなかったけど
同じくこのキャラはツボでしたよ。
ああいう人実際いたら絶対モテモテですよね。

投稿: kenko | 2007年10月18日 (木) 21時20分

初めまして。

TBを追っかけてたら辿りつきました。

映画についてかなり詳しく書かれていますので、びっくりデス。

昔から、あまり俳優名等覚えられないので
恥ずかしいです。

ケイトを自分のペースに引き込んでいる
自覚もあるニックなのに、
キッスの時には遭えて避ける気持ちが良いですね。
男でないと理解出来ないかも。。。
まあ、勝手な当てはめですが(笑)。

コメも駄コメですみません~。

(^^ゞ

では。

投稿: foxcy eyes | 2007年10月21日 (日) 16時31分

foxcy eyes様

初めまして!foxcy eyesさん。
ようこそおいでくださいました☆

詳しくだなんてとんでもない。
「この俳優さんの名前なんだっけ?」とかしょっちゅうです。最近特に…年のせい?
ブログで感想を書く時はいろいろ調べながらですし。

キッスの時はあえて避けるって、オトナな男のニクイやり口という印象でした。
女子の立場としては、ちょっと悔しいようなたまらんような微妙な気持ちです(笑)

駄コメだなんてこれまた滅相もございませんよ~
また気軽にコメいただけたりすると嬉しいです。
今後もどうぞよろしく♪

投稿: kenko | 2007年10月22日 (月) 00時22分

こんばんわ。
早速のレスありがとうございます。
お言葉に甘えて
また書いちゃいます。(^^ゞ

ニックの一見焦らしと見えるあのシーン。
実は、受け止める自信が無かったのだと思えました。
勿論、イタリアかぶれの男だから焦らしの部分もあったかもしれない。

このまま行くと、後戻り出来ない。。。
仕事にも影響があるし
何より。。。何処からも呼ばれた事の無い
シェフというコンプレックス。

そんなものが複雑に入り混じった表現を
うまくしてくれてたと思いました。

イタリア好きは同じですが
オペラやなんかは苦手でしたが
この映画を見て、オペラのBGMも
良いもんだと思ってしまいました。(笑)

ゼタ・ジョーンズの華は相変わらず。
シカゴの時は、流石にウゲゲでしたが
しっかりと持ち直してきています。
昔とは違い、しわやしみも隠さずに
少しふくよかな肢体は大人の女性を
感じさせます。
日本女性にも「可愛い」以降の
大人の女性に進歩して欲しいですね♪

ではでは、失礼致しました~。

(*^^)v

投稿: foxcy eyes | 2007年10月22日 (月) 23時05分

foxcy eyes様

こんばんは!またまたコメいただけて嬉しいです。
なんぼでも甘えてやってくださいませ☆

>実は、受け止める自信が無かった

なるほど~そういう受け止め方もアリですね!
未熟者の私にはけして思いつかない解釈だす(笑)
焦らされてると思い込んでいたけど、そのように考えるとますますニックのキャラクターに深みが増してくる感じがしますね。
オペラのBGMもなかなか効果的でした。

ゼタはシカゴの時のような超ゴージャスなイメージが強い女優さんだけど、今回のナチュラルで年を重ねた女性らしい雰囲気もすごく良かったです。
「可愛い」以降の大人の女性への進歩かぁ~
まさに私くらいの世代の女子にとって目指すべき方向ですわ(笑)

投稿: kenko | 2007年10月23日 (火) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/8386229

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せのレシピ:

» 『幸せのレシピ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「幸せのレシピ」□監督 スコット・ヒックス□脚本 キャロル・フュクス□キャスト キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アビゲイル・ブレスリン、アーロン・エッカート ■鑑賞日 10月 8日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> まるで水と油という対照的な性格の二人が、母親の死に直面した9歳の女の子を潤滑油にして、その愛を成就させていくラブコメディ。 なんと言っても驚かされたのは、母の死がトラウマとなっているゾーイを演じるアビ... [続きを読む]

受信: 2007年10月16日 (火) 21時14分

» 幸せのレシピ!大人の恋愛童話★★☆☆☆ [広島県(元)呉市在住にしおの日記]
幸せのレシピ!を観ました 映画「幸せのレシピ」を観てきました。 この映画は、ドイツ映画『マーサの幸せレシピ』をハリウッドでリメイクしたものだそうです。 ストーリーは、人気レストランの料理長を務める完ぺき主義で職人気質な女性が、思いがけない出会いを通...... [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 05時45分

» 幸せのレシピ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは好き〜普段お料理をしない彼女がシェフ役だなんて・・・【story】マンハッタンの高級レストランで料理長を務めるケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、ある日姉を交通事故で失い、残された姪のゾーイ(アビゲイル・ブリストン)を引き取ることに。一方仕事場には、陽気な副料理長ニック(アーロン・エッカート)が雇われる―     監督 : スコット・ヒックス  『シャイン』   〜一生懸命もいいけど、ちょっとのサジ加減で、違う何かが見つかるかも・・・〜【comment】ドイツ映画... [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 12時59分

» 幸せのレシピ(ジャパンプレミア) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 出会いのスパイス、恋の旨みで変わる人生  [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 20時36分

» 【劇場映画】 幸せのレシピ [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ ニューヨークの人気レストランで料理長を務めるケイトは完全主義者。仕事に対する情熱は人一倍。厨房では料理人たちを取り仕切り、目が回るような忙しさの中、正確に、完璧に、すべての料理を仕上げていく。積み重ねてきたキャリア、努力して手に入れた自信と賞賛、やりがいのある仕事、築き上げた自分の居場所。でも、気付かない幸せは、自分が決めたレールの外にあるのかもしれない…。予期せぬ出来事から“完璧な厨房”の外へと踏み出すことになったケイトが見つけた新しい自分とは…。(goo映画より) この映... [続きを読む]

受信: 2007年10月19日 (金) 22時36分

» 「幸せのレシピ」 自分のルールを破ってみること [はらやんの映画徒然草]
最近忙しくて劇場に足が運べてません・・・。 やっと時間をみつけて「幸せのレシピ」 [続きを読む]

受信: 2007年10月20日 (土) 07時35分

» ダッチオーブンで作るタンシチューのレシピです [アウトドアバーベキュー料理]
アウトドアバーベキュー料理について。簡単でおいしいアウトドア料理のレシピがいろいろあります。ダッチオーブンを使ったアウトドア料理、アウトドアで燻製を作ったり、簡単なバーベキューレシピなど。 [続きを読む]

受信: 2007年10月20日 (土) 12時35分

« セルフ・リペイントバージョン?! | トップページ | 新装版『うる星やつら』1~17巻読んだっちゃ☆ »