« 魍魎の匣 | トップページ | 「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展 »

タロットカード殺人事件

Scoop

年末に観たのに感想書くのずっとほったらかしてましたパート2。
いっぱい笑えて気軽に楽しめる粋なオトナの映画でした。

<あらすじ>

アメリカ人でジャーナリスト志望の女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)は、休暇中のロンドンでマジックショーを鑑賞中、マジシャンのシド(ウッディ・アレン)に指名され入った舞台上のボックスの中で、数日前に死んだ新聞記者ストロンベル(イアン・マクシェーン)の幽霊に出会う。彼はサンドラに、タロットカード殺人事件の真犯人は英国貴族のピーター・ライモン(ヒュー・ジャックマン)だと告げる。サンドラはスクープの証拠を掴むべく、シドを巻き込んで上流階級への潜入を試みるが・・・タロットカード殺人事件公式サイト

いつもムダに映画の感想が長いので・・・今回は頑張って簡潔に書いてみるのだー

最近のウッディ・アレンは、スカーレット・ヨハンソンにぞっこんLOVE♡らしく、前作『マッチポイント』(未見)に続きまたもやスカちゃんをヒロインに起用。

歯列矯正中のダサめメガネ女子スカちゃん・・・
真っ赤なワンピース水着でボインを強調したスカちゃん・・・
なにげにガード弱めのスカちゃん・・・

ウッディってば、いろんなスカちゃんにいちいち萌えてんだろな・・・と容易に想像できてしまうものの、このエロジジィがッ!とはけしてならず、あくまでも微笑ましく思えてしまうから不思議です。

また二人のやりとりのなんとも楽しいこと。
スカちゃんにいっぱい叱られて、大喜びのウッディがとってもキュートなの♡

いちおうミステリものらしい・・・とは聞いていたものの、いきなり死神さんが登場した時には「えぇ!そういう話?!」とちょっとビックリしました。まさかそんなファンタジスタな映画だったとは・・・
しかし死神にしろ、死者が乗るお船にしろ、妙に学芸会っぽいチープさが逆に好印象で良かったです。映画というより舞台みたいな感じなのね。

上にも書いたように「いちおうミステリ」な映画ですが、いわゆる「どんでん返し」とか「驚愕のラスト」なんてものはありません。
どちらかというと、ミステリの古典的な結末にウッディ・アレンらしい小粋なオチをプラスしたような感じ?ある意味驚愕のラスト?
変に盛り上げないそのセンスが好きじゃー。

|

« 魍魎の匣 | トップページ | 「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展 »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こんばんはー。
今日は生憎のお天気ですね。

kenkoさんも「いちおうミステリ」な作品を楽しまれたようですね。
スワロもウッディ・アレンのマシンガントークには辟易しましたが、
作品自体は好きなタイプです。
気軽に楽しめるから(笑)
ウッディは本当にスカちゃんが好きなんですね(苦笑)
でも、あの赤い水着姿は妙に萌えますな。
ビキニではなく「赤い」「ワンピース」というところが
アキバ系を刺激しそうでナンカイイ!!

あ、変態チックになっちゃいました(恥)

そうそう。
『マッチポイント』はかなりオススメです!!

投稿: swallow tail | 2008年1月12日 (土) 19時55分

kenkoさん

ウディ・アレンがあと10歳若かったら
余裕でスカちゃんと恋愛関係になってた
のかも?なんて想像してしまいますが、
ウディアレンのこういうかるーい映画
大好きです!
そうそう敢えてアレン作品オススメするとしたら昔の「ウディアレンのバナナ」とか
「SEXのすべて」とかkenkoさんツボそう
な気もしてます(笑)くぅだらないです。
そうそう、明日ナイロン大阪公演行ってきます。今日たまたま
グミチョコ名古屋で観たんですけど
かなり良かったですよ!

投稿: kazupon | 2008年1月12日 (土) 20時23分

kenkoさん、こんばんはー。
ウディったら、ホントにスカちゃんを気に入ったのねーってことが伝わってくる楽しい映画でした。
シリアスな役ばっかりだったスカちゃんにこういう役をやらせちゃうのもさすがだなーと思い。
ミステリーとしてはかなりへっぽこなのに、私としても満足度は高かったですー。

ん、グミチョコは必見?

投稿: かえる | 2008年1月13日 (日) 01時03分

swallow tail様

一日遅れですが昨日は生憎のお天気でしたね。
そして今日はめちゃくちゃ寒かった!

自分でも思ってもみないほど「いちおうミステリ」を気軽に楽しむことができました。
マシンガントークもそんなにうるさくは感じなかったんですよー

スカちゃんの水着姿はねぇ・・・萌えますよねぇ(笑)
そうそう、ビキニではなくワンピースってとこがポイントです。
ずばり言いますとスクール水着的な感じでねぇ・・・
絶妙なセレクション♡って変態かっ私は・・・ほとんどウッディ目線。

実はね、「マッチポイント」昨日観たんですよ!
テレビつけたらたまたまやってて途中からでしたが観ちゃいました。
すごくスリリングでヒネリの効いたお話で引き込まれましたです。おもしろかった!
あちらのスカちゃんのエロさは強烈でした。

投稿: kenko | 2008年1月13日 (日) 23時05分

kazupon様

あと10さい若かったら・・・間違いないと思います(笑)
今回のでも、ケンカしながらでも唐突に恋愛関係になってしまうつもりなんじゃないかとハラハラしながら観てました。
でもさすがにそれはなかったですね(笑)

おすすめは「バナナ」と「SEX」ですか。タイトルからしてなんかいい感じ♡
kazuponさんのおすすめなら間違いないと思うのできっと観ます!

そしてkazuponさんは今日ナイロンかぁ〜
こっちは来週なんですよ〜すっごく楽しみ!
「グミチョコ」も既にご覧になってしまったのですね。
それも名古屋で!kazuponさんなにげに名古屋出没率高いですね。

投稿: kenko | 2008年1月13日 (日) 23時18分

kenkoさん、こんばんは☆
アレンさん、ほんとスカちゃんのこと
好きでいらっしゃるのね!
彼女のコメディエンヌな魅力が
引き出されてましたよねー。
『マッチポイント』とは真逆ですよね。
あっちはエロいのに薄幸な女性。
ミステリとしては確かにゆるいんだけど
私も古典的なものを感じました。
ある意味驚愕のラストでしたね(笑)

投稿: sally | 2008年1月13日 (日) 23時25分

かえる様

こんばんは!かえるさま。
お返事どうもでございます。

そうそう!これまで観たことなかったスカちゃんのコメディエンヌな部分を
引き出しているのはさすがですね。
ウッディアレンのスカちゃんへの熱烈な愛が、まっすぐに伝わってきました。

ミステリとしてへっぽこであることすら面白く感じてしまうような、
不思議に楽しい映画でした☆

グミチョコ必見みたいですよ!

投稿: kenko | 2008年1月13日 (日) 23時33分

sally様

アレンのスカちゃん好きっぷりが微笑ましくて良かったです〜

スカちゃんはもともと好きな女優さんのひとりでしたが
今回アレンさんに彼女の新たな魅力を見せてもらって
ますます好きになっちゃいました。
「マッチポイント」とは真逆ですね〜
あちらのエロさは強烈なんだけども・・・
こっちはこっちでエロ可愛いし・・・うーん、どっちも捨てがたい!(変態)

驚愕のラストには笑っちゃいました♪

投稿: kenko | 2008年1月13日 (日) 23時53分

こんばんは~♪
『それでも恋する~』の時にコチラの映画を薦めて頂きましたよね~
結構好みでした!軽~いノリがなんとも心地いい(笑)
私としては死神さんが出た時点で小躍り気分でした。「楽し~い映画じゃないの」って感じで。
ただ、、、どうにもこうにもウディさんの物腰が鼻についてしまいました。近くに行って、「ちょっと黙って!」って言いたいくらいでしたよ(笑)スカちゃんとは妙に息ピッタリでしたが(笑)

投稿: 由香 | 2009年7月31日 (金) 23時40分

由香様

こんばんは♪

殺人事件のくせにどこまでも軽〜いノリなところがいいですよね〜happy01
まさか死神が出てくるとはね〜
そういうファンタジックな要素は全く予想していなかっただけに楽しかった♪

スカちゃんとアレン爺の凸凹コンビは新鮮で、私はそんなに気にならず
暖かい目で見れたんですけど、ウザイっていう意見もよく聞きますcoldsweats01

上の方のコメント欄でkazuponさんに薦めていただいた
『セックスのすべて』も面白かったですよ!
(正式タイトル:『ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう』長っ)

投稿: kenko | 2009年8月 2日 (日) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/9822001

この記事へのトラックバック一覧です: タロットカード殺人事件:

» タロットカード殺人事件 [It's a Wonderful Life]
ウディ・アレンって色んな意味で凄い映画作家だと思います。 しばらく観てない時期があって気付いてなかったんですが 現在72歳のアレン、1969年、34歳でオリジナル映画処女作 「泥棒野郎」を作ってから本作が監督37本目。 ブランク1年開く年がパラパラ...... [続きを読む]

受信: 2008年1月12日 (土) 20時21分

» 『タロットカード殺人事件』 SCOOP [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
すっとぼけていても上質な味わい。 死亡した新聞記者ストロンベルは世を騒がせる殺人事件の犯人の情報を掴み、ロンドンに遊びに来ていたアメリカ人学生サンドラにその真相究明するようもちかける。ウディ・アレンのロンドン作品第2弾。スカーレット・ヨハンソンの起用は、前作に引き続いているのだけど、今回はウディ・アレン自身も出演しているコミカル系。コメディなスカちゃんを見るのはたぶん初めてじゃないかな。普段はセクシーにシリアスな役柄の多いスカちゃんが、まくしたてるように早口でしゃべって、チャキチャキと行動的な... [続きを読む]

受信: 2008年1月12日 (土) 22時21分

» タロットカード殺人事件 [knockin' on heaven's door]
Scoop ウディ・アレンの最新作は、引き続きロンドンを舞台に描く軽快なミステリー・コメディー。ジャーナリスト志望の女子大生とアレン扮するマジシャンが、連続殺人事件の行方を追う。 ちょっとユルめで無茶苦茶な、良くも悪くもアレン流コメディーに回帰。コミカ...... [続きを読む]

受信: 2008年1月13日 (日) 23時10分

» ★「タロットカード殺人事件」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウは・・・ 普通なら今週公開の「ボーン〜」を観ちゃうんでしょうが・・・ ひらりん的には、「ボーン〜」はあと一ヶ月くらいは上映しそうなので、いつでもーーー。 やっぱりウッディ・アレン監督とスカちゃんものでしょう。 ... [続きを読む]

受信: 2008年1月19日 (土) 01時50分

» タロットカード意味 [無料のタロット占い情報]
0愚者衝動的にバックパッカーのようにカラの布袋だけで出掛け、目的も期限も持たず人生という名の旅に向かう年。全てにリセットがかかり、放浪します。ゼロの可能性が開き、思いがけず新鮮な体験が出来るでしょう。好奇心に身を任せて冒険すれば期待以上の成果が。自分の... [続きを読む]

受信: 2008年1月28日 (月) 00時46分

» タロットカード殺人事件 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】ロンドン市街のマジックショー劇場で、ジャーナリスト志望の女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)が舞台に上げられ、中に入った人間の身体が消えては現れるボックスに入れられる。その中で、彼女は著名なジャーナリストの亡霊ジョー(イアン・マクシェーン)と遭遇。急死したばかりの彼から、とっておきのスクープを耳打ちされるが― 監督:ウディ・アレン 『マッチポイント』『それでも恋するバルセロナ』【comment】気になっていたんだけど、コチラでは上映がなかったのでレンタルして観て... [続きを読む]

受信: 2009年7月31日 (金) 23時35分

« 魍魎の匣 | トップページ | 「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展 »