« 『銃夢外伝』フィギュア付き特装版 | トップページ | スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 »

アース

Tierra

↑このポスターめっちゃカワイイ♪
子供の頃「ムツゴロウの動物王国に住みたい」と本気で考えたことがあるほどの無類の動物好きである私・・・(アホ)
2008年ようやくの1本目は、壮大なネイチャードキュメンタリー映画の鑑賞となりました。

アース公式サイト

BBC、NHK、ディスカバリーチャンネルの共同制作による5年にわたる一大プロジェクト『プラネットアース』の膨大な資料を元に、選りすぐりの映像だけを集めて劇場用に編集したもの・・・

・・・だったんですね、これ。後で知りました。
NHKスペシャルとして放送された『プラネットアース』はちょくちょく観ていたものの、てっきりそのノウハウを活用して新たに撮影した映画なのかと思ってて・・・どうりで観たことある映像が多かったわけだ。

しかし大自然の脅威のドラマは、もちろん何度観ても見応え満点!大画面大音響ならなおさらです。
オシドリの子供の初飛行(というより初落下)にハラハラ・・・下がフカフカ落ち葉のマットで良かった良かった。スローモーションと共に、ベルリンフィルの荘厳な音楽が大げさに鳴り響くってのもなんかイイし(笑)

「おなかをすかせたライオンは象でも襲う」とはどこかで聞いたことあるけど、ほんとに襲っている映像を観たのは初めてかも・・・ネコ科の動物ならライオンだろうがなんだろうがつい萌えてしまう癖のある私ですが、さすがにこれには圧倒されました。

最新鋭のハイスピードカメラは、獲物を追うチーターの流れるような筋肉の躍動までも鮮明にとらえ、その残酷で美しい儀式の完璧さに思わず涙せずにはいられません。

さすが選りすぐっただけあって、どれもこれも永久保存版のド迫力映像ばかり。ただ『プラネットアース』の中で個人的に最も印象深かった“洞窟探検篇”が全く入ってなかったのが、残念と言えば残念だったけど。まー確かにとびきり異色だし、コウモリとか虫とかいっぱい出てきて気持ち悪いもんねー

それと私が観たのは日本語版だったのですが、英語版のナレーションが実はなにげにパトリック・スチュアート氏であることをこれまた観賞後に知りプチショック・・・ピカード艦長ぉ〜

最後の温暖化問題の投げかけ方は、やや唐突に感じてしまったのが正直なところではあるけど、2030年というあまりに近い将来がリミットであることを肝に銘じておきたいとは思いました。

|

« 『銃夢外伝』フィギュア付き特装版 | トップページ | スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 »

映画」カテゴリの記事

コメント

vielaです
私もNHK放送の「プラネット・アース」は飛び飛びながらも観ていました
NHKって一定周期でかなりレベルの高い映像作品を出す気がするなぁ
なんて思いつつも凄まじい映像美に親子共々目を釘付けにしていたのですが、この手の作品を観てしまうと、最近はやり始めているような気がする「大食い」やら「早食い」系の番組を観て「なんでこれだけたくさんの食べ物を貧困に苦しむ世界中の人たちに分け与えたりしないんだろう…」と切実に感じてしまいます

深夜に放送していたNHKの「民主主義」(だっけ?)は20才にして世界の矛盾、戦争の矛盾、感情の矛盾を見せ付けられ、ベットに座ったまま終わりまで固まってしまいました(笑

話は逸れましたが、「アース」、できればブルーレイで観たいですねw
PS3とかBDプレイヤーない人にはどれくらい映像に差があるのか分からないと思いますが、はっきり言って別物です!(笑
液晶TVじゃないとあまりよく分かりませんが、一度整った環境でBD体験するとDVDには戻れません…(その点覚悟が必要かも

「トランスフォーマー」の制作会社もこれからはBDしか出さないことを決めたようですし、まだHDDVDしか発売していない同タイトルと一緒に「アース」もほしい…ww

投稿: viela | 2008年1月17日 (木) 22時33分

こんにちわ(^◇^)
これ凄く気になっていた映画です。
このポスターで見たのは初めて、凄く可愛いですねえ(^u^)

2030年、ほんとにすぐですね(T_T)/~~~

投稿: コン猿君 | 2008年1月18日 (金) 08時13分

viela様

おはようございます、vielaさま☆

そうそう、NHKの番組ってなんだかんだで良質で面白いものが多いですよね。
私も「プラネットアース」には夫婦で目が釘付け!でした。
特にダンナがこの番組のファンで、すべて録画保存してあるんですよ。
ブルーレイではないけど・・・

大食いや早食いをする人のおなかっていったいどうなってんでしょう。
自分的には美味しいものを少しずつ食べる方が好みだし(年寄りか)
おっしゃるように貧困で苦しむ国の方々からしたら考えられないことでしょうね。

「民主主義」という番組は観ていないのですが・・・
ん?20才?vielaさんってハタチだったのー?!ひー!若い!
そんなにもヤングなvielaさんを固まらしてしまったという番組・・・
いつか機会があったら観てみたいです。再放送とかありそうだし。

今はとりあえずDVDで満足できているのですが、そろそろブルーレイの時代が
到来しそうですね・・・いやもうしてる?
BDしか出さないとか言われちゃったら、
こっちもそれに合わせて対応するしかないし・・・
特にこの「アース」のような作品は、きめ細やかな映像で観ると
感動もひとしおだと思います!

投稿: kenko | 2008年1月18日 (金) 10時52分

コン猿君様

私もこのポスター、画像を探している時に初めて見たんですよ。かわいいですよね♪
スペイン語圏?のポスターなのかな?
これはお子様と一緒に観ても楽しめる映画だと思います!

2030年・・・すぐでしょう。温暖化ってそこまできてるんですね・・・

投稿: kenko | 2008年1月18日 (金) 11時06分

私も観たい映画だなぁ~
おそらく、私が「北極のナヌー」を観た時のような感情が沸いてくる映画じゃないかなぁ~って勝手に想像してます!
終わり方も、温暖化問題で終わってたし・・・
私達も出来ることからやってかないとね。
まずエコバック持参から心がけるよ!!

投稿: やっちん | 2008年1月18日 (金) 15時56分

やっちん様

観て観て♡
もしやっちんさんが「プラネットアース」を未見なら
脅威の映像に度肝を抜かれてしまうと思います。

ナヌーは観てないんだよね〜
ホワイトプラネットならこないだちょこっと観たんだけど。
ホッキョクグマの赤ちゃんってなんであんなにキュートなんでしょ。たまらんです。

もう手遅れなんじゃないか・・・とつい思ってしまいがちだけど
できることからやってくしかないよね。。。

投稿: kenko | 2008年1月18日 (金) 16時31分

こんにちは。
ヒナドリ・・ではなくオシドリだったりしますが(笑)初飛行は可愛らしかったですよねー。まだツバサとはいえない手?をバタバタさせて一生懸命で。
ふかふかな落ち葉でホッとしました(^^)

この美しい惑星を、とにかく後世にまで残さなくちゃですよね。

投稿: たいむ | 2008年1月18日 (金) 17時28分

たいむ様

>ヒナドリ・・ではなくオシドリ

あ!間違えた(恥)
ご指摘さんきゅーでございます・・・
すぐさま直しておきますっ

そのオシドリのヒナの初飛行、カワイイやら可笑しいやらでサイコーでした。
弱肉強食のサバイバルには圧倒されましたけど
小さな生き物の健気でほのぼのする映像もいっぱいで楽しかったです。

わたしたちがこの美しい惑星に対してやってきたことは
あまりにも罪深いなと・・・今更ながら痛感しました。

投稿: kenko | 2008年1月18日 (金) 18時36分

こんばんは!

『「ムツゴロウの動物王国に住みたい」と本気で考えたことがあるほどの無類の動物好きである』-私も同じです!!
しかも、妄想に歯止めがかからないタイプなので、苦難を乗り越え犬たちと仲良くなり、犬ぞりレースに出る私・・・というところまで頭の中で計画して、勝手に涙ぐんでいました(相当の変人・汗)
いや~~~仲間がいて嬉しいですよ、kennkoさん♪(一緒にするな?ですよね・笑)

大きなスクリーンで観る自然はいいものですが・・・もうちょっと突っ込んだアレンジが欲しかったです。
せっかくの映画なのだから、もっとメッセージ性を持たせた方がずっと心に残る作品になったでしょうね♪

投稿: 由香 | 2008年1月18日 (金) 23時24分

こんにちは!
大画面でみるダイナミックな地球の姿には圧倒されますね。
たくましく生きる生き物たちに感動します。
人間なんてちっぽけなものだけど一番愚かな生き物だね。。

>チーターの流れるような筋肉の躍動までも鮮明にとらえ
残酷な場面ではあるけど、美しいって感じてしまう。
英語版のナレーションはトリック・スチュアートとは知らなかった・・

投稿: アイマック | 2008年1月19日 (土) 12時32分

こんばんわ!

≫コウモリとか虫とかいっぱい出てきて

個人的にはそっちの方が好みだったりします。あと、深海の生き物とかも。あと、ヘビとかも。

私はアニマルプラネットで、クモ特集とヘビ特集が大好きなのです。

戯言をすみません(泣)。

いやあ・・でも、ホントに大スクリーンで観てこその素晴らしさ。圧倒されました。
環境問題に対するアプローチの仕方は、たしかに唐突で希薄な感じもしましたが、なんかもう・・・こういう映像をみせられるだけでおのずと地球の危機が痛烈に身に染みましたです。

投稿: 睦月 | 2008年1月20日 (日) 01時32分

由香様

>私も同じです!!

まじでぇ〜!!
しかも由香さん、めっちゃリアルに妄想して涙ぐむほどのレベル(笑)素晴らしい〜
いやぁおみそれました・・・動物王国って動物好きには正にパラダイスですよね♪
まさか共感していただけるとは思いもよらず(笑)嬉しいです。

何度観ても素晴らしい映像であることは間違いないのですが
映画であるなら確かにもうちょっと突っ込んだアレンジがあっても
良かったかもしれません。。。

投稿: kenko | 2008年1月20日 (日) 19時21分

アイマック様

こんばんは!

大自然もそこに生きる動物たちもみな神々しいまでに美しかったです。
それにひきかえ人間というのは、愚かでちっぽけで
余計なことばかりする存在だなと・・・思わざるを得ませんでした。

私も知らなかったんですよぅ〜
英語版がピカード艦長だっただなんて。もしくはプロフェッサーX。
ま、どっちにしろ私が観た映画館では
日本語版しかやってなかったんですけどね・・・(泣)

投稿: kenko | 2008年1月20日 (日) 19時33分

睦月様

睦月さん、ヘビや虫系の方がお好みですか!
前にヘビさんと一緒の写真UPしてらっしゃいましたもんね♪
クモとかヘビとかの生態って面白いですよね・・・
実際目の前にいたらやっぱり悲鳴をあげてしまいそうだけど(笑)
そんな睦月さんに、プラネットアースの第3集「洞窟篇」と
第11集「深海篇」はむちゃくちゃオススメです。
機会がありましたらぜひに・・・

私も地球の危機は痛烈に感じました。
足場のなくなってしまった冷たい海を延々泳ぎ続けるホッキョクグマの姿は、
あまりにも痛々しかったです。

投稿: kenko | 2008年1月20日 (日) 19時59分

「アース」見てきました~~
圧倒されました・・・。
ラストの北極グマがかわいそうでかわいそうで・・・。
本来なら絶対襲わないセイウチの群れに果敢に挑戦→失敗→もう体力の限界→餓死。

ダーーーーーーーー(涙)

とりあえず「エコバッグ」と「マイ箸」作戦実行中であります。
北極グマが30年後も生存してますように・・・。

投稿: ふぉんだ | 2008年2月 3日 (日) 16時38分

ふぉんだ様

ふぉんださんもご覧になりましたか!アース!
大画面に映える驚愕映像てんこもりですよね♪

ラストの北極グマ・・・
涙なしには見られませんよね・・・
最近は、足場を無くした北極グマがどんどん南下した結果、
出会うはずのないグリズリーと交配して生まれたクマが
見つかったりもしているらしいですね。。。

私もエコバッグは実行中です!
あと電気は極力無駄に使わないようにとか、
微々たるものかもですができることからやってくしかないです。

投稿: kenko | 2008年2月 4日 (月) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/9900042

この記事へのトラックバック一覧です: アース:

» 「アース -earth-」みた。 [たいむのひとりごと]
嫌いじゃないけれど、好きでもない、動物と大自然のみの映像。子供の頃に見させられた『野生の王国』のナレーションが当時は退屈だったからかもしれない。「アース」も正直迷った。けれど、純粋な映像を目にすること... [続きを読む]

受信: 2008年1月18日 (金) 17時32分

» アース [k.onoderaの日記]
公開直前の試写会に行ってきたよ。 「地球」が主人公、高画質でダイナミックな映像を駆使したドキュメンタリー作品。 まずこれは… 使用されている映像... [続きを読む]

受信: 2008年1月18日 (金) 22時17分

» アース [★YUKAの気ままな有閑日記★]
子どもを連れて『ディープ・ブルー』を鑑賞した際に、物の見事に爆睡されたので鑑賞を躊躇っていたが、、、「観たいっ」と言って来たので、今年初の劇場鑑賞にコチラをチョイス―今度は寝ないでよぉ〜勿体ない(セコッ)【内容】50万年前、巨大な隕石が地球に衝突し、その衝撃により地球は23.5度も傾いてしまう。この傾斜は四季の移ろいや多様な地形を地球にもたらし、生命の誕生に重大な役割を果たすこととなった。北極を基点に地球縦断の壮大な旅に出た撮影隊は、ホッキョクグマ、象、ザトウクジラの親子に導かれ、さまざまな命の営み... [続きを読む]

受信: 2008年1月18日 (金) 23時18分

» 映画「アース」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:earth 「ディープ・ブルー」に「プラネットアース」、「ホワイト・プラネット」をも規模では完全に凌駕している・・北極から南極まで奇跡の星の自然と生き物たちの物語・・ 遠い遠い遥かに遠い46億年前に生れた太陽系第三惑星・地球、その第三惑星に50万年前の小惑... [続きを読む]

受信: 2008年1月19日 (土) 00時45分

» アース [小部屋日記]
EARTH(2007/ドイツ=イギリス)【劇場公開】 監督:アラステア・フォザーギル / マーク・リンフィールド 日本語ナレーター/渡辺謙 主演、地球 46億歳―。 "DEEP BLUE"の スタッフが贈る かつてない生命の旅。 大ヒットした『ディープ・ブルー』のBBCのスタッフが再集結し、地球上の生命の神秘に迫るドキュメンタリー。 音楽はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のフルオーケストラ。 製作5年、撮影日数のべ2000日、撮影地全世界200か所以上というスケール、最新の撮影技術を駆使し... [続きを読む]

受信: 2008年1月19日 (土) 12時24分

» 『earth -アース-』 [唐揚げ大好き!]
『earth -アース-』   主演、46億歳、地球――。   ■氷の地から熱帯の森、深海におよぶ壮大な旅路を案内するのは、ホッキョクグマ、アフリカ象、ザトウクジラの親子たち。彼らのナビゲートのもと、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のフルオーケストラにのせ... [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 08時05分

» 「アース earth 」映画感想 [Wilderlandwandar]
エコバッッグ目当てで前売り券を買ってあった、ドキュメンタリー映画「アース ear [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 19時28分

» earth を観ました。 [My Favorite Things]
TVの映画コーナーでは異様な紹介状態でした…。だからつい観たくなったのです。 [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 01時37分

» 映画「アース」のレビュー集 [気ままにReview Collection]
監督: アラステア・フォザーギル マーク・リンフィールド 日本語版ナレーション: 渡辺 謙 2007年 ドイツ/UK 96分 公式サイト [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 11時07分

» 「アース」★★★★☆ [JoJo気分で映画三昧!+α]
'07年ドイツ=イギリス製作  監督アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド 音楽ジョージ・フェントン ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  ナレーション:渡辺謙   本日12日より公開! 想像もできないはるか昔、隕石の衝突で傾いた太陽系の惑...... [続きを読む]

受信: 2008年1月23日 (水) 00時58分

» 【2008-9】アース(earth) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 地球──46億歳。 神秘と美しさに溢れる 未体験のスペクタクル 地球、公開。 [続きを読む]

受信: 2008年1月26日 (土) 18時37分

» アース 観てきました。 [よしなしごと]
 今、話題のアース観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 05時15分

» 「アース」 太陽と、水と、生きものと [はらやんの映画徒然草]
カメラとともに僕たちは北極から赤道を越え、そして南極まで旅をする。 その旅で感じ [続きを読む]

受信: 2008年2月 6日 (水) 21時30分

» 『アース』 [cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー]
やっと今日観てきました、ネイチャー・ドキュメンタリー『アース』。NHKでやってたという話の「プラネットアース」という番組を知らない状態で観に行った自分にとっては大自然の映像を大きなスクリーンで楽しめたってことだけで十分魅力的な時間でした。砂漠の景色の自然...... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 01時44分

» 【劇場映画】 アース [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 50万年前、まだ若い地球に巨大な隕石が衝突した。その影響は大きく、地球の地軸は23.5度も傾いてしまう。しかしこの傾きがあったからこそ、地球には四季のうつろい、寒暖の差、そして生命が生み出されることになったのだ。そんな傾きと太陽の光が作り上げた地球の姿を、北極から南極へと旅をしながら見ていこう。まずは北極に住むホッキョクグマの親子の様子から……。(goo映画より) 美しい映像と音楽で、たっぷり睡眠を取っていかないと、夢の世界に連れて行かれちゃうかも(笑) いったいどうやって... [続きを読む]

受信: 2008年2月13日 (水) 21時14分

« 『銃夢外伝』フィギュア付き特装版 | トップページ | スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 »