« スポーツ大佐 | トップページ | 魔法にかけられて »

ノーカントリー

Nocountryforoldmen

一昨日久々に時間があって、おっしゃー映画の感想書くどー!!と張り切ってPC立ち上げたのにココログメンテ中だった・・・しくしくweep


<あらすじ>
モス(ジョシュ・ブローリン)は荒野でハンティング中、車が放置され、死体がいくつも転がる麻薬取引の現場で大金を発見し持ち帰るが、組織の非情な殺し屋、シガー(ハピエル・バルデム)に追われる身となってしまう。ノーカントリー公式サイト

そんなわけで今日こそは。
2007年アカデミー作品賞受賞ってことで期待大!の『ノーカントリー』、さっそく観てきましたよーん。

映画監督な兄弟といえば、本作品のコーエン兄弟と『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟。
いっちょまえに映画ブログのようなものをやっておきながら大きな声で言いますが、
どっちも「兄弟」ってだけで一文字も合っていないばかりか作風も全く違うのに、つい最近までどっちがどっちだかあんまりよく分かってなかった私sweat02
ファーゴな方がコーエンで、マンガ及びアニヲタな方がウォシャウスキー・・・なのよね。うんうん。

最近、コーエン兄弟の監督デビュー作『ブラッド・シンプル』を観たのですが、この頃から「おぞましい犯罪に手を染め、みるみる泥沼にハマっていく人間のおかしみ」をリアルに淡々と描く、という独特のスタイルは確立されていたんですね。

今回のもやっぱりそんな感じのお話なのだけど、カウボーイハットがやたらと似合うおじさま、トミー・リー・ジョーンズ演じる老保安官の渋い語りが入ることによって、理解不能な犯罪ばかりがはびこるようになってしまったこの世界の救いのなさが強調され、なんだかどんよりした気分に。
いつもだったら笑えそうなところもあんまり笑えない。全編に漂う息苦しいまでの緊張感と絶望感。
と言ってももちろん映画が気に入らなかったわけではなくてむしろその逆。
暑く乾いた空気がスクリーンのこちら側まで伝わってくるような、荒漠としたテキサスの風景も素晴らしかったです。

へんてこキャラの宝庫でもあるコーエン作品ですが、今回のイチバンはなんといっても、すべてを超越した殺人鬼アントン・シガー。
ハピエル・バルデムのサイコーに濃いお顔に、七三(ろくよん?)分けの絶妙なマッシュルームヘアってだけでも十分過ぎるほどのインパクトなのに、
武器は圧縮した空気がホースの先から出る酸素ボンベだったり、すごく大事なこともコインの裏表で決めようとしたり・・・
自らの肉体が傷つくことをものともせず、あくまでも冷静に、彼だけのルールに従って行動する姿はあまりにも不気味。
酸素ボンベが使われるたび、びくぅっsign03ってなっちゃった小心者な私は、シガーにだけは何があっても出会いたくないです。賭けに絶対負ける自信があるからsweat02

しかしそんな恐ろしいシガーすら、「この人なんでこんな生き方しかできなくなってしまったんだろう」と考えると、最終的にはちょっと哀れに思えてしまった。
珍しくこの世のルールを守ったとたん、あっという間に裏切られてしまうシガー。
老保安官が嘆く、無情な世界を象徴するかのような存在だけれど、傷ついた体を引きずって歩く痛々しい後ろ姿は、まるでこの世の不条理に立ち向かっているかのようにも見えました。

劇中ドラマを盛り立てるような音楽はほとんど(いや全く?)なかったような気がするけど、エンドクレジットで流れた曲は余韻をじわじわと引き立てるようないい曲だったなぁ。

|

« スポーツ大佐 | トップページ | 魔法にかけられて »

映画」カテゴリの記事

コメント

アカデミー賞ゲットー!
小説は「血と暴力の国」というあんまりな
題名をつけられております。
絶対「ノーカントリー」のままが
良かったのに。訳文はとても読みやすく
世界に入り込めたのに残念です。
この殺し屋はゴルゴ13とは違う。
報酬や名声のためではなく自分だけの
ルールに従ってノルマの如く淡々と
殺しまくる。ビジネスではないんですね。
こんな殺し屋は雇い主側にとっても
使いにくいやろうなあ。

投稿: 奈良の亀母 | 2008年3月23日 (日) 16時35分

奈良の亀母様

ゲットー!!コメントどうもですー

亀母さん、小説も読まれているんですね。さすがっ
映画の邦題で「〜フォーオールドメン」を端折っちゃったのもどうなのさ、と
観終えたあとにちょっと思いました。

小説の訳文、読みやすいんですかぁー
邦訳された文章って微妙にとっつきにくいものが多くて
実は苦手なんですが(かといって原文はもっとムリsweat02
読みやすいという亀母さんのおすみつきならぜひ読んでみたいわぁshine

そう!シガーはゴルゴとは違うんですよね。
殺し屋というよりもシリアルキラー。
どんな相手でも確実に殺してはくれるだろうけど
もし自分がヤツを雇うとなるとちょっと考えますわ・・・
なるべくなら関わりたくないからcoldsweats01

投稿: kenko | 2008年3月23日 (日) 17時46分

その後新しいお仕事の方は順調ですか?

やっとこレビューあげました・・・・
ついでに混乱させとくとバカ映画ばっかり撮ってるのがファレリー兄弟で三味線弾いてるのが吉田兄弟です

今回コーエンさんちお得意のユーモアセンスがほとんど感じられなかったのですが、kenkoさんの記事読んでたら、シガーってけっこう笑えるキャラだな、って思えてきました(笑)
ただ、本編見てるときはやっぱりひたすら怖かったですねーshock

酸素ボンベもばかにならない、ということを教えられた作品でした。そういえば初代ジョー図もあれにやられてましたもんね

投稿: SGA屋伍一 | 2008年4月 1日 (火) 07時48分

SGA屋伍一様

おかげさまで、新しいお仕事にもぼちぼち慣れてきたような気がしてますshine
ただ映画をなかなか観られないのが悲しいsweat02
ペネロピもダージリン急行も、いまちょうどこちらで
やってるので行きたいんですけどね。

ちょっとーこれ以上ややこしくしないでくださいよー
亀田兄弟はボクシングでしょ。(←既に混乱してる)

私も今回、あんまり笑えなかったんですよ。
でも私の記事読んでたらシガーが笑えるキャラだと思えてきた?なんでだろうcoldsweats01
シガーって心底おそろしいやつだったけど、
どこか可哀想な人だな・・・とも思えたんですよね。

酸素ボンベってとこがまた不気味さ倍増なんですよねー
そっか!そういえば初代ジョーズも派手にやられていたかも。

投稿: kenko | 2008年4月 2日 (水) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/10336930

この記事へのトラックバック一覧です: ノーカントリー:

» 『ノーカントリー』 [唐揚げ大好き!]
  世の中は計算違いで回る   ■アメリカの荒涼たる西部、テキサスの町でひとりの男が麻薬密売にからんだ大金を発見し持ち去ることで、その危険な金を巡り謎の殺し屋や警察が動き出す。追う者と追われる者。彼らの行く先々には無数の死体が転がり、荒野は血の海に染ま... [続きを読む]

受信: 2008年3月21日 (金) 05時58分

» 「ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN )」映画感想 [Wilderlandwandar]
アカデミー賞で作品、監督、脚色、助演男優、の4部門で受賞した [続きを読む]

受信: 2008年3月22日 (土) 02時03分

» ノーカントリー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベル(トミー・リー・ジョーンズ)は、2人の行方を追い始めるが―     監... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 08時33分

» ノーカントリー [スワロが映画を見た]
原題:NO COUNTRY FOR OLD MEN 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:122分 監督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 原作:コーマッ... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 15時24分

» 『ノーカントリー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ノーカントリー」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 コーマック・マッカーシー(「血と暴力の国」)□キャスト ハビエル・バルデム、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド、ギャレット・ディラハント、テス・ハーパー、バリー・コービン■鑑賞日 3月16日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 今回のアカデミー賞主要部門(作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞の4部... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 23時18分

» ノー・カントリー [eclipse的な独り言 ]
 割引も使わないで映画を観たのは何年ぶりでしょうか。アカデミー賞に敬意を表して、 [続きを読む]

受信: 2008年3月25日 (火) 06時30分

» ノーカントリー  NOCOUNTRYFOROLDMEN [映画に恋してる]
日の当たる白いポーチに出て男はおもむろに靴底の汚れを気にした。たったそれだけの仕草で私たちは全てを悟る。静寂の中に漂う異様なまでの緊迫感。コインの表裏という彼にしか解らない奇妙なルール。「私は選ばない。決めるのはあなただから」搾り出すようなそれがたぶ...... [続きを読む]

受信: 2008年3月25日 (火) 22時12分

» 【2008-72】ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? CALL IT,FRIEND-O 純粋な悪にのみこまれる [続きを読む]

受信: 2008年3月30日 (日) 23時59分

» おれたちに国はない コーエン兄弟 『ノーカントリー』 [SGA屋物語紹介所]
カントリーノー この道を ずっと 行けば あの世へと 続いてく 気がする カント [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 07時49分

» ノーカントリー [映画感想メモ]
おかっぱ殺し屋。な映画 ある日、ルウェリンは辺境でどう見ても銃撃戦らしき後を見つ [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 21時44分

» ノーカントリー [映画感想メモ]
おかっぱ殺し屋。な映画 ある日、ルウェリンは辺境でどう見ても銃撃戦らしき後を見つ [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 18時35分

« スポーツ大佐 | トップページ | 魔法にかけられて »