« ノーカントリー | トップページ | カフカ田舎医者 »

魔法にかけられて

Enchanted

白雪姫、眠れる森の美女、シンデレラ、人魚姫、美女と野獣・・・
ディズニーのおとぎの国のプリンセスが、もしも現代のニューヨークにやってきたら?
かなり前に映画館で予告を観た時から、ディズニーの捨て身と言ってもいいくらいの発想がツボにハマってとても楽しみにしていた作品です。
これディズニーじゃなかったらただのパロディで終わっちゃうのかもしれませんが、本家本元が自ら手掛けるからこそ、面白いんだろうなーと思いました。
ディズニーアニメの伝統をネタにはしていても、けしてバカにしているわけじゃない。
ただし最後の一発芸的な部分もあるので、この後があるのかというと微妙ですがsweat02

<あらすじ>
魔法の国アンダレーシアで暮らすジゼル(エイミー・アダムス)。彼女はある日、エドワード王子(ジェームズ・マースデン)と運命の出会いを果たし、晴れて結婚することに。しかし、王座を奪われることを恐れる王子の継母ナリッサ女王(スーザン・サランドン)の策略により、ジゼルは現代のニューヨークに追放されてしまう。魔法にかけられて公式サイト

お話の途中で突然歌い出したりとか、お友達が動物さんたちだったりとか、ディズニーアニメの世界ではあったりまえの常識なのでそれにツッコむ人なんて当然いないわけだけど、世知辛いリアル現代社会ではそうはいきません。
ここぞという時に歌い出そうものなら「いや、歌はいいから」ってすぐさま中断されるし、NYにおけるプリンセスジゼルの新しいお友達といえば、ハトさんだったりドブネズミさんだったり、極めつけはゴキブリさんだったり・・・shock
世界中の人に愛され続けてきたディズニーアニメの偉大な歴史があるからこそ、そしてそれが私たちの中にしっかりと根付いているからこそ、おおいに笑えるネタの数々。
これを自分でやっちゃうなんて、ディズニーってばずいぶん思いきったもんです。

でもね、いまやハイクオリティなCGアニメに取って代わられた感のある、かつての名作アニメをただパロってるわけじゃないの。どちらかというと讃えているのだ。
だって、飛び出す絵本をモチーフにしたオープニングからして既にワクワクするし、音楽はやっぱり素晴らしいshine
ジゼルのプリンセス的発想や能力が、ニューヨーカーたちに微妙に通用しちゃうところもなんかステキheart
観終えた後は、それこそ魔法をかけられたみたいにハッピーな気分になって、『白雪姫』とか『美女と野獣』とか、もう一度観たくなっちゃいました。
おそるべしディズニー。

今回ジゼル役に大抜擢されたというエイミー・アダムス、エドワード王子役のジェームズ・マースデンのディズニーキャラなりきりぶりも素晴らしかったです。
ほんとにアニメの世界から抜け出てきたよう。ディズニーキャラの動きとか特徴とか、相当な研究&訓練をなさったのではないでしょうか。
で、今回もやっぱりフラレ役のジェームズ・マースデン。
「ジゼルはほんとにこの“自分大好きノーテンキ王子”でいいのだろうか・・・」とこちらが心配になり始めた頃、案の定フラれちゃう王子様ですが、
ものすごーく立ち直りの早い王子様でもあったので、そっちは心配ご無用でした。

|

« ノーカントリー | トップページ | カフカ田舎医者 »

映画」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
ジゼル役のエイミー・アダムスはおとぎの国から抜け出したようです。
年齢知ってビックリしましたけどね・・・。

でもこの映画はディズニーランドのアトラクションを見てるみたいにウキウキしてました。
ディズニーの懐の深さを感じます。
他の人に「面白いよ!」って薦められる作品ですよね。

投稿: たかひょ | 2008年3月24日 (月) 04時24分

こんにちはhappy01
こういう映画は大好きです♪
スッゴク楽しんで観ちゃいました~heart02
おとぎの国の方々って順応性が高いみたいですね(笑)ジゼルも王子も・・・前向きな姿勢がいいわ~
リスのピップが可愛くってお気に入りで~すlovely

投稿: 由香 | 2008年3月24日 (月) 08時32分

たかひょ様

コメントありがとうございますshine
私もエイミーアダムスの年齢にはビックリsign03
み◯じでもやろうと思えばお姫様もできるのかと
なんだか励まされましたcoldsweats01

ミュージカル大行進のシーンはまさに
ディズニーのアトラクションでしたねー
楽しかったheart
胸を張っていろんな人に薦めたい映画ですね。

投稿: kenko | 2008年3月24日 (月) 22時18分

由香様

由香さん、コメントどうもですー
最近PCに向かう時間がぐっと減ってしまい
ちょっぴりご無沙汰してましたweep

私もこの映画大好きheart
ノーカントリー >> 魔法にかけられて の順で
ハシゴしたのですが、
ノーカントリーでドンヨリしてしまった気分が(面白かったんですけどねsweat02
すっかり晴れやかになりましたsun

おとぎの国の皆さんの順応性の高さ、そして
何事においても前向きな姿勢はぜひとも見習いたいですねぇー
そうそう!リスのピップもとっても可愛かったshine

投稿: kenko | 2008年3月24日 (月) 22時39分

突然ですが、ニュースです!
今月号アフタヌーンにてブラム学園!と弐瓶勉氏フルカラー単行本の詳細が掲載されています!!
ブラム学園!本編の方も今まで明かされなかった衝撃の事実と誰もが予想しなかった二瓶勉先生の新たな才能が発覚します!
既に知っていたらスミマセン…
あと、関係ないコメント失礼しました…

投稿: viela | 2008年3月26日 (水) 14時58分

viela様

vielaさん、レスが遅れちゃいましたが
ニュース速報ありがとうshine

読みましたよー「萌えブラム学園」heart
ちょうどvielaさんにコメントいただいた日に
買って読んだところだったのcatface

弐瓶先生のありえない才能が爆裂してましたねー
前回まではわりとさりげない「萌え」だったのに
今回のは思いっきりストレートに「萌え」だったsign03
フルカラー単行本もむちゃくちゃ楽しみですー
「BLAME2」ってのも単行本に収録されるみたいだから
MANDALAは買わないでおこうかな・・・なんて
薄情なこと思ってますsweat02

投稿: kenko | 2008年3月29日 (土) 14時37分

今月のBLAME!学園にてページの左端に弐瓶勉先生のコメントがあるんですが…
弐瓶勉先生が高橋ツトム先生を「師匠」って呼んでます…
アシスタントだったことは知っていましたが師匠って呼んでいるとはw
ていうか、別に謝らなくてもいいんじゃ…
…失礼しました

投稿: viela | 2008年3月29日 (土) 18時06分

viela様

コメント見た見たhappy02
高橋ツトム師匠なんですねー
師匠の教えでは、chikubiを描くのはNGなんでしょうかsweat02
最近いっちょまえに多忙でブログの更新を怠っておりますが、
そのうち今回のブラム学園についてもなんか書きたいと思ってますshine

投稿: kenko | 2008年3月29日 (土) 23時12分

こんばんは!
ディズニーの捨て身の作品って,ほんとそうですね!happy01
マンネリ化,およびネタ切れしてきたディズニーの「自分をパロディする」という戦略は
新鮮でお見事で,大当たりだと思いました。
動物好きなので,リスのピップの可愛さにめろめろになりましたlovely

王子は確かに立ち直りが早すぎ・・・coldsweats01
そこがヤツの愛すべき点なのですが。

投稿: なな | 2008年4月 6日 (日) 00時11分

なな様

こんばんは!
そういえば最近、少し前には定番だったディズニーアニメ
見ないなーと思ったら、こうきたか!って感じですよね〜
リスのピップも可愛かったheart

実は今日、劇団四季の「美女と野獣」を見てきたのですが、
これはこれで「ディズニーアニメを実写化するとこうなるのか」って思いましたcoldsweats01

振られても、落ち込むことを知らない王子様coldsweats01
みーんなハッピーなエンディングも最高でした。

投稿: kenko | 2008年4月 6日 (日) 23時35分

おはよっすー
ディズニーアニメは実はピクサー系以外はほとんど見てませんcoldsweats01 kenkoさんはけっこう見てらっしゃるんですか?

ゴキブリ大量発生でひいちゃった人も多いようですね。わたしはハトにむしゃむしゃ食われてたシーンで大うけしちゃいましたが

サイクロップスはまたしても・・・でしたが、今回は割りと報われたほうじゃないでしょうか。それにしてもこの王子、「ちゃんと知り合ってからじゃなきゃダメ」というジゼルの話を全然聞いてませんね(笑)

投稿: SGA屋伍一 | 2008年4月 7日 (月) 08時20分

SGA屋伍一様

こんばんはっすー

意外に思われるかもしれませんが、こう見えてかつての
2Dディズニーアニメは大好きで、
公開されるたびに張り切って観に行ってたんですよ。
なので大体観てます(笑)
なかでもいちばん好きなのは美女と野獣かなheart
ライオンキングなんか予告編観ただけでなぜか号泣してました。

ゴキブリ大発生はたしかにキライな人にはたまりませんよねぇ。
しかしそこでハトにむしゃむしゃパクンとブラックなジョークを
平気でかましちゃうところが、
ディズニーなかなかやりよるな・・・と思いましたcatface

サイクロップスってもしかしてわさとフラレ役をチョイスしてる?っていうくらい
フラれてばっか。
そうそう、ジゼルの話全く聞いてないし(笑)
しかしそんな王子にすらピッタリの女性が・・・
世の中うまくまわってますねsweat02

投稿: kenko | 2008年4月 8日 (火) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/10336594

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法にかけられて:

» 『魔法にかけられて』 [唐揚げ大好き!]
  それは、ディズニー史上最も”アリエナイ”魔法。   ■魔法の王国”アンダレーシア”に暮らす、心優しいジゼル。夢にまで見たエドワード王子との結婚式の日、彼女は魔女にダマされ、世にも恐ろしい世界へと追放される。たどり着いたのは――ファンタジックな”おと... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 04時07分

» 魔法にかけられて [★YUKAの気ままな有閑日記★]
予告を観ただけで大笑い スッゴク楽しみにしていた映画を字幕版で鑑賞―【story】おとぎの国≪アンダレーシア≫で暮らす心優しいジゼル(エイミー・アダムス)は、夢にまで見た王子様との結婚式の当日に、意地悪な魔女に騙されて魔法をかけられてしまい、世にも恐ろしい世界へ追放されてしまう。そこは“おとぎの国”とは正反対の刺激的な“現代のニューヨーク”で、ジゼルはパニックに陥ってしまう―      監督 : ケヴィン・リマ【comment】楽しくって可愛くって可笑しくって・・・とっても面白かったですこれはきっと... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 08時27分

» 魔法にかけられて [You got a movie]
監督     ケビン・リマ 脚本     ビル・ケリー 製作総指揮  クリス・テェイス        サニル・パーカシュ        エズラ・スワードロウ キャスト   エイミー・アダムス         パトリック・デンプシー ジェームズ・マースデン スーザン・サランドン    とても楽しい映画です。まさにディズニー。子供達だけでなく、大人も童心に返って楽しめます。おとぎの世界のお姫様ジゼルが魔女のお妃に騙されて... [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 22時26分

» 魔法にかけられて [虎猫の気まぐれシネマ日記]
ディズニーだしぃ,お子様向けだしぃ~[E:gawk] と,鑑賞を後回しにしていたこの作品。世間の評判がすこぶるよろしいのを耳にして,本日鑑賞してきた。そしたら・・・ これがまた,お見事!のひとことに尽きる 素晴らしい作品だった[E:crown]楽しくて,可笑しくて,可愛くて,ちょこっとほろりとして・... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 00時01分

» マンホールから飛び出して ケヴィン・リマ 『魔法にかけられて』 [SGA屋物語紹介所]
漫画の国からやってきた ちょっと飛んでるお嫁さま 昔々、千葉県浦安市というところ [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 08時45分

» 魔法にかけられて☆愛は魔法の国を越えて現代へ・・・・。 [銅版画制作の日々]
 真実の愛のキスは、誰とのキス? 4月1日、ファーストディにMOVX京都にて鑑賞。前日は「マイ・ブルーベリー・ナイツ」を観たので、連続シアター通いとなってしまった。「ウォーター・ホース」を書くつもりでしたが・・・・。この作品のツボにはまってしまい、記憶が鮮明なうちに、書かなければと思いました。 鑑賞前は、何となく幼稚なイメージがあったりして。観ようかどうか?迷っていましたが、1000円で観れるということもあったので、早速シアターに足を運びました。 さすがディズニーやってくれます... [続きを読む]

受信: 2008年4月 9日 (水) 15時40分

» 【劇場映画】 魔法にかけられて [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ アンダレーシアで動物たちと暮らす美しい姫、ジゼルは、運命の人と出会い、結婚する事を夢見ていた。ある日、怪物に襲われたジゼルは、エドワード王子に助けられる。お互い一目惚れし、出会ったばかりにも関わらず、完璧なデュエットを披露し、翌日結婚する約束をする。しかし、王子の結婚を喜ばない継母のナレッサ女王は、魔女を送り込み、ジゼルを井戸に突き落とす。なんと、その井戸は、現代のニューヨークに繋がっていた!(goo映画より) こういうロマンチック・コメディーは大好きなんだけど、今回も期待は... [続きを読む]

受信: 2008年4月14日 (月) 21時20分

» 魔法にかけられて−(映画:2008年34本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ケヴィン・リマ 出演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、スーザン・サランドン、ジェームズ・マースデン、レイチェル・カヴィ ナレーション:ジュリー・アンドリュース 評価:86点 公式サイト (ネタバレあります) 少しシニカルで、でも基....... [続きを読む]

受信: 2008年4月19日 (土) 22時35分

« ノーカントリー | トップページ | カフカ田舎医者 »