« 後藤ひろひと作 G2プロデュース「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」 | トップページ | 夕焼けニャンニャン☆ »

紀元前1万年

10000bc

紀元前1万年!!これまたずいぶんとむかーしむかしのお話。

<あらすじ>

人間とマンモスが共存する時代。ある狩猟民族の集落では、マンモスを狩り生活の糧として暮らしていた。両親を何者かに殺され、村で保護された青い目の少女エバレット(カミーラ・ベル)は、村の若者デレー(スティーブン・ストレイト)と想い合うようになる。やがて二人は成長し、デレーがついに長となったある日、馬に跨がった謎の一団が村を襲いエバレットはさらわれてしまう。紀元前1万年公式サイト

マンモスさんがふつうに群れをなしていた時代の人間のイメージと言えば、個人的には、クロマニヨン人、ネアンデルタール人、はじめ人間ギャートルズ、くらいのもの。

つまり、

Neanderthalerこんなのとか、

Gyatoruこんなのとか。

・・・だったりするわけです。

ところがどっこい!!この映画に出てくるはじめ人間は・・・

10000bc1けっこうイケメンheart

あなどってた。紀元前1万年shine

まーそれはさておき。
『アポカリプト』と『スターゲイト』を足して割ったような映画だなーと思ったら、思いっきり『スターゲイト』のローランド・エメリッヒ監督作品でしたsweat02
エンドクレジットでようやく気がつきました。
しかし、『アポカリプト』ほど本気と書いてマジな印象でもなく、『スターゲイト』ほどアホ(いい意味で!)でもない。
紀元前一万年も前のことなんて誰も知らないんだから、思いっきりトンデモ展開にしちゃえばいいのに、なーんか中途ハンパなの。。。
いっそサーベルタイガーの“牙”とデレーがもっと仲良くなって、牙にまたがって“神の山”に攻め入るくらいのアホさがあってくれても良かったし、
“大神”がホントに空から来た人だったり、海に沈んだ幻の大陸から来た人であっても良かったんじゃないかと思いましたです。ロマンプリーズ!!

しかしマンモス、怪鳥、サーベルタイガーといった太古の動物さんたちの登場シーンはやっぱりワクワクしたなー。CGのデキも素晴らしいし。
特に牙!もっと見ていたかったわcat

「いつも心は共にある」とはいえ、なんでそんなにちょくちょく顔を出すのかよく分かんなかったオババの存在。
どうやらハッピーエンドはオババのおかげ?だったみたい。
ありがとう、オババ。

|

« 後藤ひろひと作 G2プロデュース「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」 | トップページ | 夕焼けニャンニャン☆ »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こんばんわ。

≫個人的には、クロマニヨン人、ネアンデルタール人、はじめ人間ギャートルズ、くらいのもの。

そうそう!!私もね、全く同じこと想像しちゃった(笑)。とりあえず、毛むくじゃら(爆笑)。

でも・・・違ったね。
背筋もシャキっとしてたし、胸毛も背毛もなかった・・・キレイな男たち(苦笑)。

あのデッカイ鳥、ナウシカに出てくるヤツに似てた・・・。

サーベルをもっと利用してくれた方が良かったですよね。ウハハハ!ホント、またがって敵を襲撃してほしいくらいだったわ(笑)。

投稿: 睦月 | 2008年5月 2日 (金) 01時44分

こんにちは!
デレーがイケメンでしたね~heart04
私も彼にトキメイテしまって、多少のツッコミどころは笑って許しました(笑)
でも、この作品だったら、もっとぶっ飛んでいても良かったかもですね。
『サーベルタイガーの“牙”とデレーがもっと仲良くなって、牙にまたがって“神の山”に攻め入る』-私もこれは考えました~
もっと牙ちゃんの出番が欲しかったな♪

投稿: 由香 | 2008年5月 2日 (金) 08時50分

おはようございます
アップされましたね~~
おっしゃるように,中途半端なところ多かったですね。
このお話って,いろんな問題や敵が,入れ替わり立ち代りふりかかってくるのはいいのだけど
その解決の仕方がどれもあっけなくて投げやりでした。
「めんどくさ~い,ほい,クリア!次いってみよ~scissors」みたいな。
アポカリプトの本気を懐かしく思い出しましたね。

ま,サクサク観れて楽しめましたが・・・
そうそう,紀元前1万年ったら,原始人の時代だから
半分おサルのはずよね~~。あんなイケメンいるわきゃない・・・・。
でも,このストーリーで登場人物がおサルっぽかったら
席を蹴って帰ってます。

投稿: なな | 2008年5月 3日 (土) 09時52分

睦月様

こんにちは!GWはいかがお過ごしでしょうか。
私は特別な予定もなく、今日はうちでダラーーーーっとしてまーすsweat02

やっぱり睦月さんも想像しちゃった?毛むくじゃら人間を(笑)
しかし想像とは全然違って、とっても洗練された印象でした。
オサレなドレッドヘアshine

似てた似てたー!!ナウシカに出てくるやつに。
ナウシカなら突っつかれても、「大丈夫。こわくない、こわくない・・・」と言って
手なづけちゃうかもですね。

マンモス大暴れもワクワクしましたが、
あそこで一緒にサーベルにも活躍してほしかったなーcat

投稿: kenko | 2008年5月 3日 (土) 16時37分

由香様

イケメンでしたよーデレーheart
なにか他の作品で見たことあるかな?と思ったけど
どうやら今回がお初のようで。
先日の「クローバーフィールド」の彼もそうでしたが、
主人公がイケメンっていいことですよね(笑)

今思えば十分ぶっ飛んでいたんだけど、
もっともっとぶっ飛びを期待していたんですよねぇーなんとなく。
牙ちゃんの活躍、もっと見たかった。
デレーの危機に「ガオーーー!!」って雄叫びを上げて
駆けつけてくれても良かったなーcatface

投稿: kenko | 2008年5月 3日 (土) 16時45分

なな様

ずいぶん手抜きなんですけど、とっととUPしちゃいましたsweat02

そうそう、いろんな危機がふりかかってくるのはいいんだけど
解決方法テキトーっぽかった・・・
アポカリプトの時は、映画館にいることを忘れるくらい
のめり込んで観ることができたんですけどね。
たまにオババが出てきちゃあ流れを中断するし・・・
いやいや、最後はオババのおかげなんだから文句を言っちゃいけないわcoldsweats01

まぁなんだかんだでそこそこ楽しみましたshine
そうですよね、これ一応若い二人のラブストーリーなわけだし、
主人公とヒロインは美男美女でないと。
私もデレーがお猿さんだったら2時間もってないかもー

投稿: kenko | 2008年5月 3日 (土) 16時56分

こんにちは。
オババは死んじゃったのかな?と気になりました。
彼女こそ「大神」のような超能力者でしたねw

ほんと、イケメン・英語ぺらぺらが一番奇妙な作品だったかも~

投稿: たいむ | 2008年5月 4日 (日) 08時21分

たいむ様

いやほんと、オババこそ神!!
あのラストはさすがに予測できなかったsweat02
オババはエバレットの代わりに召されたのかな…と思いました。

イケメンで英語ぺらぺらってありえないですね。。。
中途半端に他の言語も登場させるくらいなら
いっそぜんぶ英語でも良かったんじゃ…coldsweats01

投稿: kenko | 2008年5月 5日 (月) 11時38分

kenkoさん、こんばんは

>はじめ人間ギャートルズ

わたしもまったく同じこと考えてましたよ(笑) 原始人たちがマンモーを追っかけてるシーンなんか、そのまんまでしたもんね
ただこちらのマンモーのお肉は、『ギャートルズ』ほどおいしそうには見えませんでしたねえ・・・・

わたしも「牙」がずっとパートナーになるのだとばかり思ってたら、すぐ「プィ」と帰ってしまったので残念でした
そういえば『アポカリプト』でも主人公が猫に助けてもらうシーンがありましたねえ。あちらと違って猫ちゃんが無事生きながらえたことだけで、満足しておくべきでしょうか

>どうやらハッピーエンドはオババのおかげ?だったみたい

結論は「お年寄りは大切に」ということでしょうか(笑)

投稿: SGA屋伍一 | 2008年5月 7日 (水) 21時09分

SGA屋伍一様

やっぱり?考えますよねギャートルズ。
マンモー追っかけてるシーンは、ほとんど実写版(笑)
いっそでっかい石のお金も再現してくれたらよかったのにsmile
ほんとギャートルズに出てくるお肉ってなんであんなに美味しそうなのか。
一度は食べてみるのが夢ですが、たぶん胸やけするだろうなsweat02

そうそう、アポカリプトにも猫ちゃん出てきましたね。
生きながらえてくれたのは良かったけど、
せっかくサーベルタイガーなのに出番がちょっとだったのは
やっぱりもったいなかったような気がします。

結論は「お年寄りは大切に」?そういうこと?(笑)

投稿: kenko | 2008年5月 8日 (木) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/20674961

この記事へのトラックバック一覧です: 紀元前1万年:

» 紀元前1万年 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  ぶっ飛びミラクル古代旅行   [続きを読む]

受信: 2008年5月 2日 (金) 01時45分

» 映画「紀元前1万年」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:10,000 B.C. 地球温暖化、氷河は後退、マンモスは絶滅へ向かい、人類は狩猟生活から農耕や漁労を基盤とする定住生活への転換が芽生え・・映画は紀元前1万年・・ 源氏物語は千年前の世界だけど、この物語は紀元前をさらに一桁遡る、日本列島は縄文時代で、もう想像で... [続きを読む]

受信: 2008年5月 2日 (金) 01時48分

» 紀元前1万年 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
GW突入ですねぇ〜 ・・・特に予定はないけれどブヒッ【story】紀元前1万年。幼い頃から惹かれ合うデレー(スティーヴン・ストレイト)とエバレット(カミーラ・ベル)の村を、ある日正体不明の一団が襲う。デレーは、さらわれたエバレットを救い出したい一心で、わずかな仲間たちとともに一団の後を追う。長く危険な旅の途中、一行に襲いかかる獰猛な恐鳥やサーベルタイガー・・・苦難の果てにようやく辿り着いたのは想像を絶する文明の地だった!天を突くほどのピラミッド、『神』を名乗る権力者、奴隷として酷使される囚われの人々... [続きを読む]

受信: 2008年5月 2日 (金) 08時46分

» 紀元前いち〜ま〜んね〜〜ん! [労組書記長社労士のブログ]
 今日二回目のエントリーだわ{/m_0169/} 暇な奴やなあって笑わんといてください{/m_0199/}  今日は「1日」映画の日{/m_0058/}、っていうわけで、何も考えなくてきっと「ボケボケ頭」で楽しめそうな「紀元前一万年」を選択。 神々の息吹が世界に満ち、巨大なマンモスが大地を揺るがしていた紀元前1万年。山奥の集落で暮らす若きハンター・デレーは、不思議な運命を持つエバレットと惹かれあい、結ばれようとしていた。しかし集落が謎の部族に襲撃され、エバレットは連れ去られてしまう。仲間と共に彼... [続きを読む]

受信: 2008年5月 2日 (金) 19時42分

» 紀元前1万年 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
いかにも歴史的な興味をそそるタイトルに騙されてはいけないという皆様のレビューを肝に銘じて,ローランド・エメリッヒ監督の,大味・大袈裟・大風呂敷の世界を,割り切って楽しんでまいりました! [E:happy02] なかなか面白かったです[E:sign03] 紀元前1万年・・・・未だ誰も見た事のない世界・... [続きを読む]

受信: 2008年5月 3日 (土) 09時45分

» 「紀元前1万年」みた。 [たいむのひとりごと]
GW前だというのに、心躍るような大作がまったくない今年。『アポカリプト』のトラウマから、なんとなく後回しにしたかったのだけど、時間の都合でコレになった。しかし、不安は杞憂に終わったというか、終わりすぎ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 08時21分

» 紀元前1万年 [eclipse的な独り言 ]
 映画ファンの皆さまも拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中! [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 08時17分

» 「紀元前1万年(BC10,000)」映画感想 [Wilderlandwandar]
これも、余り評判良くなかったので見なくてもいいかなと思ったけど、只なので見てきました。「紀元前1万年」(BC10,000 [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 04時15分

» はじめ人間ギャザリング ローランド・エメリッヒ 『紀元前一万年』 [SGA屋物語紹介所]
はじめ人間ゴゴンゴン 石斧かついだゴゴンゴン・・・ 今から一万二千年前、山奥でみ [続きを読む]

受信: 2008年5月 7日 (水) 21時23分

» 【2008-111】紀元前1万年 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 誰も見たことのない世界 それは── 「過去」にあった [続きを読む]

受信: 2008年5月14日 (水) 22時56分

« 後藤ひろひと作 G2プロデュース「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」 | トップページ | 夕焼けニャンニャン☆ »