« ミスト | トップページ | 最高の人生の見つけ方 »

アフタースクール

Afterschool

けして油断はしていなかったんだけど、それでもきっちり騙されました。

<あらすじ>

母校で働く中学教師、神野(大泉洋)。同級生の木村(堺雅人)は一流企業で働くエリートサラリーマン。ある日神野は産気づいた木村の妻(常磐貴子)に呼び出され、木村の代わりに病院まで連れていく。彼女は無事出産するが、いくら携帯に電話をしても木村はなかなかつかまらない。そんな折、神野の中学に同級生だと名乗る男・島崎(佐々木蔵之介)がやってきた。アフタースクール公式サイト

内田けんじ監督のデビュー作『運命じゃない人』は、実はつい先日観たばかり。
カンヌで4冠とか評判はいろいろ聞いていたものの、内容に関する前知識は全くないまま観たので、その予想もしないあまりにも意外な展開にビックリ。
地味〜な人間ドラマかと思いきや、むちゃくちゃエンタテイメントなんですねぇ。
脚本って大切だなぁとしみじみ実感いたしました。

で、『運命じゃない人』があまりにも面白かっただけに、どうしてもハードルが高くなってしまう待望の2作目『アフタースクール』。
キャストもすっかり豪華になって、無名の俳優さんばかりだった1作目のVシネっぽさ(それがまたいいんだけどcoldsweats01)は微塵もございません。
観る側はみんな“騙される快感”を期待しているし、監督かなりのプレッシャーを抱えての2作目だったんじゃないでしょうか。
プロモーションでも“二転三転するストーリー”とか言っちゃってるし。

だがしかし!期待値が高過ぎてつまんなく感じてしまう、という悲しい結果に落ち着くことはけしてなく、今回も練りに練られた脚本でたいへん面白かったですshine
同じく脚本がイケてる邦画として連想される『キサラギ』みたいなテンションの高さはないんだけど、この淡々とした感じがまたイイのだgood

ネタバレ厳禁なお話なので、あまり多くは語れませんが・・・
難点と言えば“やや練り過ぎ”で、“だまされポイント”がちょいと分かりづらい・・・ということくらいでしょうか。
随分と贅沢な言い分だわ・・・てゆーかそんなのワタシだけだったりして?

とにかく、「アレってああいうことだったんだよね?」(なんのことやらsweat02)と自分なりに理解したつもりではあるものの、なんだか自信の持てない箇所もけっこうあったりして、エンドロールが始まったとたんすぐさま最初から観直したくなってしまったのですよ。
監督の術中にまんまとハマっちゃってる?私?

脚本は凝っていても、笑いのセンスはさらっとしてて、なにげに人情深いオチだったりするところも好きheart
笑いに関しては、大泉洋というそこにいるだけでどうしても面白い人を主演にキャスティングした時点で、既にツカミはオッケーだと思うのです。
堺雅人さんもいいですねぇ。出演作続々。
『ジャージの二人』と『クライマーズハイ』が観たいなぁ。
チョイ役ながらオイシイ役どころで、ムロツヨシ、村岡希美、中山裕一朗という舞台方面等で御ひいきの俳優さんが出ていたりするのにも、毎度のことながらご満悦なのでした。

最後に、大泉先生のさりげない乱入が微笑ましいエンディング曲、monobright“あの透明感と少年”のPVを貼っときます。

こんな先生いたら楽しいなnotes


|

« ミスト | トップページ | 最高の人生の見つけ方 »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん

すごく面白かったです。^^
確かに中盤までは伏線作りをたくさんしている感じはあるんですけど、こちらも
見事にだまだれました。
キャスティング、特に主役の3人の人選は
ほんとにいいですよね。観終わった後だと
この3人ぴったりだったなぁと思います。
なんだかんだ書くとすべてネタバレに
なってしまう気がして(笑)
観終わったあと、クローズな感じであれこれ話たい映画かもしれません。
2回目の方が楽しめるそうですねぇ^^
「運命じゃない人」も見ないと・・!^^

投稿: kazupon | 2008年5月28日 (水) 06時43分

『キサラギ』みたいなテンションの高さは無いけど、『あるある』のリアル感はありましたね。
そのぶん、どこで騙されているか、よく分かんなかったデス。
あ〜、もう一度巻き戻して、観たい〜〜(笑)

私も『運命じゃない人』観ないと!(汗)

投稿: あん | 2008年5月29日 (木) 23時16分

kazupon様

おもしろかったですね!
最初から伏線くさいのはいくつもあったんだけど、
「なんかヘンだけど、これは登場人物がみんなヘンな人だから?」
くらいに思って・・・というか思わされて、
見事に騙されました。

これはもうほんとに余計なこと書けませんよね。
でもコメント欄ではあれこれ語りたいっsign03

2回目絶対観に行きたいです。
「運命じゃない人」も、ぜひご覧になってみてくださいshine

投稿: kenko | 2008年5月30日 (金) 00時57分

あん様

キサラギの、ハイテンションなノリで分かりやすく騙されるのも
楽しくって気持ちよかったshine

こちらはまるで狐につままれたような騙され方で、
「えぇ??どーゆーこと???」とハテナがいっぱい・・・sweat02
終盤、頭を切り替えるのが大変でした。
あぁ・・・もう一回観なきゃ気がすまないっ

「運命じゃない人」もかなり面白かったですよー

投稿: kenko | 2008年5月30日 (金) 01時11分

こんばんわ。

≫脚本って大切だなぁとしみじみ実感
いたしました。

そうそう。
私もね、つくづくそう思いましたです。
最近は原作ベースの映画が多いけれど、
本来、シナリオ兼監督をやってこそ、
クリエーターってもんですよ。
内田監督、本当にこれからの活躍から
目が離せない監督さんだなあーって思いました。

今を輝く3大中堅俳優のキャスティングが
ナイスでしたねー!!
佐々木さんも堺さんも本当に素敵だったけれ
ど・・・今まで苦手だった大泉さんが異常に
かっこよく見えてしまいましたです!

ひゃー・・面白い1作だったわ。

投稿: 睦月 | 2008年6月 1日 (日) 23時59分

睦月様

脚本が特に素晴らしい映画に出会うたび、
映画ってやっぱ脚本!!って思っちゃいますね。
原作が小説だったりマンガだったりが
当たり前みたいになってきている中、
完全オリジナルでここまで面白い映画を作れる内田監督には
今後も期待大ですね。

メインの三名様には、実はどの人にもそこまで思い入れはなかったんだけど・・・
今回ので一気に好きになっちゃいました。
特に堺さんheart
大泉洋は、最後は本当にかっこよくオトコマエに見えました!

投稿: kenko | 2008年6月 3日 (火) 20時18分

kenkoさん、こんにちは。
とうとう雨ですね~。
スワロの髪の毛、大変なことになっています!!
クセ毛なので、それぞれが思い思いの方向にはね、膨らみ・・・(涙)

>難点と言えば“やや練り過ぎ”
ほほぅ。
確かに、ストーリーは巧妙でしたが、登場人物も複雑で
わかりにくい部分も多々ありました。
スワロもストーリーを理解するのに苦労したし。
大黒と片桐の関係が今ひとつわかりづらかったです。

でも、細部までこだわっていて面白かったです。
キャストもいい脇役をそろえてくれましたよね~。

投稿: swallow tail | 2008年6月12日 (木) 08時32分

swallow tail様

こんばんは!
とうとう梅雨入り~~rain
雨はキライです~
着る服とか靴とかに気を使うんだよね。
髪の毛も膨らみますよね!
私もどちらかというと扱いづらい髪質なのでよく分かりますっ

気持ちよく騙されたのは間違いないんですけど、
「運命じゃない人」がすごく分かりやすく騙してくれたのに比べると
ちょっと分かりにくいかなーと思ったんですよね。
そうそう!大黒と片桐の関係が、私もすんなり入ってこなかったのsweat02
んで結局、2回目観に行ってしまいました。

投稿: kenko | 2008年6月13日 (金) 01時18分

kenkoさん、こんにちは!
『運命じゃない人』は未見なんです~
スゴク評判がいいですね~気になるなぁ~

コチラはなかなか面白かったですね~
騙されないゾ~~~と構えて観ましたが、スッカリ騙されました(笑)
最初っから違和感がある会話や行動だなぁ~とは思ったので、全てが分かってから観たら、、、また面白いでしょうね♪

投稿: 由香 | 2008年6月13日 (金) 09時38分

由香様

こんにちは!由香さんheart

「運命じゃない人」は、公開当時はスルーしてて
つい最近ようやく観て面白さにビックリですよ。
由香さんにもぜひ観てみてほしいっ

すべてが分かってから観ると、最初に観たとき違和感を感じた
セリフや行動のひとつひとつが、
なんて上手くギリギリのラインで観客を誘導してるんだろうと感心しました。
自分の中でもやもやしてた部分もスッキリして満足満足shine

今はインディジョーンズとジュノを一刻も早く観たいです〜〜happy02

投稿: kenko | 2008年6月14日 (土) 12時18分

こんちは
やっとこ記事書きましたcoldsweats01

『運命じゃないひと』も評判よろしいですね。これもまたビックリする仕掛けがあるような作品なんでしょうか?

自分は「やられた感」も堪能しましたけど、kenkoさんのいう「人情味」豊かなところもツボでした
「こんなことして何になるんだよ」というセリフに、フフンと澄まして応える大泉さんがかっこよかったです。まさか彼がこんなにかっこよく見えようとは・・・・ これまたビックリでした(笑)

それとは対照的にPVの大泉先生は爆笑ものですね(笑)。バンドの人の冷めた視線がなんとも言えません

投稿: SGA屋伍一 | 2008年6月21日 (土) 11時57分

SGA屋伍一様

こんばんは!

「運命じゃない人」は、最初の30分はなんてことない映画のように
見えるんですが、
実は構成がとても凝っててキチンとエンタテイメントなんですよ。
これもまたなるべく前知識なしに観ることをオススメしますcatface

「やられた感」が気持ちいいだけじゃなくて
いい話なんですよねぇ~
大泉先生は最終的にはカッコよかったし(笑)、
終盤の校庭のシーンもグッときますよね。
でもって最後の最後は「靴買ってもらえて良かったね~」で
終わるところも好きですshoe

PVの大泉先生もおちゃめでいいでしょshine

投稿: kenko | 2008年6月21日 (土) 19時58分

kenkoさん、ご無沙汰してますー。
最近忙しくって映画もあまり
観にいけませんが・・・
面白かったですよねー。
最初はちょっとタルいのかなあ。。。
と思ってたら、それも後半の展開の
ためだったのかと思うくらい^^
いつもボーっとしてる私はいつも通り
何も見抜けませんでしたが。笑
(もはや努力もしてない)
それに堺さんのボケが素敵過ぎて♪

投稿: sally | 2008年6月21日 (土) 21時20分

sally様

sallyさんんん〜〜〜
ごぶさたですheart
私も最近、以前ほど映画を観に行けなかったり、
ブログを更新する時間やブロガーさんちにお邪魔する時間がなかったりで・・・
失礼しておりました。

でもこれは張り切って初日に観に行ったんですよ〜
てゆーか2回も行っちゃったshine
いやー、私もぜんぜんなんにも見抜けませんでしたですsweat02
後半どんでん返しがあってからもしばらくは、
ボーッとしてましたし。。。
堺さんはキュートでしたねheart
微笑みが怪しげなようでいて、実はそのまんまだという。
ついかまいたくなるタイプだわ(笑)

投稿: kenko | 2008年6月23日 (月) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/21204096

この記事へのトラックバック一覧です: アフタースクール:

» アフタースクール [It's a Wonderful Life]
面白かった。 評判のすごく良かった「運命じゃない人」はまだ観れて いないんですが、内田けんじ監督自身による脚本は すごく緻密に練り上げられていて、観客は探偵小説を 読むように一緒に真相を推理してしまうストーリー展開。 面白い脚本と3人のメイン俳優の...... [続きを読む]

受信: 2008年5月28日 (水) 06時37分

» アフタースクール [描きたいアレコレ・やや甘口]
皆さんの初恋って、中学時代でしたか? 相変わらず、佐々木蔵之介って描き難い〜!おまけに大泉洋も似てやしない...スルーしてちょうだい。 ... [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 23時17分

» 【2008-127】アフタースクール [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 行方不明の友人、同級生を名乗る探偵、大人の放課後(アフタースクール)には何かが起きる!! 笑って、驚いて、巻き込まれて、グッとくる。驚きエンターテインメント! 甘く見てると ダマされちゃいますよ 人間みんなウラがあ....... [続きを読む]

受信: 2008年5月31日 (土) 18時57分

» アフタースクール [to Heart]
製作年度 2008年 上映時間 102分 監督 内田けんじ 出演 大泉洋/佐々木蔵之介/堺雅人/田畑智子/常盤貴子/北見敏之/山本圭/伊武雅刀 長編デビュー作『運命じゃない人』がカンヌ国際映画祭4部門を受賞した内田けんじ監督による新感覚エンターテインメント。 {/book_mov/}母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれる... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 21時02分

» 「 アフタースクール (2008) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【アフタースクール 】2008年5月24日(土)公開 企画・原案・脚本・監督 ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 3日 (火) 22時33分

» アフタースクール [小部屋日記]
(2008/日本)【劇場公開】 監督:内田けんじ 出演:大泉洋/佐々木蔵之介/堺雅人/常盤貴子/田畑智子/北見敏之/山本圭/伊武雅刀 甘く見てるとダマされちゃいますよ 『運命じゃない人』の内田けんじ監督による新感覚エンターテインメント。 30代になった、かつての同級生たちが織り成す“大人の放課後”の物語。 情報をあまり入れないでみたほうがよいですね。 story 母校の中学校で働く神野良太郎(大泉洋)の元に、かつての同級生だと名乗る探偵・北沢雅之(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。北沢は神野の親友... [続きを読む]

受信: 2008年6月 3日 (火) 23時26分

» 『アフタースクール』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アフタースクール」□監督・脚本 内田けんじ □キャスト 大泉 洋、佐々木蔵之介、堺 雅人、田畑智子、常盤貴子、北見敏之、山本 圭、伊武雅刀■鑑賞日 5月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  軸がぶれない映画とはこういう映画のことを言うのだと思う。自身の脚本には細かい登場人物ディテールと、自分自身が遊び心を持ちつつ且つ第三者的(観客の立場)発想の転換を用いてわかりやすく騙し続けてくれる。 『運命じゃない人』は劇場で観... [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 17時23分

» アフタースクール [アートの片隅で]
「アフタースクール」のティーチイン試写会に行って来ました。 素晴しい!見事に騙されましたよw( ̄O ̄)w まさかあんな展開になるなんて想像もしていませんでした!! 上映後の内田けんじ監督の話を聞いて、もう一度観たくなったのは私だけではなかったようで、試写会終了後の前売り券販売ブースが大混雑になっていました。(そんな光景は初めて見ました) なんと私は後日、息子ともう一度試写会に行って来ました。 内田監督が「観ていない人を連れて行った時の知っているという優越感は快感ですよ」とのお話...... [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 13時20分

» 「アフタースクール」 卒業後・・・ [はらやんの映画徒然草]
タイトルの「アフタースクール」、普通は「放課後」と訳すところでしょうが、この映画 [続きを読む]

受信: 2008年6月17日 (火) 07時10分

» アフタースクール [eclipse的な独り言 ]
 邦画はいやだという妻を連れて観てきました。(5月28日 清水MOVIXにて鑑賞 [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 17時05分

» 親友どうでしょう 内田けんじ 『アフタースクール』 [SGA屋物語紹介所]
キャストも絵面も地味なのに、最近やけに評判のよいこの映画。なるたけ慎重に紹介いた [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 12時11分

» アフタースクール [knockin' on heaven's door]
小気味よく騙されましょう。失踪した友人、同級生と名乗る探偵、人の良い教師。消えた友人の陰にはある女性の存在が・・・。 緻密な脚本と巧みなストーリー。予想を裏切る展開で引き付ける、スリリングな大人の放課後には何が起こる?... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 20時56分

» 【劇場映画】 アフタースクール [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 母校の中学校で教師をしている神野と、サラリーマンの木村は中学時代からの親友同士。産気づいた木村の妻を、仕事で忙しい木村の代わりに神野が病院まで送りとどけた。その日、夏休み中だが部活のため出勤した神野のもとに、同級生だという探偵が訪ねてくる。島崎と名乗る探偵は木村を捜していた。若い女性と親しげにしている木村の写真を探偵に見せられた神野はショックを受け、なかば強引に木村捜しを手伝うことになってしまう。(goo映画より) 見たかった映画やっと見て来ました!! どちらかというと地味... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 01時55分

» アフタースクール [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:アフタースクール 制作:2008年・日本 監督:内田けんじ 出演:大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子、田畑智子 あらすじ:母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年9月14日 (火) 01時26分

« ミスト | トップページ | 最高の人生の見つけ方 »