« 尾道 CAT WALK② | トップページ | ヨーロッパ企画「あんなに優しかったゴーレム」 »

アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生

Annie_leibovitz

アメリカいち有名な女性カメラマン、アニー・リーボヴィッツの人生を辿るドキュメンタリー。
監督はアニーの実の妹、バーバラ・リーボヴィッツ。

アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生公式サイト

アニーが表紙を撮るなら、ニコール・キッドマンですらその夜に来るわ
(byヴォーグ誌編集長)

へぇ。。。スゴイ人なのね、アニーさんて・・・

ブログのサブタイトルに“camera”とか入れちゃってるわりに、世界中のセレブというセレブに一目置かれるアニー・リーボヴィッツさんのことは、こちらの作品で初めて知った次第ですsweat02

しかしそんな私でも、あまりにも有名な下の2枚の写真は見たことがありました。

1980年、ジョンが暗殺される数時間前に撮影され、ジョンの最後のポートレイトとなった写真と、

Leibovitz4

妊娠中のデミ・ムーアのヌード写真。

Demimoore

まるで小さな子どものように、愛する人に寄り添うジョン・レノン。
この数時間後に殺されてしまったのかと思うと・・・
「彼女は魂を撮りたがってた」というオノ・ヨーコさんの言葉が心に沁みます。

映画は、アニーのカメラマンとしてのアグレッシブな生き様と作品の数々を、彼女と仕事をしたセレブリティたちの言葉とともに、わりとざっくりスピーディーに追っていきます。
ちょっと急ぎ足な感じもするけれど・・・まぁドキュメンタリーだしこんなもんかな?

彼女のスタイルとして確立している、物語を設定してハリウッドスターをデコラティブに撮るシリーズは、いちミーハー映画ファンとして単純に見て楽しいですshine

最近はディズニーとコラボして、こんなのも撮っているみたい。

Snow_whiteレイチェル・ワイズが白雪姫にapple

Ariel2ジュリアン・ムーアは人魚姫にpisces

Beauty_and_the_beast
そしてドリュー・バリモアは美女と野獣のベルにvirgoleo

一流のハリウッドスターによる、お金を湯水のように使いまくったコスチュームプレイ・・・とか言っちゃったら元も子もないけどsweat02これも彼女だからこそ撮れる写真なんでしょうね。

|

« 尾道 CAT WALK② | トップページ | ヨーロッパ企画「あんなに優しかったゴーレム」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

全く関係ないことで申し訳ありませんが…
BLAME!の正式な続編、BLAME!2が講談社出版のムック「MANDARA vol,02」にて掲載されています!
価格は2000と高めですが、amazonで普通に購入できます。今のところは。
既出情報でしたらスイマセン…

投稿: viela | 2008年6月17日 (火) 18時06分

viela様

vielaさん〜〜
全く関係ないこと熱烈歓迎ですheart

BLAME2!!
そうそう〜まだ買ってないんですよ・・・
8月に発売される短編集に収録されるらしい・・・ってことで
MANDARA未購入な私・・・弐瓶ファン失格ですよねsweat02
vielaさんは既に購入済みなのでしょうかsign02
やっぱ買っとくべきかなぁ〜

投稿: kenko | 2008年6月18日 (水) 23時53分

デミ・ムーアの写真は知ってますが、ディズニーとコラボの写真はじめてみます。
すてきですねー。
人魚姫は美しすぎる!!
美女と野獣のライオンはアスラン?笑
この映画、見損なったのでDVDリリースされたらぜったい観ます。

投稿: アイマック | 2008年6月29日 (日) 21時02分

アイマック様

こちらにもコメントどうもですshine

このディズニーとのコラボ写真は
画像を探しているときに偶然見つけて知ったんですよ。
ステキですよね!
こういうの見ると、乙女心がうずきますribbon
私はレイチェルワイズの白雪姫がお気に入りapple
ほんとだ、この野獣よく見たらかなりアスラン入ってますねぇ〜(笑)

見応えのあるドキュメンタリーだと思うので
DVD出たらぜひチェックしてみてください!

投稿: kenko | 2008年6月30日 (月) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/21478819

この記事へのトラックバック一覧です: アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生:

« 尾道 CAT WALK② | トップページ | ヨーロッパ企画「あんなに優しかったゴーレム」 »