« 新中野カタャマゲリオン | トップページ | テンプレートを変えてみた。 »

インクレディブル・ハルク

Theincrediblehulk

てっきり数年前、アン・リーが監督した『ハルク』の続編なのかと思いきや・・・
そうではないのね。
アン・リーさんには申し訳ないけんど確かに、『ハルク』はちょいと微妙なデキでございましたsweat02
こちとら緑色のでっかいのが大暴れするところさえきっちり見せてもらえりゃ、それで満足なのよ。
暗がりでちまちまされても、よく見えないしつまんなーいbearing

<あらすじ>

科学者ブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、ある実験中の事故で大量のガンマ線を浴びてしまい、心拍数が上がると巨大な緑色の怪物“ハルク”に変身する身体になってしまう。ロス将軍(ウィリアム・ハート)に追われ、ブラジルに逃亡し密かに治療法を研究するブルース。ある時ついに居場所がばれてしまい、ロス将軍と特殊部隊員ブロンスキー(ティム・ロス)らに追いつめられるのだが・・・インクレディブル・ハルク公式サイト

その点、このたびの『インクレディブル・ハルク』には、がっつり楽しませていただきましたshine
ブラジルのジュース工場で(これはちょっと暗いけど)、真っ昼間の大学構内で、そしてネオン煌めくニューヨークで。
そこらへんに落ちてるフォークリフトやらパトカーやらをぶんぶん振り回し、ビルの谷間をまるでスパイダーマンのようにびゅんびゅん駆け抜けながら、思いっっっきり、暴れまくってくれます。
ラストのガチンコ勝負なんかめっちゃ燃えましたわー
やつらが繰り出す一撃一撃の重量感!パワー対パワー!!
あっさり「ハルク・・・スマーーーッシュ!!」とか言っちゃうのもおもろいしsmile

ブルース・バナー=ハルク役にエドワード・ノートン、三度の飯よりバトルが好きっぽい(もしくはバトルさえあればゴハン何杯でもいけそうな)特殊部隊員ブロンスキー役にティム・ロス、懲りないオヤジ・ロス将軍役にウィリアム・ハート、という演技派なキャスティングも、かなり渋くてイイ感じ。
しかし美しきヒロイン、リヴ・タイラー含め・・・このハチャメチャな事態に対し、なんとなーく全員あんまり反省していないように見えたのは気のせい?

あと気になったのが、じゃっかんキャラの掴みにくかったマッドサイエンティスト、Mr.ブルーはあの後いったいどうなったの!?ということ。
やっぱり「ひでぶっsign03」ってなっちゃったんでしょうか。
それとも・・・・・・「あべしっsign03」?

最後の最後に、例のチョイワルオヤジを登場させるという遊び心のある演出もナイス。
「次回『アイアンマン』を刮目して待て!」ってこと?
早く観たいなぁー
握りこぶしで待ってます♪

|

« 新中野カタャマゲリオン | トップページ | テンプレートを変えてみた。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

ハルクの筋肉には憧れるねw

ほそっちょろいのより
がっちりした方のが好き。

投稿: matsuu | 2008年8月23日 (土) 22時13分

matsuu様

こんばんはmoon3

実はあんまりマッチョなボディは得意じゃないんだけど・・・

ほそっちょろい主人公がハルクになって大暴れするのには
興奮しました(笑)

投稿: kenko | 2008年8月24日 (日) 23時00分

続けて失礼します
実はこの映画、あんまり期待してなかったせいもあって(笑)、かなり楽しめました!

ラストバトルも燃えましたけど、中盤の電波砲?との戦いも良かったですね! 古の東宝特撮みたいで。やっぱりハルクは「ヒーロー」というより、「正義の怪獣」という方がしっくりくる

>Mr.ブルーはあの後いったいどうなったの!?ということ。

彼は原作では悪役として登場するそうなので、続編で怪人として登場するかもしれません

ちなみにハルクとアイアンマンはあまり仲がよくないみたい・・・ 共演作品が実現したら、ぜひ壮絶なガチンコバトルを繰り広げてほしいものです!

投稿: SGA屋伍一 | 2008年8月26日 (火) 22時00分

こんにちわ。

新中野カタャマゲリオンにコメしようと思った
けれど、時既に遅しな気がしたのでこちらに(涙)。

「あべし」
「ひでぶ」

以外に

「ぶべら」

ってなかったですっけ?
あれ?そんなことどーでもいいすか(汗)?

ティム・ロス、すごいことになってましたね。
あの怪物キャラって原作コミックにも登場する
んですかねー?

贅沢を言うならば、ノートンの顔のまんま
巨大化して、ハルクになってほしかったです。
だって、ハルクになるとすっかりノートンの
出番がなくなっちゃうんだもん(寂)。

ノートンの『オールウェイズ苦悩』みたいな
瞳と表情、好きです。

投稿: 睦月 | 2008年8月27日 (水) 16時26分

SGA屋伍一様

私もぜんっぜん、期待はしてなかったんです。
だって前作が・・・
でも今度のはハルクの前に「インクレディブル」ってつくくらいだし~と思って
観に行ってみたら、けっこう楽しめました。

あ!そうそう!電波砲!
あれは斬新な戦闘シーンでしたね。
昔の東宝特撮みたい?それはちょっとよく分からない・・・
確かにハルクって、ヒーローというより怪獣っぽいわcoldsweats01
肌の色ミドリだし。

>彼は原作では悪役として登場するそうなので、続編で怪人として登場するかもしれません

そうなんだ!
頭がモリモリっとなった時、「にやり」と意味深な笑みを浮かべていたので
気になっていました。
ちょこっと出演のわりに、なんだか濃い目のキャラ作りで。
ますます次回作が楽しみですshine

ハルクとアイアンマンは不仲なんですね。
確かにハルクって、基本的に協調性なさそう。
いつも怒ってるし。
アイアンマンにはかなり期待しています。
その先の夢の競演も!

投稿: kenko | 2008年8月27日 (水) 16時36分

睦月様

>新中野カタャマゲリオン

時すでに遅くないですよ~ぜんぜん。
いつでもどこでもウェルカムなのだ!!

>「ぶべら」

あったかも(笑)
「たわば」っていうのは確実にあったんですけどcoldsweats01
こうゆうのに絡んできてくれる睦月さまに感謝なのです(涙)

ティムロスはノートン以上に原型をとどめてませんでしたね~
原作コミックにも登場するのかどうか・・・
それはSGA先生に聞かなきゃ分かんない!

多少はノートンの面影があるのかな?と思い、ハルクの顔がUPになった時に
まじまじと眺めてみたりもしましたが、
全く面影無しだったsweat02
「オールウェイズ苦悩」(笑)みたいな顔したノートンが、
筋肉むきむきのハルクになって暴れまくるというそのギャップが良かったです。

投稿: kenko | 2008年8月27日 (水) 17時27分

こんにちはー♪
>あっさり「ハルク・・・スマーーーッシュ!!」とか言っちゃう
ずーっと考えてたんでしょうねぇw
そんな突っ込みを待ってるかのようなサービス精神旺盛で、結構楽しかったですね^^
脚本にまで関わったエドワード・ノートンが次も出るかと思いきや、アベンジャーズには出ないんですねぇ。。。

投稿: たお | 2010年10月 9日 (土) 14時42分

たお様

>ずーっと考えてたんでしょうねぇw

でしょうねぇ(笑)苦悩しながらも案外ハルク化を楽しんでたのかもしれませんね。
前の『ハルク』がアレだったんで結構楽しめてしまったのですが
エドワード・ノートン、アベンジャーズには出ないんだー。
それは残念!

投稿: kenko | 2010年10月11日 (月) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/23175789

この記事へのトラックバック一覧です: インクレディブル・ハルク:

» ハルクは激怒した ルイ・レテリエ 『インクレディブル・ハルク』 [SGA屋物語紹介所]
それは、いつ生まれたのか誰も知らない・・・ 暗い、音の無い世界で、一つの細胞が分 [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 22時01分

» インクレディブル・ハルク (The Incredible Hulk) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の…... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 14時42分

« 新中野カタャマゲリオン | トップページ | テンプレートを変えてみた。 »