« 弐瓶祭りだよ☆ | トップページ | ココログに新機能が追加② »

デトロイト・メタル・シティ

Dmc

お下劣かつマニアックなギャグのオンパレードで、カルト的な人気を誇るマンガ『デトロイト・メタル・シティ』。
なぜか1〜3巻だけうちにあるのですが・・・とっても楽しい反面、「子どもには読ませたくない」とか言われてしまうのも、“つまんないオトナ”のひとりとしてはよぉく理解できてしまいますcoldsweats01
映画では、ヘタするとドン引きされかねないネタはうまくアレンジしつつ、じんわりいい話も盛り込んで、原作ファンもそうでない人もみんな気持ちよく笑えるようになってると思いました。

<あらすじ>

根岸宗一(松山ケンイチ)は、おしゃれな渋谷系ミュージシャンとしてデビューするべく上京するが、大学卒業後、気がつくとデスメタルバンド“デトロイトメタルシティ”のボーカル、ヨハネ・クラウザー・二世としてインディーズシーンで人気を博していた。ある日、学生時代の憧れの人・相川さん(加藤ローサ)に再会し、自分がクラウザーであることを隠し通そうとするが・・・デトロイト・メタル・シティ公式サイト

フリッパーズギター、カヒミカリィ、コーネリアス、カジヒデキ・・・
90年代当時「渋谷系」と言われ、根岸くんが憧れる“ポップでおしゃれな”ミュージシャンの代表格として、巷でもてはやされていた彼ら。
そういう私も若かりし頃・・・そんな渋谷系ミュージックを聴きまくっておりました。
特にフリッパーズギター、コーネリアスの大ファンで・・・ぶっちゃけ“青春そのものだった”と言ってもいいくらいだったりsweat02
つーか今でも変わらず好きですけども。

なのでそれらがネタにされるのには、身に覚えがあるだけに爆笑せずにはいられません。
同時にあの甘酸っぱいジェリービーンズな時代(笑)を思い出し、懐かしいような気恥ずかしいような、なんともくすぐったい気持ちにもなったりもするのでした。

一方デスメタル。こちらはさっっっぱり、分からない。
かろうじて知ってるのは、メタル界の神オジー・オズボーンはコウモリを食べちゃうらしい、ということくらい。
それも、アダム・サンドラー映画の中でも特別お気に入りである『リトル☆ニッキー』から得た情報です。

クラウザーさんだって、オジーに負けじとバリバリいっちゃうよー

Dmc2“グロテスク”PVよりheart

あとデーモン小暮閣下をどうしても思いだしてしまう。
デーモン閣下は世を忍ぶ仮の小学生の時、広島市で布教活動をしていたらしいです。急に親近感。

話がそれましたが・・・
メタル界においてのみ不本意ながら開花してしまう、根岸くんの溢れる才能。
そしてそのことに苦悩しまくりつつ、ここぞという時にはけっこうノリノリだったりする根岸くん=クラウザーさんを、今をときめくイケメン俳優・松山ケンイチ君が見事に怪演しています。
そんなにクネクネしなくても・・・そんなにダミ声でシャウトしなくても・・・
とヘンな心配をしつつ、むちゃくちゃ笑わせてもらいましたhappy02

またDMCにとって非常に重要なのが、一般ピープルからするとギャグでしかないクラウザーさんの行動をすべて肯定し、DMCのレジェンドをより完璧なものにする“ファンの子たち”の存在。
大倉さんサイコー(笑)「クラウザーさんには死の概念などないのだ!!」

そして!音楽が予想以上に素晴らしかったnotes
原作者・若杉公徳が、笑いをとるためだけにテキトーに作ったであろう歌詞に、本当におしゃれでポップな曲をつけてしまったカジヒデキってば、なんてシャレの分かるお人なのheart
めちゃいい仕事してくれました。
若杉さんも、まさかこうしてカジヒデキ本人にアレンジしてもらうことになるなんて、思いもよらなかったことでしょう。
ジーン・シモンズはホントに『ファッキンガム宮殿』を歌っちゃうし。

MC鬼刃や金玉ガールズも、ちょっとだけの登場だったのが惜しいくらい良かったです。
それぞれyoutubeなどでPVを観ることができます。
特に金玉ガールズの『デタラメ・マザコン・チェリーボーイ』が気に入っちゃいましたcherry

「原作コミックがイメージ通りに実写化されることによるワクワク感」という点では、『20世紀少年』にもぜんぜん負けてないと思うのだshine

|

« 弐瓶祭りだよ☆ | トップページ | ココログに新機能が追加② »

映画」カテゴリの記事

コメント

相手が来るのを待つのより、こちらから撃って出る! それが俺たちグレン団! ・・・ってわけわかんないですね。すいませんcoldsweats01

>金玉ガールズ

ちょっとちょっとkenkoさん・・・ 嫁入り前のお嬢さんがこんな言葉書いちゃダメ・・・ ってkenkoさんは嫁に行ってるからいいか(そういう問題か?)

それはともかく、PVの美波さん、かっこえ~ これは『デス・プルーフ』をイメージしてるんですかね?(見てないけど)

こんなにかっこいい美波さんが、あんな根岸クラウザーにあっさり降参しちゃうなんておかしい! 納得いかんですよ!

>「原作コミックがイメージ通りに実写化されることによるワクワク感」

この路線での最高傑作といったら、ワタシ的には『デスノート』かなあ。あと『魁!! クロマティ高校』とか

投稿: SGA屋伍一 | 2008年9月20日 (土) 21時27分

SGA屋伍一様

もたもたしてたら先制攻撃されちまったい。グレンラガン?(観てないけど)

>金玉ガールズ

だって金玉ガールズは金玉ガールズなんだもん。金玉!金玉!
KYOSEI SEYO!!!!!(←手がつけられない)

美波さん、超!!かっこええ!!ですよね〜
「公開自殺」しているクラウザーさんを見て、あっさり「おそろしい男だわ・・・」とか
降参していたけど、もっと観たかったな。

私もこのPV、「デスプルーフ」だ!って思いましたcar
「グラインドハウス」はDVDBOXまで買っちゃったほどお気に入りですheart

『魁!! クロマティ高校』は、SGAさんにオススメされて観たような。
『デスノート』は映画は珍しくどれも観てないんですよ〜
マンガは6巻くらいまで読んだんですけど。
流行にノリきれなかったひとですsweat02

投稿: kenko | 2008年9月20日 (土) 23時49分

kenkoさん

コメントTHANK YOUでした。
根岸君可愛かったですよね~heart01
あと、リトル☆ニッキー私も好きです。
TBいただきますね!

投稿: ヘーゼル☆ナッツ | 2008年9月23日 (火) 10時08分

ヘーゼル☆ナッツ様

お返事ありがとうございます(o^-^o)

原作の根岸くんは、かわいいなんて全く思ったことないんですけど
松ケンの根岸くんはかなりかわいかったですheart

「リトル☆ニッキー」ヘーゼル☆ナッツさんもお好きですか!
あれもかなりのお下劣バカ映画ですよね(笑)
でも大好きですshine

投稿: kenko | 2008年9月23日 (火) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/22957649

この記事へのトラックバック一覧です: デトロイト・メタル・シティ:

» マツケンフィーバー☆ [松山ケンイチの秘密]
... その名も、松山ケンイチ。 『人のセックスを笑うな』でノックアウトされて以... [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 12時58分

» 悪魔が来たりてデスメタル 若杉公徳・李闘士男 『デトロイト・メタル・シティ』 [SGA屋物語紹介所]
人は見かけによらぬもの 人は見かけによらぬもの カッコだけで判断しないで Fir [続きを読む]

受信: 2008年9月20日 (土) 21時28分

» ★「デトロイト・メタル・シティ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、TOHOシネマズの一ヶ月無料パス狙いで、 「ららぽーと横浜」で、邦画を2本。 その1本目。 だいぶマイレージ貯まってきて、来月くらいには6000マイレージ達成しそうだよーーー。 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 01時21分

» 『デトロイト・メタル・シティ』 [唐揚げ大好き!]
  僕がしたかったのは・・・     こんなバンドじゃない!!   ■オシャレなミュージシャンを目指す心優しきゴボウ男・根岸くんは、なぜかインディーズ界デスメタルのカリスマ、クラウザーⅡ世(クラウザーさん)として人気急上昇中!「僕がしたかったのは・・・こ... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 05時09分

» 「デトロイト・メタル・シティ」★★★★・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK]
「デトロイト・メタル・シティ」★★★★・■ジャンル:コメディ■製作年:2008年  ■製作国:日本 ■配給:東宝 ■上映時間:104分■監督:李闘士男  ■原作:若杉公徳■出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、松雪泰子〜あらすじ〜おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンに憧...... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 10時09分

» 「デトロイト・メタル・シティ」映画鑑賞 [Wilderlandwandar]
ブロガーさんの評判も結構良くって、松ケンも嫌いじゃないけど、出てる映画は全部見るって程のファンでもないし、デスメタルは聴 [続きを読む]

受信: 2008年9月25日 (木) 21時06分

» 【2008-198】デトロイト・メタル・シティ DETROIT METAL CITY [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 僕がしたかったのは・・・ こんなバンドじゃない!! [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 00時13分

» 【2008-198】デトロイト・メタル・シティ DETROIT METAL CITY [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 僕がしたかったのは・・・ こんなバンドじゃない!! [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 00時16分

» 「デトロイト・メタル・シティ」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
**************************** 御洒落な渋谷系ポップ・ミュージシャンに憧れ、大学進学を機に田舎から上京した心優しき青年・根岸崇一(松山ケンイチ氏)。「NO MUSIC NO DREAM」を胸に、デスレコーズの新人ミュージシャン募集に応募するが、本人の意志を無視して悪魔系デスメタル・バンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称:DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザー・II世」として売り出されてしまう。「僕がしたかったのは、こんなバンドじゃない!」と思い悩む彼。しかし、そん... [続きを読む]

受信: 2008年9月30日 (火) 01時55分

» 『デトロイト・メタル・シティ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「デトロイト・メタル・シティ」□監督 李闘士男 □原作 若杉公徳 □脚本 大森美香 □キャスト 松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、松雪泰子、大倉孝二、岡田義徳、鈴木一真、宮崎美子、ジーン・シモンズ、高橋一生、美波、大地洋輔、大谷ノブ彦 ■鑑賞日 9月18日(木)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ひょんなことで自分がやりたい音楽とは別のメタルロックのジャンルで芽が出て後戻りできない主人公根岸崇一((松山ケンイチ)。 ... [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水) 08時10分

» デトロイト・メタル・シティ 2008-49 [観たよ〜ん〜]
「デトロイト・メタル・シティ」を観てきました〜♪ 東京の大学に合格し、上京する根岸崇一(松山ケンイチ)は、渋谷系のミュージシャンとして成功する事を夢見ていた。事務所の方針で、DMCのボーカリスト、ヨハネ・クラウザーII世をやらされている・・・ある日、同級生の相川(加藤ローサ)と再会する。クラウザーII世としての顔を知られたくない根岸は・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、「SATUGAI」されるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は... [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水) 22時35分

« 弐瓶祭りだよ☆ | トップページ | ココログに新機能が追加② »