« テンプレートを変えてみた。 | トップページ | ココログに新機能が追加 »

20世紀少年

20th

浦沢直樹の大ベストセラーコミック『20世紀少年』が、なんと総制作費60億円!3部作!でもって実写映画化。
監督は堤幸彦。堤さんの撮る映画って、ぶっちゃけビミョーなものが多いけれど・・・
『ケイゾク』『トリック』などのTVドラマに関しては大ファンheartであるわたくし。
いやがおうにも期待は高まるのだshine

<あらすじ>

1969年。小学生のケンヂは、空き地に作った秘密基地で、同級生たちと「20世紀の終わりに世界征服を企む悪の組織と、それを阻止する正義の味方」という物語を空想しては、それを“よげんの書”と称したノートに書き記して遊んでいた。1997年。ロックミュージシャンの夢破れたケンヂは、実家のコンビニで、失踪した姉の子・カンナを背負って働いている。巷では次々と奇怪な事件が起き、その影には“ともだち”と名乗る教祖が率いるあやしげな新興宗教があった。そして、それらの事件がすべて“よげんの書”に沿っていることを、ケンヂたちは気づき始めるのだが・・・20世紀少年公式サイト

いちおう原作の感想らしきものも、こちらに書いております。

いやー。
2時間半という限られた尺の中で、“血のおおみそか”までのエピソードをよくぞここまで収めきりました。
端折っている部分はもちろんあるけれど、基本的に原作にほぼ忠実。よくできてる。
“原作既読&原作ファン”としては、かなり楽しめましたです。

なにが楽しいって、やっぱキャスティングなんだな。
原作のキャラクターを、イメージ通りに映像化するためのキャスティングを考える喜び・・・
というものが、このビッグプロジェクトの最大のポイントになってるような気がします。

小出しに発表されるキャストに一喜一憂しながら、映画の公開を今か今かと待ちわびていたファンは少なくないんじゃないでしょうか。

てなわけで、公式サイトより第一章におけるキャスト一覧画像を拝借♪

6_278910

壮観~。なんてバラエティに富んだキャスティング!
そもそも浦沢さんの描くマンガって、実在の人物や俳優さんをまんまモデルにしてるのでは?
と思われるキャラクターがたくさん登場するんだけど、
テレビや映画でおなじみの役者さん、タレントさんたちが、こんな風に“浦沢ワールド”のキャラにぴったりハマるなんてなんだか面白い。
「ケンヂ=唐沢寿明」は、唐沢さんが男前過ぎてちょっとイメージと違うなーと思ってたけど、実際映画を観てみるともうケンヂそのものなのです。歌も上手いし!さすがだわ。

それにしても、
「マルオ=石塚英彦」
これだけは、原作読んでてマルオを一目見たときから「石塚だ!」と思ってたcoldsweats01

それからこの一覧には出てないけど、ユキジの子ども時代の役がなんとコハナちゃん(『仮面ライダー電王』に出てた子役さん)だった!
あいかわらず強くてかわいかったですheartおかっぱもお似合い。

衣装やセット、そして“世界を終わらせる巨大なアレ”にいたるまで、見た目的には何もかもが驚くほど原作そのまんまなので、
「ただ原作をなぞってるだけなのに、映像化することに意味はあるのか」とつっこまれてしまうのも分からないではないです。
でも、“堤節”と言ってもいいユーモアやテンポが感じられる部分もちゃんとあって、予想以上にしっかり堤映画になってるgoodと、個人的には感じました。

エンドクレジット後の予告によると、第二章は来年1月31日公開予定らしい。
現在発表されているニューキャストは、以下の通り。

14
3

サダキヨ役:ユースケサンタマリア、高須役:小池栄子、蝶野刑事役:藤木直人、春波夫役:古田新太。
そしてカンナ役は、オーディションで大抜擢された平愛梨さん。
カンナは最後ちょろっと出てましたね。早く観たいなー

|

« テンプレートを変えてみた。 | トップページ | ココログに新機能が追加 »

映画」カテゴリの記事

コメント

フクベエの佐々木蔵之介
ジジババの研ナオコ
は、キャスト見なくても想像できましたね(笑

第二章の高杉役は・・・むぅ、もうちょっと
スマートな人がよかった。。。^^;

いずれにせよ、2015年までへ向けての
皆の年の取り様が気になると事ですな~

早く第一章、観にいかねばっ>o<

投稿: matsuu | 2008年9月 6日 (土) 20時24分

ヨシツネとサダキヨがーーー!
豪華な顔ぶれですね。
主人公よりも脇役が好きなんです。
最後ちゃんと納得させてくれるのかしら。
「あんた誰やねん」ではなくスッキリ
させてくれるのかしら。
話は変わりますが、こうの史代さんの
「この世界の片隅に」単行本の続きを
雑誌で立ち読みしたら冷や汗と涙が止まらなく
なって即、お買いあげしました。こんなことは
ケッチャムの「隣の家の少女」以来です。
すずさん、晴美ちゃん、実家の人達・・・。

投稿: 奈良の亀母 | 2008年9月 6日 (土) 23時09分

matsuu様

フクベエは第二章からが・・・だからなぁ。
その点、佐々木蔵之介さんがフクベエ役ってのは、期待できますね。
研ナオコがジジババ役で出てきたときは思わず吹いちゃったよ(笑)
竹中直人のピエール一文字にもウケたcoldsweats01

高杉役って高須のことだよね?
たしかに小池栄子では美女過ぎるような・・・
でも彼女けっこうデキル人だとも思うから、
いい感じに怪演してくれそうな気もしますshine

エンドロール後の予告でちらっと見た感じでは、かなりフケメイクになってたよ。
第一章、早く観てきてください!

投稿: kenko | 2008年9月 7日 (日) 20時45分

奈良の亀母様

私も主人公(ってケンヂなのかカンナなのか、未だによく分からないんだけどsweat02)よりも
脇役が好きですheart
それもヨシツネがけっこう好きかも。
ケンヂ不在の2015年で、頑張ってるヨシツネおじちゃんにキュンとしたshine
なので、ヨシツネ役が演技派の香川さんだなんてワクワクします♪
サダキヨ役がユースケ・・・ってのはどうなのかなぁ。。。
映画は原作とは違う結末らしいので、
「あんた誰やねん!!」ってことにならないことを祈るしかないですねcoldsweats01

こうの史代さん「この世界の片隅に」
本屋さんで見かけて気になってはいたものの未読・・・
広島人としてダメな私sweat02
そして
ケッチャムさん「隣の家の少女」
これも非常に気になりつつ、なかなか手が出せない一冊。
こうのさんとは真逆な作風であることは間違いなさそうですが・・・
どっちも読みたい!

投稿: kenko | 2008年9月 7日 (日) 21時14分

昨日やっと見てきました!すっごい!平愛梨さんのフアンなので出番を待ちながら・・・涙あり笑いありスリル満点、漫画をしらなくてもどんどん入っていける作品です。最後に登場したあいりさんカンナそのもの!はやく2部3部がみたいですね。これからも応援します。

投稿: ゆ | 2008年9月 8日 (月) 12時06分

こんにちわ。

第2章に出る藤木直人さん、原作キャラそっくりー!!!ぎゃああ!
男前じゃあ!男前じゃあ!!

カンナも似てますね。
あの力強いキャラクターを作り上げてくれるかどうかが問題ですな。

個人的にオッチョ大好き人間だった私は、トヨエツさんのオッチョっぷりには
もう狂喜乱舞でございましたよー。

いろいろ端折ってあったけれど、でも、あれだけ情報量の多い浦沢漫画を
ここまで忠実に映像化できただけでも素晴らしいと思いますよ、ホント。

どうせ、原作からあまりにもかけ離れたらそれはそれで文句を言う原作ファン
も絶対にいるわけだし。

原作がこれだけ売れているものになると、どう作ったって誰も100%納得
なんかしませんものね。

なので。
堤監督、よくぞ頑張った!と言ってあげたいです♪

早く第2章みたいなあー!楽しみです♪

投稿: 睦月 | 2008年9月 8日 (月) 15時25分

ゆ様

コメントありがとうございます。
ゆ様は、平愛梨さんのファンなのですね。
原作を読んだことのない人には、もしかして分かりづらい映画なんじゃないかなぁ・・・と思っていたのですが、
ゆ様のように楽しまれた方がたくさんいらっしゃるみたいで良かったです♪

第二部からは、カンナがバンバン活躍するはず!
楽しみですねheart

投稿: kenko | 2008年9月 8日 (月) 17時35分

睦月様

第二章のキャラの中では、藤木直人がダントツ似てますよね!男前!!
キャスティングがあまりに素晴らしすぎて、
映画のキャストに似せて、浦沢さんがキャラを描いているかのように、錯覚しそうになりますsweat02
古田新太の波春夫もツボ!

トヨエツのオッチョもハマってましたよねぇー
かっこ良かったheart
せっかくカッコイイので、第二章以降のオッチョのおでこは再現しなくてもいい!と思ってますcoldsweats01

原作をここまで忠実に実写化してくれただけでも感動だし、
原作未読の人にも概ね好評みたいだし、
堤監督、かなりいい仕事をしてくれたのではないでしょうか。

第二章、早く観たいですね!

投稿: kenko | 2008年9月 8日 (月) 17時47分

こんばんは!
原作の存在自体を知らなかった私は(汗)、あまり期待もせずに観に行ったのですが、物凄く面白かったです!!
ミステリー部分の引っ張り方が上手いのか、過去と現在と未来の描き方が絶妙なのか、キャストがいいのか、、、いや全部かも!!とにかく面白かったです♪
原作を知らない身としては、続きがスゴク気になりますが、続編公開まで楽しみに推理したいと思います。
で、、、「ともだち」は誰だろう?分かりやすかったという方もいらしたのですが、私的には混乱してます。
で、、、ケンヂの運命が気になって不眠症になりそうでしたが、そちらは教えてもらっちゃった~♪(ズルイ?・笑)

投稿: 由香 | 2008年9月 9日 (火) 23時47分

由香様

お返事ありがとうございます( ^ω^ )

原作を読んでるだけに、映画としての面白さをまともに判断できなかったのですが、
由香さんはとても楽しまれたようでなんだか安心しましたhappy01
だってファンだからこそ、たくさんの人に「このお話すごい!おもしろい!」と思ってもらいたいもん。
せっかくだから続編を観るまで、結末は知らないでいてくださいshine

たしかに「ともだち」の正体って、後から考えるととても単純なんですよね。
でもこれ以上は言えない〜〜

ケンヂの運命は知っちゃったのね〜ズルイ!ってうそうそ(笑)
さすがにあの終わり方で、来年1月までは待て!ってのは酷ですよねぇ。
原作知ってるならまだしも。

早く続編が観たいです♪

投稿: kenko | 2008年9月10日 (水) 01時23分

こんちは
一緒に見た友人が「ケンジは爆笑問題の太田に似てる」と言ってました。なるほど、と思う反面、「太田じゃ燃えないだろー(笑)」とも思いました

しかしホントにこれだけいろいろひっぱってきましたよね・・・ 個人的に一番似てると思うのはマルオ→石ちゃん ドンキー→生瀬さんのお二人です
小池栄子の高須さんもはまりそうだ・・・

堤作品はわたしもあまり見てませんけどドラマ『池袋ウェストゲートパーク』などは好きでした。今回おとなしめだった分、次章以降は「堤節」が炸裂しそうな予感・・・ そうでもしないとキチンと終れなさそうだし(笑)

投稿: SGA屋伍一 | 2008年9月18日 (木) 16時11分

こんばんはヽ(´▽`)/

>「ケンジは爆笑問題の太田に似てる」

わかる~
唐沢さんはちょっとかっこ良すぎるんですよ。
実際演じているのを観てみたら、すごく良かったんだけど。
太田じゃあ確かに燃えないし、2時間半はもたないなぁ(笑)

>ドンキー→生瀬さん

ドンキーの子供時代の役の子なんて、鳥肌立つくらいそっくりじゃなかったですか?
生瀬さんは、今回はなんと写真のみで・・・
ファンなので、第二章からは回想シーンなどで活躍してくれるといいなぁと思ってます。
こうして写真の一覧を見ていると、
「血だらけの男→遠藤憲一」もかなりキテるなぁと思いました。

>『池袋ウェストゲートパーク』

私もめっちゃ見てました!大好きだった~heart
なにげに今をときめく俳優さんてんこもりなんですよね。
あの頃の窪塚くんは光ってたshine
堤監督のドラマは、最近だと「下北サンデーズ」とかも見てましたよ。
打ち切りになっちゃったけどweep

投稿: kenko | 2008年9月18日 (木) 20時16分

ケンジ役、ユースケサンタマリアが最終選考まで残ってたらしいですよ。
でもサダキヨになっちゃったんですね。
やっぱり、最初はダメな男でも世界を救うヒーローになるわけですからねえ。ある程度2枚目なのがいいのかも。世界にも出る作品だし。
って決してユースケが嫌いなのではありませんよ^^;

第二章楽しみですね。

投稿: ヘーゼル☆ナッツ | 2008年9月23日 (火) 10時23分

ヘーゼル☆ナッツ様

えー!!
ケンヂ役、ユースケも選考に残ってたの!?

それは唐沢さんで良かったとしみじみ思ってしまいますねぇ。
ユースケは好きだけど、世界を救うヒーローとしては
やっぱちょっとカッコイイ方がいいですよね(笑)

サダキヨ役のユースケを楽しみにしていますcatface

投稿: kenko | 2008年9月23日 (火) 11時34分

かなりご無沙汰してましたcoldsweats01
(覚えておられるかな~と思ったのでsweat01
TBだけ、こそっと送らせていただいたのですが、、、笑)

原作ファンなんですね~。感触は良かったようで、、
2章も期待出来そうですねwink
また良かったら、お付き合い下さいませ~。

投稿: ルル | 2008年9月27日 (土) 12時34分

ルル様

覚えていますとも!
TBコメントありがとうございますheart

こちらこそご無沙汰です。1年以上?ぶり?くらい?coldsweats01
最近更新もトラコメ活動もサボりぎみで・・・

原作のキャラがイメージ通りに実写になっている、というだけでも
楽しめてしまいましたbleah
2章、早く観たいですねぇー

こちらこそまたよろしくお願いしますclover

投稿: kenko | 2008年9月28日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/23501708

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年:

» 大杉漣 [大杉漣]
大杉漣についてかきました [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 20時17分

» [映画『20世紀少年』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆『20世紀少年』を観て、私はかなり楽しんだのだが、 ごめん、 仕事が忙しくて、長い感想が書けない^^; だから、手短に・・・。    ◇   ◇ 私は、原作マンガを描いている浦沢直樹の作品があまり好きでない。 思わせぶりの極地だからだ。 『MONSTER』なんて、ずっと思わせぶりで、物語が終わっても思わせぶりだった。 連載中の『PLUTO』もそうなるだろう。 だから、マンガ『20世紀少年』も、そうだったはずだ。 そして、・・・しかし、映画『20世紀少年』は、その「思わせぶり」が... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 22時44分

» 『20世紀少年』 [唐揚げ大好き!]
  世界が終わろうとしています。 ぼくらの“ともだち”によって──。   ■1969年。小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと原っぱに秘密基地を作り遊んでいた。彼らは、20世紀の終わりに人類滅亡を企む悪の組織とそれを阻止する正義の味方といった物語を空想しては、... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 08時46分

» 20世紀少年(2008年) [勝手に映画評]
浦沢直樹作の大ヒットマンガ「20世紀少年」を浦沢自身の監修での映画化。コミックとは異なるストーリー展開になっているそうです。映画は全三部で予定されていて、今回は、その内の第一作。第二作は、2009年1月公開予定のようです。 実は、マンガを全然読んだ事が無いので予備知識ゼロの状態で見に行きました。少し説明が過ぎるきらいはありましたが、事前知識ゼロでも内容を把握する事はできました。映画のチラシの裏表紙にマンガのキャラクターとそれを演じた俳優陣が示されているのですが、見本があるので頑張って似せたと言う事... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 09時38分

» 20世紀少年 [to Heart]
世界が終わろうとしています。ぼくらの“ともだち”によって──。 製作年度 2008年 原作 浦沢直樹 脚本 福田靖 長崎尚志 浦沢直樹 渡辺雄介 音楽 白井良明 監督 堤幸彦 出演 唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子/香川照之/石塚英彦/宇梶剛士/宮迫博之/生瀬勝久/小日向文世/佐々木蔵之介/石橋蓮司/中村嘉葎雄/黒木瞳 『YAWARA!』『MONSTER』の人気マンガ家・浦沢直樹の同名ベストセラー・コミックを、豪華キャストを配し、日本映画史上空前のスケールで映画化するサスペンス・アドベンチャー大... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 13時25分

» 「20世紀少年」映画感想 [Wilderlandwandar]
予告どおり見てきましたです、実写映画版「20世紀少年」 監督はトリックシリーズでお馴染みの堤幸彦氏。 原作は「YAWAR [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 15時03分

» 20世紀少年 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
原作を全く知らないし、邦画にイマイチ盛り上がれない性質だけど(汗)、3部作の第1部を見逃して後から地団駄を踏みたくないので(←よくやる・涙)観てきました〜  監督 : 堤 幸彦  『明日の記憶』 『自虐の詩』 『包帯クラブ』 原作 : 浦沢直樹 『20世紀少年』 主題歌 : T.REX 『20th Century Boy』【comment】    スッゴク面白かったで〜す        早く続編が観たいよぉ〜  1969年、小学生のケンヂは仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。そして遊びの一つ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 9日 (火) 23時42分

» 20世紀少年(実写版)を見てきました。 [霧たんぽ鍋]
[映画感想]『20世紀少年 第1章』を見て来ました。 『 20世紀少年』を見てまいりました。それなりに面白かったです。しかし、絶賛するほどというわけではありません。まあ、漫画の実写版としては悪くはないぐらいでしょうか。。『DEATH NOTE(実写版)』は絶賛していたのですが。デスノートは漫画のグダグダな部分を取り除い... [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 20時04分

» 20世紀少年 第1章&コード・ブルー&スレイヤーズ [別館ヒガシ日記]
20世紀少年 第1章は劇場で4日(木)の9時半から鑑賞して 結論は少し不満ありも原作&ウィキペディアを読まず我慢し 来年1月末に第2章が公開されるから絶対に鑑賞するよ 内容は主人公のケンジが子供の時に書いた「予言の書」と 「ともだち」と言うカルト教団が同... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 20時57分

» ★「20世紀少年」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みも、平日は駐車場無料の「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズさんへ。 6000マイレージの一ヶ月無料パス狙いで、本日も2本鑑賞。 その2本目。 [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 03時07分

» 20世紀少年 [ドラ☆カフェ]
浦沢直樹原作の人気コミックの実写化。 全3部作の第一章降臨 監督は堤幸彦 [続きを読む]

受信: 2008年9月16日 (火) 12時10分

» オールディーズ 三丁目の勇士 堤幸彦 『20世紀少年』 [SGA屋物語紹介所]
一日に見たのにいまごろUP。浦沢直樹原作の人気漫画を、三部作にわけて公開。その第 [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 16時22分

» 【2008-203】本格科学冒険映画 20世紀少年 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 待望の実写映画化! 全3部作の第1章、降臨。 世界が 終わろうとしています。 ぼくらの “ともだち”によって──。 [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 23時13分

» 【2008-203】本格科学冒険映画 20世紀少年 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 待望の実写映画化! 全3部作の第1章、降臨。 世界が 終わろうとしています。 ぼくらの “ともだち”によって──。 [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 23時15分

» 『20世紀少年 第1章』 ベストメンバーの集結が、奇跡の“完コピ”を創造した。 [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『20世紀少年 第1章』 監督:堤幸彦 原作・脚本:浦沢直樹 企画・脚本:長崎尚志 出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、佐野史郎、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳 ほか... [続きを読む]

受信: 2008年9月21日 (日) 17時32分

» 『20世紀少年』を観てきました。オッチョ格好イイ!! [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)Q2.8]
(注)素朴に感想書くので、まだ御覧じゃない人にはネタバレになっちゃいます。  3部作の第1章を二人の息子と観てきました。  『ロード・オブ・ザ・リング』並みに尺が長い映画です。 ■読んでから観るか、読まずに観るか?  映画版『第1章』だけでは面白いのか面白くないのか簡単に是非を述べることができない・・・一筋縄ではいきそうにない作品。  原作読まずにこの映画を観ていたらどうだったろうか?  小生は、原作で予習しておく方が楽しめる気がしました。  映画が終わって席を立つ満員... [続きを読む]

受信: 2008年9月22日 (月) 11時23分

» 「20世紀少年」★★★★・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK]
「20世紀少年」オフィシャルサイト ■ジャンル:ドラマ ■製作年:2008年 ■製作国:日本 ■配給:東宝 ■上映時間:■監督:堤幸彦  ■原作:浦沢直樹 ■出演:唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子鑑賞劇場:9/6(土)ユナイテッドシネマ豊洲〜あらすじ〜ロックスターを目指...... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 10時24分

» 「20世紀少年」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
「目が腐ってしまう様な、と言うより不愉快を通り越して、失ってしまった時間を取り戻す為に、裁判にでも掛けたい気持ち。」映画評論家でも在るおすぎ氏が、映画「20世紀少年」に付いて記した文章だ。時には的を射た指摘も在るが、彼が「泣きました!」とか「感動しました!」と絶賛する作品は概して良いと思った事が無い。レギュラー出演している「森田一義アワー 笑っていいとも!」ではタモリ氏のワンパターンな芸風に対し、「もータモちゃん、面白いんだから〜。」と阿る姿を散々見ているので、映画でも「何等かの思惑が在っての評論で... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 19時10分

» 映画:20世紀少年 観てきました。 [よしなしごと]
 原作も知らないし、当初は見ないつもりだったのですが、かなり人気もあるようだし・・・。20世紀少年を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月30日 (火) 02時03分

« テンプレートを変えてみた。 | トップページ | ココログに新機能が追加 »