« 世界の猫インテリア | トップページ | 僕らのミライへ逆回転 »

イーグル・アイ

Eagleeye

アクション映画の王道を行く作品!と思わせておいて、実はSF映画の王道だったりするのね。
「“女の声”はジュリアン・ムーア」という嘘八百な情報をどこかで耳にしていたため、てっきり後半、超A級ハッカーな感じのジュリアンがさっそうと登場するものとばかり思ってた。
確かにこのありがちなオチには、がっかりしちゃう人が多いのも頷けます。
製作総指揮がスピさんだからか、『マイノリティ・リポート』を思い出しました。

<あらすじ>

コピーショップで働くジェリーはある日、米軍で働く双子の兄が亡くなったという知らせを受ける。兄や家族とは何年も会っていなかった。葬式の帰りATMに立ち寄ると、なぜか口座には大金が振り込まれており、また自宅には大量の武器が届いていた。その直後ジェリーの携帯が鳴り、見知らぬ女の声で「FBIがやってくる。逃げろ」と言う。女の言う通り数秒後FBIがやってきて、ジェリーはテロリストと間違えられ拘束されてしまう。イーグル・アイ公式サイト

じゅうぶんハラハラしたし、じゅうぶん面白かったんです。
しかしなんというか・・・それ以上でもそれ以下でもないsweat02
主人公たちは次から次へと危機的状況へ陥るし、カーアクションは越ド派手なのに、なぜかイマイチ乗り切れなかった・・・というのが正直な感想。
スピーディー過ぎる展開についていけなかっただけかもbearing

すごく気に入ったところもあります。
それは・・・ズバリ!やることが極端過ぎて手がつけられないアリアたんの斬新なビジュアルshine
お母さんを爆弾にして、なにも知らない子供にスイッチを押させるだなんて、ほんとーにヒドイ女・・・てゆーかほとんど悪魔なのですが、見た目はとってもビューティフル!でカッコイイのだ。

シャイア・ラブーフ君もあいかわらず良かった。
すっかりスピさんファミリーの一員みたい。
シャイア君を初めて見たのはたぶん『コンスタンティン』だったと思いますが、あの頃に比べるとずいぶん精悍な感じになりました。
特別ハンサムってわけでもないのに不思議と存在感があって、コミカルな演技とか、いかにもフットワークの軽そうなところが見てて気持ちのよい俳優さんです。

今回、相手はいちおう一児の母で年の差ありそうだし、『スピード』のキアヌとサンドラ・ブロックみたいに安易に恋に落ちたりはしない方向かと思いきや・・・最後はちゃっかり。
「主人公が死ぬのはまずいんじゃね?」「ちゅーくらいしといた方がいいんじゃね?」というハリウッド的オトナの事情ってやつなんじゃね。

|

« 世界の猫インテリア | トップページ | 僕らのミライへ逆回転 »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こんばんは
こちらはめっきり冷えて参りましたが、そちらはいかがでしょうか

わたしはオチはどっかで先に読んでしまったので、鑑賞中はさほどがっかりはしませんでした(笑) 完璧に思えたシステムにほころびが・・・ というところは確かに『マイノリティ~』を思わせますね。ツッコミどころが豊富なところも・・・・

アリアさんは完璧でいながら肝心なところが抜けている「うっかり目がねっ娘」を連想しました。萌えませんでしたけど
あとストーリーやアリア内部のヴィジュアルなどが、『装甲騎兵ボトムズ』と似てるなーと。kenkoさんは知らないかもしれませんが

>「ちゅーくらいしといた方がいいんじゃね?」

ちゅーはしといた方がいいですよ! ぼくもちゅーが欲しいです!(女子限定で)

投稿: SGA屋伍一 | 2008年11月22日 (土) 21時12分

SGA屋伍一様

またもやお返事が遅れまくってしまいました・・・
コメントありがとうございます!!

こちらもめっきり冷え冷えですよ。
もはや秋というより冬ですね。
すっかり冬毛のうちのネコも、コタツの中に引きこもりっきりですcat

大好きなスピさんの映画だというのに、なんだかなげやりなレビューになってしまいましたがsweat02
SGAさんはオチをご存じだったのですね。
「うっかり目がねっ娘」は連想しませんでしたけど(笑)
けっこう萌えましたよ。
SF的なものって好きだしshine
『装甲騎兵ボトムズ』は・・・ちゃんと観たことないです、たぶんsweat02
似てるんですね。

ちゅー欲しいですか。
してください、ちゅー!女子と!

投稿: kenko | 2008年11月25日 (火) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/25065496

この記事へのトラックバック一覧です: イーグル・アイ:

» イーグル・アイ [象のロケット]
謎の女からの「30秒でFBIが到着する。今すぐ逃げなさい」という電話後、すぐに連行されてしまった青年ジェリーは、次の電話の指示ですぐ脱走。 そして息子を人質に取られたレイチェルと共に、ただ逃走し、危険な仕事をせざるを得なくなってしまう。 何かの間違いなのか? いつでも2人を見ていて指示を出す、姿を見せない女の正体とは? ハイテク・サスペンス・アクション。... [続きを読む]

受信: 2008年11月19日 (水) 11時45分

» 「イーグル・アイ(EAGLE EYE)」映画感想 [Wilderlandwandar]
スピルバーグ製作総指揮、シャイア・ラブーフ主演のSF超大作という事で話題の「イーグル・アイ(EAGLE EYE)」を見て [続きを読む]

受信: 2008年11月22日 (土) 15時13分

» スピルバーグの傾向と対策 D・J・カルーソ 『イーグル・アイ』 [SGA屋物語紹介所]
おお、やっと世間の流れにおいついてきたような! スティーブン・スピルバーグ最新作 [続きを読む]

受信: 2008年11月22日 (土) 21時14分

» 人間VSコンピューター☆映画 『イーグル・アイ / EAGLE EYE』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
何作観ても、シャイア・ラブーフがなんでこんなにスピルバーグに可愛がられるのかわからない。 主役を張るにはイマイチオーラがないし、プライベートでも問題を起こしてばっかりなんだもの…。 そんなシャイア・ラブーフが主演した本作。 つい予告にソソラレ観てはみた...... [続きを読む]

受信: 2008年11月29日 (土) 21時49分

» イーグル・アイ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
観たい映画がたまっちゃったよぉ〜とりあえず今回はコチラです♪【story】互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と法律事務所で働くレイチェル(ミシェル・モナハン)は、謎の女性からかかってきた電話により引き合わされた。その声の主は、彼らの命と愛する者の命を盾に取り、指示通りに行動するよう脅迫する。2人は全てが謎のまま命令に従って行動するが、やがてFBIのモーガン(ビリー・ボブ・ソーントン)や空軍のベレス捜査官(ロザリオ・ドーソン)らに、国家の安全を脅かす最重要指名手配として... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 19時03分

« 世界の猫インテリア | トップページ | 僕らのミライへ逆回転 »