« KA〜ME〜 HA〜ME〜 | トップページ | ウォーリー »

ウーマンリブvol.11「七人は僕の恋人」

クドカン脚本・演出によるウーマンリブシリーズ、第11回目公演『七人は僕の恋人』。
兵庫県立芸術文化センターにて、関西公演千秋楽の昼公演に行ってきました。

Hitininhabokunokoibito

も~~~めっさわろた(≧∇≦)
だいたい8本のオムニバス方式、というかまぁクドカン節爆裂のコント集。
はっきり言って、中身といえるものはまるでなし(笑)
とにかく笑ったもん勝ちです。

ウーマンリブvol.9『七人の恋人』の女性バージョンってことらしいですが、女性7名+男性5名で、ほどよくバランスとれてます。
キャストは以下の通り。

伊勢志摩/宍戸美和公/猫背椿/田村たがめ/荒川良々/平岩紙/少路勇介/星野源/宮藤官九郎
峰村リエ/遠山景織子/池田成志

お話にはそれぞれ、『生きる』『バトルロワイヤル』『惑星からの物体X』(遊星じゃなくて?)『夢』『サウンドオブミュージック』『ブラックレイン』『友だちのうちはどこ?』『ゾンビ』といった名作映画のタイトルがほぼまんまつけられています。
しかしながらその内容は、似てもないうえ非なるもの。
もはや“非”すぎて、一周まわってそのものになってる?いやそれはないかsweat02

なにはともあれ1コ目。『生きる』。
まず登場するのは、全身白タイツ、白いかぶりものでアゴからにょろっとしっぽの生えた悩める精◯くん3名(荒川良々、星野源、少路勇介)。

「どうせ俺たち3流4流の◯子が、人間になんてなれるわけねぇんだよ」
「いや!おれは立派な社会人として生きるんだ!」
そこへ現れるガングロてかてかの“ガ◯ン汁”先輩(池田成志)。
「先輩はすげーんだぜ!尿◯を出て、◯宮にタッチして帰ってきたことがあるんだぜ!」
「えぇ!?◯貞なのに・・・どうやって?」
(中途半端な伏せ字トークですみません)

こんな調子で、しょっぱなからぶっとばしてます。
以前kazuponさんにオススメしていただいた『ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう』の中の一編を思い出しました。

そんなこんなで、源ちゃん精◯は、みなの反対を押し切り立派な中学生に↓

『バトルロワイヤル』
女子7人、男子1人の山奥の分校。ブリーフ一枚でオ◯ニーしていたところを、彼女である紙ちゃんに目撃されてしまったただ一人の男子学生、源ちゃん。
そこへやってくる新任教師の沢井(クドカン)。紙ちゃんに◯ナ◯ーのぬれぎぬを着せられ、女子一同に「キモイ!」「あんきもの肝に井戸の井で肝井!」と責め立てられる。
分校といえど、“天然コケッコー”みたいな女子は景織子ちゃんだけ。
あとはスケバン、フック船長、白メガネ(黒だけど)・・・などなど。ヤケクソになるクドカン。
オ◯ニー問題はさておき、「景織子の次にカワイイのは誰か?」で、バトルロワイヤル!

『惑星からの物体X』
いったいどの辺りが『物体X』なのか分からんかったのですがsweat02
天狗になってるビーチバレーアイドル選手のおなかに、なんと天狗が寄生しちゃってるんですねぇ。
天狗さん(池田成志)は、このあとも『CR伊勢志摩』で大活躍。

『CR伊勢志摩』じゃなくて『夢』
CR岩下志麻でも、CRユマ・サーマンでもなく、あくまでも“CR伊勢志摩”。
777が出るたび、客席どっと沸いておりました。
自分のことを伊勢っていう伊勢さん、ヤザワみたいでカッコイイっす。斉木さんもステキ。

『サウンドオブミュージック』
歌舞伎町のジュリー・アンドリュースこと、猫背椿。彼女にたかる最低プレイボーイ、池田成志(バカ)。
“ぎゅうかど” “たつや” とか、つい言ってしまいそう。

『ブラックレイン』
コントの合間に登場しては、アドリブなんだか計算しつくされているのか分からんトークで笑いをとりまくる荒川氏演じる“さくらばじゅん”主演の映画、それが『ブラックレイン』。
映画のPRのために、主演俳優みずから地方のローカル情報番組に出演します。
今日はクドカンの故郷、宮城県にて“ずんだずんだモーニング”に出演。
本番前はちっとも訛ってないのに、本番になると急に訛りまくる出演者たちが何言ってるのか分からなくて、すっかり置いてきぼりのさくらばさん。
カンペまでもが訛ってます。「ボケで」

『友だちのうちはどこ?』
こっちの方が物体Xぽいような。
伊勢さんのお願いダンスが、さすがにリピートしすぎだろうってのも越えてさらに続いたところでまた笑いが起きたりして、笑いって奥深いなぁと思いました。

『ゾンビ』
ごじゅううん歳の現役アイドル、鈴木大麻ことズッキー(池田成志)のオンステージ!!
とある旅館で開かれる、年に一度の「ズッキーファンの集い」
集まったズッキーファン6名(女優陣)の名前もみんな“鈴木”。
隠し子(遠山景織子)がいて孫もいて、本当はもうすっかりハゲててヨボヨボのズッキーだけど、ファンの前ではヅラをかぶりパツンパツンの衣装で歌って踊りまくります。
「今度倒れたら引退する。今年で最後にするよ」娘でありマネージャーでもある景織子にそう語るズッキーだが、倒れても倒れても、ズラが取れても飛んでも、何度でも立ち上がる!!

・・・そんな感じで( ̄▽ ̄)
全くつながりのないお話のようで、実は最後のズッキーファンたちがズッキーの子守唄を聴きながら見ている夢なのかも・・・とか思いました。
とにかくずーっと涙流して笑いまくってましたが、とくに気に入ったのは『生きる』『バトルロワイヤル』『夢』『ゾンビ』あたりかな。

女性陣の中で今回いちばん輝いていたのは、やっぱ伊勢さんでしょうか。
個人的には客演の峰村リエさんのファンなので、出演してるだけで嬉しかったです。
それから遠山景織子さんといえば、“冒険”以降はクドカンも構成作家として参加していたという『笑う犬』。
ウーマンリブ初参戦とは思えぬ馴染みっぷりでした。

そして・・・おそるべし池田成志。
ガ◯ン汁、天狗、ズッキー・・・どの役もいちいち濃いです(笑)
こんなこと毎日、ときには日に二回だなんてスゴすぎる。おそれいりました。
星野源さん、『未来講師めぐる』の“エロビデオ”以来めちゃ気になる存在なのですがやっぱイイ!
サケロックのライブにも行ってみたいなheart

クドカンの次回作は、サダヲちゃん主演の『メカロックオペラR2C2』

R2c2

こちらも関西公演があるみたいなので観に行きたいshine
しかしチケット争奪はかなり厳しそう・・・頑張るぞぅ!
そのまえに『少年メリケンサック』も観なきゃ。

|

« KA〜ME〜 HA〜ME〜 | トップページ | ウォーリー »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん

「記事書きます」なんてコメント書いた記憶があるんですが、今更
となってしまいすいません・・。
千秋楽でしたか!平日でしたよね?自分日曜の昼だったのでニアミスは
なしでしたね(笑)
そうそう最初のはアレンのやつ意識してると思います!
濃ゆい大人計画の女優の舞台だと思ってたら、池田成志さん
オンステージって感じでした。スゴイですね。
峯村さんがオッサンやてた(ハマってた!)コントでM1の
練習してるとこ「げりげりげりげり♪って音楽なるんだよ!」
ってセリフがあって先日M1観たらほんとそんな感じで思い出して
笑ってしまいました。
そうそう、今WOWWOWのサイト行くと、成志さんを出演者が
接待するって映像が限定でアップされてますよ。結構素は物静か
な方なんでズッキーやれるってスゴイ役者さんですよね。


投稿: kazupon | 2009年1月22日 (木) 20時38分

kazupon様

そうなんです、千秋楽だったんです。
仕事休んで観に行った・・・
お芝居観たあとついでにルミナリエでも・・・と思ったら
前日に終了してました。
kazuponさんは日曜日だったのかぁ。

最初のやつ、「あー!これはkazuponさんの!」ってすぐに思いました。
おすすめしていただいていて良かった♪
女優陣メインのようでいて、池田さんメインでしたよね(笑)
M1のオープニングってやっぱり「げりげり」なんですね〜
実はそこあんまりピンときてなくて。今度何かしらの方法でチェックしてみます。
峰村さんはすごく好きな女優さんだから、客演で出てて嬉しかったです。
おっさんハマってましたよね〜
荒川良々にそっくりだった(笑)

WOWWOWの限定動画さっそく見ました!
成志先輩ってばふつうにシブイ大人の男性(笑)
最近、星野源ちゃんのことがすごく好きで、実は今日広島でサケロックのライブがあって
行こうかどうしようか悩み中だったんだけどやっぱり行こうかな〜

投稿: kenko | 2009年1月24日 (土) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/26300244

この記事へのトラックバック一覧です: ウーマンリブvol.11「七人は僕の恋人」:

» ウーマンリブvol.11「七人は僕の恋人」@兵庫県立芸術文化センター [It's a Wonderful Life]
大人計画 ウーマンリブvol.11「七人は僕の恋人」 作・演出/宮藤官九郎 峯村リエ、遠山景織子、池田成志 伊勢志摩、宍戸美和公、猫背椿、田村たがめ、荒川良々、平岩紙、 少路勇介、星野源、宮藤官九郎 宮藤官九郎脚本・演出による大人計画の定演 「ウーマンリブ」シリーズ」。 3年前の「七人の恋人」に続く七人もの! 今回は関西にやってきてくれました。 去年12月に観た舞台なんですけど、今頃レビュー書いております。 WOWOWで1月29日に「七人の恋人」が、 ... [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 20時46分

« KA〜ME〜 HA〜ME〜 | トップページ | ウォーリー »