« ミーアキャット | トップページ | 美しい男性! »

きつねと私の12か月

Lerenardetlenfant_2

動物映画づいているのです。
ペンギンドキュメンタリー『皇帝ペンギン』のリュック・ジャケ監督の初劇映画。
登場キャラクターは90%少女ときつね。あとはヤマネコとかオオカミとかハリネズミとか。
監督の幼少時代、実際に体験した出来事をベースにしているらしいです。
少女リラ役のベルティーユ・ノエル=ブリュノーちゃんは、子ぎつねの時からミルクをあげたりして一緒に過ごし、きつねと仲良くなったとか。

<あらすじ>

フランス・アルプス地方で暮らす少女リラ。彼女はある日、生まれて初めて美しい野生のきつねを見て夢中になる。リラはまたきつねに会いたいと毎日山を歩き回るがなかなか出会えず、きつねの足跡を見つけた雪山で足を骨折してしまう。季節はめぐり春が来て、回復したリラはとうとうきつねの巣穴を見つける。リラが以前出会ったきつねは母親になっていた。それからリラは毎日きつねの元に通い、きつねも徐々に警戒心を解きリラのそばまでやって来るようになる。きつねと私の12か月公式サイト

もうねぇ・・・これは素晴らしいshine
見事な大自然&野生動物たちの映像。
冒頭、リラがテトゥと名付けたきつねと出会う森にやってくる朝。
それだけでもう、これはいい映画だわ・・・と思って目頭が熱くなったもん。

下に感想を書いた『ミーアキャット』の監督さんは『皇帝ペンギン』を観て感動し、「ペンギンの次に人気の出そうな動物ってなんだろう・・・あ!ミーアキャット!」ってなノリでミーアキャットに目をつけたらしく(笑)、それはそれでとっても面白く興味深いドキュメントに仕上がってはいましたけども。

同じ動物映画でも、この圧倒的な違いをなんと表現したらいいのでしょう。
なんていうか・・・ジャケ監督の映像は映画的芸術度が違う。
野生動物をただ撮影するだけでも大変だろうと思うのに、満月を背景としたきつねのダンスとか、これでもか!ってくらいビューティフルな奇跡の映像がいっぱい。
ちょっと変わったセンスの良い音楽や、詩的なナレーションがまた物語を静かに盛り上げるんです。
フランス語ってのもポイントなのかも?

リラのきつねに対する想いは、ほとんど恋のようなもの。
好きであることに理由なんてなく、きつねに一目会いたい、仲良くなって触れ合いたいと強く願います。
少女ときつね。無垢なもの同士が見つめ合い、心が通じ合う瞬間はとても感動的。
リラ役の子がまたむちゃくちゃいい演技をするんです。
彼女がきつねとの日々の中で嬉しそうに微笑み、力強く野山を駆け回るたび涙がweep

なぜか宮崎アニメや、マイフェイバリットムービー『E.T.』を連想しました。
リラってちょっともののけ姫みたいなとこあるし。アルプスの少女ハイジでもあるね。
きつねがETかよ!って怒られそうですが、たぶん私、こういう種の違う者同士の心の触れ合いみたいな話に弱いんだと思いますです。

テトゥだって、きっとリラと一緒にいたかった。
まるでワンコのように仲良くなっても、テトゥの中には人間が束縛することなど許されない絶対的な野生がある。
リラの無垢な罪は人間のエゴそのもので、身に沁みるものがありました。

|

« ミーアキャット | トップページ | 美しい男性! »

映画」カテゴリの記事

コメント

おはよっすー 記事待ってましたよー

正直kenkoさんがこの映画をご覧になるとは思わなかったな。いままであんまり動物映画とかここにあがってこなかったので。ネコもの以外

『ミーアキャット』にも少しこころ惹かれないでもなかったですけど、そんなに格が違うのか(笑) 『ミーアキャット』の方が公開規模は大きいみたいですけどね・・・

フランス映画って少しお高くとまってるようなイメージがあるんだけど、『皇帝ペンギン』や『WATARIDORI』、『ミクロコスモス』『バグズ・ワールド』のような一風変わった自然ドキュメンタリーもあって、やはり奥が深いです

>なぜか宮崎アニメや、マイフェイバリットムービー『E.T.』を連想しました。

わたしは『キタキツネ物語』や『あらいぐまラスカル』を思い出しておりました。特にラスカルは結局飼いきれなくて・・・という話だったし

あとテトゥを執拗に追いかける山猫さんは、怒った時のモン吉先生にそっくりでしたshock

投稿: SGA屋伍一 | 2009年1月26日 (月) 09時05分

SGA屋伍一様

またこちらから行きそびれてしまったsweat02

>正直kenkoさんがこの映画をご覧になるとは思わなかったな

でしょ。自分でも意外です。
たまたまこの映画の予告を見て、「これは・・・観たい!」って思ったの。
しかも「皇帝ペンギン」のリュックジャケ監督ともなれば期待できそうじゃないですか。
「ミーアキャット」はたまたま試写会に行く機会があったので観ましたけど、
期待してなかっただけに良かったですよshine

>『皇帝ペンギン』や『WATARIDORI』、『ミクロコスモス』『バグズ・ワールド』のような一風変わった自然ドキュメンタリーもあって、やはり奥が深いです

そうですね~
やっぱりフランスの方のセンスって一筋縄ではいかないというか、
ドキュメンタリーものといっても個性的かつ芸術的で見応えがあります。
SGAさんお気に入りの「皇帝ペンギン」、たしかSGAさんにおすすめされて観たと思うんですけど
結局DVD買っちゃったしcatface

>『キタキツネ物語』や『あらいぐまラスカル』

そっちの方がずっと近いですね(笑)
「子鹿物語」とかもちょっと連想しました。

>怒った時のモン吉先生にそっくりでした

あはは(笑)
テトゥが襲われているというのに、山猫もかわいいなぁ♪と思いながら見ていた私です。
テレビで動物ものの番組とか見てても、トラとかライオンとかネコ科の動物ってみんなかわいく見えちゃう。

投稿: kenko | 2009年1月26日 (月) 16時35分

kenkoさん、ぼんそわー。
動物映画はいいですよねぇー。
キツネのしっぽに触りたくて仕方ありませんでした~。
タヌキのしっぽもいいな。アライグマとか。
正直言って、本作は個人的にはあんまりだったんですけど、キツネはとにかくかわいかったです♪
あんな場所で暮らしてみたいものだ。

投稿: かえる | 2009年2月 2日 (月) 00時58分

かえる様

ぼんそわ~

かえるさんも「きつね」、ご覧になったのですね!
でもかえるさん的にはあんまりでしたかぁ。。。しゅんsweat02

きつねかわいかったですよねぇ。
リラのきつねに触りたいという気持ち。よく分かります。
たぬきやアライグマはうちのネコにそっくりなので
きつねよりもっと好きかも(笑)
きつねの他にもいろいろ出てきましたけど
個人的にはハリネズミが特に良かったですheart

あんな場所で暮らせたら最高だなぁ~

投稿: kenko | 2009年2月 3日 (火) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/27425153

この記事へのトラックバック一覧です: きつねと私の12か月:

» フレンチ・コンコン リュック・ジャケ 『きつねと私の12か月』 [SGA屋物語紹介所]
久々の三日連続更新。ムダにがんばってます! 本日は現在主要諸都市で細々と公開中の [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 09時06分

« ミーアキャット | トップページ | 美しい男性! »